ワーホリ23カ国で人気・おすすめの国ベスト4発表【2019年度】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学したい人
ワーホリにおすすめの国はどこですか?

みんなから人気の理由が知りたいです。

こんな疑問に答えます。

 

ワーホリは自分の行きたい国に行くべきですが、どの国が人気なのか紹介します。

この記事の内容
  • ワーホリ協定国は23カ国
  • ワーホリ人気ベスト4
  • 最近の流れは〇〇後にワーホリ

この記事を書いている僕はオーストラリアのワーホリ経験者です。現在はワーホリのサポートをするセブ島の語学学校でアメリカ人と一緒に仕事をしています。

僕自身ワーホリの経験者で、現在もワーホリに行く留学生をたくさんみている僕がワーホリで人気の国とその理由を紹介します。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

ワーホリ協定国は23カ国

2019年4月現在、日本人がワーキングホリデービザで渡航できる国はなんと23カ国あります。

  1. オーストラリア
  2. カナダ
  3. イギリス
  4. ニュージーランド
  5. アイルランド
  6. フランス
  7. ドイツ
  8. デンマーク
  9. ノルウェー
  10. 韓国
  11. 香港
  12. 台湾
  13. ポーランド
  14. ポルトガル
  15. スロバキア
  16. オーストリア
  17. ハンガリー
  18. スペイン
  19. チェコ
  20. アルゼンチン
  21. チリ
  22. アイスランド
  23. リトアニア

ワーホリ協定国によっては年間のビザ発給数が決まっている国もあるので自分の気になる国の情報は事前に確かめておくと確実です。

【必見】ワーキングホリデーで行ける国はなんと23カ国!!⏩

ワーホリ人気国ベスト4

それでは、年間の渡航者数からワーキングホリデーで人気の国を紹介します。

1位 オーストラリア(10,000人)


オーストラリアが人気の理由

  • 治安がいい
  • 気候が過ごしやすい
  • 最大2年滞在できる
  • 時給が高い

オーストラリアは留学生やワーキングホリデーを歓迎する国のひとつで、日本からだけでなく世界各国から留学生が集まります。

暖かい気候と、治安の良さは留学する上で大切な要素ですがオーストラリアが選ばれるもうひとつの理由は時給の高さです。(最低時給:約1500円)

事前に英語力を伸ばしてから渡航するとローカルレストラン、ホテルなどで高時給かつ英語環境の仕事に就くことができます。
5ヶ月100万円!!ワーホリ中に貯金できる?直接聞いてみた⏩

2位 カナダ(6,500人)


カナダが人気の理由

  • 治安がいい
  • アメリカから近い
  • 物価が日本と同じくらい
  • 自然が多い

2番人気はカナダ。年間のビザ発給数は6,500人は例年定員に達する人気の国で、お金を稼げる金額はオーストラリアよりも劣りますが物価が日本と同じくらいで生活のしやすさ、治安の良さがあります。

また留学先によってはアメリカから近く、日本からだと高額で出来ないアメリカ旅行がカナダからだと実現できるのも魅力のひとつです。

僕はカナダは旅行で訪れましたがオーストラリアと治安、街並みほとんど同じで過ごしやすかったです。ただ一点の違いは気温だったので、「カナダは寒い!」がオーストラリアとの差だと思います。

3位 ニュージーランド(2,000人)


ニュージーランドが人気の理由

  • 治安がいい
  • 人間が羊よりも少ない
  • 気候が日本に似ている
  • 物価が安い

オーストラリアの近くにあるニュージーランドは「人間より羊が多い国」と言われるように人が少なくて過ごしやすいです。実はオーストラリアもカンガルーが人口の約2倍です。

気候が日本と似ている上に温泉があるのも親近感があります。オーロラが見えたり自然が多いことも特徴です。ワーホリの場合、農場で3ヶ月働くと3ヶ月ビザを延長できます。

4位 イギリス(1,000人)


イギリスが人気の理由

  • 2年間滞在できる
  • 毎年1000人
  • 英語発祥の国

イギリスは年間1000人のみワーホリビザが発給され倍率10倍とも言われる人気国です。またイギリス自体に人気もあり、英語発祥国でブリティッシュイングリッシュを学べることもイギリスでワーホリができる魅力です。

オーストラリアでも条件クリアすればビザ期間を2年に延長できます。

【ワーキングホリデー】2年目の延長を視野に入れるならオーストラリア⏩

最近の流れは〇〇後にワーホリ

ワーホリ人気国ベスト4を見るとどれも英語圏の国で、英語を話せるようになりたいのが人気の背景にあると思います。

最近ではフィリピン留学である程度英語力をつけてからワーホリをした方が、現地でローカルの仕事ができたり、多国籍な友達ができて結果的に1年後に英語力が身につきやすいこともあり人気です。

10年前、僕がワーホリをしたときは韓国でフィリピン留学後のオーストラリアワーホリという2カ国留学の流れが一般的だったので、韓国人の英語力は日本人より高いとも言われていました。

ワーホリの1番の目的が英語力であれば2カ国留学を考えてみるといいかも知れません。

2カ国留学はこちら⏩

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>