【重要】「フィリピン・セブ島留学」現地でかかる費用の総まとめ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
これから、フィリピン・セブ島留学をする予定です。

留学費用や航空券など、事前に支払う料金については分かりました。

その他に、現地でかかる費用について詳しく知りたいです。経験者の方教えてください!

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、全ての学校で必ずかかる現地費用は、「ビザ代金」と「生活費」になります。

語学学校によっては、「テキスト代」や「電気代」が現地でかかる場合もあるので、お申し込み前にしっかりと現地でかかる費用は大体いくらになるか確認しておきましょう。

 

この記事の内容
  • 現地でかかる費用の総まとめ
  • 期間毎の現地で掛かる費用にtについて

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

語学学校なかの人なので、フィリピン留学については詳しい方です。

こういった背景の僕が、「フィリピン・セブ島留学」現地でかかる費用について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

「フィリピン・セブ島留学」現地でかかる費用の総まとめ

学校によって、留学費用の中にどれだけのサービスが含まれているかにもより、現地でかかる費用は異なってきます。

ETHOS(エトス)で例えると1ヶ月の留学でかかる合計費用は下記の通りです。

シェアハウス:6時間コースの場合

語学学校の費用 211,200円(1,920ドル)
SSP 12,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 45,000円
現地生活費 40,000円
海外旅行保険 クレジット付帯を活用
合計 308,200円

ETHOSだと、現地でかかる費用は「SSP」と「現地生活費」になります。SSPとはフィリピン留学をするのに、必須ビザになります。

語学学校の費用の中には下記の内容が含まれています。

  • 空港送迎費
  • 入学金
  • 宿泊代
  • 光熱費
  • テキスト代
  • デポジット
  • 学生証発行費用
  • ホットシャワー完備
  • ウォーターサーバー完備
  • Wi-Fi完備(全ての教室・ステイ先の個室で使用できます)
  • 個室清掃
  • ベットシーツ交換

 

かなり細かいですが、上記の通りです。

「光熱費」と「テキスト代」「デポジット」「学生証発行費用」は現地払いになる学校も多いので注意してください。

まとめると

現地で絶対にかかる費用
  • SSP
  • 現地生活費
学校によってかかる費用
  • 光熱費
  • テキスト代金
  • デポジット
  • 学生証発行費用

 

期間によっても、現地でかかる費用が変わってくるので、次に一つずつ解説していきます。

現地でかかる費用の詳細

その①:SSPなどのビザ費用について

フィリピン留学に必要なビザについては下記のYouTubeでも紹介しています。

4分ほどで、フィリピン留学のビザについて丸わかり。

フィリピン留学では、1週間の短期留学から長期留学まで、SSP(特別就労許可証)の取得が必要になります。また1ヶ月以上留学する方は、観光ビザの申請、2ヶ月以上留学するかたは、ACR-I(外国人登録証)カードが必要になります。

各ビザの詳細については、上記YouTube動画か、下記にある「フィリピン留学に必要なビザ費用一覧」をご覧ください。

下記は、期間毎のビザ費用になります。

1ヶ月    
SSP 5,440ペソ  合計5,440ペソ(約1.1万円)
2ヶ月    
観光ビザ延長費用 3,480ペソ 合計8,920ペソ(約1.8万円)
3−4ヶ月    
観光ビザ延長+ACR-Iカード費用 8,310ペソ 合計17,230ペソ(約3.6万円)
5ヶ月    
観光ビザ延長費用 2,780ペソ 合計20,010ペソ(約4.1万円)
6ヶ月    
観光ビザ延長費用 2,780ペソ 合計22,790ペソ(約4.7万円)

 

フィリピン・セブ島留学に必要なビザ費用一覧【事前の準備は必要無し】

その②:現地生活費

留学中、外で買い物したり、食事をする場合にかかる生活費(お小遣い)は1週間に1万円を目安にしましょう。

ETHOSだと、ランチとディナーは自分で用意していただきますが、それでも1万円あれば余裕で足ります。

  • 1ヶ月の留学=4万円
  • 2ヶ月の留学=8万円

 

現地生活費の目安は上記の通りです。

生活費については人それぞれで、半分以下で足りたという方もいます。

その③:光熱費

1週間で500ペソ(約1200円)ほど掛かります。(学校によって異なります)

フィリピンの物価は日本より安いです。しかし、電気代に関しては日本より若干高いと言われています。

フィリピンは1年中、常夏な気候なので、冷房と扇風機なしの生活は辛く、留学中はずっと冷房を使って生活する事になるでしょう。

その為、光熱費は現地でかかる費用として、掛かる学校が多いです。

常に「節電」を意識して生活を送りましょう。

その④:テキスト代金

相場は1ヶ月、1000ペソ〜2000ペソ(約2200円〜4500円)になります。

1ヶ月、2200円でも、6ヶ月留学すれば、13.200円になります。結構な金額になりますよね。特に、TOEICなどの資格を取る方は、教材が多くなるので、その分、テキスト代金も掛かります。

紙ってまとまると予想以上に高くなるんです。

その⑤:デポジット

大体、5000円くらいでしょう。

施設のデポジットです。留学中に学校や宿泊先のものを破損してしまった場合は、デポジットから費用が引かれます。しかし、何も無ければ、最後にデポジットは戻ってくるので安心してください。

次に来る留学生の為にも、施設は綺麗に使いましょう。

万が一、何かを壊してしまった場合は、しっかり語学学校のスタッフに伝えるようにしてください。

その⑥:学生証発行費用

約250ペソ(500円)くらい。

学生証は、学校に通っている証明書になる他に、セブ島だと、レストランやマッサージ屋で留学生割引を実施しているお店も結構あります。

学生証定時で10%や20%オフなど、特別割引を受けられるので、外出する時は持ち歩くようにしましょう。

期間毎の現地で掛かる費用

1ヶ月〜6ヶ月まで一つずつ解説していきます。

平均的な値段なので、紹介する費用より高くなる事も安くなる事もあります。その点ご理解お願いします。

また、期間毎の留学料金も合わせた合計費用を紹介した記事リンクも記載するので、気になる方はご覧ください。

生活費は人によってかなり異なるので、生活費無しの合計費用を説明していきます。

1ヶ月:現地で掛かる費用

ビザ代金 1.1万円
デポジット 5000円
電気代 4800円
テキスト代 2200円
 学生証発行費用 500円
合計 23500円

2ヶ月:現地で掛かる費用

ビザ代金 1.8万円
デポジット 5000円
電気代 9600円
テキスト代 4400円
学生証発行費用 500円
合計 37.500円

3ヶ月:現地で掛かる費用

ビザ代金 3.6万円
デポジット 5000円
電気代 14400円
テキスト代 6600円
学生証発行費用 500円
合計 62.500円

 

4ヶ月:現地で掛かる費用

ビザ代金 3.6万円
デポジット 5000円
電気代 19200円
テキスト代 8800円
学生証発行費用 500円
合計 69,500円

5ヶ月:現地で掛かる費用

ビザ代金 4.1万円
デポジット 5000円
電気代 2.4万円
テキスト代 1.1万円
学生証発行費用 500円
合計 81.500円

6ヶ月:現地で掛かる費用

ビザ代金 4.7万円
デポジット 5000円
電気代 28.800円
テキスト代 13.200円
学生証発行費用 500円
合計 94.500円

まとめ

大体、上記期間毎の費用が現地で掛かると思ってください。

個人的に、計算が面倒なので、シンプルに留学費用に全て含まれている語学学校がおすすめかなと思います。

今回は以上になります。

また、生活費については下記記事で紹介しているので、参考にしてください。

フィリピン・セブ島留学のお小遣い額は?【月に現金4万円で足ります】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS