フィリピン・セブ島留学1年の費用対効果は期待できる?

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン観光省(DOT)によると2015年にフィリピン留学をした日本人は35,000人と5年前の10倍に増えるほどフィリピン留学が認知されてきています。
 
治安が悪い危ないイメージで不安になりますが、最近では藤田ニコルさんもインスタでセブ島の写真をアップしているほど身近になってきています。それを証明するかのように日本人の観光客数は50万人、外国人観光客数も530万人にのぼるとのことです。(Travel Vision
 
彼女が訪れた観光地は藤田ニコルさんがインスタでセブ島にいる場所を調べてみたに地図つきで書いてあります。
 
フィリピン留学で問い合わせをいただくなかに1年間の留学を希望する人が割と多いです。一年も学習すれば当たり前ですが英語初心者とは呼べなくなります。そうなると初心者に向いているフィリピン留学ですが、半年以上の留学での費用対効果か気になるところです。英語力のため1年間のフィリピン留学は本当に効果的なんでしょうか。
 
結論から言うと1年のフィリピン留学はおすすめしてません。うまく留学すれば日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられます。

TOEIC900点を目指すなら1650時間が必要

初心者の状態から1年間英語のために留学すると考えると、1日6時授業×22日で132時間の授業が行えます。
半年だと792時間、一年で1584時間です。仮に1日2時間の予習をしていれば合計2112時間です。
 
分かりやすくTOEICに必要な学習時間に換算すると、留学前が300点だったしても1年の留学で900点を狙うことが可能です。
 
PRESIDENT Onlineの企業が求めるTOEICスコアのボーダーラインによると、大手企業の一般的なボーダーラインは730点、楽天やソフトバンクは800点であり、安全圏は企業が提示するスコア+50点。
 
TOEICの点数が300点から700点にあげるのに必要な時間が900時間と言われていることからも、半年の期間フィリピン留学をしていれば、TOEIC700点と同等の英語力をつけることが可能になるはずです。つまり半年の時点で英語初心者からは抜け出せています。

国籍の恩恵はオーストラリアで受ければOK

そう考えると英語力向上のためならばフィリピンに1年間もいる必要はありません。フィリピンは英語初心者には向いていますが、すでにある程度の英語力があるならば、半年で培った英語力をもとにオーストラリアやカナダに行くのが賢い選択です。

そこで色々な国の留学生の英語を聞いて耳で慣れることができますし、フィリピンは英語公用語国とは言っても、セブ島ならセブアノ語、タガログ語の次に得意な言語が英語というように英語は第一言語ではありません。
 
もちろん色々学校を調べたことがある人はご存知の通りフィリピンにも多国籍な学校がありますが構成されている国籍が微妙です。
 
フィリピンから2カ国目に留学すれば、別にフィリピンで多国籍な学校を見つけなくても十分多国籍です。例えばオーストラリア、シドニーにある学校Kaplan International シドニー校の日本人比率は12%だそうです。

フィリピン人も英語を学びに行く

フィリピン人の女の子
韓国人もフィリピン留学が終わった次の国として訪れていますし、フィリピンでは語学学校の先生だったフィリピン人まで英語とキャリアアップのために留学生としてきています。
 
確かに初心者のまま留学に行くと、学校の国籍比率に関係なく下のクラスに入れられてしまい韓国人と日本人でほとんど固まってしまいますが、半年もフィリピン留学を終えていればその心配をする必要がありません。
 
半年も経てば初心者ではないので、語学学校に通ったとしてもクラスでは国籍比率の恩恵を受けた友だちをつくることができます。
 
仕事に就こうと思ったらすでに半年間も英語を勉強してたわけで、周りよりもビザの残り期間もあり、雇い主側からも良いイメージを持たれやすいです。
 
そうするとジャパレスではなくローカルの仕事や有給インターンとして仕事ができ、仕事を通して生きた英語を学ぶことができます。
 
結果的にフィリピンで1年間留学するよりも、フィリピンで半年勉強した英語で今度はオーストラリアで英語を使って仕事をすれば、英語のために留学する人にとっては金銭的な負担も少なくより良い経験が積めます。
 
フィリピン留学に1年間行こうと計画しているなら、もう一度だけ目的は何なのかしっかりと時間をとって考えて見てください。いくら後悔しても、1年間の授業料を払い込んだ後だと手遅れなのだから。
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS