フィリピン留学でマニラはどう?【滞在歴5ヶ月の僕が説明します】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

Kan
どーも。マニラ滞在歴が合計5ヶ月になるKanです。

フィリピンのマニラで留学しようかな〜?と思ってるあなたへ。

無限の可能性を秘めている大都市マニラでの留学は、条件によってはあなたの最高の留学先になるかもしれません。

この記事を読むと

  • フィリピンのマニラがどんな所か「治安・物価・気候」
  • マニラで留学するメリット
  • マニラで留学するデメリット
  • どんな人がマニラでの留学に向いているか?

が分かります。

フィリピン留学でメジャーなセブ島滞在歴1年とマニラ滞在歴5ヶ月の経験を元に、マニラでの留学を考察していきます。
 
この記事はマニラで執筆しました。
 
 

フィリピンの大都市マニラはどんな所?

私たちが想像する以上にマニラは発展しており、中心地は大都会で高層ビルが立ち並んでいます。

特に、BGC(Bonifacio Global City/ボニファシオグローバルシティー)は日本の六本木や品川のような近代的な都市で、自分がフィリピンにいる事を忘れてしまうほど。

富裕層が住んでいるBGC、マカティなどの地域以外は、私たちが想像する東南アジアのフィリピンが広がっています。

マニラはフィリピンの地方都市に比べて、首都だけあり生活するのに便利です。

次にマニラの「治安・物価・天候・日本からの行き方」をみていきましょう。

噂通り本当にフィリピン・マニラの治安は悪いのか?

マニラと聞いてどんなイメージを持ちますか?「安全な場所」と頭に浮かぶ人はほぼいないのではないかと思います。結論から言うと、マニラはセブ島より治安は悪いです。
 
BGCやマカティなどの安全な地域に語学学校があるなら、話は別ですがマニラでも中心地ではない場所に語学学校がある場合セキュリティー面で不安です。
 
僕はマニラで生活していて、軽犯罪の被害にもあった事はありませんが、毎日十分注意して生活しています。
 
マニラの治安については3ヶ月マニラに住んでみた僕がマニラの治安を暴露します!で書いているので読んでください。
 

セブ島より高いマニラの物価

セブ島の後に、マニラに行くと物価の高さに驚きます。

タクシーやジブニーの公共交通機関の値段、ローカル向けのレストランの値段はセブ島と対して変わりませんが、マニラは富裕層向けのお店もあるので、物価の幅が広いです。

物価の安さなら断然セブ島です。

マニラの雨季は過ごしにくい……「天気と気温」

マニラの6月〜9月までは雨季で1日中雨が降っています。そして台風も多いので過ごしにくい。マニラの乾季である、3月〜6月までは、逆に毎日天気が良いので、最高でした。

マニラの天気についてはマニラの夏は暑い・・1年間の平均気温と天気をご覧ください。

日本からマニラは格安で行けます

日本とマニラは時差は1時間で片道4時間でいけます。近いです。航空券もセール時期に買えば、往復2万円以下で買う事も可能。
 
下記の記事を読んでお得にマニラへ行きましょう。
 
 
マニラの説明を簡単にしましたが、次にマニラで留学するメリットとデメリットを紹介していきます。
 

マニラで留学するメリット

マニラで留学するメリットを3つ紹介します。

  1. 外国人と出会える場所がたくさんある
  2. Wi-Fiが速い
  3. 都会好きには良い

それでは一つずつ説明していきます。

メリット①:外国人と出会える場所がたくさんある

セブ島だと欧米系の外国人観光客はセブ中心地から外れたビーチに行くので、セブ島留学中に学校以外で欧米人と出会う機会はほとんどありません。

マニラだと中心地に駐在している方や旅人のネイティブスピーカーがたくさんいます。特にマカティエリアは本当に多いです。

自分で外国人が集まっている場所に足を運べば、交流するチャンスはたくさんあります。
 
但し、フィリピンの語学学校で勉強すると、一緒に行動する人は語学学校の日本人や韓国人が中心になりますので、学校以外で欧米人と交流する場合、自分自身の行動力が必須です。
 

メリット②:Wi-Fiが速い

僕がマニラが好きな理由な一つにセブ島より全然wifiが速い所。セブ島よりインフラが整っています。

カフェにしてもレストランでもWi-Fiの速度は十分あります。

メリット③:都会好きには良い

東京の様に、24時間営業しているセブンイレブンやレストランがあって便利です。多くの日本企業がマニラに進出しています。
 
何もない田舎より都会の方が好き!って方はマニラ留学が合っているかもしれません。
 

マニラで留学するデメリット

 
次にデメリットを紹介していきます。
  1. 観光する場所が少ない
  2. マニラの治安は悪い
  3. 交通渋滞が酷い

デメリットも一つずつ説明していきます。

デメリット①:観光する場所が少ない

マニラはショッピングモールはたくさんありますが、観光する場所が少ないです。セブ島のように土日を使ってビーチでリフレッシュって事が気軽にできません。

1ヶ月くらいの留学だったら良いと思いますが、1ヶ月以上いたら週末にどこかに観光に行くって選択肢が少なくなるかなと思います。

マニラの観光スポットが気になる人はマニラの現地ツアーガイドがオススメする観光スポット10選をご覧ください。

デメリット②:マニラの治安は悪い

「フィリピンってどんな所?」で説明したように、マニラはセブ島より治安が悪く感じます。

マニラで留学する場合、駐在員などが滞在しているようなエリアにある語学学校を選びましょう。

デメリット③:交通渋滞が凄い

マニラでは1日中大渋滞が起きているので移動するのに一苦労。待ち合わせ時間丁度に人と会うことも難しいです。僕は目的地まで結構な距離でも歩いてます。
 
フィリピンの渋滞については【劣悪】フィリピンの交通渋滞がひど過ぎる「セブ島・マニラ編」で解説しています。
 

マニラでの留学はこんな人におすすめ!

セブ島が好きでも、マニラは大っ嫌いって友達もいるので、自分とその土地との相性だと思います。

僕はセブ島とマニラどっちも良さがあるので、両方好きです。そんな僕が思う、マニラ留学に向いているタイプは下記の通りです。

  • 便利な都会で生活したい人
  • 留学先の場所は気にしていない人
  • 外国人と交流したい人

 

自分でアグレッシブにいけるタイプの人はマニラで試してみましょう!

マニラ以外の留学先には、セブ島やバギオといった場所もあるので、他の地域も気になる方は下記の記事もどうぞ。

失敗なし!フィリピン留学おすすめ地域と場所 

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS