「フィリピン・セブ島留学」シニア世代に人気な4つの理由

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学する人
シニア世代ですが、フィリピン・セブ島留学をしたいと思っています。

50才以上でフィリピン留学している人はいるのでしょうか?またフィリピンがシニアに人気な理由なども知りたいです。

教えてください。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、シニア世代にもフィリピン留学は人気です。年々シニア世代の留学生も増えています。フィリピンは親日で日本から近く、物価が安いのも人気な理由の一つです。

この記事の内容
  • フィリピン留学がシニア世代に人気な4つの理由
  • フィリピン留学でもセブ島がおすすめな理由
  • シニア世代の体験談を紹介

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、シニア世代の留学生と関わる事もあるので、なぜシニア世代にもフィリピンが人気なのかも割と分かる方だと思います。

こういった背景の僕が、シニア世代のフィリピン留学について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

シニア世代に人気な4つの理由

下記の通りです。

  1. 親日で治安が安定している
  2. 温暖な気候で日本から近い
  3. 物価が安く過ごしやすい
  4. 英語を話せる現地人が多い

 

一つずつ解説していきます。

その①:親日で治安が安定している

現地に行くと感じますが、想像以上にフィリピン人は親日で日本が好きな人も多くいます。フレンドリーでホスピタリティーに溢れているので、国が好きというよりは、フィリピン人の人懐っこい性格が好きになり、フィリピンの事を好きになる人が多いです。

そして、治安も安定しています。

安全な日本と比べてしまうと、どうしても治安は悪く感じますが、夜遅くに出歩かない、セキュリティーがしっかりした学校で留学する、貴重品の管理をしっかりとする。と言った基本的な事を守っていれば快適に過ごせます。

事実、僕はフィリピンで仕事をして5年になりますが、犯罪被害にあった事は一度もありません。

その②:温暖な気候で日本から近い

フィリピンには2つのシーズンしかありません。乾季(12月〜5月)と雨季(6月〜11月)です。そして、年間平均気温は27度前後なので、一年を通して温暖な気候で、半袖・短パン・サンダルで1年間過ごす事も出来ます。

日本からフィリピンの往復航空券は5万円前後で購入でき、フライト時間は約4.5時間です。何かあった時にすぐ日本に帰国する事が出来ますし、他の留学先と比べて割と楽に家族をフィリピンに招待する事も可能です。日本から近いのはありがたいです。

温暖な気候が好きな方は、フィリピンがぴったり!

その③:物価が安く過ごしやすい

首都のマニラは物価が上昇しているので、あまり安く感じませんが、第二の首都セブ島はまだまだ物価が安い!モノにもよりますが、日本の1/3くらいかなと思います。

タクシーの初乗りは90円。ローカルフードを食べれば一食200円程度で食事する事も可能です。現地の生活に近くなればなるほど、物価が安くなりますが、日本と同じような環境をフィリピンで求めると、日本で生活するより割高になってしまいます。

その④:英語を話せる現地人が多い

フィリピン留学が人気になっている理由は、ほとんどのフィリピン人が簡単な英語を話す事が出来るからです。フィリピンでは学校のテキストが英語で記載されていたり、先生が全ての科目で英語を使って授業をします。

しっかりと学校に行っているフィリピン人はある程度の英語を喋る事が出来ます。

しかし、フィリピンは貧富の差が凄まじい国です。学校に行けないほど貧困な家庭もたくさんあります。貧困層は英語を喋る事が出来ません。

フィリピン留学でもセブ島がおすすめな理由

  1. 日本人が多く住んでいる
  2. 日本人専用の病院がある
  3. ロングステイ先で人気もある

 

上記の通りです。

こちらも一つずつ解説していきます。

その①:日本人が多く住んでいる

フィリピン全体で2018年の留学生は約3.5万人以上、観光客は60万人以上。駐在員は1.8万人というデータがあります。年々増加傾向にあり、特にセブ島は日本人がかなり多いです。

語学学校やオフィスが立ち並ぶ、セブ島の中心地では外出すると日本人を必ず見かけるほど、日本人が多くなりました。長年セブ島に住んでいる方も多いので、情報交換なども出来るでしょう。

同じ国籍の人たちが多く住んでいると安心ですし、何かあった時に助け合う事も可能。

その②:日本人専用の病院がある

フィリピンには日本語対応可能な「ジャパニーズヘルプデスク」もあるので、万が一、体調を崩した時でも安心して治療を受ける事が出来ます。

僕はセブ島とマニラで何回か日本語対応の病院でお世話になった事がありますが、ほぼ日本と変わらない感覚で診察してもらえました。

海外保険に加入していれば、風邪をひいてもキャッシュレスでカバーしてくれるので安心です。3ヶ月までの留学だったら、クレジットカード付帯の無料海外保険がおすすめです。無料なのに保険の保証内容も良い。

その③:ロングステイ先に人気もある

フィリピンはシニア世代のロングステイ先としても人気です。理由はここまで説明してきたように、親日、物価が安い、温暖な気候などがあげれます。

また、フィリピンはリタイアメントビザが取得しやすいと有名です。条件は35才以上で、2万ドル持っていれば取得出来ます。

もし、あなたがフィリピンでロングステイをしてみたい!と考えている場合、短期のフィリピン留学で勉強しながら、フィリピンで暮らしていけるか体験して、更に英語も勉強出来るのでおすすめです。

シニア世代の留学体験談

最後に体験談を紹介します。

柴山さんの体験談

久しぶりに勉強するというのが、こんなに楽しいものだと大変幸せな時間でした。ホストのキャリーと同年代というのもあり、彼女の気づかいに感謝しています。

【社会人・ホームステイ留学体験談】久しぶりに勉強するのが楽しかった

まとめ

親日で治安もよく、温暖で日本から近いフィリピン留学はシニア世代にも人気です。しかも1週間から留学出来るので、最初は試しに数週間留学してみて、気に入ったら現地で留学期間を延長する事も可能です。

まずは、試しに数週間フィリピン留学をしてみてください。

今回は以上になります!

語学学校の情報を詳しく収集するために、時間があれば留学説明会に参加しましょう。

【無料】フィリピン・セブ島留学説明会(東京・大阪)「疑問を解決」

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS