【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学に行く人
これから留学する予定です。

留学にはクレジットカード付帯の海外保険が無料でオススメと聞きますが、実際どうなんでしょうか?

無料なので、少し心配です。

留学にクレジットカード付帯の海外保険を利用している方教えてください。

こんな疑問に答えます。

 
kazuki
結論から言うと、クレジットカード付帯の海外保険は90日間(3ヶ月)無料で加入できて、しかもキャッシュレスなので、かなりオススメです。僕も海外に行く時は、必ず、クレジットカード付帯の海外保険を使っています。
この記事の内容
  • 留学にはクレジットカードの海外保険がおすすめな理由
  • 留学におすすめの海外保険付帯クレジットカード3選を紹介
 
 
この記事を書いている僕はワーホリでシドニーに1年、現在はワーホリ・2カ国留学が得意なETHOS(エトス)で働いている関係で1年に1度はシドニーへ、年に2〜3回はフィリピン・セブ島へ訪れています。
 
その際に加入している海外保険は、全てクレジットカード付帯海外保険です。そして、実際にフィリピンで病院にも掛かった事があり、海外保険を使用しているので、保証内容などには詳しい方です。
 
こういった背景の僕が、留学にはクレジットカードの海外保険がオススメという内容を解説していきます。
 
先におすすめのクレカを見たい方は下記からページに飛べます。

留学にはクレジットカードの海外保険がおすすめ

任意ですが、ほとんどの留学生は海外旅行保険に入ります。

有料海外保険の相場は3ヶ月の場合3.6万円〜4.7万円、1年だと16.8万円~25.3万円です。この費用がクレジットカードを持って行くだけで無料にする事ができます。

でもクレジットカードの海外旅行保険の保証で大丈夫?そう不安になるかもしれません。

でも大丈夫です。優秀なクレジットカードの保証内容は、一般の保証内容と比較してもさほど変わりません。

クレジットカードの海外保険がオススメな理由
  • 十分な補償内容がある
  • 無料で作れる(年会費無料もあり)
  • 現金いらず、キャッシュレスで診療できる

 

最初に伝えますが、下記は海外保険内容が充実しているクレジットカードになります。

留学で使えるクレジットカード付帯の海外保険は保証期間は90日

クレジットカードに付帯している旅行保険の保証期間は90日までです。

なので90日以内の留学であれば問題ありません。

90日以降はどうするの?と心配になる必要はありません。

セブ島、オーストラリアに入ってからでも現地で十分な保証の保険を格安で申し込む事ができます。

下記のイメージです。

留学中キャッシュレス診療ができるクレジットカードを紹介

キャッシュレス診療とは、もし海外留学中に病院で診察を受けて薬をもらったり、入院した場合でも手持ちのお金で支払いをする必要がないことをいいます。

つまり、現金での支払いの心配はいりません。

その際、病院に行く時の持ち物は、

  • クレジットカード
  • パスポート

 

この2つだけ、簡単ですね。

先ほど、紹介した海外保険付帯クレジットカードもキャッシュレスなので、オススメです。

病気をしていないことが前提です

クレジットカードに付帯する旅行保険は疾病(しっぺい)死亡には対応していません。

そして、留学前からある持病は海外保険対象外になるので注意してください。

あくまで、留学中に起きた病気や怪我に対して保証されます。

留学中は3枚の海外保険付帯クレジットカードでより安心

実はクレジットカード付帯の保険は合算できます。各カードの保証内容を合算することで、海外旅行保険へ高いお金を払わなくても、しっかりとした手厚い保証内容で安心して留学ができます。

ここで少し聞きなれないクレジットカードの用語説明です。

保険適用方法
自動付帯:クレジットカードを持っているだけで保険が適用する
利用付帯:出国前にカードを航空券などの支払いに理想すると保険が適用される
 
保険支払い方法
建て替え:病院では自分で診療費を支払い帰国後に請求する
キャッシュレス:病院側から保険会社に直接請求するので現地で無料で診察できる
 
ご覧の通り、自動付帯でなくても利用付帯ならバスに乗ったり、飛行機予約すればいいだけなので問題ありませんが、建て替えは大変なのでキャッシュレスがおすすめです。
 
自動付帯と利用付帯をもう少し詳しく説明します。
 

自動付帯について

自動付帯のクレジットカードを持っていると、海外に行ったら自動的に保険が適用されます。

クレジットカードを日本に忘れると適用されないので、必ず留学先に持っていきましょう。

利用付帯について

利用付帯の場合、ただクレジットカードを留学先に持っていくだけでは海外保険が適用されません。

留学当日に、公共の乗り物(バスやタクシー、電車)をクレジットカードで決算した場合のみ、保険が適用されます。

留学当日、忘れずにクレジットカードを使ってください。

留学におすすめの海外保険付帯クレジットカード3選

  • 年会費無料
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • キャッシュレス診療

 

この3つを併せ持つクレジットカードをご紹介します。

つまり、無料(年会費無料)でクレジットカードをつくれば、そのクレジットカードを持って留学するだけ(海外旅行保険が自動付帯)で、海外で、もしものときもお金を払わず(キャッシュレス診療)に保証がうけられます。

これで安心ですね。

その①:エポスカード

  • EPOS CARD(エポスカード)
  • お申し込み対象 18歳以上の方(高校生は不可)
  • ご利用可能額20万-30万(キャッシング)
  • 入会金・年会費無料
  • 24時間日本語での対応
  • 保証は自動付帯

 

普段も使える便利なクレジットカードなのに、年会費無料の海外旅行保険の中では保証が一番手厚いです。

→エポスカードの無料発行はこちら

その②:REX CARD (レックスカード)

 
 
REXは家族カードの年会費も無料です。そしてREXの還元率は1.25%と超太っ腹!
 
これは年間に100万円の買い物をした場合、12.500円になります。他のクレジットカードと比べても高水準です。
 
レックスカードは病気保証だけじゃなくケガの保証もついているエポスカードの次におすすめのカードです。
 

→レックスカードの無料発行はこちら

その③:JCB EIT

  • JCB EIT ・お申し込み対象 18歳以上の方(高校生は不可)
  • 永久無料の年会費
  • 保証は自動付帯)

唯一デメリットがあるカードで、ブランドがJCBのため海外で使い勝手が悪いです。
またリボ払い専用のクレジットカードなので、海外旅行保険のために発行して、普段は使わないようにしましょう。

→JCB EITの無料発行はこちら

発行に時間がかかるのでなるべく早めに作っておくことをおすすめします。

3つのクレジットカードを合算した海外保険保証内容

カード名 死亡・傷害 ケガ 病気 賠償責任 携行品損害 救援者費用
エポスカード 500万円 200万円 270万円 2,000万円 20万円 100万円
REX CARD 2,000万円 200万円 200万円 2,000万円 20万円 200万円
JCB EIT 2,000万円 200万円 200万円 2,000万円 20万円 100万円
合計 2,000万円 600万円 670万円 6,000万円 60万円 400万円
※死亡・後遺障害保証は合算ではなく最高額が適用されます。

ひとつのクレジットカードでも保証内容は決して悪くないですが、3つ合わせることでここまで保証されます。

番外編 三井住友クラシックカード(利用付帯)

ETHOSスタッフのkanが使ってる三井住友クラシックカード紹介です。

  • 三井住友VISAクラシックカード /クラシックカードA
  • お申し込み対象 18歳以上の方
  • ご利用可能額 10万〜80万
  • 初年度年会費無料(次年度から1250円)
  • セキュリティー面が抜群
  • 旅行損害補償付き
  • 保証は利用付帯

 

kan
僕も実際に海外旅行に行く時に「三井住友VISAクラシックカード 」を使用しています。

海外で多額の現金を持ち歩かなくて済みますし、クレジットカードがないと利用出来ないサービスも結構あります。

控えめに言って、超便利です。

三井住友VISAクレジットカードの発行はこちら

三井住友のクラシックカードは利用付帯(バス、飛行機、電車などでクレジットカードを使うと保険が適用される)なのでこれまでの3枚に比べると使いにくいですが、3ヶ月以上の留学予定の方にはこれが有利に働きます。

→三井住友VISAクラシックカードの発行はこちら

その理由はあとでお伝えしますがその前にもう一枚、利用付帯のカードをご紹介します。

それがJCBゴールドです。

JCBゴールド(利用付帯)

 
  • JCB GOLD
  • 初年度年会費無料
  • 20歳以上で安定継続の収入がある方(学生不可)
  • 家族会員有り生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
  • 空港のラウンジ使用可能

空港ラウンジサービスも使えるのでエポスカードと合わせて発行すると便利です。なのに初年度は無料です。

普通に発行ももちろんできますが、両親がJCBカードに申し込み、18歳以上のこどもに家族カードとしてクレジットカードを発行できるのもポイントです。

留学中の盗難トラブルにもクレジットカードが便利

海外旅行保険はもしものため、でもスマホ、カメラなどの効果な貴重品がふとした瞬間に盗まれてしまうことはあります。

過去5年間でETHOSで入院した留学生は1人だけですが、スマホを盗難される留学生はポツポツいます。

僕のデジタルカメラをKanに貸したら、

kan
わり!ホテルに置いてたら盗まれたわ。

 

そう言われてカメラと、カメラに入っていた思い出の写真は戻らなくなりました。

思い出は戻ってきませんがお金は保証されるので、取り返せるもの(お金)だけでも取り返すべきです。

海外留学中に盗難があった場合は、警察の届け出証明書があると、海外保険がおりやすいです。

kan
僕は、ブラジルで財布とキーケースが盗まれて、アルゼンチンでも財布が盗まれましたが、財布などのお金はクレジットカード付帯の海外保険で保証され戻ってきました。

正直ラッキーと思いましたが、財布に入ってる現金は保証されません。

また、盗難にあった時は、海外保険を請求する場合は、盗難にあった私物の領収書の提出が必要になりますので、万が一の為に、保存しておくと便利です。

→三井住友VISAクラシックカードの発行はこちら

 

最後にどうしても海外旅行保険を極力抑えたい人に提案です。

ワーホリでどうしても海外旅行保険を支払いたくない人向けの特別な使い方

留学に3ヶ月以上留学予定の人、ワーホリを考えている人におすすめの特別な使い方をご紹介します。

これを使えばカードが4枚あれば90日分×4枚=360日はクレジットカードで海外旅行保険が適用されます。

どのようにするのかというと、
先ほど紹介したおすすめの3枚のクレジットカードは自動付帯です。それと利用付帯の三井住友VISAクラシックカード 、JCBゴールドがあります。

自動付帯は持っているだけで、海外旅行に行けば自動的に保険が適用になるとても便利な条件です。

一方の利用付帯は、そのクレジットカードで旅行前、旅行中にバス、タクシー、電車、飛行機など、公共の乗り物を利用するときにカードで支払うことで保険が適用されます。

ですので、この利用付帯の条件をうまく使えば4枚(1枚は自動付帯、残り3枚は利用付帯)のクレジットカードを利用することで360日(ほぼ1年)を保証期間にできます。

必要なモノ

  • 自動付帯のクレジットカード1枚
  • 利用付帯のクレジットカード3枚

 

この4つのカードも、このあとご紹介します。

留学前に上記のクレジットカード4枚をそろえて留学する(自動付帯)

留学中87〜89日になったらバス、タクシー、飛行機をクレジットカードで支払う
※オーストラリアには船もあります

2枚目の利用付帯のクレジットカードの保険が適用になる(利用付帯)

同じように90日前に3枚目のクレジットカードで支払う(利用付帯)

同じように90日前に4枚目のクレジットカードで支払う(利用付帯)

これで1年でかかるはずの16.8万円が無料(かかっても数千円)にできましたね。(厳密に言うと重複する期間があるから数日少ないかも)

これいい方法だな!そう思ったらここからカードを発行しておいてください。

  1. エポスカード(自動付帯)or セディナゴールドカード(自動付帯)
  2. 三井住友VISAクラシックカード (利用付帯)
  3. JCBゴールド(利用付帯)
  4. 楽天カード(利用付帯)

 

セディナゴールドカードは初年度無料で発行できて、空港ラウンジを利用できます。
 
 
kazuki
4枚目のカードは僕が毎回海外旅行に使ってる楽天カードです。
 

保険があるともしものときの不安や心配がなくなり安心して留学へいけます。

クレジットカードを発行するのは少し手間かもしれないですけど、16.8万円が無料になると思って頑張ってください。

 

ワーホリビザの取得方法は【オーストラリア】ワーホリ・ビザ申請の手順(2020年度版)で書いてます。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら