「シンプルです」留学後、引っ越しの流れ【アドバイスあり】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
現在、留学中です。

留学後の生活を考えると色々悩むのですが、留学後、家はどうするか。引っ越しはいつしようか悩んでいます。

留学経験者の方は留学後の引っ越しをどうしていますか?

教えてください。

こんな疑問に答えます。

Kan
結論から言うと、留学後は一度、実家に戻り改めて不動産屋に相談して引っ越しすればOKです。

留学後、収入が無くても紹介してくれる不動産屋はあります。

この記事の内容
  • 留学後、引っ越しの流れ
  • 留学前にしておく事(アドバイス)

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

仕事柄、留学後に引っ越した人にも会ってきましたし、不動産会社を経営している知り合いもいるので、留学後、引っ越しする人はどうしているのかについては割と知っています。

こういった背景の僕が、留学後、引っ越しについての流れについて解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学後、引っ越しの流れ

引っ越しまでに流れは下記の通りです。

  1. 日本に帰国→実家 or 友達の家に行く
  2. 物件探し・引っ越し

 

一つずつ解説していきます。

その①:日本に帰国→実家 or 友達の家に行く

日本に帰国してから、引っ越しするまでは「実家」に帰る人がほとんどです。実家だと家賃は掛からないし、経済的にも実家に一度帰ってから家探しをした方が良いでしょう。

実家に帰れない人は、仲良い友達にしばらくの間、居候させてもらうのも一つの手です。

もし何処も住む場所が無かったら「ホステル」や「ゲストハウス」など、格安で宿泊できる施設に泊まると出費を抑えられます。

その②:物件探し→引っ越し

「不動産屋」に連絡をして、物件を探してください。良い物件が見つかったら、引っ越すだけです。

留学生
留学後、無職で収入0何ですが、物件を紹介してくれる不動産屋はありますか?

結論、無職でも物件を紹介してくれる不動産屋はあるので安心してください。

正直、引っ越しする資金さえあれば問題無しです。

もし、何処の不動産屋を使ったらいいか分からない。って場合、都内だったら、僕の友達の不動産屋を紹介できるので、ツイッターでDMください!僕のTwitterはこちら

留学後の住民登録は役所でしよう

引っ越し先が決まったら、新しい住所の申請をお近くの役所ですれば、新たに住民登録する事が可能です。

役所には、パスポートやマイナンバー等、身分が確認出来るモノを持参してください。

留学前にこれだけはしておこう!(アドバイス)

  1. 出来るだけ断捨離すること
  2. 長期留学する人は海外転出届けを出す事

 

上記の通りです。

こちらも一つずつ解説していきます。

その①:出来るだけ断捨離すること

断捨離とは「いらない物を捨てる」という意味です。

留学前、荷物をまとめている時に、いらない物は出来るだけ捨てましょう。特に、留学後引っ越しをする方は絶対した方が良いです。

その理由は、単純に荷物が少ない方が引っ越しが楽だし、引っ越し費用も安くなるからです。

上手に断捨離すれば、小遣い稼ぎにもなるので、下記「関連記事」を参考にしてください。

その②:長期留学する人は海外転出届けを出すこと

1年以上、留学 or ワーホリで日本を離れる人は海外転出届けを出さないと大損します。

  • 年金
  • 住民税
  • 健康保険

 

海外転出届けを出す事で上記の支払いの義務が無くなります。

日本に居ないのに、支払っているのは馬鹿らしいので、役所に行ってサッと海外転出届けを出してくださいね。

海外転出届けを出すだけで、10万円前後得します。

まとめ

留学後は、一度実家に戻り、生活コストをかけずに引っ越し先を見つけるのがベストです。

この記事があなたの引っ越しの参考になれば幸いです。

今回は以上になります!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>