フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。その講師はフィリピン人です。
 
トレーニングを終えた優秀な人材もいますが、ほとんどフィリピンの大学を卒業したばかりの20代です。その先生たちは英語はしゃべれます。でもアメリカやイギリスに留学経験はありません。
 
そのためフィリピン人も英語が実際にアメリカでどう使われているかは知らないのです。
 
そう考えるとやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。
 
そんな方に耳寄りな学校を紹介します。しかもその学校ではアメリカ人講師とホームステイができます。

フィリピン・セブ島留学は安くて近いけど・・・

フィリピン留学は安くて近い英語圏として日本人に人気です。オーストラリアにワーホリへ行く人が基礎英語力をつけるため、短期で英語をしゃべれるようになるためには最適な留学先です。
 
 
でも実は、「フィリピン留学をしたけどネイティブに全然英語が通じない。」「アメリカ人がなんて言っているか理解できない。」そんな悩みを抱える留学生がたくさんいます。
 
 
「そんなはずない!」もしかしたらそう思うかもしれませんが、意外にもよくある話です。
 

ある英語に自信のある日本人男性の話

実際に僕の学校でも、フィリピンに長年住んでいて、フィリピン人から英語を習っていたので、とても英語に自信のある日本人男性が英語を習いにきてくれたことがあります。
 
バリー
Last Monday morning, there was a fire on an electric post on the street at th side of her building. One of the electric meters on that post shorted out and a wire burned. That small fire melted her internet cable.
フィリピン在住の日本人
やべぇ、なんて言ってるかわかんねー。
 
 その男性は自分の英語が通じない現実を知って、落胆してしまいました。
 
 
この男性だけでなく、フィリピン留学で英語ができるようになったと思っても、ネイティブのアメリカ人と話すと、全く通じない、全く何言ってるか分からない・・これは意外とよくある話です。

フィリピン・セブ島でアメリカ留学しませんか?

フィリピン在住の日本人
バカなの?フィリピンなんだからアメリカ留学できるわけないじゃん。
 
確かにその通りです。言い方が悪かったかもしれませんね。
 
フィリピンでアメリカ留学はできませんが、フィリピン・セブ島でネイティブのアメリカ人から全ての授業を受けられる学校はあります。
 
さらにアメリカ人講師宅にホームステイもできます。

フィリピン人の英語力に満足できない

はじめまして、ETHOS(エトス)の野口です。僕はオーストラリアのワーホリ、フィリピン留学を経験してたことがきっかけで2014年からエトスの日本オフィスの運営をしています。
 
当初は、フィリピン留学の総合エージェントを立ち上げようと思ったこともありましたが、視察した語学学校でのフィリピン人の英語力は僕の満足いく英語力に達していませんでいた。
 
この学校紹介しているエージェントは英語わかんないのかな?
 
僕の友達よりも英語が喋れない(文法を間違えたり、不自然な言い回しを使う)ので、本当にそう思いました。
 
僕は人よりこだわりが少し強いので自分の満足いかないものは紹介したくないと、フィリピン留学の総合エージェントは諦め、ETHOS(エトス)の日本オフィス運営をはじめた経緯があります。

はじめからネイティブ習えば問題が解決できます

フィリピン在住の日本人
フィリピン留学したのに英語がネイティブに通じない・・
 
さっきの日本人留学生ではないですけど、はじめからネイティブのアメリカ人に習っていれば、この問題は解決できます。
 
留学したい女性
ネイティブに通じなかったらどうしよう・・・
フィリピン在住の日本人
フィリピン人の発音って訛ってるんでしょ?
留学したい女性
フィリピン人は言い回しが不自然だったり文法間違えて話すよね?
 
こんな不安や心配は必要なくなります。英語ができないとは言っても人それぞれ違いますが、ネイティブのアメリカ人と3ヶ月しっかり勉強することで英語は話せるようになります。
 
そして、ネイティブに通じなかったらどうしようという不安もなくなります。

ETHOS(エトス)が選ばれる3つの理由

オーストラリア、フィリピンへの留学経験がある僕から見たエトスが選ばれる理由は以下の3つです。(アメリカでのホームステイ、カナダへの旅行経験もあります。)

アメリカ人講師宅でのホームステイ

他国ではホームステイを仕事として受け入れている家族がたくさんいるのでハズレが多いですが、エトスのホームステイプログラムはリピートして留学にくる留学生がいるほど、本当の家族のように接してくれるアットホーム感があります。

オリジナルの発音プログラム

英語は正しい発音で話さないとネイティブには通じません。この発音の仕方を日本の義務教育でも教えて欲しかった。
 
そう留学生が言うほどしっかりと、ネイティブからアメリカンイングリッシュの発音方法を詳しく、そしてストイックに教えてくれます。

セブ島で1番小さくてアットホーム

フィリピンだと大きな語学学校だと数百人が同じ学校に留学しますが、エトスはアメリカ人経営で1番小さくてアットホームな語学学校です。
 
そのため生徒一人一人との距離も近く、講師と生徒の垣根も近いため中学生の女の子が留学にくるほど安心して留学ができます。

今までの留学生の声

ここまで、僕ができますよと言ってきましたが、運営者側の言葉ほど信じられないものはありません。
 
僕も普段買い物をするときに参考にするのは口コミで、運営者の言葉には「こいつ嘘ついてる!」そう思って一切耳を貸しません。(笑)
 
だからこそ留学生の声を聞いてその満足度を確かめるのは重要だと思います。本当は全部紹介したいくらいですが、あまり長すぎても大変なので少しだけ紹介します。
 
基本的に早口?と言うか容赦なくネイティヴ同士で話す時と同じではないかと思うスピードで話すことへの苦手意識がいつの間にかなくなった。(30代女性)
エトスは少人数の学校なのでものすごく生徒一人一人に手をかけてくれる素晴らしい学校です。アメリカ人の英語のレベルが高いのはもちろんですがフィリピン人スタッフの英語もものすごくわかりやすく綺麗な発音です。実際に英語だけを伸ばしたいのであればオススメできます!(20代男性)
※当時はフィリピン人講師のよるクラスが1時間ありました。現在は全クラスアメリカ人です。
オーストラリアの時よりも英語への苦手意識が減った気がします。(20代女性)
このようにオーストラリアのワーホリから帰国前に苦手な英語をブラッシュアップするのにも向いています。
 
あとは留学生が個々にアップしてくれているインスタ画像も参考になります。

96.1%の留学生が友だちに紹介したい!

エトスではこれから留学する生徒の参考になるように留学生にアンケートのご協力を得ています。そのアンケートで留学した留学生のうちなんと96.1%が友だちに紹介したいと答えてくれました。
 
基本的に自分の気に入らなかったものを友だちに紹介することはありません。それだけ満足度が高かったということです。

各メディアでも取り上げられています

またエトスはラジオ日本、オンリーストーリー、セブ島No. 1総合情報サイトのセブポットなど各媒体、メディアでも取り上げられています。
 
2015年、2016年とフィリピン国内にある教育機関の中から口コミで評価の高い学校としてエトスがゴールデングローブ賞を受賞しています。

3ヶ月で英語が話せるようになります

そんなエトスに通った結果、肝心の英語力はどうなるのか気になるところですよね。
 
中学校の教科書レベルの英文法ができるていどの英語初心者であっても、3ヶ月(できれば4ヶ月)の時間をエトスに投資して、現地で努力を続ければ中級(Intermediate)以上の英語力が身につけることができます。
 
Intermediateの人だと英語でショッピング、ホテルの部屋を予約する、単純な文章構成で話せる、書ける、そして理解できます。
 
エトスに2ヶ月留学した純季くんは、卒業後にオーストラリアへワーホリに行き日本人従業員が1人(純季くんのみ)の現地のホテルで働けました。

留学しただけでは英語は喋れません

もちろん、留学は行くだけで英語が喋れるようになる魔法ではありません。
泳げるようになりたいなら、プールで泳ぐ練習を、泳げるコーチにならうのと同じ様に、英語がしゃべれるようになりたいなら、現地で喋る練習を、ネイティブのアメリカ人講師から毎日習うのが目標への最短ルートです。
 
「え〜話と違う!」そう思ったら、ここでページを閉じて留学に来ない方があなたのためです。語学の習得はそこまで甘くないのです。
 
現地でしっかりと努力することは、英語がしゃべれるようになるための最低条件です。

ビーチからは遠いです

セブ島=リゾートアイランドのイメージってありますよね?でもエトスの周りに海はありません。厳密に言えば10〜15分で海にはいけますが、ビーチもなければ泳げません。
 
リゾートアイランドでイメージされるビーチに行くにはタクシーで1時間でつきます。週末にビーチも楽しめます。

受け入れ人数に制限があります

まず先にお伝えしないといけないことがあります。それはエトスで授業を受けることができる人数には限りがあるということです。
 
学校の規模的には30人まで収容できますが、現時点ではアメリカ人講師と宿泊施設の関係上23人がマックスです。(2017年8月現在)
 
ですので、本当に英語をしゃべれるようになりたい方、ワーホリでホテルなどのローカルな職場で働きたいという本気志向の方に限定させてください。
 
お問い合わせはコチラから
 
このブログ見ましたよ!と言ってもらえると嬉しいです。
 
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら