留学中だから出来る!英語力をアップさせる勉強法【授業以外が大切】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリ行く人
留学かワーホリしようと思っています。

留学中は語学学校に通うと思うんですけど、留学してるのに英語が全然上達しないなと思いたくないので留学して英語が話せるようになった人の英語勉強法を知りたいです。

こんな疑問に経験者が答えます。

結論から先に言うと、語学学校の授業以外の時間の使い方で決まります。

留学のいいところは日本と違ってすぐに実践できる(アウトプット)場があることです。

留学中に英語力を向上させる人はアウトプットとインプットが上手です。

この記事の内容
  • 留学中に英語力を上げるインプット
  • 留学中に英語力を上げるアウトプット

この記事を書いている僕はオーストラリアへのワーホリ、フィリピン留学の経験者です。1年の留学期間で「How are you?ってどういう意味?」という状態からIELTSの模試でスコア6.0(TOEIC800、英検準1級)になりました。

現在はセブ島にある語学学校ETHOS(エトス)でアメリカ人と一緒に仕事をしています。

その勉強法は【20代】英語を一から学ぶため留学中にやった7つの事(Fラン卒向け)でまとめてあります。

今回は、英語力はTOEIC120点!そんな社会人(21歳)やりなおし勉強法を書いてくれた留学生の記事を読み返して、改めて留学中に英語力を伸ばす人はインプットとアウトプットのバランスがいいなと感じたので、インプットとアウトプットに分けた留学中に英語力を効果的にアップさせる方法を紹介します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学中に英語力を上げるインプット

留学の醍醐味はすぐに習った英語を実践する場があるところですが、それには実践する前のインプットが大切です。

基礎的な文法を勉強する

ワーホリ行く人
文法は分かんないから捨てるわ!

はい、これは過去の僕です。

もともと勉強してなかった人にありがちで僕も英文法は捨てようと思いましたが大切です。

Is there a cheap but nice place to eat nearby?
この辺に安くていいお店ありませんか?

これは中学生で習うであろう「There is 構文」です。

You’re more than welcome.
大歓迎です。

これは比較級ですね。

「〇〇より好き」や「あそこに〇〇がある。」みたいな表現は日本語でも英語でもよく使います。なので中学校、高校で習う英語の文法はバカにできないですし、むしろ大切です。

どんどん単語を覚える

わからない単語はどんどん覚えてください。

日本語だと文脈(コンテクスト)で単語がわからなくても理解できますが、英語で分からない単語が出て来て文脈(コンテクスト)とその英単語の語感からある程度の意味を推測できるようになるのは上級者になってからです。

英語もできるだけ英単語を覚えておくに越したことはありません。

英語で読書をする(マンガもOK)

英単語を覚える方法のひとつに読書があります。

読書をしてわからない単語があったら調べる方が前後の文脈で、その単語が実際にどう使われているか理解しやすいので、ひとつひとつ覚えるより僕が効率的に覚えられると考えています。

ワーホリ行く人
読書苦手なんだよな。

もちろん英語でマンガを読むのでもOKです。

主人公のセリフとか何回も読んでると嫌でも暗記します。

海外の映画を見る(Netflix)

よく、英語のドラマ、映画を見るときに英語学習にこの映画が最適!みたいな記事ありますが、僕は勉強する人が飽きがこないで何度も観れる方が重要だと思っています。

ドラマなら好きなキャラができてその人が毎回言うセリフを覚えたり、映画でも好きな俳優の英語を覚えたりと個人差はあるけど、どちらも効果的です。

参考程度に僕が観た映画はこの記事にまとめました。男ならスクールバッドはみんな好きだと思います。

【英語力が伸びる】留学中に繰り返し見た映画を教えます(体験談)

スマホを英語設定にする

スマホの言語設定を英語にするのは意外に効果的でおすすめです。iPhoneにはPodcastというラジオのような音声版ブログで、英語の勉強に役立つ無料のアプリです。

バイリンガルニュースがおすすめ。

語学学校に通う

留学の定番インプットは語学学校です。ワーホリに行く人は最初の4ヶ月語学学校に通うのが定番なように基礎英語力を身につけるために語学学校に通います。

ETHOS(エトス)は語学学校なのに珍しくオリジナルの発音プログラムがあります。文法は独学で身につきますが、発音だけは誰かに矯正してもらう必要があるので嬉しいですね。

個人的にお金をかけるべきは発音だなと思います。

留学中に英語力を上げるアウトプット

語学学校に行くだけでは英語は話せるようにならない。は語学学校の人としては耳の痛い話ですが、ある意味本当です。

実際には学校で習った英語をその日のうちに外に出て使ってもらってこそ学習効果を最大化できますし、英語の上達が早い人はアウトプットを積極的にしています。

クラスで発言する

語学学校の中でもできることのひとつに授業中の質問です。

みんなの前で質問するのはちょっとなと思う人はクラスメイトに英語で会話するところからでも良いのではじめてみてください。

オンライン英会話

土日など英語の授業がないときにオンライン英会話で数十分でも英語で考えて話すのは良い頭の運動になります。

留学中にオンライン英会話と思うのもわかりますが、どこでもできるのがオンライン英会話のメリットですし、オンライン英会話で練習してから留学先で使ったりなど使い倒した方が賢いです。

ランゲージエクスチェンジ

今日のセブ島時間の5時から
うちの学校で
ランゲージエクスチェンジを開催。

日本語勉強したいフィリピン人🇵🇭
英語勉強したい日本人🇯🇵集まると
すぐ仲良くなれます。

何がすごいかって
インターンが頑張ってくれて
学校の中に紫陽花が咲きました。
(まるで幼稚園)

セブ島最高です🌺

ETHOS(エトス)でも毎月ランゲージエクスチェンジをしていて、日本語を勉強したい外国人と、英語を勉強したい日本人というお互いにメリットのある人たちと気軽に知り合える良い機会です。

大人数で開催するパーティー形式のランゲージエクスチェンジもあれば、カフェなど公共機関で一対一で会うランゲージエクスチェンジもあるので自分にあった方に参加してみてください。

外国人の友達をつくる

僕は日本人から離れるべきとは思わないですが、外国人の友達をつくるのはおすすめです。必然的に英語で話す機会も生まれるし、その友達の国に興味や関心が湧きます。

友達をつくるのは大変ですが、ほとんどみんなが1人で留学先に来ているので留学中は友達をつくるハードルが日本よりぐっと下がります。

飲み会・パーティーに参加する

その友達をつくる1番簡単なチャンスがパーティーです。

英語を話す機会もありますし、学校以外の友達をつくるチャンスにもなります。パーティーは友達経由から誘いがあったりとにかく頻度が多いので自分でペースの調整が大事ですが、留学してまもないときはとりあえず参加がおすすめです。

まとめ

以上が留学中の英語力アップ勉強法でした。

留学するメリットはアウトプットの場があることなので、そのメリットを発揮してインプットとアウトプットを効果的に使っていきたいですね。

【1年】留学中どれだけ英語力向上できたのか?(経験談)

【フィリピン留学】経験者7人が真実をぶっちゃける「英語力」

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>