フィリピン・セブ島留学前は全てが不安【その不安も1日で吹っ飛ぶ】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学に初めて行く予定だけど、英語も喋れないし、治安も不安。全てにおいて不安!と悩んでる方へ。

僕は、一人で飛行機にのる段階で不安でした。

結論から言うと、最初は物凄く不安ですが、現地に行けば語学学校側のサポートや周りに助けられて1日で不安は吹っ飛びました。

この記事の内容
  • セブ島留学で不安だった事と対処法
  • 実際に留学した人の感想

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島で留学経験が有り、留学当初は英語も喋れないし、初めて一人で海外に行ったので、何もかも不安でした。

現在は、セブ島の語学学校ETHOS(エトス)で働いており、多くの留学生と会ってきました。

こういった背景の僕が、フィリピン・セブ島留学前の不安と対処方法を解説します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

フィリピン・セブ島留学前は全てが不安

僕が不安だったのは下記の8つです。

  1. 飛行機に一人で乗る不安
  2. 空港で語学学校スタッフと合流できるか
  3. 留学生とは上手にやっていけるか
  4. 治安は大丈夫か
  5. 英語喋れないけど、授業についていけるか
  6. ご飯は美味しいか
  7. ホストファミリーは優しいか
  8. 清潔かな

 

一つずつ詳しく解説していきます。

その①:飛行機に一人で乗る不安

心配性の僕は、初めて飛行機に一人で乗ったので、セブ島にきちんと到着するのか?という段階から不安でした。

飛行機の中から、日本語が通じなかったので相当テンパったのを今でも、覚えています。

機内の中では、入国審査カードを書くときも間違えたらどうしよう。入国審査の際に難しい質問をされたらどうしようと不安でいっぱいでした。

対処法

あまり考えずに、好きな音楽を聴いてリラックスしましょう。

入国審査カードの書き方や入国審査での質問の答えをある程度覚えておくと少し安心します。下記の記事に入国審査の書き方と、入国審査官との英語での対応の仕方を解説しています。

「フィリピン・セブ島留学」入国カードの書き方【これを読めば余裕】

その②:空港で語学学校スタッフと合流できるか

セブ ・マクタン空港に無事到着。その後は、語学学校のスタッフと合流して学校まで連れていってもらいます。

空港では、生徒のネームプレートを持ったたくさんの語学学校スタッフが空港で待っています。

あなたが勉強する語学学校のスタッフを見つけて、合流してください。

不安対処法

空港にはWi-FIが通っています。

事前にピックアップに来てくれるスタッフのLINEなどを知っておくとスムーズに合流できるでしょう。

出口も一つだけなので、周りの流れに従って出口に行きましょう。

その③:留学生とは上手にやっていけるか

あなたが留学する語学学校には、既に数ヶ月前から勉強している方や、数週間前にきたばかりの先輩留学生や同じ日にセブ島に来た、同期の留学生がいます。

僕は、留学生の人数が100名以上いる、大規模校と生徒の人数が20名以下の小規模校に通いましたが、圧倒的に小規模校の方が馴染みやすかったです。

不安対処法

もし、留学生と仲良くなれるか不安って方は小規模の語学学校を選ぶようにしましょう。その理由は下記の記事で解説しています。

フィリピン・セブ島留学で友達できない?そんな事ない【人見知り必見】

その➃:治安は大丈夫か

日本人を含めた、世界中の観光客が多く集まるセブ島もフィリピンと聞くとイメージで「治安が悪そうだな….」と想像してしまう方がほとんどです。

確かに、日本よりは危ない国ですが、基本的な防犯対策をしていれば、安全に快適に留学生活を過ごす事ができます。

僕は、仕事の都合上、フィリピンと日本を行き来した生活を送っており、フィリピン滞在歴は合計2年近くになりましたが、今まで何も問題はなく、留学生も安全に過ごしています。

どうしても、セブ島の治安が心配って方は、下記の記事も合わせてお読みください。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

その⑤:英語喋れないけど、授業についていけるか

最初に伝えたいのは、留学する人で最初から英語が喋れる人は稀です。

ほとんどの人が、「My name is 〜/私の名前は〜です」「I like〜/〜が好きです」程度の英語しか喋れません。

英語が喋れなくても、実際に授業を受ければ何とかなります。

勿論、最初は先生が言ってる事はちんぷんかんぷんですが、必死で授業についていくと段々と英語力がついてきます。

まずは、おもい切って留学に来てください。

不安対処法

留学までの間に出来るだけ勉強して英語力をつけましょう。

留学前の勉強方法は、フィリピン・セブ島留学とワーホリ前に役立つ英語の勉強教えますで解説しています。

フィリピン・セブ島留学とワーホリ前に役立つ英語の勉強教えます

その⑥:ご飯は美味しいか

正直、留学先の料理が口に合わないと生活していくのが大変です。

フィリピン料理を嫌いって方はあまりいませんが、お米がパラパラなので、お米だけ嫌いって方はたまにいます。

日本にもフィリピン料理屋があるので、お近くのレストランに行ってどんな味付けなのか確かめて見ましょう。

フィリピン人の定員がいる場合がほとんどですので、現地の事を聞いて情報収集するのもありです。

東京には六本木にフィリピン料理屋があります。

【六本木】フィリピン料理屋「New Nanay’s」で留学生と再会

フィリピン料理については下記の記事をご覧ください。

【真実】フィリピン料理ってまずい?!代表的な料理を紹介します。

その⑦:ホストファミリーは優しいか

セブ島のETHOS(エトス)には、フィリピンで唯一アメリカ人講師宅にホームステイできるプランがあります。

留学生活中、一緒に住む事になるので、悪い人ではないかな?優しいかなって気になりますよね。

ETHOSのホストファミリーはどの家庭も優しいのでご安心ください。

セブ島に長年住んでいるホストファミリーと一緒に生活できるので安心して生活する事ができます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

その⑧:清潔かな

正直、セブ島は日本より衛生的な環境とはお世辞にも言えません。

一歩外に出るとThe・東南アジアで車の排気ガスも多く、ゴミも落ちています。でも、語学学校の施設内は学校によります。

施設の清潔度を重視する方は、ウェブサイトで建物内の写真をしっかりと確認してください。

ETHOSではゴキブリホイホイを使って、学校とホームステイ先の清潔度を解説している記事があります。

うわっ!!フィリピンでゴキブリ対策【セブ島で奮闘してみた】

うわっ!!フィリピンでゴキブリ対策【セブ島で奮闘してみた】

 

生徒の中でも、留学に対して不安な方は多いです

ETHOS(エトス)では、卒業時にアンケートを取っているのですが、その際に留学に対しての不安についてこんな事を書いている方がいました。

とても楽しかったです。先生方はもちろん、スタッフの方々、たくさんのフィリピン人に日々助けられ、留学前の悩みも3日もたたないうちに消えました。ETHOSとフィリピンと勉強が大好きになりました。

卒業生の声「留学前の悩みも3日もたたないうちに消えました」

周りと打ち解けられるか不安だった生徒の声

最初はこちらから話しかけるなんて以ての外でしたが、アメリカ人講師、フィリピン人スタッフが毎日フレンドリーに接してくださったので、自分が思っていたよりすぐに打ちとけられました。

コミニケーション部分を一番気にしていたので、すぐに解決できてよかったです。

【社会人・ホームステイ留学体験談】ほぼ毎朝キッチンから音楽が聞こえてくる大切な時間

実際にセブ島に来て、想像以上に安全なので、不安もすぐに無くなる方が多いです。

しかし、日本を離れて発展途上国のフィリピン・セブ島に来て生活すると、不便があり多くの困難に当たります。

留学中に困難だった事は、留学中に困難だった5つのこと【苦労は買ってでもしろ】で解説しています。

現地で不安な事がある場合

もしかしたら、現地で不安なことや分からない事が出てくる事もあるかと思います。

そんなときは、語学学校に一人はいる日本人スタッフに相談すればOKです。

あなたの生活での不安な点を親身になって聞いてくれます。

周りにいる人は味方なので安心してください。

まとめ

フィリピン・セブ島留学について不安だったあなたも、この記事を読んで少しは安心したのではないでしょうか。

実際に現地に来ると、今の10倍は不安が吹き飛ぶと思いますので、ご安心を。

真面目に勉強して留学生活を楽しみましょう!

肝心の英語の勉強方法はTOEIC120点からオーストラリアにある現地レストランで働けるようになった彼の勉強法を参考にどうぞ。

英語力はTOEIC120点!そんな社会人(21歳)やりなおし勉強法

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS