フィリピン留学中にお金を稼ぐ方法5選

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学中はビザの関係でアルバイトが出来ません。なにか方法はないですか?

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、スキルがあれば出来るかも知れません。

留学中はお金が何かと必要になるので、方法さえわかればスキルを売ることで大きいお金でなければ稼げると思います。

この記事の内容
  • 留学中のお金の稼ぎ方

この記事を書いている僕はワーホリ、フィリピン留学の経験者です。いまはETHOS(エトス)でアメリカ人と仕事をしています。

僕はワーホリでオーストラリアに留学中はお金が底をついて治験をしたり、屋台の日雇いのバイトをした経験があります。

そんな僕がフィリピン留学中にできるお金の稼ぎ方をお伝えします。

ETHOS(エトス)
フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートもしています。ホームページはこちら 

ココナラ

ココナラは、知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケットと言われるように、「恋のお悩み」から「プログラミング」まで振り幅の広い仕事を売り買いできるウェブサービスです。

あなたの出来ることを登録フォームに入力するだけで出来るので、あなたの得意なことをお金にすることができます。

ウェブサービスを通してお金のやりとりをするので安心ですし、匿名でお仕事のやりとりが出来ます。

ココナラ

ランサーズ/クラウドワークス

在宅の方やフリーランスが使うウェブサービスとして有名なのがランサーズ/クラウドワークスです。WEBサイトの作成など専門的な依頼内容から、記事の執筆や翻訳などライトな依頼内容までたくさんあります。

デザイン系の依頼もあるので、名刺作成、バナー作成などスキルがあれば出来ます。ココナラより専門的スキルがある人におすすめの方法です。

ランサーズ
クラウドワークス

メルカリ

せっかくフィリピンにいるのであれば、フィリピンにあって日本にないものを売ればお小遣いくらいにはなるのでは?ということでメルカリです。

過去のメルカリの出品商品を見てみるとフィリピン関連の商品もあったのでチャンスはあると思います。

メルカリ

ブログを書く(寄稿する)

1番確実かなと、個人的に僕が思う方法がブログを書くことです。

僕はブロガーになれ!稼ごう!というフリーランスを目指す方向けの内容ではなく、各メディアに記事を寄稿することで記事単位でお金を稼ぐ方法をおすすめしています。

ブログをつくってブログを書く方法だとお金になる前に留学が終了する可能性の方がはるかに高いので、お金を稼ぐ方法としてはおすすめしません。

僕たちのメディアでもライターの方に書いてもらった記事は1記事あたりで報酬を支払っています。記事単価は文字数などにもよりますが1,000〜5,000円/記事、または1〜2円/文字が相場だと思います。

 

これくらいの記事なら書けるかも!

そう思ったら募集しているメディアに問い合わせて見るといいと思います。

TOEIC120点の社会人(21歳)が留学中にした英語勉強法を公開!

僕が暇と勢いで大学3年で休学してワーホリでオーストラリアへ行ったワケ

【半年後に行く!】オーストラリアへのワーホリ準備ってなにすりゃいいの?

その際は留学期間と書ける記事数を事前に伝えるようにすると採用されやすいです。

メディア側も1記事のために時間をとるのは避けたいと考えるので、相手が採用したいように提案するのがコツですね。

バスキング

バスキングとは路上パフォーマンスのことです。路上で歌を歌ったり、大道芸をしたりして通りすがりの人から投げ銭をもらう方法です。

そんなので稼げるのかよ?とか思いますが意外にもやっている日本人をたくさん見たことがあります。

ポルカ

最近流行りのクラウドファンディングの個人版ウェブサービスです。例えば「オスロブにジンベエザメを見に行きたい!」という企画を立てて必要な金額を友達同士で集めることができます。

目標金額が5千円であれば、17人から300円のカンパをもらう程度なので、そこまでハードルは高くないです。

最後に

フィリピン留学中にお金を稼ぐことはできますが、どうしても少額になりがちです。せっかくの留学中にお金の心配をして楽しめないのもイヤですし、必要なお金は日本で貯金して留学をする方がいいかなと思います。

お金はどう貯める?7人の留学生に聞いてみた。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS