【フィリピン・セブ島留学】銀行口座より国際キャッシュカードがおすすめです。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学をするときに現金を大金で持って行くのが怖いので、フィリピンで銀行口座を開くべきかなと考えています。フィリピンで銀行口座を開けますか?他にいい方法があれば、合わせて知りたいです。という疑問に答えます。

 

結論から言うと銀行口座を開くより、国際キャッシュカードがおすすめです。

 

この記事の内容
  • そもそも銀行口座は開ける?
  • 国際キャッシュカードとは?
  • クレジットカードも忘れずに

この記事を書いている僕はセブ島留学、ワーホリの経験者で1ヶ月の短期滞在から1年の長期滞在まで経験しています。

 

そもそも銀行口座は開けるの?

フィリピン留学や観光などで滞在する外国人でも、パスポートとACR I-Cardを持っていればフィリピンで銀行口座の開設ができます。

ただし、フィリピンに行く留学生の多くは長くて6ヶ月程度の留学期間なので、フィリピンに銀行口座をつくるのはメリットがありません。

なので、留学生は国際キャッシュカード、現金、クレジットカードで現地の生活費を持ってきています。

国際キャッシュカードとは?

フィリピン・セブ島にいながら日本の銀行口座からお金を引き落とせるカードです。

クレジットカードと違い審査不要ですぐにつくれて、セブ島のATMから引き出せます。

  • 未成年でもつくれる
  • 申し込み時の審査がいらない
  • 口座に入れたお金=限度額
  • セブ島で現地通貨のペソで引き出せる

 

などなどのメリットがあります。

海外のATMから引き出す手数料が安い国際キャッシュカードを3つ紹介します。

  年会費 海外ATM手数料 不正利用
三菱UFJデビット 無料 108円/回 届出から60日まで
イオンデビットカードVisa 無料 1.6%+216円 届出から30日まで
ソニー銀行 無料 1.76% 216円 届出から30日まで
※三菱UFJデビットは中学生を除く15〜23歳まで年会費無料、24歳以上も年間10マン円以上利用すると翌年も無料
※ソニー銀行は高校生不可の18歳以上で利用可能
 
 
実際に海外ATMから引き出すのに1万円利用した時の手数料は、
 
  • 三菱UFJデビット:108円
  • イオンデビットカードVisa:376円
  • 住信SBIネット銀行:250円

 

またセブ島でATMを利用すると引き出し手数料で200ペソがかかります。

国内の銀行ATM手数料と比較すると高めな海外ATM手数料ですが、はじめての海外留学でセブ島に留学するのであれば、全て現金で持ち込むより安全で、安心だと思います。

クレジットカードも忘れずに

セブ島ではモールやレストランなどではクレジットカードが使えます。

またクレジットカードは、

  • セブ島のATMから引き出せる
  • 海外旅行保険(90日)が付帯している

 

この2つのメリットがあるので留学前に作っておくと便利です。

そうは言っても、数多くのクレジットカードのどれを作ればいいのか分からないと思うので、この記事に厳選した3枚をまとめておきました。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

その国際キャッシュカードやクレジットカードを使ってATMでお金を引き出す方法はこちらです。

フィリピンでATMの使い方・お金のおろし方【超簡単】

まとめ

セブ島留学でも銀行口座はつくれますが、国際キャッシュカード、クレジットカード、現金の持ち込みの方がメリットが大きいです。

この記事で留学期間別に持ち込むべき金額、持ち込み方法をまとめました。参考にどうぞ。

フィリピン留学に現金いくら持ってく?僕の答えはコレです。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS