ワーホリ後に再就職できない?プロの〇〇に頼めばOK

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ワーホリ行く人
素朴な疑問でワーホリ後の再就職みんなどうしてるの?

ワーホリに行きたいけど帰ったあとに仕事って本当にあるのか漠然と不安です。

別にすごい会社に就職したいとかではないけど、再就職ができるかどうかって重要だと思います。

こんな悩みに経験者が答えます。

結論から言うと、再就職はできます。

ただし、年齢と英語力、コミニケーション能力によって難易度が変わります。

この記事の内容
  • 再就職はできる!

この記事を書いている僕は偏差値35の大学を卒業後にワーホリをして、帰国後無事に25歳のとき正社員として就職できました。(はじめての就活)

ワーホリ中に出会ったまわりの友達、現在ワーホリをサポートしているセブ島の語学学校ETHOS(エトス)で働いている関係で人よりも多くワーホリへ行く日本人を見ている方だと思います。

そんな背景の僕がワーホリ後の就職先(再就職先)について説明します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートもしています。ホームページはこちら 

ワーホリ後の再就職(就職)先はある

まず一番はじめに伝えておくと、ワーホリ後の再就職先はあります。

僕がワーホリをしたのは2010年で就職氷河期と言われる時代でしたが、現在の日本は少子高齢化で企業側が慢性的に人材不足に陥っています。

さらに外国人労働者が増加しているけど、日本でワーホリを含めた留学経験のある日本人は100人に1人。なのでせっかくの外国人労働者が日本に働きにきても、相手のお国柄を理解できずにすぐ辞めてしまうなんてこともあります。

そこで必要になってくるのが留学・ワーホリ経験のある100人に1人の人材です。

こういった背景から帰国後の就職先はあります。

多少、年齢や性別で変わることはあると思いますが大丈夫です。

ワーホリ後の就職を有利に進めるには?

それではワーキングホリデー中にしておくと帰国後の就職を有利にすすめられることを紹介します。

スキルを身につける

すでにワーホリ前に看護師、美容師、鍼灸師、ネイリストなどなど専門性がある場合は、英語力を身につけることで帰国後も活かせます。(看護師の場合は高い英語力が必須)

現在スキルがない方もバリスタ、小学校英語指導者資格、TESOL(英語が第二言語の人向けの英語を教える方法)などを学べる学校も多いです。

英語力の証明を得る

履歴書に書けて英語力を目に見える数字で示すことができるのがTOEICやIELTS、TOEFLなどの資格です。履歴書に書くには750点以上、800点台が好ましいとされています。

1年のワーホリで800点を狙うのは厳しいので事前学習など文法、単語、読解力などの総合的な英語力の向上が必要になります。

海外就職を目指す

現在はマレーシア、シンガポールなどの東南アジアに日系企業が多く進出していることもあり、海外在住経験があり英語力のある日本人の人材を必要としている企業があります。

ワーキングホリデー先のカナダ、オーストラリア、イギリスでそのまま就職する方も少ないですがいます。ただ現地就職は高い英語力と経験が必須です。

大学を一年休学してオーストラリアにワーホリをしたカズアキも、帰国後に就活して就職しました。
【関連記事】就職する気は2%だったけどワーホリから帰国して正社員になった話

とくに目的がない場合

僕はとくにこれと言った目的もなくワーホリへ行きました。目標と言えば英語を話せるようになること、海外に長期間住んでみることの2つだけです。

理由も英語が話せたらカッコいいかなというものでキャリアとか将来の目標がありませんでした。

ワーホリに目標がないまま行くことをダメだという記事もありますが、僕は肯定派です。

海外旅行もろくにしたことのない人にとって1年間海外で住むことは想像以上に自分の考えを広げてくれます。なのでとりあえず英語力を上げることをおすすめします。
【関連記事】やりたいことがない?夢がない?それなら20代でもワーホリへ行ってほしい。

ワーホリで専門スキルを学ぶべきか

帰国後の就活に活かすためにワーホリ中に専門スキルを学ぶべきかは人それぞれです。例えば僕みたいに英語力ゼロのままワーホリへ行った場合は専門スキルどころではなくてまず英語力です。

ですが、子供が好きだからJ-Shineを取得する、バリスタになりたいからカフェで働く、将来ホテルで働きたいからホテルで働く人もいると思います。

興味のあるスキルがあればチャレンジするのもOKだと思います。

ローカルのホテルで働きたい人におすすめなのはETHOS(エトス)の2カ国留学プランです。

【関連記事】 「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学プラン

ワーホリ後に活躍してる人たち

実際にワーホリが終わってから活躍している人を紹介します。


Aさん(25歳)
大学在学中に1年間の交換留学の経験あり
TOEIC920点
→年収600万円の外資系に就職

Bさん(25歳)
専門卒業
ワーホリで2年間海外(英語苦手)
→年収400万円のアパレルショップ店長

Cさん(23歳)
大学在学中に休学
ワーホリで1年間オーストラリア
→新卒で都内IT系企業に就職

Dさん(25歳)
大学卒業後にワーホリ
社会人経験なし
→年収400万円のメーカーに既卒入社
ワーホリ経験はキャリアに繋がる?長い〇〇で見れば繋がります。

僕も含めて4人はワーホリが終わった10年後に〇〇で働いています。
【関連記事】
ワーホリ勢その後は派遣?何して生きてるのか4人に聞いてみた。

プロに頼るのもあり

帰国後の就職活動を大手就職エージェントに登録して自分1人で進める方法もありますが、1人1人に特化した就職エージェントに頼るのも手だと思います。

履歴書の書き方、面接の対策などほとんどの人ははじめてか久しぶりなので自分1人より効率的です。ETHOS(エトス)ではワーホリ、フィリピン留学から帰国後の就活に特化したプロの就職エージェントと提携して卒業生の就活をサポートしています。(関東圏のみ)

まとめ

まとめるとワーホリ後の就職活動に自分で自信を少しでも持って挑むにはワーホリ中の生活でどれだけ充実したかが鍵だと思います。ローカルのお店で働いて、ローカルの友人をつくって帰国できれば、それが自信につながります。

それでいてTOEICのスコアを取り、帰国の2ヶ月前くらいから就活の準備ができれば「ワーホリから帰ってきてから働く会社なんてないよ」も気にする必要はありません。

ワーホリから帰国したらお金がないと大変なので、ワーホリ中にお金をある程度貯めることができたら安心かもしれませんね。
【関連記事】5ヶ月100万円!!ワーホリ中に貯金できる?直接聞いてみた。

5ヶ月100万円!!ワーホリ中に貯金できる?直接聞いてみた。

月80万円!オーストラリアのファームで稼ぐトップピッカー

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS