留学後に貯金はいくら必要?3パータン紹介【僕は所持金0だった】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
これから留学するんですが、留学後の貯金っていくら必要ですかね?

貯金があるに越したことはないと思いますが・・・・

誰か教えてください。


こんな疑問に答えます。

 

Kan
結論から言うと、留学後、引っ越しをする必要がある人は、ある程度貯金が必要だと思いますが、僕は実家に戻ったので所持金はほぼ0でした。

実家に戻る人は貯金0でもいけます。

この記事の内容
  • 留学後に貯金はいくら必要?3パータン紹介
  • 留学中にお金を稼いで貯金したい人へ。方法を紹介する

 

 

この記事を書いている僕は、フィリピン・セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1の語学学校ETHOS(エトス)で5年働いています。

僕は留学後、貯金は0でした(笑)でも、実家だったので全く問題なかったのです。

こういった背景の僕が、留学後に貯金はいくら必要か?留学中に貯金を作る方法について、解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

留学後に貯金はいくら必要?3パータン紹介

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6069-1024x768.jpg です
 
 

下記の通りです。

  1. 実家に戻れる→0円で大丈夫
  2. 引っ越しが必要な人→ある程度必要
  3. その他(友達の家など)

 

一つずつ解説していきます。

その①:実家に戻れる→0円で大丈夫

僕と同じパターン(留学後→実家に戻る)です。

実家に戻れる人は、留学費用だけ貯めて、留学してしまって大丈夫。

実家生活だと、

  • 宿泊費0円
  • 食費0円
  • 固定費0円

 

上記の通り。多分、スマホの電波が入ってれば生きてけます。

とは言っても、留学後にずーっと0円生活をする訳にはいきません。お金が無いと友達と遊ぶ事も出来ない。

留学後のバイト(仕事)は、

  • 元のバイト先に戻る
  • 単発の日雇いバイトをする
  • 英語を使った仕事をする

 

留学後、お金が無い場合、単発で短期の日払バイトをして直ぐに現金を手に入れて、その後は、留学経験を活かす為に、英語力を伸ばせるアルバイトをしましょう。

おすすめのバイトは、留学後におすすめなバイト5つ紹介【英語が活かせる+伸ばせる】で解説しています。

実家に戻れる人は留学後の貯金を心配する必要なし!正直、留学後のお金も心配してたら、なかなか行動できなくなります。

その②:引っ越しが必要な人→ある程度必要

留学後に引っ越しをする必要がある人は安く見積もって40万円。50万円貯金があると安心かなと思います。

結構まとまったお金です・・・

不動産屋を経営している友人が言うには、留学後同じ場所に戻ってくる前提の話ですが、6ヶ月位の留学だったら、留学前に解約をせずに、そのまま放置しておくのがおすすめだそうです。

1ヶ月の家賃が7万円だったら、6ヶ月放置すると、42万円掛かりますが、留学後に引っ越すお金と手間を考えたら、家を放置するのは無難です。

留学間だけ家を借りてくれる友達を見つけるのがベストです。

その③:その他(友達の家など)

僕の友達で留学をした人は、留学前後は兄弟の家に住ませてもらっていた人もいました。

兄弟や友達、恋人の家にタダでお邪魔する方法もありますが、いくらタダで良いと言われても、少しはお金を持っていた方が良いでしょう。

友達の家などにお邪魔する人は、数万円あると良いですね。

単発のバイトなど、直ぐに現金を手にする方法はあるので、まずは数万円あると安心です。

留学中にお金を稼いで貯金したい方へ。方法はある

 

留学生
留学中、お金稼げれば楽なんだけどな〜。

結論、稼げる方法はあります。

通常、留学中はビザの関係、就労は禁止されていますが、ワーキングホリデービザを使えば、勉強しながら就労してお金を貯める事が出来ます。

ワーホリ制度を使って

  • 8ヶ月で150万円貯金した方
  • たった3ヶ月で7800ドル貯金した方

がいます。下記をご覧ください。

「インタビュー:2ヶ国留学」想像以上のワーホリ生活。3ヶ月で11810ドル稼げました!

【英語も伸びる!】ワーホリ8ヶ月目で150万円貯金あるよ【環境大事】

上記2名は、まず4ヶ月のフィリピン留学をして英語学習に集中しました。その後、オーストラリアでワーホリをして、英語環境で働きながら、高時給でお金を稼ぎつつ英語力も向上させています。

留学を1年間すると、留学費用が安いフィリピンでも200万円〜250万円掛かります。

しかし、フィリピン留学後にワーホリを組み合わせる事によって、ワーホリ生活中に、まとまった貯金を作って帰国できるのです。

ワーホリで稼いだ額が、フィリピン留学4ヶ月費用を上回るので、実質0円で留学をして、貯金できている事になりますね。


※英語を勉強しながらお金を稼ぎたい人は2ヶ国留学がおすすめ

まとめ(留学後に貯金はいくら必要?3パータン紹介)

留学後の貯金はあるに越したことはありませんが、帰国後に引っ越しなければならない・・・という状況以外の場合、留学後のお金の心配はせずに、行動した方が良いと思います。

結局、行動すれば何とかなります。


留学後も時間がある人は、ワーホリ制度を使ってお金を稼ぎながら、英語の勉強をするのもおすすめです。

今回は以上になります。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国28都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら