keyvisual imagekeyvisual image mb
keyvisual front layerkeyvisual front layer mb

わたしたちについて-会社概要-

ETHOSについて

Our Story

自分が何をやりたいか分からない

やりたいことがなく、どんな仕事に就いていいのかも分からない。

 

大学3年生になり就職活動の時期になると気にせず騒いでいたはず友だちは当たり前のように髪を黒く染め直し、清潔感のある就活ヘア、就活スーツ、自己分析シートを書いて就活をはじめます。

 

私はと言うと、何がやりたいのかすら分からず周りに流されて合同説明会へ行くも働きたい企業は見つかりません。

 

内定が決まる友だちを横目に、自分が何をしたいのか考えはじめると出てきたのは海外への憧れでした。

インドネシアやアメリカなど海外旅行の経験は あるけど、そうではなく外国に長期滞在してみたいという気持ちです。

 

正直、新卒での就職ができないデメリットは怖かったし、ヤバイだろうなとか、考えが甘いのがわかってても後悔はしたくありませんでした。

就職や結婚をしたらそれこそ自分だけの問題でなくなる。

行くなら今しかないと考えオーストラリアのシドニーへ留学。

就職活動はそんなに甘くないよ

留学中のある日、知り合いの誕生日パーティに呼ばれ隣に座った30歳の日本人に話しかけられました。「何しにきてるの?」そう言われ、「英語の勉強と、海外に長く滞在してみたくてきています」からはじまり話はだんだんと帰国後の就職活動の話になっていき、「就職は?」と聞かれたので、「帰ったら考えようと思います」と答えると「就職活動もしないで遊びみたいな留学して、帰国して就職できると思ってるの?」「正直、俺ならそんな人は採用しない」と言い放たれました。彼の言葉は今でも鮮明に思い出せるほど当時、ショックが大きかったです。

 

それから半年、帰国後の就職活動は何十社も落ち続け、既卒での就職活動の難しさを感じるものになりました。

留学したからこそわかること

その後、運よく雇ってくれた会社で働いて3年が過ぎた頃、弟がフィリピン留学から帰国してきて何故か「日本人とビジネスしたいアメリカ人がいる!」と言う話しを持ち帰ってきます。興味を持った私は、すぐにskypeで話をして彼の語学学校や他校も含め視察でセブ島へ行きます。この偶然が現在もパートナーであるETHOSの学長Barry(バリー)との出会いです。

 

セブ島視察ではシドニーでいくつもの語学学校を生徒として通っていた経験があった事がとても役に立ちました。初心者では分からないフィリピン人講師の間違いやすい文法、発音のクセなど英語力も計ることができました。

現地のコミニティと過ごせる

ETHOSは、すでに30年以上も宣教師として英語を教えていた経験を持つバリーをはじめ講師のレベルはネイティブと言うだけではなくフィリピン人、日本人が苦手とする発音や文法に対する教え方も熟知していましたし、そのためにオリジナルのテキストも作成していました。

 

しかも、講師の家族は学校から2,3分のところに住んでいて簡単にローカルの環境に入ることができます。

 

一度、留学した方なら分かると思いますが、留学生と現地の人たちの接点はとても少なく、ほとんどの留学生は留学生同士で固まり現地と関わりを持てずに帰国するのが当たり前で、それほどローカルの環境に身を置くのは難しいことです。

 

もちろん、ローカルの環境に入れないと実際にネイティブ同士がどのように英語を話すのか聞く機会すら持てません。現地の環境に馴染める環境は私たちが日本オフィスとしてBarry、そしてETHOSに関わることを決めた大きなポイントです。

留学も就職もしたいを叶える

帰国後の就活に苦戦するのは私だけではなく、実は留学をしているすべての人が抱える問題でもありました。もちろん知り合いや友人でもほとんどの人たちは英語を活かすような就職以前に、正規雇用で就職することすら難しいのが現実です。

 

日本の就職市場では新卒採用が積極的ですが既卒は企業にとって扱いずらいのです。

 

この問題はこれから留学を考える学生たちにとっても同じで、就活に悪影響がでることを懸念して留学を諦める学生も少なくありません。留学を希望する学生が共通に持つ悩みですが、今しかできない留学を諦めるのは勿体無い、そう思っているうちにいつしかETHOSとしてできる事はないか考えるようになりました。そうして出来上がったのが就職支援プログラムです。

 

このプログラムでは新卒内定を目指しながら留学を希望する学生に、ETHOSで留学する前から専任のコンサルタントがつき内定がとれるまでサポートするサービスです。そして内定後は無料で最大2ヶ月の海外留学orインターンでさらなる成長を目指せます。

 

これで在学中に留学を諦めずにグローバル企業への内定獲得ができる、まさに海外留学も就職もしたい学生、やりたい事が見つからない学生の為のプログラムです。

セブ島でアメリカ留学

ETHOSを一言でいうと「セブ島でアメリカ留学」ができるセブ島の語学学校です。フィリピン人の発音が正しいのか分からない、ネイティブのアメリカ人から英語を学びたい、海外がはじめて、正しい発音を身に付けたい、やりたい事が見つからない、留学も就職もしたい。そういった方が安全・安心に英語を学べる環境です。

 

就活に不安を持つ学生に向けては留学前後にしっかりと個人の適性を見極めて就職活動をサポートして内定まで導きます。

 

内定後には、より国際感覚を磨いてもらうために最大2ヶ月間の海外留学orインターンを通してさらなる成長を目指します。

 

これは大学4年間でやりたい事も見つからず、留学先で受けたショックな経験、既卒での就活の難しさを経験した私が考える最高の留学体験をカタチにしたものです。

 

ETHOSはTESDA,SSPと言った学校運営に必要な資格以外にも2015年にAsia Pacific Excellence 2015、Golden Globe Awards in 2015をフィリピンの教育機関として受賞しています。2016年にはPHILIPPINES’S TOP CHOICE AWARD 2016で受賞して雑誌への掲載、日本ではラジオ日本へ出演する機会をいただけるまでになりました。

 

もちろん、正直に言えばまだまだ改善を重ねるべき課題はありますが、これからも真摯にその問題の解決に力を入れ留学生にとってよりよい環境を提供していきます。

 

これからETHOSに留学しようと考えている学生には、留学が一生の思い出になるのはもちろんのこと、将来にプラスになるよう留学生活を精一杯思いっきり楽しんでもらえるように全力でサポートしていきます。

About ETHOS

ETHOSとは古代ギリシャ語で慣例・慣習と言う意味があります。

今まで多くの人々を見てきたBarryはその人の習慣や、英語の能力の差で職業が決まるのを数多く見てきた経験をもとに、学校名をETHOSとしました。

 

彼の言葉を借りるとするならば「Helping people change their habits.

今までの生活スタイルに「英語」という道具を加え、以前と「違ったものに変わる」、「変化する」そんな想い・精神がETHOSと言う言葉には込められています。

 

そのために講師を含めスタッフ一同の行う全ての事が留学生たちに最大限価値を提供できるようにデザインし、全力で応援します。

 

ETHOS stands for Ethic To Help Others Succeed.

学校データ

住所 6000 Corner of Eucalyptus Street and Cebu South Road, Basak San Nicholas, 6000 Cebu City
設立日 2013年
規模 オーナー Barry D Murrel
スタッフ人数
  • アメリカ人講師8名
  • フィリピン人5名
  • 日本人1名
学校設備
  • 無料Wi-Fi(高速Wi-Fiを1階・2階に設置。全ての教室、ラウンジでメール、動画視聴、ネットサーフィン無制限でできます。)
  • 無料コーヒー
  • ウォーターサーバー(冷水&熱湯)
  • レセプション
  • ラウンジ
  • クラスルーム
  • ロビー
  • セキュリティボックス
  • ライブラリ
  • エアコン(全個室に完備)
  • 液晶薄型テレビ
  • 学校内・学校周りにアメリカ製高性能監視カメラ16個設置
ドミトリー設備
  • 無料Wi-Fi(高速Wi-Fiを設置。全ての個室で動画視聴、ネットサーフィン無制限でできます。)
  • ウォーターサーバー(冷水&熱湯)
  • 勉強机
  • ドライヤー
  • ソファー
  • ベット
  • エアコン(全個室に完備)
  • アメリカ製高性能監視カメラ(ドミトリーエントランスに設置)
  • ユニットバス
  • 食器類(炊飯器、お箸、スプーン、お皿、フォーク、フライパン、鍋)
  • 冷蔵庫
門限 24時(外泊可)
※外泊時は事前に連絡が必要です。
周辺環境
  • Sea side SMまでタクシーで5分
  • AYARAモールまでタクシーで15分
  • ITパークまでタクシーで15分
  • ホームステイ・シェアハウス先から徒歩2分内に中型ショッピングモール2つあり。
  • 国際比率 日本人60%/フィリピン人40%(日本語を学んでるフィリピン人生徒
  • アクセス セブ・マクタン空港まで30分~40分

ETHOSはフィリピン政府に公式認定された語学学校

●SSP認定校

SSP(Special Study Permit/特別就学許可証)の略称で、フィリピンで留学をして勉強するためには「SSP」が必須です。入国時には「観光ビザ」として入国し、その後学校にて「SSP」の発行の手続きを行います。

フィリピン国内で合法的に勉強するために必要なのがSSPになります。

ETHOSでは、SSPを正式に取得してあり、現地でのSSP代行手数料を取らず、無料でスタッフが責任を持ってSSPを発行いたします。

●TESDA認定校

TESDAとは、Technical Education and Skills Development authority(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)の略称です。TESDAの認定を受けるには、語学学校の『カリキュラム』『講師の指導技術』『税金等の法的遵守』『設備』『経営』『財政』『安全面』などで一定の水準を満たしていなければ取得出来ません。

TESDAを取得していない語学学校もありますので、TESDAの有無は、語学学校の品質の指標になります。

ETHOSでは、全ての水準をクリアしており、TESDAを正式に取得しています。

TESDA

TESDA

SSP

SSP

ETHOSには誰もが認める実績があります

Asia Pacific Excellence 2015

Golden Globe Awards in 2015

Philippines Top Choice Award 2016

ETHOS LLCの経営理念

未来と繋がる習慣をつくる

ETHOS LLC代表

野口和輝
氏名 野口和輝
誕生日 1985年4月13日
血液型 AB型
趣味 海外旅行・国内旅行・読書・筋トレ
Facebook Facebookもチェック

会社概要

会社名 合同会社ETHOS(英語表記:ETHOS LLC)
代表者 野口 和輝
所在地 〒157-0063
東京都世田谷区粕谷4-15-6 グランデュール千歳烏山403
電話 050-3568-4232
メール info@ethosjp.com
WEBサイト http://ethosjp.com
設立年 2014年6月
事業内容 留学斡旋事業、就職支援
決算期 3月
最寄り駅 京王線井の頭線 千歳烏山駅 西口徒歩8分
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
楽天銀行
世田谷信用金庫
forTop