セブ島でサバゲー!ここのペイントボールが一番本格的【動画有り】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

セブ島というと、綺麗な海、ジンベイザメ、シュノーケリング、ダイビング等マリンスポーツを想像される方がほとんどだと思います。
 
実際にマリンスポーツは体も動かせて楽しい!でも、今回は一味使ったセブ島で出来るアクティビティを紹介します。
 
それは日本でも流行っていた「サバゲー」です。
 
セブ島のマンバリン地区ではセブ島でアメリカ留学出来るETHOS(エトス)のアメリカ人講師ジョンがオーナーとしてSIEGE PAINTBALLを運営しています。
 
アメリカ人が本場アメリカのペイントボールをセブ島運営!
 
結論から言うとここのペイントボールはクオリティが半端なく満足しました。そのレビューです。最後に動画でペイントボールの様子を紹介しています。
 

セブ島でサバゲーができるの場所

 
 
  • 住所:Siege Paintball Cebu, East Sabellano Street, Lungsod ng Cebu, Pilipinas
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 名前:Siege Paintball 
 
ETHOSからタクシーで約5分。徒歩でも全然いけます。
 
歩いて行くと15分ほどかかります。マンバリンで美味しいハンバーガー屋New Found Burgerの先にあります。
 

サバゲーの料金

200ペソで40SHOT 250ペソで60SHOT この料金で迷彩服のレンタルと水が1本ついてきます。
 
  • 40ショット:200ペソ(500円)
  • 60ショット:250ペソ(625円)
上記の料金に迷彩服と水一本がついてきます。
 
ペイントボールの数によって値段が変わります。
途中でペイントボールがなくなった場合は、お金を払えば追加可能。
 

ペイントボールのルール

 
ペイントボールはアメリカ発祥のスポーツでなのを知っていましたか?
 
銃で発射したペイント弾を対戦相手チームに当てる!
本来のルールは相手を全滅させるか相手陣地内のフラッグを取ったチームが勝ちです。
 
今回はフラッグなしで相手を全滅させた方が勝ちとなるルールでやりました。とてもシンプルで女性の参加者も多いゲームです。
 

セブ島ペイントボールフィールドの紹介

ここがペイントボールの戦場です。しっかり看板たってます。

ここがペイントボールの戦場です。しっかり看板たってます。

入り口。なかは想像していたよりかなり広いです。

入り口。なかは想像していたよりかなり広いです。

アメリカ人講師ジョンは既に靴まで全身迷彩カラーです。

アメリカ人講師ジョンは既に靴まで全身迷彩カラーです。

4
 
しっかりfacebookページも持っています。

しっかりfacebookページも持っています。

トイレもしっかりあります。

トイレもしっかりあります。

こちらのフィールドが実際にペイントボールをする戦場です。

こちらのフィールドが実際にペイントボールをする戦場です。

反対側のフィールドは、今後ペイントボール用の戦場を作っていく予定のようです。

反対側のフィールドは、今後ペイントボール用の戦場を作っていく予定のようです。

現在は完成しています!
 
ペイントボールがあたると結構痛いので、しっかりとマスクをつけます。

ペイントボールがあたると結構痛いので、しっかりとマスクをつけます。

ジョンがカバンから色々道具を出しています。

ジョンがカバンから色々道具を出しています。

12
自分専用のペイントボール用の銃だそうです。

自分専用のペイントボール用の銃だそうです。

通常ならライフル型の銃を使うのですが、ジョンはこの小さな銃を腰につけて、ライフルとこの銃の2つを使ってペイントボールをするとのこと。リアル・・・(笑)
 
銃を持たせてもらいましたが、ずっしり重くてかなり本格的。
 
相手チームのフィリピン人の女の子、弾が入っていなくても銃を向けられると怖いです。

相手チームのフィリピン人の女の子、弾が入っていなくても銃を向けられると怖いです。

迷彩服を切るとこんな感じに!服を切ると更にワクワクしてきます。

迷彩服を切るとこんな感じに!服を切ると更にワクワクしてきます。

レフェリーはオレンジ色のゼッケンを着ます。初参加の人がいる場合、一から丁寧にルールや銃の使い方。禁止事項を説明してくれます。

レフェリーはオレンジ色のゼッケンを着ます。初参加の人がいる場合、一から丁寧にルールや銃の使い方。禁止事項を説明してくれます。

こんな感じで説明してくれます。
 

実際にサバゲーをやってみた!

 
フィリピーノVSジャパニーズ!!

フィリピーノVSジャパニーズ!!

実際にペイントボールを撃ってみると分かりますが、かなり本格的です。

実際にペイントボールを撃ってみると分かりますが、かなり本格的です。

 
192021222324
実施にペイントボールをやってみて、作戦会議が大事だと分かりました!
 
今回はフィリピン人チームにボコボコにやられたので、次回は作戦をしっかり建ててスマートに勝ちたいです!
 
Kan
相手に喉元を撃ち抜かれました・・・(笑)
 

一人用シューティング場もあります

 
25
弾が残っていれば、シューティングの練習もできます。
 
ペイントボールが終わった後は、皆で楽しく話して終了! 帰りもジョンに家まで送ってもらいました。

ペイントボールが終わった後は、皆で楽しく話して終了!

実際のサバゲーの様子を動画でどうぞ

まとめ

 
ペイントボールがヒットすると想像以上に痛くて本格的でびっくりしました。
 
ジョンが説明してくれてる英語など、学校では習わない単語がでてくるのでアクティビティを通して英語の勉強になり良かったです! 
 
やっぱりセブ島では綺麗な海に行きたい!って方にはビュッフェもついているセブパシフィックリゾートがおすすめ。セブパシフィックリゾートのデイユースについても合わせてご覧ください。
 
 
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS