フィリピン・セブ島留学では会話重視を意識しよう【授業後が鍵】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学するなら会話重視(スピーキング)の学校に行きたい。でも、正直語学学校の数が多すぎてどこにしたら良いか分からない。フィリピン留学経験者の声が聞きたい!そんな疑問に答えます。

結論から言うと、留学中、会話を重視している人は英語が伸びている傾向があります。しかし、会話重視だからと言ってマンツーマンで授業時間が多いのは、あまり効果的ではありません。

この記事の内容
  • フィリピン・セブ島留学では会話を意識する
  • おすすめの学校を紹介

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。この仕事をして、もうすぐ6年目になります。

英語学習を初めてから、もう5年になろうとしています。これから留学をしようと検討している英語初心者の方よりは、英語学習において少し先輩なので、アドバイスをあげられるかなと思っています。

こういった背景の僕が、フィリピン・セブ島留学では会話重視を意識した方が良い理由を解説していきます。

 

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

フィリピン・セブ島留学では会話重視を意識しよう

留学の醍醐味は、授業中に英語を使い、授業後(外出先)でも英語を使う環境がある事です。あなたが起きている時間は出来るだけ英語で会話する事を意識してください。

留学で会話重視の環境を選ぶとしたら、多分下記のようなプログラムを想像すると思います。

  1. 1日の授業時間が多いスパルタ学校
  2. 日本人留学生だけではない多国籍な学校
  3. ステイ先をホームステイにする

 

上記のプログラムがある学校は本当に良いのか解説します。

その①:1日の授業時間が多いスパルタ学校

スパルタ校とは1日に10時間前後、授業がある学校の事を言います。

最初に言うと、10時間の勉強を集中してこなせて、10時間分の予習・復習・宿題が出来るなら良いと思います。

想像すると分かりますが、正直授業についていくので精一杯です。

授業はマンツーマンなので、スピーキングの時間が多くなりますが、集中が続かない人は本当に英語が伸びるのか疑問が残ります。

スパルタ校については留学経験者の体験談と共に、【フィリピン経験者に聞く】セブ島留学「厳しいスパルタ」はおすすめ?で解説しています。

【フィリピン経験者に聞く】セブ島留学「厳しいスパルタ」はおすすめ?

その②:日本人留学生だけではない多国籍な学校

僕は最初、留学するなら多国籍の学校の方が英語は伸びる!と思っていました。今現在も、多国籍の学校の方が良いと思っています。

しかし、一つ問題があって、フィリピン留学は基本的に英語初心者の日本人と韓国人が中心になります。留学生の中には、アラブ人やベトナム人、モンゴル人がいたりする学校もありますが、外国人留学生も英語初心者なので、会話になりません。

僕の経験上、お互い英語が話せなく会話にならないため、英語は伸びません。

フィリピン留学では、多国籍な学校を選ぶよりは、学校のカリキュラムが良い所を選んだ方が良いでしょう。

長期的に留学を考えている人は、フィリピン留学は最大でも6ヶ月にして、オーストラリアやカナダの2ヶ国目で勉強した方が、周りの環境が多国籍で英語力が高い人が集まります。

※関連記事※
多国籍だと英語力が伸びる!?はウソです【フィリピン・セブ島留学】

多国籍だと英語力が伸びる!?はウソです【フィリピン・セブ島留学】

その③:ステイ先をホームステイにする

僕は、アジア3カ国でホームステイ経験がありますが、幸いホストファミリーは全て当たりでした。

でも、ホームステイをした人の中では、ホストファミリーが最悪だったと言う人もいます。

良い家庭でホームステイできた僕は、家の中でその国の事を教えてもらったり、生活全般の事を助けてもらったりと、英語を使う機会がたくさんあったので、語学力はグングン向上したと感じました。

しかし、ホームステイと言ってもビジネスライクに部屋を一室貸しているだけの家庭もあるので、その場合、ホームステイ先で英語を伸ばす事は難しいでしょう。

※関連記事※
大手エージェントを通したホームステイで失敗する(運次第)

大手エージェントを通したホームステイで失敗する(運次第)

ここまでに

  • スパルタ式
  • 多国籍な学校
  • ホームステイ留学

 

を紹介してきましたが、あなたはどれがしっくりきますか?

僕は、この中だったら、

  • 学校の授業もあり
  • 自習の時間もしっかりある
  • 家で英語を使いスピーキング力をあげられる

 

ホームステイ留学をおすすめします。(ホストファミリーが良い場合)

次に、フィリピン・セブ島でホームステイが出来る、ETHOS(エトス)の紹介を簡単にします。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ETHOS・卒業生の英語力

まず、ETHOSで留学した生徒の英語力をご覧ください。

2ヶ月留学した卒業生の英語力

4ヶ月留学した卒業生の英語力

6ヶ月留学した卒業生の英語力

ETHOSで留学すれば、上記の卒業生のようなスピーキング力を身につける事が可能です。

ETHOSは全授業アメリカ人講師が担当します

一般的なフィリピンの語学学校では、経験人数が短いフィリピン人講師が担当します。

 

比較すると下記のようになります。

ETHOSのアメリカ人講師
  • 英語のネイティブスピーカー
  • 正規雇用
  • 経験年数が長い

 

一般的なフィリピン人講師
  • 普段はセブアノ語を話す(英語は第二言語)
  • 繁忙期だけ働く季節労働(非常勤)
  • 経験年数が浅い(若い)

 

フィリピン人講師の問題は、非常勤の可能性がある上に、第一言語が英語ではない事。

ETHOSでは、経験年数が長く正規雇用のアメリカ人講師が担当します。

ETHOSの学校環境

 

 

授業はしっかりしているのは当たり前で、授業後もホームステイ先で英語を使える環境が整っています。

ETHOSの学校環境
  • しっかりとした授業カリキュラムが組まれている
  • 復習・予習の時間が確保されている
  • ホームステイ先でも英語を使える

 

どこの学校で勉強しても授業は全員平等にあります。

しかし、授業後の過ごし方は、個人次第です。英語力を伸ばすなら授業後が勝負です。

ホームステイについて(動画)

ホームステイの事を説明している、2分の動画になっています。

※日本語字幕を押してご覧ください。

ETHOSでは、アメリカ人講師宅にホームステイする事ができます。

しかも、全部の家が学校まで2分〜5分の距離と通学に長時間かかる心配はありません。

ホームステイ留学した卒業生の体験談も抜群に良いです。

ETHOSの授業内容

ETHOSの授業内容
  • カンバセーション
  • 発音
  • 文法
  • リーディング
  • ライティング

 

ETHOSでは上記5科目の他に、2時間の自習時間もあります。

自習時間の15分間を使って、アメリカ人講師とのマンツーマンクラスを受ける事もできます。

予習・復習の時間がしっかりと確保されているので、効果的に英語を覚える事が可能。

ETHOSのカリキュラムについて

※日本語字幕を押してご覧ください。

動画では、授業内容について話しているのでみてください。

 

以上になります!

フィリピン・セブ島留学では会話重視で英語ペラペラを目指しましょう。

英語上達は、根気強く継続する事が大切です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS