フィリピン・セブ島留学に持っていくと便利な薬リスト【準備が重要】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学をする予定だけど、体調が悪くなった時の為に薬を持っていった方がいいかな?留学生はどんな薬を持ってきているのだろう?そんな疑問に答えます。

結論から言うと、ある程度日本で準備をして留学に薬を持ってきた方が良いです。僕は、現在セブ島で仕事をしていますが、毎回薬を持っていきます。

この記事の内容
  • セブ島留学に持っていた方が良い薬について
  • フィリピンの医療事情

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島に2回留学経験があり、現在はセブ島の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

セブ島にいく時は自分に必要な薬を持っていきます。留学生も必要な薬を持ってきているので、ある程度セブ島留学に持ってきた方が良い薬については的確にアドバイスできると思います。

こういった背景の僕が、フィリピン留学に持っていくと良い薬について解説していきます。

フィリピン・セブ島留学に持っていくと便利な薬リスト

下記の通りです。

  1. 胃薬
  2. 正露丸
  3. うがい薬

 

一つずつ詳しく解説していきます。

その①:胃薬

留学先では、基本フィリピン料理です。ハイカロリーな食事が多いので、胃もたれしやすい人は胃薬を持ってきた方が良いでしょう。

体調を崩した時に、現地の薬を使う事もあると思います。

現地の薬は強いので胃もたれしやすいです。風邪を引いた時の対策としても胃薬を持ってきましょう。

その②:正露丸

食あたりや下痢になった時に役たちます。

留学生では、「正露丸は必須」「正露丸に助けられました」という方が結構多いです。

フィリピンは水で食あたりをしてしまうケースが多いので正露丸を一つ持ってきましょう。

食あたりが心配な方は下記の記事も合わせて読んでください。

フィリピンで腹痛の原因と対処法【80%以上の方が経験します】

フィリピンで腹痛の原因と対処法【80%以上の方が経験します】

その③:うがい薬

風邪予防には手洗いうがいが大切です。

フィリピン人は「うがい」をして風邪予防をするという習慣がないので、イソジンなどのうがい薬をスーパーで見つけるのが大変です。

外出した後は、うがいを忘れないようにして、風邪知らずの留学生活を送りましょう。

 

僕は、肌が弱いので、肌用の塗り薬や目薬なども持っていきます。

上記で紹介した薬以外に必要なものがあったら忘れずに持っていってください。

セブ島は交通量が多く、町中が埃っぽいのでマスクがあると便利です。留学にはマスクも持ってきましょう。

フィリピン・セブ島留学に「マスク」は必ず持ってきた方が良い理由。

現地にドラッグストアもある

セブ島には、ショッピングモール内やスーパーの中にドラッグストアがあり、風邪を引いた時に薬を買う事ができます。

自分で持ってきた薬を飲んでも中々、体調が良くならない場合は現地で薬を買って飲んでみましょう。

僕の経験上、セブ島で風邪になったら、現地の薬を飲んだ方が効きます。

しかし、薬が強く胃もたれしやすいので、胃薬は日本から持ってきましょう。

値段も数百円から購入できます。

セブ島には日本語対応している病院もある

薬を飲んでも体調がよくならない場合は、無理をせず病院に行きましょう。

セブ島には、日本語対応しているジャパニーズヘルプデスクもあり、日本で病院に行くのと同じように安心して診察を受ける事ができます。

もし、病院に行く場合はETHOS(エトス)のスタッフが同行するので安心です。万が一の為に、会海外保険の加入は忘れずに。

クレジットカード付帯の海外保険なら無料で加入することが可能です。

おすすめのクレジットカードは下記の記事で紹介しています。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

 

セブ島の病院に行って診察を受けた様子は下記で記事にしているのでご覧ください。

【セブ島の病院】日本語対応の「ジャパニーズヘルプデスク」がおすすめ

ETHOSには元ナースのスタッフがいます

語学学校ETHOS(エトス)には、元ナースとして活躍していた、フィリピン人スタッフのタンタンがいます。

留学生は体調がちょっとでも悪くなったらタンタンに相談しましょう。

すぐに学校で応急処置をする事ができます。タンタンはJLPTの日本語検定も持っているので日本語も少し話す事が可能です。

体調を壊す前に日頃からしっかりと体調を管理しよう

日頃から体調を崩さないように、体調に気をつけて生活を送りましょう。

体調を崩さない為に心がけるのは

  • しっかり寝ること(最低でも7時間)
  • バランスの良い食事をする
  • 定期的に運動をする
  • うがい・手洗いをする

 

上記の4つを頭に入れて留学生活を送りましょう。

おすすめの運動は下記の記事で解説しています。

留学中に運動をして健康的な体を!【セブ島で出来る運動を紹介】

まとめ

セブ島留学には、体調を崩した時の為に最低限の薬を持っていくようにしましょう。

フィリピンの医療事情もしっかりしているので、風邪をひいてしまった時も、安心してください。

フィリピン留学に必要な持ち物は下記の記事にまとめています。

フィリピン・セブ島留学の持ち物まとめ【必ず持参した方がいい物有り】

フィリピン・セブ島留学の持ち物まとめ【必ず持参した方がいい物有り】

 

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS