セブ島で結婚したバジャウ族の松田大夢さんの思い

バゴンバヌア島の子どもたち
『海の上で生まれ、海の上で一生を過ごす。』そんな映画のストーリーのようなライフスタイルを持つバジャウ族という民族がいるのを皆さんはご存知ですか?
 
漂海民といわれる彼らに国籍は無く、海上の民族として、数百年前からフィリピン、マレーシア、インドネシア間の海域で生活しています。
 
ここフィリピン・セブ島にもそのコミュニティーがあるのですが、現在セブ島のバジャウ族には様々な問題があるそうです。
 
そんなバジャウ族と出会い、彼らの魅力に惹かれ、彼らのために立ち上がる一人の日本人の少年がPRTIMESに取り上げられるなど今話題になっています。
 

しょう
インターンの翔です!今日は僕のおすすめするバジャウ族と松田大夢くんについて話します。
 

バジャウ族と暮らす松田大夢さんとは

バジャウ族と結婚した松田大夢さんとシャイマさん
 
 
今でこそセブ島No. 1情報サイトのCebuPotやコオロギラーメン、昆虫食で有名な「地球少年」篠原祐太さん、オンライン英会話のネイティブキャンプとコラボレーションをしていますが、高校生の時、卒業式の3日前に自ら退学を志願し現金数千円を握りしめそのまま上京。
 
東京ではすぐに一文無しになりホームレス生活の経験もあるそうです。
 
しかし、大夢さんの人柄が良く少しずつ友達ができシェアハウスに寝泊まりさせてもらえるようになります。
 
そんな中、セブ島でストリートチルドレンを対象にボランティアをされているNPOの代表と知り合い、それがきっかけでセブ島で働きました。
 
セブ島のバジャウ族との暮らし
 
そんな時に出会ったのがバジャウ族の人たちで、大夢さんはバジャウ族の魅力にどんどん惹かれていきます。
 
現在ではバジャウ族の家に自ら自分の家を建設し、昨年末に結婚したバジャウ族の奥さんシャイマさんと暮らしています。
 
海で生まれて、海で生活し、海で一生を過ごすバジャウ族だけあって、彼らは漁のスペシャリスト。
 
バジャウ族は漁のスペシャリスト

南国の魚はカラフルです。

手作りの道具を使用して、何匹も魚をしとめていきます。そして、新潟県出身の大夢さんは高校時代、佐渡島で過ごしていたこともあり、泳ぎが大好き。
 
大夢さんが企画するバジャウ族ツアーに私も何度も参加したことがありますが、現在では大夢さんはバジャウ族の人よりも多くの魚を捕まえます。

バジャウ族ツアーはセブ島一のアイランドホッピング

バジャウ族ツアーはセブ島一のアイランドホッピング
 
しょう
みなさんはセブ島でアイランドホッピングをしたご経験はありますか?
綺麗なビーチで寛いだり、シュノーケリングで熱帯魚を眺めたり、セブ島では定番のアクテビィティのひとつではないでしょうか。
 
それだけでもとても楽しいかもしれませんが、大夢さんの企画する『バジャウ族ツアー』には普通のアイランドホッピングでは経験できない素晴らしい内容となっています。
 
もともとボランティアで始めたこのツアーが現在では大人気になりつつあり、セブ留学中に一度は行きたいアクテビィティのひとつでもあります。
 
ETHOSの生徒さんも何人か参加したことがありますが、皆さん口をそろえて『こんな体験はじめてです!』とか『本当に行って良かったです』など満足してくれます。
 
セブ島で有名なバジャウ族ツアー
 
でも実はここ数年でセブ島の都市化に伴い、海が汚れ、バジャウ族のコミュニティにまでゴミが流れて彼らの生活スタイルは大きく変わったそうです。
 
十数年前までは家の下の海で魚がとれるほど綺麗だったのに、今ではゴミだらけでキツイ匂いも漂います。
 
そのため漁が以前に比べ困難になったため、街にでて物乞いにはしるバジャウ族も少なくないそうです。
 
それが原因でフィリピン人からは偏見をもたれ、差別されるようになったとか…
 
しょう
僕もフィリピン人にバジャウの友達に会いに行くというと、『大丈夫なの!?』とか『あぶないぞ!!』など言われた経験があります。
 
そこで大夢さんが思いついたアイディアが彼らに『雇用』を与えるということです。ただなんでも良いのではなく、彼らの原点でもある海での仕事を作ることです。

バジャウ族ツアーの流れ

バジャウ族の雇用をあたえる

ただ雇用を生み出すのではなく原点である海に関連する雇用をつくりたい。

彼らは海のスペシャリストです。そしてそんなバジャウ族とバジャウ族に興味があり、綺麗な海が大好きな日本人とをうまく繋げる為に大夢さんが考えたアイデアがこの『バジャウ族ツアー』です。
簡単なバジャウ族ツアーの流れが次の通りです。
 
バジャウ族の村に集合、交流
朝からバジャウ族の村に訪れ、大夢くん自らが建てた彼のマイホームでバジャウ族の子供や大人、そして他の参加者の方と交流します。
 
幻の島へ出発
約2時間半かけて、信じられないほど美しい砂浜だけの島へ向かいます。
 

満潮になると消えてしまう幻の島

満潮になると消える幻の島?
 
ここでは自由行動です。
 
写真を撮るもよし、シュノーケリングを楽しむもよし、バジャウ族と一緒に魚を獲るもよしです。
 
ここでは大夢さんと、バジャウの皆さんがお昼ご飯の為に魚をたくさん捕まえてくれます。
 

そして彼らの伝統的な歌や踊りを披露してくれます。

バゴンバヌア島

バゴンバヌア島
 
その後近くの有人島、バゴンバヌア島へ移動します。
 
ここで、先ほど捕まえた魚や貝を使ってバジャウの皆さんが料理してくれます。
 
スープやカルパッチョなど新鮮な料理が非常においしいのが印象的です。この島ではお酒も購入できるので、参加者の皆さんと熱い話で盛り上がりながらお昼からビールを流し込みます。
 
バジャウ族ツアーのランチ
 
ウニもとれたてで新鮮です!
 
バゴンバヌア島の子どもたち
 
島の子供たちも非常に元気いっぱいでかわいいです。
 
セブ島へ移動
ご飯をたべて、ゆっくりするといい時間になるのでセブ島へとまた移動します。
 
バジャウ族の村で夕食
大夢さんの家の帰った後は参加者全員で夕食を食べます。(自由参加です)
時には参加者がカレーを作ってくれたり、時には近くのレチョンのお店でおいしい料理を食べます。
 
そして解散
その後、各自解散となります。
 
しかし、希望者であれば大夢さんの家に宿泊も可能だそうです。
 
私も何度も行かせていただいたバジャウ族ツアーですが、参加する度にレベルアップしていて、非常に楽しいツアーです。
 
決してほかのアイランドホッピングでは体験できない内容がここにはたくさんつまっています。
 
このツアーに参加される方々は非常に個性的で面白い人が多く、参加者の方たちとの交流もこのツアーの魅力の一つではないでしょうか。
 
大夢さんの周りにはいつも面白いひとが集まり、熱い話がとびかっています。

クラウドファンディング

左から二番目がインターンの翔くんで真ん中が大夢くん

 
日々進化を続ける大夢さんがこの度クラウドファンディングに挑戦することになりました。
 
その目的はバジャウ族の村にゲストハウスを作るためです。SNS等の口コミで人気が広まった大夢さんにはバジャウに興味を持った方からたくさんの連絡がくるそうです。
 
そして、宿泊者もどんどん増えてきているとか。すでに過去200人以上の方が訪れているそうです。
 
大夢さんは誰でも受け入れてくれて、自分の家に招待してくれるのです。しかしそれには限界があります…そこで大夢さんが思いついたのが、『誰もが気軽に漂海民バジャウ族の村に宿泊できて、バジャウ族の生活に溶け込んで異文化体験や異文化交流もできてしまう、最強のゲストハウスをつくっちゃおう!』ということです!!
 
将来的にはセブ島の語学学校と提携し、バジャウのゲストハウスから学校に通ったり、アクティビティにバジャウ族ツアーを組む『バジャウ族留学』も計画中とのことです。
 
日々進化を遂げる大夢さんにはいつも、勇気と希望をもらっています。
 
現在進行中のこのプロジェクトにみなさんも参加してみませんか。
 
そして、ぜひセブ島に来た時はこのバジャウ族、松田大夢さんを訪れてみてはいかがでしょうか。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@だと疑問点をすぐ聞ける

セブ島でアメリカ留学ホームステイのETHOS(エトス)はフィリピン、セブ島で唯一アメリカ人とのホームステイ、マンツーマンレッスンを提供している語学学校です。

小規模でアメリカ人講師・スタッフが留学生と家族のように接するアットホームな環境で英語を真面目に勉強したい、自然な英語を身に付けたい、アメリカ人から習いたい方に最適です。

ABOUTこの記事をかいた人

細間 翔

小学1年生から大学4回生まで野球部の典型的な体育会系男子。 大学時代に生まれて初めて行った中米・グアテマラへの野球普及ボランティアで、海外の魅力と語学の重要性を痛感。大学卒業後にセブ島に来て、現在はETHOSのインターン。 しっかり海外の魅力を追求し発信していきます。