【成長に繋がった】留学中に起きた僕の変化「実体験です」

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
これから留学をする予定があります。留学する事によって自分自身にプラスになる変化はあるのだろうか?できたら環境の変化なども知りたいです。経験者の声が聞かせてください!

こんな疑問に答えます。


結論から言うと、留学する事によってプラスの変化しかありません。海外生活をすると自分の成長に繋がるので超おすすめします。

この記事の内容
  • 留学中に起きた僕の変化

  • 留学では環境が激変します

  • 留学生の両親も変化を感じている事について

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

今までの海外13ヶ国26都市に行ってきて、ホームステイ経験がアジア3ヶ国(フィリピン・インドネシア・ベトナム)であるので割と海外経験は豊富だと思います。僕にとって留学と海外生活は全て自分の成長に繋がりました。

嬉しい事に、ETHOSの留学生も様々な面で留学が成長に繋がってると言っています。

こういった背景の僕が、留学中に起きた僕の変化について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

【成長に繋がった】留学中に起きた僕の変化

下記の通りです。

  1. 英語が上達するのが自分で分かった
  2. 自分に自信がもてるようになった
  3. 宗教について学べた
  4. 日本のことを知れた
  5. 海外に合わせられるようになった
  6. 日本にいる外国人観光客が気になり出した

 

一つずつ解説していきます。

その①:英語が上達するのが自分で分かった

留学をすると1日中、英語学習にコミット出来るので確実に英語力は向上します。留学当初の英語レベルはBe動詞が分からないレベルでしたが、勉強していく内に段々と英語力が上がっているという事に自分でも気がつきます。

僕の場合、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と期間毎に英語力の変化を感じました。

留学中は、何度も伸び悩みに直面しますが、伸び悩みに落ち込まずに一生懸命勉強する事が大事です。6ヶ月留学すれば、海外で働く為の英語力を付ける事は可能です。

将来は海外で働きたい。ワーホリでローカルジョブをゲットしたい。って方は最低4ヶ月は留学して英語学習にコミットしてください。

 

その②:自分に自信がもてるようになった

海外留学に華やかなイメージを持っていましたが、実際に留学している人は苦労している人が多いです。

苦労すること
  • 言葉の壁に苦労する
  • 環境の変化
  • 食べ物の変化
  • 人間関係
  • お金のやりくり

 

留学した事があるフィリピンは日本と比べると相当不便です。それと今までに行った海外13ヶ国で日本より便利だった国はありません。

なので、留学をする=日本より不便な所で生活する。事になるので、自分は何処でもやっていけるという自信がつきます。

海外の環境にたくさん揉まれて苦労すると、精神的に強くなり人間味も出てきます。苦労した人の方が色々な経験をしているので、相手の立場になった考える事が出来ると思います。

 

その③:宗教について学べた

留学する前までは、僕の中では宗教と聞くと悪い集団のイメージが強かったです。なのでインドネシアでイスラム教の家でホームステイした時に、アッラー(神様)に1日5回お祈りしていたり、ラマダン中は断食していたりと、衝撃的な光景でした。

後は、フィリピンでクリスチャンのアメリカ 人の家にホームステイした時も毎週教会に行っていたりと正直何も知らなかったので怖かったです。

でも、海外生活をしてイスラム教やクリスチャンの考えを学ぶ内に自分の中で変化が出てきました。

海外では何らかの宗教を信仰している事が当たり前で、僕やその他の日本人のように「特定の宗教は無い」って人は激レアです。留学で外国人留学生と話すと宗教の話になる事が多いので、知っておきましょう。

 

その④:日本のことを知れた

フィリピンやアメリカでは自分と同い年の友達同士で国の政治や大統領について話をしています。「もっとこうした方が良い!」「こうあるべきだ」みたいな事を食事中に熱く語り合っている事もあります。

日本だと友達同士で国の事を話す事がありますか?僕の場合、全く無かったし恥ずかしながら全く知りませんでした。

国の事を話している輪の中の中にいると、「っで日本はどうなの?」と話を振られる事もありました。何も答えられなかったですが…..。

それから留学先と日本の過去の関係を調べたりしていきました。

日本のことを調べて留学前より知れて、日本をより好きになれました。

その⑤:海外に合わせられるようになった

海外に出ると日本の常識が非常識になる事があります。

最初は日本はこうだから…という考えを持っていましたが、自分が海外に行ったら郷に入れば郷に従えで、海外の文化や習慣に合わせて行かなければいけません。

留学後の自分は少し寛容になった気がします。

その⑥:日本にいる外国人観光客が気になりだした

これは留学後の自分の変化なのですが、留学をした事によって英語が喋れるようになったので、日本で観光している外国人観光客が道に迷って困っている時など、声をかけて助けてあげたりと、周囲の外国人に興味を持つようになりました。

知らない外国人に喋りかけられるようになったのは、僕にとって大きな変化です。

 

上記は留学中に起きた僕の変化ですが、とてつもなく成長に繋がったと思います。

留学は環境が激変します

海外留学は身の回りの環境が日本にいる時と激変します。代表的な変化は下記3つです。

  1. 食事面
  2. 言語面
  3. 環境面

 

こちらも一つずつ解説していきます。

その①:食事面

フィリピンでの主食はお米で日本と同じですが、パラパラしています。そして現地の人は野菜をあまり食べず肉中心の食事です。

留学先がオーストラリアやアメリカの場合でも、ジャンクフード中心の生活になってしまうでしょう。留学先の食事が合わないと相当辛いので、留学前にレストランで食べてみるのもアリです。

僕は全く料理が出来ないのですが、留学中に手際よく料理をしている人を見ると羨ましいな〜と思ったりもします。留学中、自炊できる環境は語学学校にもよるので、事前にチェックしてください。

その②:言語面

留学先では、英語中心の生活になります。
日本人がいない環境に身を置けばおく程、日本語とは離れた環境になるでしょう。

「留学するなら日本人がいない環境に行きたい」

と考える方は多いですが、言葉が通じないのは想像以上にストレスになります。強靭なメンタルを持っていなければ耐えられないと思うので、特に英語初心者は語学学校選びは慎重に行ってください。

その③:環境面

日本からフィリピンに来ると「環境の変化」が一番大きいです。

一言で言うと、「不便」です。笑

例えば、

  • トイレットペーパーの紙を流せない
  • 定員の態度が雑
  • フィリピン人の時間に関しての考えが緩すぎる
  • セブ島は電車が通っていない
  • 渋滞が酷い
  • 色々と効率が悪すぎる

 

このような環境を受け入れて、逆に楽しむくらいの勢いを持つことが大切です。

留学生の両親も変化を感じています

 

嬉しい事に留学後、留学生の両親からお礼の連絡が来ることもあります。

下記が留学後に留学者の母親からきた実際のLINEです。

 

留学者
  • 大学生
  • 留学当初の英語レベルは初級
  • 留学期間:12週間

母親からみても12週間留学した子供の変化を感じられたようです!嬉しいことですね。

留学者の体験談は【大学生・ホームステイ留学体験談】アメリカ英語とフィリピン英語の違いもしれたで解説しています。

何より、このような連絡を貰えると嬉しくなります^^

他にもFacebookやLINEから嬉しい報告をたくさん頂いています。

  • 第一志望の学校に合格出来た
  • 娘が帰国してから口数が多くなった
  • 海外に興味を持ち出した

 

など、多少なりともプラスの変化はあるようです!留学すると自分の成長の繫る変化があるのでおすすめです。

今回は以上になります。

留学生の体験談は、フィリピン留学体験談にまとめているので読んでみてください!もっと他の方が感じた変化が詳しく書いてあります。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら