ワーホリ前はここで留学をしろ【初心者はまずフィリピン留学をしよう】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリする人
これからワーホリをする予定です。

ワーホリ情報を調べていたら、英語初心者はまずフィリピン留学をして英語の基礎をつけた方が良いと書いてある情報が多いのですが、実際どうなんですかね?

ちなみに、私は英語初心者です。直接ワーホリをするより、まず留学をした方が良いメリットなど知りたいです。

誰か教えてください!

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、あなたが英語初心者なら、まずはフィリピン留学をした方が良いです。

その理由は、欧米圏の留学と比べて、英語が伸びる、授業時間が長い、費用が安いなど、様々なメリットがあります。

この記事の内容
  • ワーホリ前はフィリピン留学をした方が良い理由
  • ワーホリ前にフィリピン留学しなくて良い人

 

この記事を書いている僕はフィリピン留学の経験者です。現在はワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)でたくさんの留学生をサポートしています。

仕事柄、ワーホリ前の人をサポートしているので、留学・ワーホリ事情については人並み以上に詳しい方です。

こういった背景の僕が、ワーホリ前はフィリピン留学をした方が良い理由について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

ワーホリ前はここで留学をしろ

先ほども言いましたが、英語初心者の場合、ワーホリ前はフィリピン留学をした方が良いです。

その理由は下記の項目ごとに説明します。

  1. 授業時間に比較
  2. 授業形式
  3. 留学費用
  4. 物価
  5. ワーホリできる期間

 

一つずつ解説していきます。

その①:授業時間の比較

1日の授業時間比較
  • フィリピン留学:6時間〜10時間
  • ワーホリ先:2時間〜4時間

 

欧米留学では、1日の授業が午前中で終わり。なんて学校も多いですが、フィリピン留学の場合、少なくても授業時間は6時間ほどあります。

1日3時間授業時間が違うと、1週間だと15時間、1ヶ月だと60時間、4ヶ月だと240時間もの差になります。

授業時間の差は、英語力になって現れます。なので、集中できる範囲でできるだけ長時間学習をしましょう。

フィリピン留学には、1日10時間〜12時間勉強できるスパルタ校もありますが、ここまで長時間だと逆に集中する事ができません。ですので、最大でも1日の勉強時間が6時間〜8時間程度の学校を選ぶと良いでしょう。

 

その②:授業形式

  • フィリピン留学:マンツーマンレッスン+少人数グループレッスン
  • ワーホリ先:完全グループレッスン

 

フィリピン留学は講師と生徒1対1で勉強するマンツーマンレッスンが主流ですが、オーストラリアやカナダ(ワーホリ先)で語学学校に通う場合、完全グループレッスンです。しかも大人数の15名〜30名。

一度想像してみてください。

中学生、高校生の時の授業で1クラス30名もいたら、ほとんど、勉強できる人が手を挙げて発言して、勉強できない人は、1時間全く発言しないなんて事も・・・

むしろ、勉強できないと、先生に当てられたくないから、目を逸らしてしまった事はありませんか?

ワーホリ先のグループレッスンでは、英語になります。正直、無理です。

ですが、英語初心者の場合、マンツーマンレッスンか1クラス3人〜6人の少人数制のグループクラスを選ぶようにしましょう。

その③:留学費用

語学学校によって留学費用は多少変わりますが、ここではセブ島でアメリカ英語を習える語学学校ETHOS(エトス)の留学費用とオーストラリアの語学学校を比較します。

  • ETHOS:5515ドル(約60万円)
  • オーストラリア:7242オーストラリアドル(約65万円)

 

ワーホリする人
え、なんだ。留学費用あまり変わらないじゃん。

だったらオーストラリアの語学学校行った方が良くない?

こう思うかもしれませんが、

フィリピン留学は授業時間が長く、授業体型がマンツーマン+少人数のグループレッスンです。そう考えると、圧倒的にフィリピン留学の方がお得です。

その④:物価

  • フィリピン=日本より物価が安い
  • オーストラリア=日本より物価が高い

 

フィリピン留学費用が比較的安い理由は、現地の物価にある訳ですが、物価が安いと普段の生活もかなり楽になります。

フィリピンでは、現地の人が行くようなローカルレストランで外食すれば、1食200円程度でたべれますが、オーストラリアで外食すると1000円以上掛かります。

同じ4ヶ月留学するにしても、フィリピンで勉強をするか、ワーホリ先で勉強するかで、掛かる生活費も大きく変わってきます。

4ヶ月留学する場合、生活費の予算

  • フィリピン=10万円〜15万円
  • オーストラリア=30万円〜40万円

 

上記のように、費用が倍以上変わってきます。

物価が高くてカツカツの生活をするのならば、物価が安い国で余裕を持って生活した方が心も落ち着きます。

その⑤:ワーホリできる期間

オーストラリアのワーキングホリデービザの条件は下記の通りです。

  • 期間:1年間
  • 就学:4ヶ月
  • 就労:6ヶ月(同一雇用主)

 

ワーホリ期間は1年間と期間が決まっています。直接ワーホリに行って語学学校に通う場合、

ワーホリ先で語学学校に行く(4ヶ月)→ワーホリで仕事をする(8ヶ月)

ワーホリ前にフィリピン留学をする場合、

フィリピン留学をする(4ヶ月)→ワーホリで仕事をする(1年間)

上記のように、ワーホリ前にフィリピン留学をする事によって、ワーホリ期間をフルに有効活用する事ができます。

4ヶ月も働ける期間が変わるので、稼げる額も相当変わってきます。

稼げる金額の比較は下記の通り。

20ドル(時給)×8時間×5日×4週間=3200ドル(1ヶ月)。単純計算ですが、4ヶ月だと、12800ドルと100万以上差が出ます。

正直、ワーホリ前にフィリピン留学をして、ワーホリで働ける期間を伸ばすだけで、フィリピン留学費用を回収できます。

圧倒的にお得です。

オーストラリアは、ワーホリビザ延長手続きをすれば、2年、3年と延長する事も可能です。その方法については、オーストラリアのワーキングホリデー期間は最長3年!で解説しています。

ワーホリ前に留学しなくても良い人について

ワーホリする人
え、留学しなくても良い人ってどんな人?

結論から言うと、英語中級以上の方は、フィリピン留学不要です。

ワーホリ前に留学した方が良い人は、ワーホリでローカル企業に働けるようになるために、英語の基礎をつけた方が良い人です。

なので、既に英語力が中級の人は、ワーホリ前の留学にお金を掛けずに、直接仕事探しをして、実際に働きながらお金を稼いで、実践的な英語力を身につけて行くのが良いです。

仕事探しについては下記関連記事を参考にしてください。

稀にフィリピンの環境に合わない人もいる

フィリピンはまだまだ発展途上国です。日本より不便な事や考えられないような事がたくさんあります。

全てのインフラが日本のように整っていません。

なので、

  • 渋滞が酷い
  • 衛生環境もよくない

 

ので、日本のように先進国じゃないと生活できない!東南アジアの少し汚そうな環境は無理!って言う人には残念ながら、フィリピン留学は向かないかなと思います。

そのような方は、2つ解決策があります。下記の通りです。

  1. ワーホリ先で留学もする
  2. フィリピン留学で施設が綺麗な学校を選ぶ

 

上記の通り。

フィリピン留学でも高級コンドミニアムやホテルで暮らしながら、留学できる学校もあるので、候補に入れてみてはどうでしょうか。

まとめ(ワーホリ前はここで留学をしろ)

ワーホリ前にフィリピン留学をした方が良い理由は、

授業時間

欧米圏よりフィリピン留学の方が1日の授業時間平均3時間長く効率良く勉強できるから。

授業の仕方

フィリピン留学では、マンツーマン授業が少人数グループレッスンが主流で、欧米圏の留学より、授業中に英語を使える時間が長いから。

留学費用

フィリピン留学の方が欧米圏の留学に比べて留学費用が安いので経済的にも良い。

物価

フィリピンの方が欧米圏より物価が圧倒的に安く(約1/4) 生活に余裕ができるし、心に余裕も生まれる。

留学期間

ワーホリ前にフィリピン留学をした方が、ワーホリ期間をフルに使えるので、ワーホリ中は仕事をしてお金を稼ぎたい!仕事しながら実践的に英語力を伸ばしたいって方にはおすすめです。

今回は以上です!

正直言って、初心者の場合、ワーホリ前にフィリピン留学しない方法は無いと思います。

ワーホリ前にセブ島留学をする理由【いきなりワーホリは詰みます】

ワーホリ前に!フィリピンの語学学校へ行くべき人/行くべきでない人

  • 【役所手続き】ワーホリ、留学や世界一周で日本を離れる前にやらないと損![/box]
  • ワーホリ向き!!1年の海外旅行保険を安くinオーストラリア[/box]
  • 【フィリピン】なぜワーホリ前にセブ島留学に行くのか?[/box]
  • ワーホリで英語力アップを実現する!エージェントの選び方[/box]
  • 【ワーキングホリデー】2年目の延長を視野に入れるならオーストラリア[/box]
  • ワーホリ前はここで留学をしろ【初心者はまずフィリピン留学をしよう】[/box]
  • ワーホリ24カ国で人気・おすすめの国ベスト4発表【2019年度】[/box]
  • ワーホリ前いつ仕事辞める?必要な費用はアルバイトでも稼げる![/box]
  • ワーホリ前ビザ取得後のオーストラリア旅行について【注意】[/box]
  • ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

    ↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
    フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

    ABOUTこの記事をかいた人

    kan

    セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

    英語を使いこなす、2カ国留学

    1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

    フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>