フィリピン・セブ島のスパルタ留学をワーホリ経験者が見ると・・

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

kazuki
ワーホリ、フィリピン・セブ島留学経験者のKazukiです。留学するなら確実に英語力を伸ばしたい=スパルタ式だ!って考えはちょっと待ってください。

フィリピン留学にはスパルタ式の学校があります。スパルタ式とは、軍隊のように厳しい校則のある語学学校です。

もともと韓国が軍隊のように厳しい校則と、フィリピンの人件費の安さで1日8~12時間の長時間学習ができる学校をつくったのがはじまりです。

ではスパルタ式と長時間学習は英語力の向上効果があるの?効果ないでしょ!そう思うわけでこの記事ではスパルタ式のフィリピン留学の効果についてお伝えします。

一年で英語を話せるようになりたい方は日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられるを参考にどうぞ。

スパルタとは?

スパルタとは、軍隊のように厳しいルールを持つ学校のことです。そう言った特徴を持つ学校をスパルタ校と言います。人件費の安いフィリピンにしかないスタイルです。

主な特徴は以下の通り。

 

平日の外出禁止
平日は学業に専念するため外出禁止。

土日の門限設定
外出が禁止でなくても土日、平日にも門限が設定されている

8時間以上の長時間学習
1日の授業時間が8時間から11時間などコマ数が多い。土日に補講を行ったりもする。

ルールを破った際に罰則がある
授業に遅刻、欠席や門限をやぶるなどルールを守らないときに、土日の外出禁止など罰則がついている。

 

このようにルールが厳しいのがスパルタ校です。

ワーホリ、フィリピン留学を経験した僕は、そんなに1日に勉強できる人いるの?と疑問です。特に今まで勉強したことがなかった僕みたいなタイプの人間には絶対にムリです。

実際にスパルタ式とETHOSの2つの学校に留学経験がある卒業生の意見は、宿題に追われ続けて自分の時間がない留学を参考にどうぞ。

1日8〜12時間も集中して授業できない

1日8時間も授業できない
留学したい学生
留学するなら10時間勉強あるほうがいいな!

ちょっと待ってください。

まず普段でも格段勉強をするタイプでないのなら、文化も習慣も違う+言葉も通じないフィリピンで、8時間も授業を受けることは想像以上に大変です。

1日に8〜12時間も英語の授業を受けて、その授業の内容を自分で消化できる人はスーパーマン。仮に授業を受けられたとしても、復習をする時間と体力がゼロです。

とくに1ヶ月以上の留学を検討している方は要注意です。

スパルタ校には本気で勉強する生徒が集まるの?

子どもじゃないんだから、言われなくても自分でできるよね?

スパルタ式の語学学校には、

  • 真剣に勉強する人たちが集まる
  • オンオフの切り替えができる
  • 誘惑や欲に弱くても大丈夫!

 

というのをよく目にします。

kazuki
でも。自分自身に甘い人におすすめ=甘えん坊が集まる場所とも言い換えることができます。

 

実際に韓国の友だちに聞いたところ、韓国ではフィリピンにくる留学生が英語を勉強しないで遊んでばっかりで、親から要望があったので、スパルタ式にしたという話を聞きました。

受験戦争に、2年間の兵役制度と国内でガチガチに抑圧されている韓国ならでは、セブ島留学が日頃のはけ口になっています。

大事なのは予習と復習のバランス

フィリピン留学に行って授業を受ければ英語がペラペラになるわけではなく、勉強(予習・復習)と実践を繰り返すことができる環境があるから留学に効果があるのです。

留学に行っても、授業を自分で消化して理解できなければ効果を感じずに帰国です。

留学で大事なのは、授業以外の場所で実践的にアウトプットを繰り返すことです。何事もバランスが大事です。今まで勉強をしてきたことがある人は、復習の大事さを理解しています。

実践的に英語を使えるのが留学の魅力

今の時代、オンライン英会話、学習教材、英会話教室もあるので、その気になれば英語の勉強は日本で出来ます。

それでも、多くの人たちが英語力向上のために留学という選択肢を選ぶのは、日本と違い授業が終わってから実践できる環境があるからです。

8時間授業を受けるより、5時間授業を受けて3時間を復習に使った方が確実に英語力はつきます。ETHOSにくる留学生たちは授業以外にも自主的に予習と復習をしています。

机にかじりつくよりも、授業で習った英語を実際に使うことができる環境が学校や、ステイ先、近くのスーパーやカフェ、マクドナルドにあるのが留学の醍醐味です。

長時間授業をストイックに受けると英語力が格段にあがるなら大賛成だけど、効率が悪いのにわざわざ留学して長時間授業を受ける必要はありません。

大事なのは授業が終わってからも、強制されなくても予習と復習をするのが当たり前の環境、帰宅しても英語に触れることができる環境です。

自発的に英語を予習、復習している人たちがいる環境こそ、「今日は疲れたからいいかな」と思って諦めそうになる自分に刺激を与えてくれる留学先として最適な環境です。

日本人経営ではなくアメリカ人の経営するETHOS(エトス)も興味があればぜひ資料請求してみてください。

 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS