【フィリピン】セブ島留学のスキンケアと留学経験女子が持ってきて良かった持ち物

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

セブ島は日差しが強そうだし、みんなどうやってスキンケアやヘアケアをしているの?!と悩む方が多いと思います。

今回はそんな悩みに答えます!

 

結論を先に言うと、セブ島に持ってくればよかったスキンケア用品、持ってきて良かったスキンケア用品もあります。

この記事の内容
  • 日本から持って来て良かったスキンケア、ヘアケア用品
  • 日本から持って来るべきだったスキンケア、ヘアケア用品
  • <補足>フィリピンのおすすめブランドhuman❤️nature

こんにちは!ETHOS(エトス)で3カ月留学の後、セブとETHOSが大好きでインターンとして戻ってきたSAYAKAです。

セブ島留学経験者の意見を元に、これらを詳しく紹介します!

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートもしています。ホームページはこちら 

日本から持ってきて良かったケア用品

日焼け止め(男女共に)

セブ島の気温は年間を通して27〜32度くらいです。日差しは日本より強いですが、湿気は日本ほどは無いように感じます。

ここで第一のアドバイスは、セブ島にいる時はまずは日焼けどめをしっかり塗ることが大切だということです。

留学生に関わらずセブ島を訪れる人の中には、この機会に日焼けをしたい!と思う人も多いと思います。

せっかく常夏の国に来たんだから、と、気持ちはわからなくもないのですが、地図を見ても分かる通りフィリピンは日本よりも赤道に近い国です。

セブ島で日差しを感じた時は、肌がヒリヒリしてきて、最終的には日焼けを大幅に通り越して火傷状態になります。

後々。

シャワーですら痛かったり、下着を着るのも嫌だ(泣)と言っている学生を沢山見ました。

そんなに酷い状態にまでなって日焼けをしたい人はいないと思うので、素直に自分の肌を守るという意味で、特にビーチやプール、アクテビティをする時は日焼けどめを忘れないようにしましょう!

【関連記事】セブ島の1年間の平均気温とベストシーズンって知ってますか?

基礎化粧品

もちろんセブ島のスーパーにも化粧品は売っていますが、物によっては日本で売られている製品よりも成分が濃かったり、逆に肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。

私含め他の留学生達も、基本的には化粧水・乳液や化粧落としなどのスキンケア用品は期間分を日本から持参しています。

環境の変化もあって肌荒れする可能性もありますし、こういう時は特に、海外製品を使うのではなく、いつも使っているものでお肌をケアしましょう!

ボディークリーム

セブ島は日差しが強くてお肌も乾燥しがちなので、普段から使っている人は特に気を使って期間分のクリームを持ってきているようです。

あとはいつもより少し多めにボディークリームを塗るのがおすすめなので、日本で安く買ってくるのも良いと思います!安くて質が良い物で無難なクリームは、ニべ○のブルーのタイプです!

もちろんセブ島のスーパーや薬局などでも買うことは出来ますが、どうしてもフルーツ系の甘い香りなどが強かったりするので、苦手な人は日本から持参すると良いと思います。

ヘアトリートメント

髪が長い方は特にヘアケアトリートメントが欠かせません。セブ島は日差しが強いのと、実際日本とフィリピンとでは生活用水の質が違いますし、とんでもなく髪が傷みやすいです。

毎日トリートメントやヘアオイルを使っている方は、それを持参するのが無難です!
もし忘れてしまった方は、セブ島のスーパーや薬局でも買うことは出来ます。

このヘアオイルは、日本のロフトや薬局で売っている安めのヘアオイルと質的にはさほど変わりはありません。

値段的には日本のものよりか少し安いと思います。お土産でも買っていく方が多いので、ぜひおすすめです!

ちなみに個人的な意見ですが、、

洗い流す用のヘアトリートメントより、洗い流さないタイプのトリートメントやオイルがおすすめです。

なぜかというと、洗い流さないことによって単純に節水にもなるからです。フィリピンでは、水が足りていない地域がまだまだあります。その程度の節水であれば、私たちにも十分協力出来ますよね!

洗顔石鹸

洗顔石鹸を固形のものを持ってくる留学生も多いです。みんなスキンケアを徹底しているので、大抵の人はいつも日本で使っている値段が高い良い石鹸を持ってきます。

最近の良い石鹸って、固形のものが多いんですよね。。

たしかに、それも良いのですが‥
なんと言っても‥‥
固形石鹸を手に取って泡立てるのが‥
面倒くさい‥‥‥(笑)

学校に寄ってはシャワー時間も決まっているので、その中で固形石鹸を一生懸命泡だてて、、としていると時間の無駄と思う時もあります。

そういう時はしょうがないです。。

割り切って、、チューブの洗顔石鹸を用意して行きましょう。実際、保管も楽ちんです。。

わかります‥。私もお肌の事は気になります。

でもやはり、、留学中は時間が貴重です。時間には限りがあります。面倒くさいというのも事実です。(笑) とにかくおすすめは、チューブの洗顔石鹸を持って行くことです。(笑)

リップクリーム

ボディークリームと同様に、リップクリームも持ってくることをおすすめします。
お肌が乾燥するならもちろん唇も乾燥します。ぜひ、薬用リップは持参しましょう!

ちなみに男性は?

男性にも持参して良かったものを聞いたら、日焼け止めとリップクリームとチューブ洗顔石鹸でした!!

日本から持参すべきだったケア用品

アロエジェル

普段日焼け止めを塗らない人も塗るくらい日差しが強いのだから、当然アフターケアも必要ですよね。。
大体の人は日焼け止めをしっかり持参します。ですが、アロエジェルなどのアフターケア用品は見落としがちです。

私自身も日焼けどめしか持参しなくて、後悔した一人です。(笑)

日焼けをした私を見て、ステイ先のホストマザーが気にしてアロエジェルを貸してくれました。。目に見えて分かるくらい、本当に痛いです。。日焼け止めを塗っていても、ビーチやアクティビティに出掛けると必ずと言っていいほど大体の人が日焼けをします。

ぜひ、日焼けどめとセットでアロエジェルのようなアフターケア用品も持参しましょう!!

帽子

私自身は日本にいてもキャップをよく被るので、セブ島には何種類か持ってきています。

平日外に出掛けるときはほとんどすっぴんなので、もちろん顔には日焼け止めを塗りたくりますが、プラスで日除けの為にキャップも被ります!

普段キャップを被らないので持ってきていないという生徒は、セブ島に着いてからその必要性を感じるようで、急遽モールなどで買ったりしています。

セブ島でももちろんキャップを買えるようなお店はありますが、自分に合ったものを探そうとすると、どうしても時間がかかります。

なので、日本で自分に合ったものを見つけて持参することをおすすめします!

注意事項

※フィリピンは本当に人が多かったり、狭い道もあるので、極端につば広のものは避けましょう。
※高価なものは避けましょう。

日傘

日焼けをしたくない人は日傘・雨傘両方で使える折り畳み傘がおすすめです!

セブ島は乾季→1〜5月、雨季→6〜12月で、特に、雨季の時期は日差しが強い時間帯があったり時折激しいスコールになるので、折り畳み傘は必須です。

日除け用の薄手の羽織

絶対に日焼けをしたくない人の場合は、UVカットの羽織を持参すると良いです。
普段使いも出来ますし、ビーチやその他のアクティビティの時もおすすめです!

実際薄手の羽織は絶対一枚はあった方が良いです。

日本人からするとセブ島のイメージが完全に常夏なので、絶対日焼けしたくないけど長袖を羽織るなんて暑そう!と思って羽織を持って来ない人がいます。

セブ島は基本的に一年中暑いので、学校の教室やショッピングモールなどはガンガン冷房を入れているので、意外と現地のフィリピン人も長袖の薄手の羽織を着ていたり、持ち歩いている人が多いように感じます。

そして時折日が落ちると肌寒く感じる日もあります。

女性は特に身体が冷えやすい体質なので、そういった意味でも、UVカットの薄手のパーカー的なものを用意しておくと良いです。

余談ですが、、

ビーチやプールに行く時の日焼け対策として、羽織だけでなく水着の上に着られるようなTシャツやショートパンツもあると良いです。

アクティビティに行く時も羽織と帽子は必須で、動きやすい薄手の長ズボンを履くことをおすすめします。日焼けももちろんですが、虫除けスプレーをするなどして虫刺されにも十分注意して下さい。

<補足>フィリピンのおすすめブランドhuman❤️nature

フィリピンのお土産でも有名なオーガニックブランドです。

スーパーなどで売っている一般のスキンケア製品よりかは値段が高く感じますが、完全オーガニックで質も良いですし、この値段だったら納得です!

Cebu Doctors University Hospital のすぐ近くに店舗があります。

【関連記事】【セブ島の病院】日本語対応の「ジャパニーズヘルプデスク」がおすすめ

 

人気ブランドなので、たまに大量買いしていくお客さんもいるようで売り切れ商品が続出し、店舗がすっからかんの時もあるくらいです‥‥(冷汗)

私は前回の留学の際に、ボディースクラブとボディーバターとマッサージオイルを買いました。どの商品も身体につけた瞬間の香りで癒されます。(笑)

実際使用した感じ、個人的にはスクラブに感動しました。気になっていた肌のザラつきがなくなり、シャワーで流した後もスベスベで、さらにボディーバターを塗ったのでしっかり保湿されてかなり満足しました!

実はスーパーマーケットのスキンケアコーナーにもhuman❤️natureのスペースが設けられていることがあり、わざわざ店舗に行かなくても気軽に買うことができます。

ETHOSフィリピン人スタッフのタンタンと他の留学生と店舗の近くに行く用事があり、その時にタンタンがおすすめだよ!と教えてくれました♡

自分的にかなり満足度が高かったので、今後ぜひまた違う商品も試してみたいと思っています!

今回のインターン期間中もすでに一度足を運びましたが、その時狙っていた商品が完売していたのでまた今度リベンジしてみます!!

いかがでしたでしょうか!

今回の記事は、留学とインターンを経験した私自身と、周りの留学生達から聞いたリアルな意見を元にしました。ぜひ皆さんのお役に立てればと思います!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

SAYAKA

セブ島ETHOS(エトス)での3ヶ月間の留学を経て、これから5ヶ月間のインターンシップに臨むSAYAKAです!

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS