「フィリピン・セブ島留学」1ヶ月の費用は約30万円【効果も紹介】

フィリピン留学1ヶ月の費用は?

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学したい女性
フィリピン・セブ島留学を1ヶ月したいと思っています。1ヶ月の留学費用はどのくらいなのか、どのくらいの効果があるのか気になります。経験者教えてください!
 
 
こんな疑問に答えます。
 
 
 
Kan
結論から言うと、ズバリ1ヶ月の留学費は航空券や生活費全て合わせて30万円前後になります。(レートによって前後します)また留学による効果も期待できます。ブログ後期に卒業生の声も紹介しています。また、1ヶ月間の留学される方は割と多いです。
 
 
この記事の内容
  • 1ヶ月の費用を細かく解説
  • 留学プラン別の料金(1ヶ月)
  • 卒業生の体験談を紹介

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

この仕事をして5年になるので、フィリピン留学情報についてはかなり詳しく解説できるかと思います。

こういった背景の僕が、 フィリピン・セブ島留学1ヶ月の費用と効果を細かく解説していきます。

1ヶ月の費用は約30万円

フィリピン・セブ島留学で必要な費用が以下の5つです。

この記事の内容
  • 語学学校の費用
  • VISA代、SSP、ACR I-Cardなどのビザ関連費用
  • 航空券代
  • 現地生活費
  • 海外旅行保険
 
 
この5つの合計金額が実際にフィリピン留学でかかる費用です。その他に現地生活費もかかります。
 
それではまずは語学学校の費用から解説していきます。

語学学校の費用

語学学校によって、別途入学金がかかったり、食事代、電気代、テキスト代、空港送迎費用などがかかったり、それぞれの学校で違います。
 
この記事では、ETHOS(エトス)のホームステイプラン・シェアハウスプラン(6時間コースと7時間コース)の料金を元に紹介します。
 
料金とプランはこちら。
 
※1ドル110円計算です。
 
シェアハウスプラン(2〜4人部屋)
6時間コース(4週間)1920ドル:日本円で211,200円(税込み)
シェアハウスプラン(2〜4人部屋)
7時間コース(4週間)2300ドル:日本円で約253.000円(税込み)
ホームステイプラン(2〜4人部屋)
6時間コース(4週間)2170ドル:日本円で238,700円(税込み)
ホームステイプラン(2〜4人部屋)
7時間コース(4週間)2550ドル:日本円で280,500円(税込み)
 
6時間と7時間コースの違いは下記記事で解説しています。
 
 

留学費用に含まれている費用

他校では、入学金やテキスト代など別途支払う必要がありますが、ETHOS(エトス)ではそれらの費用が全て含まれています。上記で紹介したプランに含まれている費用は下記の通り。

この記事の内容
  • 空港送迎費、入学金、宿泊代、水道・光熱費、テキスト代、ホットシャワー完備、ウォーターサーバー完備、Wi-Fi完備(全ての教室・ステイ先の個室で無料で使用できます)、個室清掃、ベットシーツ交換(週2回/部屋は常に綺麗に保っています)、消費税8%
 
平日1日6時間の授業(土日祝日除く)の内訳は以下のとおりです。
 
4時間:アメリカ人講師との少人数グループレッスン
2時間:復習の時間(アメリカ人とマンツーマンで最大30分学習できます)
(60分=55分レッスン・5分休憩)
 
 
 
授業は6時間ですが、予習・復習の時間を考えて1日合計8時間〜9時間勉強して下さい。
 
 
ETHOS(エトス)では、授業以外にもアクティビティーが充実しており、毎週木曜日は学長バリー宅でホームパーティーをやります。ホームパーティーにはアメリカ人講師やアメリカ人キッズも参加するので、実践的な英語を使うチャンス!積極的に英語を使い、スピーキングを伸ばしていこう。
 
 
また、第2、第4日曜日に現地のフィリピン人、アメリカ人講師たちが20人〜30人集まり食事を楽しむチャーチサービスもあります。チャーチサービスにはアジア人やアフリカ人など多国籍な集まりなので、実践的な英語を使うチャンスです。チャーチサービスも積極的に参加して下さい。
 

フィリピン留学に必要なビザ費用(SSP代金)

続いてビザ費用です。日本国籍の方はフィリピン入国に際し事前手続きは不要です。
 
なので日本国籍を持っていればフィリピンへはノービザで入国すると自動的に30日間の観光ビザを発行してもらえます。
 
 
注意説明
パスポート残余期間に滞在日数+6ヶ月以上必要
往復航空券または他国への出国時のチケットを保持していること
 
4週間の場合はSSPの取得のみですので5440ペソ(約1.2万円)です。SSPの費用を現地についてからイミグレーションで手続きをして支払いをします。
 
エトスではスタッフが全て手続きをしてくれます。
 
留学したい女性
SSPってなんですか?
 
Kan
SSPは(特別就学許可証)と言い、このビザを取得せずにフィリピンで英語の勉強をする事は法律で禁止されています。とっても大事なビザです。

語学学校によっては、SSPの料金だけ請求して実際に申請していない学校もあるようなので、SSP取得後は領収書をもらいましょう。

航空券代

日本からセブ島までのおすすめ航空会社は2です。

  • セブパシフィック 航空
  • フィリピン航空

 

航空券の値段は下記の通り。

航空会社 閑散期 繁忙期
セブパシフィック航空 45000円 80000円
 フィリピン航空 60000円  100000円
現在バニラエアは運行していません。    
 
成田からはセブパシフィックとフィリピン航空からセブ島までの直行便が出ています。関西、名古屋からはフィリピン航空からセブ島までの直行便が出ています。
 
それ以外の都市からセブ島に行く場合「乗り換え」が必要になります。
 
 
夏休み、ゴールデンウィーク、年末年始など日本で旅行費が高騰するピークシーズンは航空券代が値上がりします。航空券を安くすませたい方は、オフシーズンを狙いましょう。
 
現地の生活費用は人それぞれの滞在スタイルで異なりますが、大体1週間1万円あれば生活できます。1ヶ月だと4万円生活費があれば十分です。
 
留学したい女性
安すぎません?物価が知りたいです。
 
Kan
物価はモノによりますが、日本の1/3です。特にセブ島は外食しても安い!ローカルレストランなら1食100円〜200円で食べれます。安くて美味しいので、セブ島にいる時はいつも利用しています。
 
 
生活費1万円あれば、食費+娯楽費を合わせても割と余裕があります。カツカツじゃない生活を送る事で心にもゆとりができます。
 
物価の安さはセブ島最大のメリットとも言えるでしょう。
 

海外旅行保険

結論、クレジットカード付帯の海外保険を利用すれば0円で手厚い保険に加入する事が可能です。
 
無料でクレジットカードを発行するだけで使えます。
 
セブ島で体調を崩しても、日本語対応しているジャパニーズヘルプデスクもあり、ほぼ日本で診察しているのと変わらない環境で病気の症状を診断してもらえます。しかも海外保険に加入しているので、キャッシュレスです。
 
有料の保険だと1ヶ月の留学でも、3万円前後かかるので、圧倒的にクレジットカード付帯の海外保険がおすすめです。
 

フィリピン留学1ヶ月の費用

これら全ての料金をまとめた合計金額がこちらです。
 

シェアハウス:6時間コース

語学学校の費用 211,200円(1,920ドル)
SSP 12,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 40,000円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 308,200円
 

シェアハウス:7時間コース

語学学校の費用 253,000円(2,300ドル)
SSP 12,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 40,000円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 350,000円
 

ホームステイ:6時間コース

語学学校の費用 238,700円(2170ドル)
SSP 12,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 40,000円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 335,700円
 

ホームステイ:7時間コース

語学学校の費用 280,500円
SSP 12,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 40,000円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 377,500円
 

※1ドル110円で計算しています。
 
Kan
シェアハウスだったらレートにもよりますが、1ヶ月30万円前後で留学する事ができます!
 

実際にETHOSで1ヶ月留学した卒業生の体験談と効果

大学生:レンさんの体験談

ETHOSでは、発音の練習ができる。いままでに、留学したことがない人にとっては、初めての経験になると思う。また、フィリピンでは多くの飲食店でお客の名前を聞き、カップに名前を書くというシステムをとっている。私の名前には、“R”の文字が入っており、発音が難しい。最初のほうは、スペルを言わないと、聞きとってもらえなかった。

しかし、ETHOSの、プログラムで、発音の練習をすると、スペルを言わなくても、名前だけで、自分のスペルが伝わるようになった。とても嬉しい瞬間だった。

そう思って実際に1ヶ月(4週間)の留学で120時間以上の英語学習を終えた卒業生たちのアンケートを参考にしてみてください。
 
 
エトスでは、ネイティブアメリカ人による徹底した発音授業が1日に1時間必ずあります。自分でも周りからも1ヶ月で目に見える効果が出るのは嬉しいですよね。
 
 

高校生:郁海くんの体験談

やっと先生の言ってることがわかってきて、楽しい!と思い始めたらもう卒業でした
高校卒業してからすぐ、1ヶ月という短い時間を英語漬けの毎日で過ごせたのは本当に良かったと思う。
 
正直話せるようになったのか?と言われると1ヶ月じゃ無理です。笑
でも、相手の言ってることはだいたいわかってきました
 
僕も一番最初、1ヶ月のフィリピン留学経験があります。その時もいくみ君と全く同じ感想を持ちました。決して1ヶ月で話せるようになりません。しかし、やっと何となく先生の言っている事が分かり、これから!って時に留学が終了しました。
 
出来れば、1度に3ヶ月は留学したい所です。
 

留学経験者の体験談

1ヶ月留学する方は割と多いです。特に学生は、春休みや夏休みの長期休暇を利用して留学しています。他の卒業生の体験談も下記っから読めますので、参考にして下さい。

【大学生・ホームステイ留学体験談】毎日が思い出でした。強いていえば最高のfamilyができたこと

【大学生・ホームステイ留学体験談】フィリピン・セブという環境での経験は一生もの

留学生の平日・休日の過ごし方

平日は授業後に自習をしたり、外出してジムに行ったり外食に行く生徒もいます。

一方、休日はセブ島のビーチに行って思いっきり自然を楽しむ生徒が多いです。平日は集中して勉強。休日もおもいっきり楽しむ!セブ島留学最高ですね。

下記関連記事に、留学生の平日・休日の過ごし方について詳しく説明しているのでご覧ください。

まとめ

1ヶ月の留学費用は航空券など全て含めて30万円前後です。

また卒業生も何かしたらの効果を感じているので、費用対効果も良いと感じています。 
 
実体験から3ヶ月から本格的に英語が喋れて聞けるようになってくるので、時間とお金を作って3ヶ月留学するのもおすすめです。
 
 
3ヶ月留学した卒業生はもっと効果を感じています!
 
 

【2019年度版】フィリピン・セブ島留学3ヶ月の費用とその効果は?

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学1ヶ月の費用は?

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS