フィリピン・セブ島留学の持ち物まとめ【必ず持参した方がいい物有り】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物って何だろう?留学が決まって用意をする段階だけど、何を用意したらいいか分からない。そんな疑問に答えます。
この記事の内容
  • フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物「必需品から便利なものまで」
  • 現地で購入できるもの
 
結論から言うと、基本的にフィリピン・セブ島で何でも手に入るので過度に荷物を持ってくるのは不要です。ですが、人によって必要最低限のものは変わってくると思うので、こちらの記事を参考にしてください。
 

フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物まとめ「必需品」

パスポート

入国時に有効期限が6ヶ月以上で、入国スタンプの未使用欄が2ページ以上必要です。もしもの時のためにパスポートのコピーもあると安心。

※参照記事:フィリピン・セブ島留学に必要なパスポートの条件【費用・申請方法等】

往復航空券

フィリピン入国には往復の航空券が必要です。片道の航空券のみだと入国できません。必ず帰りの航空券も購入しましょう。

※参照記事:【簡単】フィリピン留学の航空券を購入する方法とタイミング「おすすめ」

生活費(日本円)

1週間1万円で十分にセブ島を満喫する事ができます。 紛失や足りなかった場合に備えクレジットカードや海外で使える銀行を開設すると安心です。

※参照記事:フィリピン留学のお小遣い額は?【月に現金4万円で足ります】

ビザ費用

観光ビザは30日未満の滞在は無料。30日以上滞在する場合は滞在期間にあった金額を用意しましょう。1ヶ月につき約1万円。

1週間の留学でもSSP(特別就学許可証)の取得が必要。料金は約1.2万円。必要なビザ費用は留学期間によって異なります。

※参照記事:フィリピン留学に必要なビザ費用一覧【事前の準備は必要無し】

海外旅行保険

海外旅行保険はもしもの時の為に加入しましょう。自分は絶対に大丈夫と思っていても環境の変化や食べ物の違いから体調を壊す生徒は一定数必ずでます。

※参照記事:1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

クレジットカード

カードによって、海外のATMから引き出しができたり、海外旅行保険がついていたりと便利です。

フィリピンでも大型ショッピングモールやレストランでクレジットカードが使えます。

フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物まとめ「勉強道具」

参考書

学校で参考書の貸し出しをしている所もありますが、参考書持参の学校もあります。

そして学校のテキストは全て英語です。初心者の方は日本語の文法のテキストを自習の際に使うと便利です。

※参照記事:【フィリピン】留学生が実際に使ってた参考書7選【初心者におすすめ】

ファイルやバインダー

授業では大量のテキストが出ます。それを整理整頓できるファイルやバインダーがあると便利です。

筆記用具

現地でもボールペンやシャーペンなどの筆記用具を揃える事ができますが、やはり日本製が圧倒的にハイクオリティーなので日本である程度揃えてきましょう。

※参照記事:フィリピン・セブ島留学で必要な文房具【現地で買える場所も紹介】

フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物まとめ「電子機器」

電子辞書

留学生の声を聞いていると、電子辞書がかなり役に立ったという声もよくききます。

辞書はスマホでも代用できますが、フィリピンはWi-Fiが遅いので使いたい時に使えない事もしばしば…..

電子辞書は役にたつのでご持参ください。

※参照記事:フィリピン留学中のWiFi・ネット環境を解説【事前に知ろう】

スマホ

スマホでは日本にいる家族や友達と連絡を取るので使える他、学校やステイ先のWi-Fiを使っていつでも連絡を取る事は可能です。

SIMフリーのスマホがあると大変便利です。

※参照記事:フィリピン留学中のスマホ・携帯の使い方【短期から長期まで全部解説】

ドライヤー

特に女子留学生は必要になるでしょう。嵩張るので事前に語学学校のステイ先にドライヤーがあるか確認しましょう。

フィリピンと日本の電圧は違うので、無い場合フィリピンでも対応しているドライヤーを買う必要があります。

※参照記事:フィリピンのコンセントの形と電圧【日本の電化製品はほぼ使えます】

延長コード

相部屋だとコンセントの数に限りがあるので、延長コードは必要になってきます。

あとは、必ず自分のベットがある所に電源があるとも限りません。延長コードはあるとかなり便利です。

パソコン

現地のネットカフェにもパソコンはありますが日本語設定になっていないので使いにくいです。現地のレストランやカフェはもちろん校舎内、ステイ先には無料wifiもあるので、パソコンを持参すれば使う事も可能。

自習の時にPCで映画を観たり、仕事で使ったりと用途は様々です。

※参照記事:フィリピン留学にパソコンは必要かよく質問を頂きます

フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物まとめ「洋服」

Tシャツ・ズボン

留学中は基本的にTシャツにズボンといったスタイルになります。大体1週間分くらいセットがあると安心です。

※参照記事:フィリピン・セブ島留学中の服装はどうするか?【男性編】

ジーパン・スニーカー

アクティビティをする時や、デコボコな道もあり日常生活でスニーカーが1足必要です。また留学中にジムなどで運動する事もあるんので、日常生活用と運動用で靴を2足持ってきましょう。

観光地で肌の露出が多いと入れない場合もあるのでジーパンを一枚あると便利です。女性にはワンピースが着替えやすくて評判です。

※参照記事:フィリピン・セブ島留学で靴を必要?僕は2種類持っていきます

薄手の上着

フィリピンは室内のエアコンの温度が低く冷える事があるので、1枚薄手の上着を持っていきましょう。

サングラス・帽子

フィリピンは日本に比べて日差しが強いので、外出する時にサングラスや帽子をしましょう。

※参照記事:フィリピンでビーチに行く時のおすすめの日焼け止めは?

下着

下着もTシャツ等と同様1週間分用意しましょう。フィリピンの洗濯機と水の質がよくないので、洗濯すると色落ちや劣化が早いです。

フィリピン留学時には2軍、3軍の洋服を持ってきてください。

※参照記事:フィリピンで白Tシャツを30日着続けたら洗濯機が恋しくなった

水着

セブ島といえば海!週末に遊びにいけるように水着も持ってきましょう。

※参照記事:【セブ島留学】水着の現地調達は賢いの?(男性編)/【セブ島留学】私は女性が水着を持ってくるのおすすめ!

大きめのバスタオル

シャワー後にも必要ですが、ビーチやプールに行く時にも便利です。

マスク

フィリピンは日本に比べて空気が悪いので、日常でマスクが必要になる事もあります。

また風邪を引いてしまった時の為にマスクは必ず何枚か持ってきましょう。

※参照記事:フィリピン・セブ島留学に「マスク」は必ず持ってきた方が良い理由。

フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物まとめ「薬・サプリメント」

常備薬

フィリピンで購入出来る薬は強烈です。生徒の中には胃が荒れてしまう方もいます。普段飲み慣れてる薬がある方は忘れずに持ってきましょう。現地の薬はドラッグストアで100円程度で購入できます。

※参照記事:【セブ島の病院】日本語対応の「ジャパニーズヘルプデスク」がおすすめ

サプリメント

ビタミン剤や青汁など、留学中は栄養が偏りやすいので持ってきましょう。

フィリピン留学以外でも、サプリメントは必須です。

フィリピン・セブ島留学に必要な持ち物まとめ「あると便利なもの」

体を洗うタオル

現地で手に入れるのが非常に難しいです。忘れずに持ってきましょう。

ポケットティッシュ

レストランにティッシュが無かったりトイレにトイレットペーパーが無い場合があり外出する時に持っていると便利です。

S字フック

留学中は部屋の中のスペースが限られています。スペースを有効活用できるS字フックが便利です。

スマホ用防水ケース

ビーチでの思い出作りに必須です。透き通った海は水中でもキレイに撮れます。

日焼け止め

日本製品より現地で購入出来る製品のクオリティは低いですが現地で日焼け止めグッズを買う事は可能です。フィリピンの日差しは強い。肌が弱い方や愛用している日焼け止めを持ってきましょう。

ハンカチ

フィリピンの乗り物であるジブニーに乗る際は排気ガスがすごいので口や鼻を塞ぐ為にも使えます。持っていると何かと便利です。

ショルダーバック

ポケットにスマホや財布を入れておくとスリにあう可能性が高くなります。ショルダーバックを前にかけて出かけましょう。

インスタントの日本食

フィリピンのはかなり多く日本食レストランがあるので日本の味には困りませんが、すぐに食べれるインスタントの日本食があると便利です。

参照記事:【セブ島】もう一度行きたくなる日本料理まとめ

フィリピン・セブ島 現地で手に入るもの

結論から言うと、日本製の製品もフィリピン・セブ島で手に入ります。

シャンプーやコンディショナーなど普段から使用しているものを現地でも同じものを使いたい場合は持って行く、そうでない場合は現地で購入しましょう。
 
特にこだわりがなければシャンプー、リンス、歯ブラシ、石鹸、歯磨き粉、サンダル、ノート、爪切り、髭剃りなどなど、だいたいは現地で買っても良いです。
 
下記の記事にフィリピン・セブ島のスーパーの様子などを解説しています。
 
 

お金の準備について

 
個人によりバラつきがあります。英語学習を目的として留学する場合で考えると1万円/週間の生活費で考えとけば大丈夫です。もしも、ダイビングやフィリピン国内の小旅行を考えている場合は、その分多く持ってきましょう。
 
予想より出費が多くなることを考えて現金以外にもクレジットカードを準備しておくと便利です。クレジットカードがあると現金を多く持って海外留学へ行くよりも精神的な負担も少なくすみます。

両替について

基本的に渡航前に日本でフィリピンペソを用意する必要はありません。学校のスタッフが空港まで無料でピックアップした後に、学校近くのレートの良い両替所を使いましょう。
 
 

行きのスーツケースはできるだけ余裕を持って

フィリピン到着したときにスーツケースがいっぱいだと、帰りにお土産を入れるスペースがなくて困ります。お土産以外にも、現地で洋服を買ったりする事もあるでしょう。
 
足りない分は現地で購入するくらいの気持ちで少しだけスーツケースにはスペースを空けておきましょう。定番のドライマンゴー以外のお土産を選びたい方はコチラをご覧ください。
 

最後に

 
出発前にもう一度、忘れ物が無いか確認しましょう!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS