【暴露】フィリピン・セブ島留学の現実「知っておきたいこと5選」

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学したい人
これからフィリピン留学しようと思っています。

やはり、現地に到着しないと分からない事もあると思いますが、出来るだけフィリピン留学の現実を知りたいです。

何か渡航前に知っておくべき事はありますか?

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容
  • フィリピン・セブ島留学の現実5選

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

2回の留学経験を元に、渡航前に知っておくべきフィリピン留学の現実をシェアしたかったのでこの記事を書きました。この記事を読めば、想像と現実が違った!という事を少なくし、留学でも失敗も防げます。

こういった背景の僕が、フィリピン・セブ島留学の現実を暴露します。

フィリピン留学で失敗しない為に

フィリピンに語学学校が多すぎて何処の学校を選んだら良いか分からない…..。

夢の留学なので「失敗したくない」……と思っていませんか?

そんな人のために【失敗しない】フィリピン留学のガイドブックを用意しました。

これを読めば、自分に合った語学学校を選べるようになります

【暴露】フィリピン・セブ島留学の現実

下記の通りです。

  1. 留学すれば英語が話せるは幻
  2. フィリピンの生活環境の現実
  3. フィリピン人とネイティブの英語は違う
  4. フィリピン人の給与と離職率の現実
  5. フィリピン料理→野菜食べれない

 

一つずつ解説していきます。

現実①:留学すれば英語が話せるは幻

僕もこう勘違いしていましたが「留学したら英語が話せるよになる」は幻です。

正解は「ある程度の期間留学して一生懸命勉強したら英語が話せるようになる」です。

実際に、半年留学しても、全く英語が上達していない留学生もいるし、数ヶ月の留学でメキメキ英語力を付ける留学生もいます。

結論、留学期間は最低でも3ヶ月。それで一生懸命勉強すれば、英語の基礎は出来上がると言う事を頭に入れておきましょう。

期間ごとの英語力の推移ついては下記を参考にしてください。

  • 1週間〜2週間=英語力は伸びないが留学経験で自分の思考が変える
  • 1ヶ月=英語に慣れてくる。少し自信もついてくる
  • 2ヶ月〜3ヶ月=留学生活も慣れてきて、現地の友達と英語で話せるようになる
  • 4ヶ月=ワーキングホリデーでギリギリローカルで働けるようになるレベル

 

実際にフィリピン留学2週間した方のインタビューが参考になるので読んでください。

フィリピン留学2週間の体験談【英語が伸びるより慣れた?】

フィリピン留学で失敗しない為に大事な事は、

  • 留学期間をしっかり考える
  • 留学前に英語の基礎を勉強してくる
  • 留学の目的をしっかり決める

 

上記3点に気をつけてください。

留学したい人
留学すれば何とかなるでしょ。

こう考える人は苦労しますし、留学前に勉強してきた人の方が英語力は伸びています。

日本にいる時は、隙間時間を見つけてしっかりと英語の勉強をしてください。

フィリピン留学を4ヶ月すると、ワーホリでローカルジョブに合格できるレベルになります。

「インタビュー:2カ国留学」試験は(余裕)でした。(ワーキングホリデー前)

現実②:フィリピンの生活環境に注意

正直、日本の生活水準で留学生活を送れると思って、フィリピンに行くと痛い目にあいます。

フィリピン留学中の生活は、日本の50%くらい不便な生活という事を頭に入れてください。

文化と習慣が全く違う国なので、最初はかなり疲れると思います(笑)僕は環境には直ぐに慣れましたが、フィリピン人との人間関係で少し消耗しました。

行ってみないと分からないフィリピン生活環境のリアル(現実)は下記の通り

  • 渋滞がヤバイ
  • 衛生面が悪い
  • 肉料理ばかり
  • 断水、停電が頻繁にある
  • 日本では考えれない事がおこる

 

こんな感じです。

この中でも特に女性はフィリピンの衛生面が気になっている方が多いです。そんな方は、【暴露】セブ島の衛生面事情について「留学生は覚悟して=悪い」で解説しているのでご覧ください。

決して、日本の生活水準で留学生活を送れると思わないでください。

現実③:フィリピン人とネイティブの英語は違う

基本的にフィリピン人の第一言語は「フィリピン語」で第二言語として「英語」を話します。

なので、結論、フィリピン英語とネイティブの英語はかなり違います。

現実として、フィリピン留学後にオーストラリアなどにワーキングホリデーに行かれた方は、ネイティブの英語を理解するのに苦戦します。その理由は下記の通り。

  • 言い回しが違う
  • 使う単語も違う
  • スラングを使ってくる
  • ネイティブは話すスピードが速い

 

同じ英語ですが、かなり違います。

確かに、フィリピンでは小学校から英語教育されており、国民の英語力は他の国により高いです。なので、ほとんどの人が簡単な英語を喋れます。でも、一つ頭に入れておきたいのが、ネイティブの英語とは違う事。

英語初心者が1ヶ月位フィリピン留学をするのは良いと思いますが、6ヶ月以上など長期留学を検討している方は、フィリピン留学を3ヶ月〜4ヶ月位した後に、オーストラリアやカナダにワーホリをするのがオススメです。

ずっとフィリピン留学で基礎を付けたら、ネイティブの環境に飛び込もう。

現実④:フィリピン人の給与と離職率

フィリピン人の給与と言っても、都市によって変わりますが、フィリピン留学で有名なセブ島の平均月収を知っていますか?

答えは、月収3万円レベルです。

日本人だったら、数日で稼げるお金がフィリピン人の月収なんです。

フィリピン留学の語学学校の先生だって、この位の給料だと思います。ですので、例えば、語学学校の先生でも学校同士の引き抜きもありますし、他に給料の良い仕事が見つかれば、サラッと辞めて転職します。

なので、同じ学校に同じフィリピン人講師が勤めるって難しいんですね。

フィリピン人の離職率が多いので、先生によって実力のムラが出てるのが現実です。

フィリピン人の給料については、フィリピン人は仕事しない、お給料が少ないってマジ?【南国特有】で解説しています。

関連記事

現実⑤:フィリピン料理→野菜食べれない

フィリピン料理と言っても想像できないと思うので、写真を見せます。

こんな感じです。

簡単に言うと、ご飯+チキン、以上!といった感じです。笑

フィリピン留学では、学校によって3食だったり1食だったり異なりますが、基本的に語学学校の費用に食事がついています。ですが、学校によってフィリピン料理中心だったりする事があります。

僕は毎日フィリピン料理でも大丈夫ですが、なんせ野菜が少ないので、フィリピン料理でも野菜やフルーツが出る学校が良いと思います。

僕が一番最初に留学した学校では、フィリピン料理が3食出ました。しかし、フィリピン料理が食べれない人がいて、毎回外食してる人もいたので、日本人の口に合う料理を提供してくれる学校か、完全に自炊できる学校を選んぶのがオススメです。

自炊できる学校については、【フィリピン留学】セブ島で自炊ができる学校は便利!!で解説しています。

まとめ(フィリピン・セブ島留学の現実)

もう一度まとめると下記の通りです。

  1. 留学すれば英語が話せるは幻
  2. フィリピンの生活環境の現実
  3. フィリピン人とネイティブの英語は違う
  4. フィリピン人の給与と離職率の現実
  5. フィリピン料理→野菜食べれない

 

これだけ知ってるだけでも、対策や心構えが出来ると思うので、理想と現実が違った!という事は少なくなると思いますし、フィリピン留学で失敗する事も少なくなるでしょう。

後は、学校選びも大事なので、自分に合った学校を慎重に選んでくださいね。

今回は以上になります!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS