フィリピン・セブ島留学で日本人少ない学校=英語力が伸びるは本当?

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学エージェントに頼めば、日本人の生徒率を重視したい人には日本人の割合が少ない学校を紹介してくれます。やっぱり英語力アップを目指すなら日本人から離れるべきですよね?日本語使いたくありません。

そんな悩みに答えます。

結論から言うと、日本人が少ない学校はおすすめしません。

この記事の内容
  • 韓国資本の学校に行った留学生のホンネ
  • 日本人が少ない学校はいい学校?
  • 日本人が少ない学校には英語を使う機会が溢れている?

この記事を書いている僕は、フィリピン留学、ワーホリを経験し、ETHOS(エトス)の代表をしています。そのなかで「日本人が少ない方が英語力が伸びる」と考えている人の成功をフィリピン・オーストラリアで見たことがありません。

もちろん日本人が少ない学校を希望すれば留学エージェントはサッと素早く紹介してくれます。(それがお客様の希望ですので)

だけど、本当に日本人から離れて、英語力は上達するのでしょうか?

注意

留学中は英語を使うのは上達の近道です。

日本人向けに学校が運営されていない

フィリピン・セブ島で日本人が少ない学校はイコール韓国資本の語学学校です。日本人経営の語学学校と違って、韓国資本の語学学校なので日本人は少ないです。

その代わり、韓国人が多いです。

提供される食事は韓国料理がメインで、学校の校則が厳しいスパルタ式です。

その韓国資本の学校に行けば日本人から離れることができます。

ですが、日本人がいない環境で英語を勉強したい!そう思って留学した人はこんなホンネを漏らしています。

韓国資本の学校に行った留学生のホンネ

留学生

日本人がいない環境で英語を学びたいと思って、エージェントを通して韓国資本の1日9時間授業があるスパルタ校に行きました。学校名は〇〇というところで、私がいたときは日本人が全部で3人くらいでした。

でも、残りが韓国人で学校ではすべて韓国語です。なので結果的に英語漬けというか韓国語漬けだし、いつも仲間はずれにされているような感覚で寂しいです。

 

このように、

  • 事前の期待→英語環境
  • 実際の生活→韓国語環境

 

せっかく留学したのに、実際は韓国語で話してばかりで韓国に留学した気分になる結果でした。

こういった経験をする留学生は珍しくありません。

日本人の少ない韓国資本の語学学校とETHOS(エトス)の2校留学を経験した留学生のインタビューでも、学校の雰囲気と日本人に合うかどうかの参考になります。

宿題に追われ続けて自分の時間がない留学・・・

英語を話せるようになりたいのであれば・・・

日本人が少ない学校へ行けば英語を使う機会が溢れているのであれば、日本人が少ない学校に行くべきですが、実際は日本人が少なくても英語を話す機会が増えるわけではありません。

英語力の向上を目指すフィリピン・セブ島留学で必要な考えは、以下の通りです。

国籍比率を確認する

留学生
英語を話す時間を増やしていきたい!

これが日本人が少ない学校を探している理由だとすれば、学校の国籍比率や環境を考えてみてください。

韓国人ばかりだと韓国語での会話が主流になりますが、韓国だけでなく国籍比率がバラバラであれば、留学生同士の会話が生まれる環境があります。

ETHOS(エトス)にはフィリピン人向けの日本語教室も併設されているので、日本語を覚えたいフィリピン人と、英語を覚えたい日本人がいるので、学校生活でも英語を使える環境があります。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートもしています。ホームページはこちら 

授業内容と立地を考える

フィリピンといえば南国のリゾートです。

英語力アップを考えずに遊びメインの留学を目的とする留学生もたくさんいます。海の近くの学校や、クラブから近い学校に行くと遊びメインの留学生が多くて、居心地が悪くなってしまう留学生の話もよく耳に入ります。

学校にはどういう生徒が多いのか?も英語力向上を目的とすれば大切な要素です。

フィリピン人講師の質は大事です

あとはなんと言っても、授業を担当するフィリピン人講師のクオリティです。マンツーマンで授業を受けるということは、先生と生徒の信頼関係がないと成り立ちません。

しっかり授業をしてくれるフィリピン人講師もいれば、恋愛話をして授業が終わってしまうフィリピン人講師もいます。また日本人留学生が多い時期にアルバイトのフィリピン人講師を臨時で雇う語学学校もあるので注意が必要です。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

フィリピンでアメリカ人に学ぶのもおすすめです

日本人がいない環境を理想とする留学生が多いのは過去に留学生だった僕も理解できます。ただし、英語力アップを目指すのであれば、考え方のシフトが大事です。

ETHOS(エトス)の授業は全てアメリカ人講師が担当で、オリジナルの発音矯正プログラムがあります。

日本人の英語が通じない一番の原因は発音です。文法がミスっても相手に汲み取ってもらえますが、発音間違いだと一切通じません。また通じるような発音が習得できれば、それはあなたの自信につながります。

さらに授業以外にも英語に触れられるアクティビティも用意されているので、英語力を生活のなかで身に付けたい、TOEICのスコアよりも生きた英語と考える留学生におすすめです。

ぜひ、今回の記事を参考にしてご自身にあう語学学校を見つけてください。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS