ホームステイのデメリットは良い経験になります【実体験を整理した】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ホームステイする人
これからホームステイする予定です。

ホームステイをすると少なからず、デメリットもあると思いますが、具体的にどんなデメリットがありますか?

経験者の方教えてください!

こんな疑問に答えます。

 

Kan
結論から言うと、僕はホームステイのデメリットは感じました。でも、人の家に住ませてもらってるし、国が違えば文化も違うので「全てを受け入れる」姿勢が大事だと思います。
 
この記事の内容
  • ホームステイでのデメリット
  • ホームステイ選びの基準

 

この記事を書いている僕は、アジア3ヶ国(フィリピン・インドネシア・ベトナム)でホームステイ経験があり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

なので、人並み以上にホームステイに関しての情報は詳しいです。

こういった背景の僕がホームステイのデメリットについて解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ホームステイのデメリット①:「束縛感を感じる」

ホームステイとは、外国の家庭に滞在して、外国人と一緒に生活することです。
ということは、自分の家ではないので、留学生用にハウスルールがあったり、その家独自のルールがあったりします。

僕が、フィリピンとインドネシアのホームステイ中に感じた束縛感は3つだけ。

  1. 洋楽が聞きにくくなった
  2. 家でお酒が飲めないこと
  3. 門限があるので、学生気分に戻った気分

 

上記のことを、一つずつ詳しく説明していきます。

 

ホームステイ先の人種と宗教について

フィリピン-アメリカ人でクリスチャンの家庭
インドネシア-インドネシア人でイスラム教家庭

※両家庭とも厳格に宗教を信仰していました。

1:洋楽が聞きにくかった

日本でもHip Hopが好きで、良く聞きます。
でも、Hip Hopミュージックはかなり汚い言葉でラップをしているので、ホームステイ先では聞きにくかったです。

僕がフィリピンでホームステイしたのは、宣教師として活躍していたアメリカ人家庭。Hip Hopとは無縁の人たちです。

フィリピンのショッピングモールやスーパーでは、大音量でHip Hopが流れてることもあります。
その時に、「Hip Hopは汚い言葉を使ってるから嫌いだ」って言っていたので、あ、これは家で大音量でHip Hopを聞いたらまずいなと思いました(笑)

基本的に日本の家ではイヤホンをしないで、PCから音を流して音楽を聞いていますが、ホームステイ先ではイヤホンをして聞いていました。

音楽にも関係していることで、ホストファミリーの音楽の趣味なども分かってしまったので、Netflixで選ぶ、映画もホストファミリーを気にして選んでました。

2:家でお酒が飲めないこと

ホームステイをしたフィリピン、インドネシアの家庭は宗教上の関係でお酒を飲まなかったので、日本のように家でお酒を飲むということがありませんでした。(インドネシアでは豚肉も食べれませんでした)

家の中ではお酒を飲む事ができなかったのですが、外ではOKです。

宗教の面でびっくりする事や苦労する事は付きものだと思います。僕が海外生活で苦労した事は留学生活で苦労したことを【海外10カ国以上】行った僕が紹介します!で紹介しています。

3:門限があるので、学生に戻った気分

ホームステイだと、基本的に門限があります。
週末に外泊届を出さない限り、門限前に帰宅しなければいけません。

外出先でちょっと楽しくなって帰りが遅れてしまう時や、渋滞にハマってしまって少し帰宅が遅れる場合、ホストファミリーに「渋滞で少し遅くなります。多分後、20分くらいで家につくと思います」など連絡を入れてました

自分が中学生や高校生の時、良く親に門限を破って怒られたり、連絡をしてたなーと懐かしく感じたりもしました。

デメリット②:ホストファミリーの違い・家の違い

ホームステイをする家庭は様々です。夫婦揃っていて、子供が2人の4人家族の場合もあります。
例をあげると、下記のような家族構成のケースもあります。

  • 独身の女性 or 男性
  • カップルでホームステイを受け入れている
  • 片親 + 子供1人

僕がインドネシアでホームステイした時は夫婦+子供3人と大家族でとても良い家庭でした。

一方、一緒にインドネシアでホームステイをした日本人の友達は、独り身の女性の家にホームステイをしたというケースもあります。

ホームステイをするにしても、家族構成は各家庭異なることを理解しましょう。

ホームステイ先の家の違い

僕のホストファミリーの家族構成はとても良かったのですが、住んでいる家は他と比べても、一目瞭然でボロボロでした。一方、独り身女性の家のホームステイした友達の家は、めちゃくちゃ豪邸。

僕は、家がボロボロというデメリットはありましたが、人に恵まれたので満足しています。

ホームステイ先やホストファミリーに関しては、完全に個人差がありますが、一般的に見て「あたり」「はずれ」はあると思います。

ホームステイをしたら、積極的なコミュニケーションは重要です。ホストファミリーとの関係で注意しなければいけないことは、下記「関連記事」をご覧ください。

ホームステイのデメリット③:食事が合わない

インドネシアでホームステイした時は、食事が3食出たのですが、僕のホームステイ先がボロボロで衛生的に綺麗ではなかったので、ほぼ食事を食べることができませんでした。

インドネシアを含めて、他の国で留学した友達の中にも、ホームステイ中に食事が合わなくて、毎食自分で食事を買っていたという方は多いです。

以上、デメリットとして紹介してきましたが、ホームステイ中のデメリットも慣れれば対して気にならなくなります

デメリット①で紹介した、束縛感などはホームステイをすれば必ずあることなので、事前に知っていれば対処できる問題かなと思います。

では、次に良いホームステイ先を選ぶ基準を説明します。

出来るだけ良いホームステイ先を選ぶ方法

最初に言うと、ホームステイ先は自分で選ぶことができません。
あなたが留学エージェントに連絡をして、ホームステイ先が決まるまでの手順は下記の通りです。

あなた→留学エージェント(日本)→現地留学斡旋会社(海外)→ホームステイ先

あなたと日本のエージェント以外にいくつかの会社が入ります。ですので、ほとんどの場合、申し込み後にホームステイ先の家族構成の情報が分かります。

でも、ホームステイ先の希望を伝えないより、ある程度自分の希望を留学エージェントに伝えておいた方がいいでしょう。僕がこれだけは、留学エージェントに希望を出した方が良いと言うものを2つ紹介します。

  • 学校までの通学時間は45分以内
  • ペットの有無をしっかりと確認する。

 

これくらいが限度でしょう。

人種を選ぶのは、人種差別に繋がると思いますし、家族構成の指定はまず無理です。

学校までの通学時間は45分以内。学校までは近ければ近い方が良い

オーストラリアでホームステイ留学経験がある兄は留学エージェントからの説明でステイ先から学校まで45分と説明があったのに、実際は、片道1時間30分かかったそうです。往復だと3時間です。これは酷い…..

学校までの無駄な通学時間を他の時間に使えた方が良いですよね。なので、出来るだけ学校に近いホームステイ先の希望を出しましょう。

ペットの有無をしっかりと確認する

動物アレルギーがある人は、留学エージェントに伝えましょう。あと、食べ物のアレルギーも忘れずに伝えてください。

動物アレルギーの有無を伝えずに、ホームステイ先に行ってみたら「猫」がいたとなってしまっては、猫アレルギーの人には地獄です。

ホームステイ先のホストファミリーは相性などもあるので、正直「運」で決まると言っても、過言ではありません。

出来るだけ、良いホストファミリーと巡り会えるように、良いエージェントと出来る限りの希望は伝えましょう。

まとめ

ホームステイをして、デメリットと感じたことも、国が違えば文化も違うので「全てを受け入れる」姿勢が大事だと思います。

僕は、デメリットだった経験も違う視点から考えれば、メリットになると思ってます。

良い事も辛かった事も含めてホームステイです!

今回は以上です!

下記記事も合わせてお読みください。

ホームステイのメリット6つ!学ぶことが山ほど【実体験を元に解説】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら