留学中デビットカード役立つ?おすすめを紹介【1枚あると安心】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学する人
留学中のお金の管理を迷っています。

クレジットカードと現金だけだと頼りない気がして、

デビットカードってどうですか?

もし留学経験者の人が使っていたらおすすめのデビットカードも教えて欲しいです。

こんな悩みに答えます。

聞きなれないデビットカードですが、おすすめの海外にお金を持って行き方のひとつです。

留学生におすすめできます。

この記事の内容
  • デビットカードとは?
  • おすすめのデビットカード
  • 僕のお金の持って行き方

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者です。現在はセブ島にある語学学校ETHOS(エトス)でアメリカ人と一緒に働いています。

今でも年に3ヶ月は海外生活なので海外でのお金の管理には詳しい方だと思います。

僕自身はデビットカードを使わないですが、学生や利用した金額をすぐに把握したい人にデビットカードはおすすめの決済方法なので、ここではデビットカードとは?の簡単な説明と、おすすめのデビットカード、僕が海外に行く時のお金の持って行き方を説明します。

デビットカードとは?

デビットカードは、飲食やショッピングの支払いができるカードです。以下のようなメリットがあります。

  1. 審査不要で申し込みできる(15歳以上)
  2. 使いすぎの心配不要
  3. 海外のATMが使える

クレジットカードと違いデビットカードで1000円の支払いをすると、1000円が銀行口座からすぐ引き落とされます。

なので、銀行口座にお金がなければ利用できないですし、使ったあとの支払い残高が分かりやすいのがメリットです。

デビットカードとクレジットカードの違い

 

  デビットカード クレジットカード
支払い方法 即時引き落とし 後払い
審査 なし あり
特典 少ない 多い

クレジットカードだと【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめの記事でも紹介していますが3ヶ月まで海外旅行保険がついていたり留学生にとってありがたい特典がついています。

上記を踏まえたデビットカードを選ぶ際の注意点は、

デビットカードを選ぶ際の注意点

  1. ATM手数料と振込手数料
  2. 年会費
  3. ブランド

 

留学生はこの3つに注意してデビットカードを選んでください。

①ATM手数料と振込手数料と②年会費は安ければOKとすぐ分かりますが、カードブランドには少し注意が必要なので説明します。

デビットカードブランドの種類と選び方

デビットカードのブランド種類はVISA、Mastercard、JCBです。この3つのうち海外留学で留学生が持って行く場合はVISAかMastercardをおすすめします。

JCBは海外でも普及していると言えばしていますが、取り扱いしていない国の方が多いです。1番海外で普及しているブランドはVISA、そこから普及率の差はありますが次いでMastercardという順番です。

なので留学生へのおすすめはVISAかMastercardです。

おすすめのデビットカード(Sony Bank WALLET)

おすすめするデビットカードはソニー銀行が発行するSony Bank WALLETです。年会費無料でソニー銀行の口座開設と同時にカード発行ができます。

年会費 無料
発行手数料 無料
審査 なし(中学生を除く15歳以上)
保証内容 年間50万円、購入日から60日保証
ポイント 利用額の0.5~2.0%キャッシュバック

他のデビットカードと比較してSony Bank WALLETは他のデビットカードと比較して使用手数料とポイントの面で圧倒的に条件がいいので、デビットカードをつくるのであればSony Bank WALLETがおすすめです。

僕のお金の持って行き方

僕自身、オーストラリアにワーホリ経験や、今でも1ヶ月の海外長期滞在を年に数回しています。

そのときのお金の持って行き方で1番おトクというか損しない方法は、日本円と渡航先の海外通貨レートの条件が良い時に両替を済まして、現金は最小限、足りない分はクレジットカードで補う方法です。

まとめると、

  1. 事前にネットで両替
  2. 現金は最小限
  3. ATMから引き降ろせるカードを持つ
  4. 不足をクレジットカードで補う

この4点です。

さらに詳しい持って行き方は6万円オトクに?ワーキングホリデーのお金の持って行き方【損しない方法】にまとめてあるので、ぜひ参考にしてください。

Sony Bank WALLETをつくるときに開設するソニー銀行は外貨預金もできるので上記の①事前にネットで両替をカバーできるのも楽でいいですね。

6万円オトクに?ワーキングホリデーのお金の持って行き方【損しない方法】

フィリピン・セブ島留学に現金いくら持ってく?僕の答えはコレです。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>