「急げ!」夏休みのフィリピン・セブ島留学【早めに行動しよう】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

学校の夏休みを使って、フィリピン・セブ島留学をしようと考えている。最大でも1ヶ月くらい留学できそうなんだけど、短期でも受け入れてくれるのかな?そんな疑問に答えます。

結論から言うと、夏休みにセブ島留学する学生は多く、留学期間も1週間〜4週間と様々です。そして、夏休みの留学も3月の時点で予約をした方が良いです。

この記事の内容
  • 夏休みの留学は申し込みを早めにするべき理由
  • 留学期間毎の費用
  • 留学中の平日・休日の過ごし方

 

この記事を書いてる僕は、セブ島留学経験が2回あり、現在はフィリピンでホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)で働いています。

この仕事を初めて5年になるので、セブ島留学情報については詳しい方です。

こういった背景の僕が、夏休みのフィリピン・セブ島留学について解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

「急げ!」夏休みのフィリピン・セブ島留学

夏休みには、学生は学校が休みになるので、ETHOSでは大学生が多くなります。(高校生もいます)

人気校は3月・4月の時点で夏休みの予約が満員になり、あなたの希望校に留学できない可能性もあります。

ETHOSも3月の時点で残り数名しか受け入れできません。

留学の予約はお早めに。3月には希望校に連絡を取って予約することをおすすめします。

期間毎の留学料金

こちらでは、ETHOSの1週間〜4週間のホームステイ料金を紹介します。

下記の通りです。

※1ドル=110円で計算

1週間のホームステイ

語学学校の費用 60,500円(550ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 1万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 126,500円
 

2週間のホームステイ

語学学校の費用 119,900円(1090ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 2万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 195,900円
 

3週間のホームステイ

語学学校の費用 179,300円(1630ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 3万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 265,300円
 

4週間のホームステイ

語学学校の費用 238,700円(2170ドル)
SSP(学生ビザ) 11,000円(5440ペソ)
航空券代(セブパシ) 4.5万円
現地生活費 4万円
海外旅行保険 0円(クレジット付帯を活用)
合計 334,700円
 
 
ETHOSでは1週間毎に留学が可能です!
4週間までのプランしか紹介していませんが、5週間・7週間などの留学プランもございます。
 
ホームステイプランの他にシェアハウスプランもございます。シェアハウスプランの方が安く留学することが可能です。
 

フィリピン・セブ島留学(平日)の過ごし方

平日のスケジュールは下記の通りです。

※授業後の過ごし方は人によって異なります。

8時:起床:朝食

9時:授業開始(午前3時間授業)

12時:ランチ

13時:午後の授業(午後2時間授業)

15時:自習+アメリカ人とのマンツーマンレッスン(2時間の自習+マンツーマン授業)

17時:余暇時間

19時:夕食

24時:就寝

フィリピン・セブ島留学(休日)の過ごし方

休日の過ごし方は人それぞれですが、ETHOSで3ヶ月留学した後に、インターンとして活躍しているSayakaの休日の様子は下記のブログからご覧ください。参考になります!

平日は勉強に集中して、休日はセブ島を観光する生徒が多いです。

土日はフリータイムなので、普段は行けない場所に行ってみましょう!セブ島の現地ツアーガイドは安くてサービスが良いと好評です。

平日・休日の生活の様子を3分間の動画でも紹介してます

動画だと、文字より想像しやすいので参考にしてください。

夏休みに留学に来た生徒の体験談

下記は夏休みに留学した生徒の体験談になります。

【高校生・ホームステイ留学体験談】一週間だけでしたがすごく良い経験になりました!

【高校生・ホームステイ留学体験談】新しい経験がたくさんできてすごく楽しかった

【高校生・ホームステイ留学体験談】常に英語が耳に入ってくる環境

学生の長期休暇以外は、基本的に社会人留学生が多いです。

まとめ

夏休みに短期セブ島留学をしたい場合は、早めの2月〜3月の段階から申し込みをしてください。

直前のお申し込みだと、受け入れ不可の可能性が高いです。

まずは、気になった学校を見つけたら学校の空き状況を確認してみましょう。

セブ島で

  • アメリカ人宅にホームステイをしたい
  • 全授業アメリカ英語を習いたい
  • 小規模でアットホームな学校が良い

 

上記のような学校で留学したい場合、フィリピンでホームステイ実績No.1のETHOSにご連絡ください。

今回は以上です!

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS