「フィリピン・セブ島留学」ママも留学して頑張ってます!

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

フィリピン・セブ島留学を検討しているママです。そもそも、セブ島留学にママが留学している場合があるのかな?その時に子供はどうしてるんだろう?経験者の体験談も聞いてみたい!そんな疑問に答えます。

結論から言うと、ママが留学するパターンは2種類あります。「ママ一人で短期留学をする」「子供と親子留学する」の2パターンです。そして、ママが一人で短期留学をする場合、今後、子供を留学させるための下見であったりもします。

この記事の内容
  • ママ留学の体験談を紹介
  • 良くある質問と回答

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で働いています。この仕事をして、もうすぐ6年目になります。

なので、留学生と接している機会は割と多い方なので、ママの留学事情についても割と分かります。

こういった背景の僕が、ママのフィリピン・セブ島留学について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ママも留学して頑張ってます!

20歳大学生のフィリピン留学体験談ホームステイ

冒頭でも言ったように、ママが留学する場合2パターンあります。

  1. ママ一人で留学をする
  2. 親子で留学する

 

一つずつ解説していきます。

その①:ママ一人で留学をする

ETHOSには、仕事の休みなどを使って1週間留学をされる方がいます。

その時に、子供は日本で両親に預けたりしているようです。また、将来子供を留学させたいので、学校の下見がてら短期留学をする生徒もいました。

ちなみに、パパ一人で留学したパターンもあります。

その②:親子で留学する

子供を日本に置いていけないので、親子で留学するパターンもあります。

ETHOSでは、ママの一人留学より親子留学の方が多い印象です。

 

次に、実際に留学したママ留学生の体験談を紹介します。

体験談:次は子供を留学させたい

子供の留学を考えていて、問い合わせをしたら自分のスケジュールが合ったので1週間の短期留学をしてくれました。

「次は子供も留学させたい」と体験談に書いてくれています。

【社会人・ホームステイ留学体験談】子供も留学させたいです

親子留学体験談

こちらは親子留学体験談になります!

家族2人〜3人で来る場合もあります。ETHOSで夏には、親子留学で親戚の子を連れてきてくれる方もいらっしゃいます。

体験談:パパの紹介で親子留学してくれました

【親子・ホームステイ留学体験談】先生の質がいい!!

【親子・ホームステイ留学体験談】アメリカ英語とホームステイを1週間から受け入れてくれる

体験談:次はママ一人でも留学してみたい!

【ママ・ホームステイ留学体験談】ママ留学・親子留学が可能かすぐに問い合わせをしました

【親子・短期・ホームステイ留学体験談】フィリピン・セブ島へ夏休みに1週間の短期留学

ママ一人で留学をした場合の留学料金

女子高校生のフィリピン留学体験談

ママ留学では、短期留学の1週間か2週間が多いです。

料金は下記の通りです。(ETHOSでは1週間毎の留学が可能)

※1ドル=110円で計算

1週間のホームステイ

語学学校の費用 60,500円(550ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 1万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 126,500円
 

2週間のホームステイ

語学学校の費用 119,900円(1090ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 2万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 195,900円
 
 
親子で留学する場合は、別料金になります。
親子での留学を希望する場合、LINEから気軽にお問い合わせください。
 
 

ETHOSではアメリカ人講師宅にホームステイする事ができます

ホームステイについて、学長バリーが動画で説明してくれています。

※日本語字幕にしてご覧ください。

ETHOSのホームステイについて
  • アメリカ人講師宅にホームステイできる
  • 全ての家庭が学校まで徒歩2分〜5分
  • セブ島滞在歴の長いアメリカ人講師宅なので、安心・安全

ママ留学に関してのQ & A

良くある質問は下記の通りです。

  1. セブ島の治安は大丈夫ですか?
  2. 留学中の食事はどうしたらいいか。自炊はできますか?
  3. どれくらい前に留学の予約をしたらいいですか?

 

一つずつ解説していきます。

その①:セブ島の治安は大丈夫ですか?

セブ島には年間200万人もの外国人観光客が訪れています。

観光地として有名な理由は、セブ島には手付かずの大自然があり、透明度抜群のビーチが多くあるからです。

結論を言うと、危険な場所に観光客は多く訪れません。セブ島は多くの観光客が来れるほど、安全な場所になります。

基本的な防犯対策を守っていれば、セブ島生活で快適な生活を送ることが可能です!

セブ島の治安は下記の記事にまとめています。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

その②:留学中の食事はどうしたらいいか。自炊はできますか?

ホームステイをした場合、朝食(アメリカンブレックファスト)が提供されます。

昼、夜はご自身で用意して頂きます。ステイ先の近くに大型ショッピングセンターがあり、

  • フードコート
  • レストラン
  • ファストフード

 

なども揃っているので、食事には困りません。

また自炊をする事も可能です。ショッピングモールに食品コーナーもあり、自炊する道具も揃っているので、正直食事には困りません。自炊NGな語学学校が多いので、自炊出来るのは大きなメリットになります。

留学生、1日の食事は「フィリピン・セブ島留学」の食事事情を暴露【正直に語ります】で解説しています。

「フィリピン・セブ島留学」の食事事情を暴露【正直に語ります】

その③:どれくらい前に留学の予約をしたらいいですか?

ETHOSでは、留学開始の3ヶ月〜6ヶ月前の予約を推奨しています。

直前の予約になると、留学のご案内が出来ない可能性があるのと、セブ島行き航空券の値段が高くなります。

希望通りのプランで留学したい場合は、出来るだけ早めに留学の予約をしてください。

 

今回は以上になります!

ETHOSの卒業生の96%以上は友人にエトスを紹介したいとご回答していただいています。

気になる方は、まずご連絡ください。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界13カ国26都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS