留学後の生活「僕は大学生活に戻った」【選択肢はたくさんある】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学後が心配な人
現在留学を検討しています。

留学するのは良いのですが、留学後の生活が気になっています。

みんなどのように過ごしているのか?学生生活に戻ったり、就職・転職活動をする人もいると思います。

留学経験者の方、教えてください。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、僕は大学生だったので、留学前の日常通り実家に戻り、そのまま大学生活に戻りました。

大学卒業間際の人は、就活したりしています。

留学後の生活はあなたの現在の状況次第で変わってくるでしょう。

この記事の内容
  • 留学後の生活(住居・仕事・学校編)
  • 留学後の選択肢はたくさんある。他の方の生活を紹介

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

僕は、留学後、大学生活に戻りました。仕事柄、セブ島の語学学校でたくさんの留学生にも合うので、他の人の体験も含めて留学後の生活を紹介していきます。この記事を読めば、留学後の生活は色々あるんだなという事が分かるでしょう。

こういった背景の僕が、留学後の生活について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学後の生活

僕は大学生活に戻ったのですが、せっかく留学したので、もう少し生活に変化をつければ良かったと思います。

ですので、留学後の僕の生活(実体験)と、「もっとこうすれば良かった!」という改善点も紹介していきます。

下記の通りです。

  1. 住む場所
  2. 学校での授業
  3. バイト先

 

一つずつ解説していきます。

その①:住む場所

留学後も、都内の大学に戻りました。

実家も都内にあり通学も便利だったので、一人暮らしをする必要も無く家に戻りました。

様々な理由で、留学後、引っ越す必要がある人もいるでしょう。引っ越す予定のある方は、下記「関連記事」を読んでください。

その②:学校での授業

大学の春休みに1ヶ月留学したので、留学後はすぐに新学期がはじまりました。

経営学部だったので、主に経営系の授業を取っていました。ですが、自分で選択して選べる授業がいくつかありました。

語学の授業を1クラス取るのが必須だったので、1クラスだけ「英語」の授業を取りました。せっかく留学して、英語を話す恥ずかしさも無くなり、英語の勉強をする楽しさを知ったので、週1回ある英語の授業は割と楽しみでした。

でも、今思えば、別で英語の授業を取る事は出来たので、出来るだけ「英語」の授業を取れば良かったなと思っています。

その時は単位を取るのに必死だったので、出来るだけ単位をくれる楽な授業ばかり選択していました。

語学の授業は他の授業に比べると、テストの点数で単位が取れるか決まるので、避けてしまったのです。もし、あなたがこれから大学に戻り、英語の授業を受けれるならば、出来るだけ語学の授業を取る事をおすすめします。

その③:バイト先

留学の資金はピザ屋でアルバイトをして貯めました。ピザ屋でデリバリーをしていたので、仕事中全て日本語です。

留学後も同じバイト先に戻ったのですが、今思えば、少しは英語が使える環境のバイト先に変えれば良かったなと思います。しかも、2019年現在だと、ほとんどの仕事場に外国人がいるだろうし、お客さんが外国人って事も多いはず。

東京や大阪などの都市だったら、割と簡単にアルバイト先で英語を使える環境って見つかると思います。

例えば、

  • 居酒屋などの飲食店
  • バーテンダー
  • コンビニ

 

もう、ほとんどの場所で英語を使う機会があるのではないでしょうか。バイト先でも英語を使う事、おすすめします。

やはり、実践で使う英語が一番実用的です。

「留学後の生活」大学卒業後は就職しませんでした

就職してまで働きたい職業がなかったのもありますし、卒業後は起業したいと思っていました。昔から、独立するとは決めていましたが、具体的に何をするかは決まっていませんでした。

でも、セブ島留学をした事によって、一緒に仕事をする事になるビジネスパートナーのアメリカ人が見つかり起業する事にしました。現在も一緒に仕事をしています。

留学後、大学に戻る→卒業後、起業する。

上記の流れは僕がとった、留学後の生活です。

留学後は他にも選択肢があるという事を他の人を例に次で説明します。

「留学後の生活」選択肢はたくさんあります

下記の通りです。

  1. ワーキングホリデーに行く
  2. 海外でインターンをする
  3. 日本に帰国し、就職 or 転職する

 

一つずつ解説していきます。

その①:ワーキングホリデーに行く

フィリピン留学後、特に多いのはオーストラリアやカナダに1年間ワーキングホリデーに行く人もいます。

ワーホリでは、

  • 海外で外国人と一緒に働ける
  • 語学学校に通う事もできる

 

英語環境の中、働きながらお金を稼ぐ事ができ、語学学校に通う事が出来るのが、ワーホリをする魅力の一つです。

留学後、特に予定も無くどうしようか悩んでいる場合、ワーキングホリデーはどうでしょうか。

下記にフィリピン留学後、ワーホリをしに行った卒業生のインタビュー記事があります。

留学後のワーホリ生活事情も分かるので、合わせて読んでみてください。

【英語も伸びる!】ワーホリ8ヶ月目で150万円貯金あるよ【環境大事】

その②:海外でインターンをする

フィリピン留学後に、そのまま現地でインターンとして働く方もいますし、一度日本に帰国して、インターンの為にセブ島に戻ってくる方もいます。

フィリピンでは、

  • 語学学校スタッフ
  • IT企業
  • コールセンター
  • NPO
  • 不動産関連

 

等のインターン募集が多いです。それに、セブ島だと割と募集している起業が多いので、自分とマッチすれば海外インターンは出来るでしょう。

フィリピン以外の国でインターンをする方もいます。

留学後→ 海外インターン

この流れもおすすめです。

その③:日本に帰国し、就職 or 転職する

これが一番一般的ですね。

学生の方は就職活動をしますし、仕事を辞めてキャリアアップの為に留学しに来た人は転職活動をします。

留学で身につけた「英語力」を武器に外資系に転職 or 就職したいのが本音ですが、ハッキリ言ってハードルはかなり高いです。優秀な日本人や外国人がライバルになる訳ですから、高い英語力を求められるでしょう。

理想の外資系企業に就職 or 転職する場合、3ヶ月程度の中期留学では難しいです。

最低でも、6ヶ月の留学は必要です。1年あれば日本に帰国しても周りと対等に戦えるだけの戦闘力はついてるでしょう。

なので、転職する方も、留学+ワーキングホリデーで

  • 英語力をしっかりつけて帰国する
  • 貯金もしっかり貯めて帰国する

 

方が、個人的に良いかなと思います。1年間集中して勉強したい方は2ヶ国留学がおすすめです。

↓↓↓就職・転職に有利な英語力を身につけられます↓↓↓
「1年で英語が使いこなせる」2カ国留学

まとめ

留学後は大学に戻る、ワーホリをする、海外インターンをする、転職・就職をすると様々です。

あなたの興味のある事に挑戦するのが一番です。

恐れずにやりたい事をやってみましょう!

今回は以上になります。

下記記事は留学帰国から1ヶ月で就職が決まった僕の後輩の記事です。合わせて読んでみてください。

就職する気は2%だったけどワーホリから帰国して正社員になった話

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら