「フィリピン・セブ島留学」施設が綺麗と評判【まるで米国にある家】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学する人
これからフィリピン・セブ島留学をする予定です。

発展途上国のセブ島は日本より衛生的では無かったり不便だと思いますが、出来るだけ綺麗な施設の語学学校に留学したいです!

詳しく教えてください。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、施設が汚い学校や綺麗な学校様々です。施設が綺麗な学校を選ぶには下調べが重要です。

この記事の内容
  • 学校施設の紹介
  • ホームステイ先の紹介
  • シェアハウスの紹介
  • 学校周辺について

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

実際にETHOSのホームステイやシェアハウスに宿泊した事もあるので、人並み以上に施設内や周辺環境には詳しい方です。

こういった背景の僕が、施設が綺麗と評判なETHOSの校舎内と宿泊施設を写真付きで詳しく解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ETHOS(エトス)の施設が綺麗と評判

3つの施設+周辺環境を紹介します。

ETHOSの施設は下記の通りです。

  1. 学校施設
  2. ホームステイ先
  3. シェアハウス

 

一つずつ解説していきます。

その①:学校施設

ETHOS(エトス)には学校関係者しか入れない様になっています。生徒が入る度に鍵をかけているのでセキュリティーばっちりです。ほぼ毎日、フィリピン人スタッフのサムが笑顔で生徒を迎えてくれます。

入り口前の受付です。この日はKazuki(@Kazki413)がいました。大体、ここにはサムが座っています。

受付を進んで行くと、ホストファミリー兼、アメリカ人講師のキャリーとジョンがいました。アットホームな学校なので、毎日絶対、全ての講師と生徒に会えます。

生徒達もいます。

1階にはクラスルームが3つ。トイレ2つ。スタッフルーム2つ。ガーデンが有ります。

写真と同じクラスルームが他にも2つあります。カンバセーションクラスでは大きなTVを使って授業をします。

トイレは男子トイレと女子トイレが1つずつあります。

中庭です。ここでは生徒がランチを食べたり、授業後にまったりしたりする場所になります。解放的なガーデンでランチするのは気持ちいですね!

ガーデンはETHOS(エトス)で月1回開催されるランゲージエクスチェンジでも使われます。夜でも使える様に、ライトを設置しました

ランゲージエクスチェンジに参加している、フィリピン人にも施設が綺麗と高評です。

次は2階のライブラリーを紹介します。

ライブラリーには大きくて綺麗なソファーがドンっと設置してあります。部屋の両端には勉強机と椅子もあるので、授業後の自習にも使えます。

逆サイドにも机があります。写真左にあるのは「ウォーターサーバー」

無料で珈琲とチョコレートドリンクも提供しています。

本棚にはアメリカで売られている幼稚園児から大学院レベルまでのテキストを揃えています。この本棚から授業に使う教材を選んだり、生徒は自習用にレンタルする事も可能です。

この日はNPO法人セブンスピリットさん(ボランティア団体)がETHOSに来て活動内容を説明してくれました。

自習時間にはライブラリーで一生懸命勉強しています。

2階にはもう2つクラスルームがあります。

生徒からは校舎についてこんな声を頂いています。

留学生
想像以上に施設が綺麗
留学生
アメリカにある家みたい

学校内は毎日、綺麗に掃除しています。そしてこの学校は学長バリーがイチから手作りで作ってます!

バリーが作ったって言うと留学生は皆、びっくりします(笑)

バリーの趣味は大工と筋トレ。

その②:ホームステイ先

ETHOSでは6家庭ホームステイ先があります。各家庭、家族構成や部屋の作りは異なります。

こちらで紹介するホームステイ先はアメリカ人講師キャリーの家。とても綺麗です。

写真はキッチンです。

バリー
ちなみにこの家も手作りだよ。

キャリー。趣味は音楽を聞く事。お喋りです。

ホームステイ先でカレーを作った時の写真。

綺麗なリビングです。奥にある2つの扉が留学生の部屋になります。

2人1部屋なので、キャリーのホームステイ先には合計4名の留学生が生活する事になります。

学長バリーのホームステイ先

リビングです。孫が遊びに来たり、お泊まりしに来る事が結構あります。

バリーの家では毎週木曜日にアメリカ人講師と留学生が集まってカップケーキパーティーをやります。授業後にも英語を使える機会があります。

ホームステイ先は週に1回〜2回綺麗に掃除をし、ベットシーツも交換しています。

その③:シェアハウス

シェアハウスも週に1回〜2回綺麗に掃除をし、ベットシーツも交換しています。(現在はテレビも設置されています)

2階建て。

キッチンも自由に使え自炊可能になっています。

 

2階には2部屋あります。4人1部屋。

こちらは2人1部屋になります。

フィリピン滞在歴が合計2年近くなる僕ですが、「ETHOSの施設はかなり綺麗な方」と自信を持って言えます。

その④:周辺環境

ETHOSはセブ島のマンバリン地区に位置しています。マンバリンエリアは繁華街やリゾートエリアではなく、住宅街になります。

繁華街までタクシーで20分ほど、離れているので遊びの誘惑もほとんど無いです。繁華街近くで生活していると遊んでしまいそうって方にもオススメです。

学校周辺環境はとても便利です。下記の通り。

周辺環境
  • 大型ショッピングセンター2つ
  • レストラン
  • ファストフード店
  • ローカルレストラン
  • ランドリー
  • ローカルジム
  • フードコート

 

徒歩3分圏内で全て揃える事が出来ます。またタクシーで5分ほどの距離にセブ島で一番大きなショッピングモールのSMシーサイドもあります。学校周辺環境詳細はこちらから

今回は以上になります!

 

ETHOS(エトス)の施設はみてどう思いましたか?

施設もプログラムも日々改善していますので、これからも留学生が過ごしやすい環境を作っていきます。

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!下記記事も合わせて読んでみてください。

ホームステイの魅力を語る【3回経験したけど、またしたい】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS