フィリピン・セブ島留学のお小遣い額は?【月に現金4万円で足ります】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学でお小遣いをいくら持っていけばいいのか?
お金は全て現金で持っていくべきか?

日本とフィリピンでは環境や物価が違うので、現地で生活するまでは感覚が掴めないと思います。

 

この記事では、

  • フィリピン留学中に必要なお小遣い
  • 1日に使う金額(平日・休日)
  • 留学中のお金の管理方法   

 

を解説します。

フィリピン・セブ島留学中のお小遣いは1週間に1万円

結論から言うとお小遣いは1週間1万円で十分です。ETHOS(エトス)の生徒に1週間でいくら使ってるか?と聞いた所、1万円も使ってない生徒がほとんどでした。

1週間1万円でお小遣いでたりる生徒は、平日は真面目に勉強して週末に遊ぶという生活スタイルです。

平日も遊び回ってたら物価の安いセブ島でも1週間1万円では足りません。

セブ島の物価については半年住んでフィリピンと日本の物価を隅から隅まで比較しましたで紹介しています。

注意
SSP等のビザ費用は抜いて考えています。尚、首都マニラだと物価が高いので1万円では足りません。

留学に必要なビザの種類についてはフィリピン留学に必要なビザ費用一覧【事前の準備は必要無し】で解説しています。

セブ島留学中1日にお金をいくら使うか紹介します「平日(月〜金)」

セブ島で唯一アメリカ人講師宅にホームステイできるETHOS(エトス)で留学生活での1日のお金の流れを紹介します。

朝食:ホームステイ(0円)

ETHOSではホームステイ先で朝食が出ます。留学費用に朝食が含まれているので0円です。

ランチ:学校のケータリング(200円)

学校でランチを買います。200円もあればお腹一杯食べることができます。

セブ島の語学学校ETHOS(エトス)のランチメニュー

夕食:レストラン(300円)

学校周辺のレストランやフードコート、ローカルレストランで夕食300円。

僕のおすすめは300円以下で食べれるローカルハンバーガー。この値段でジュース、フレンチフライつき。

【セブ島でアメリカ留学ETHOS】学校周辺環境

1日毎の食事例を見たい方はこちら!

かずき兄が1ヶ月ETHOSに滞在した時に、Twitterで毎日食レポをしていました。「#1ヶ月セブ飯LIVE」とTwitterで検索をかけてみてください。1食毎詳しくみる事ができます。

🇵🇭食レポ day 5🇵🇭

朝食🥞
ハムサンド(無料)

ランチ🍽
学校でご飯(45p)

ディナー
ハンバーガーとコーラ(143p)

ニューファウンドバーガーに学校スタッフの息子が働いてて、ハンバーガー🍔好きなので留学生と行ったら不評で反省。

合計金額:188p(395円)#1ヶ月セブ飯LIVE#セブ島 #留学

 

ホームステイでどんな朝食がでるのかも分かります。

平日のお小遣い合計合計2500円(月〜金)

 

食事料金は安く見積もってないので、1日500円あれば十分足ります。500円でお釣りがくるレベル。自炊をすればもっと節約する事も可能です。

3食付きの語学学校も多いですが、食事が合わなくて外食する人が多いので物価が安いセブ島では自炊出来て、食事を自分で選べる環境が良いでしょう。

1週間1万円予算で平日500円×5日=2500円で生活すると、週末に7500円も使えます!さて週末はどんな事ができるのか紹介していきます。

セブ島留学週末のお小遣いの使い方

週末の過ごし方は留学生によって異なりますが、ここでは1日アクティビティを例に紹介します。

セブ島と言えばビーチ!4星リゾートのデイユース(900ペソ)

1日900ペソ(約2000円)で豪華ビュッフェ付きのデイユースを楽しめます。ホテルまでの交通費を含めても3000円あれば足ります。最高すぎる。

900ペソでデイユース!パシフィックセブリゾート(Pacific Cebu Reort)ホテルがおすすめ!

モアルボアル・ホワイトビーチへの格安プライベートツアー(1000ペソ)

日本のツアー会社を使わず、現地のツアー会社を利用すると4000ペソ/4名で1日ツアーをしてくれます!4名なので1人1000ペソ(約2200円)

安い・・・・・

セブ島の格安ツアー会社を使ってホワイトビーチへ!【最高・快適】

サンカルロス・ハイツでハイキング!!(無料)

サンカルロスハイツ

ハイキングなので無料です。セブ島は海だけではなくて山もあるんですよー!

セブ留学中に運動不足を解消するならサンカルロスハイツ!

ここまで読んでくれたら、1週間1万円で十分に足りることが理解できたでしょう。

1日アクティビティ以外の週末の過ごし方としては、家でゆっくりする人、ショッピングモールでいつもより美味しい食事を食べる人。カフェで勉強する人など様々です。

フィリピン留学中「現金・お金」の管理方法

僕が実際にしているお金の管理方法を紹介します。

フィリピンで現金を両替する

2ヶ月の滞在なら10万円を現金で持ってきます。日本円を現地に持っていく理由は現地での両替が一番レートが良いからです。

両替についてはフィリピン・セブ島で両替ができる「場所・時間・量」を解説しますをご覧ください。

海外で使える口座を作り、ATMを利用する

万が一、現金を無くしてしまった時のために海外で使えるキャッシュカードも持っていきます。僕は新生銀行を使ってます。

買い物をしすぎてお金を使いすぎたって事もあるので、キャッシュカードも持っていきましょう。
フィリピンでのATMの使い方はこちらの記事で解説しています。

フィリピンでATMの使い方・お金のおろし方【超簡単】

 

クレジットカードかデビットカードを持っていく

フィリピンではクレジットカード対応のお店も多いです。「現金・キャッシュカード・クレジットカード」の3点セットで持っていると、どれか無くしても十分対応可能。

海外保険付帯のクレジットカードがかなりお得なので、海外保険を適用させるためにも必ず持っていきます。おすすめのクレジットカードは1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめをご覧ください。

フィリピン留学中できるだけ節約したい場合

上記の内容でも、相当安いですがもっと節約したい場合下記の2つの方法が有効です。

できるだけお金を使わないように自炊

どこの国に住んでも自炊が一番安い!しかも、自分の好きな料理を作れるのも良い所。

野菜が食べにくいフィリピンでの語学学校では自炊できる環境がある事も重要です。

もし、外食する時はローカルレストランを選ぶと安く抑えられます。ETHOSの近くにも美味しくてコスパの良いローカルレストランがあります。

セブ島の激ウマローカルフード【穴場】地元のフィリピン料理屋

公共機関はジプニーを駆使する

フィリピンにはジプニーという乗り物があるのをご存知ですか?

ジプニーとは日本で言うバス、料金が15円と激安です。タクシーより安いのでジプニーを有効活用してください。

フィリピンではジプニーに乗らなきゃ!乗り方・料金・ルート全部まとめました。

まとめ

セブ島は日本より物価が安いので、1週間1万円もあればお金に不自由ない生活ができます。

欧米圏に比べて留学費用が安いフィリピン留学の良さは、生活コストの低さにもあります。

下記に留学期間毎の費用をまとめています。ご覧ください。

【フィリピン】1ヶ月のセブ島の留学費用は合計30万円

フィリピン留学2ヶ月の費用と効果を体験談から正直に抜粋しました。

【2018年度版】フィリピン留学3ヶ月の費用とその効果は?

【2018年版】フィリピン留学6ヶ月(半年)の費用

【検証】セブ島の屋台でフィリピン料理を1万円分食べれるまで帰れません!をやってみた。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS