【初めてのセブ島留学】体験談から徹底検証!

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

なんか最近周りにセブ島留学してる知り合いや友達が多くて楽しかったって聞いたので興味あります。はじめての海外で不安で・・・セブ島留学について詳しく知りたいです。

留学したい人
セブ島留学?何も知りません。

こんな悩みに答えます。

この記事の内容
  • セブ島留学が人気の理由
  • セブ島留学の失敗&成功体験談
  • セブ島留学のデメリット

この記事を書いている僕はフィリピン・セブ島留学、ワーホリの経験者で、ETHOS(エトス)としてセブ島に関わり5年目です。

自分自身の留学経験と過去の留学生の体験談から、留学を検討する前のポイントをまとめました。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

セブ島留学とは?その人気の理由

セブ島は日本から近くて、費用がリーズナブルな留学先として人気を集めています。また一週間単位で留学プランを組むことができるので英語初心者の日本人、初の海外留学先として大学生、短期で英語力向上する目的で社会人に選ばれています。

また宿泊タイプとしては語学学校の寮(ドミトリー)に宿泊して留学できて、欧米留学にはないマンツーマンレッスンが人気です。

ワーホリでオーストラリアやカナダに行く前の準備としてフィリピン・セブ島留学を選ぶ留学生もたくさんいます。

参考:【フィリピン】なぜワホーリ前にセブ島留学に行くのか?

セブ島留学の体験談

 
海外に1ヶ月以上滞在したことがなかったので、この5週間毎日が刺激のある日々でした。
 
みんなでご飯を食べに行ったり、モールに行ったり、初めてジプニーに乗ったり、ツアーに参加してオスロブとカワサン滝に行ったり、毎週木曜日にカップケーキパーティーがあり、バイブルについて学んだり、とにかく全てが私の思い出です!
 
英語に関しては5週間で大きな変化はないものの、来る前よりも多少自分の英語力が変化したなと思います。たまたま閑散期だったため授業の環境はとてもよかった。
 
来る前から卒業生が発音の授業がよかったという声を見ていたので、発音クラスは楽しみにしていました。実際、初日から卒業までの間、一番楽しかったクラスでした!
 
3週目からwritingも選択肢、だれもとっていなかったので自分のペースでマンツーマン状態で学べたことはよかったしwritingが好きになってきました。
 
私が来た時、私以外の生徒が2ヶ月以上勉強している人たちばかりで、それはすごくいい刺激とモチベーションアップにつながりました。
 
ラスト1週間は生徒も少なく、上のレベルのクラスに入らせてもらうこともでき、それもすごくいい経験と思い出です。
 
自分はETHOSで4ヶ月留学しました。
 
毎週、火、木曜日にあるサラのバイブル授業はとても分かりやすく、バイブルについて説明してくれて、その授業が好きで、ほぼ毎回さんかしてました。
 
サラが毎回、その授業で使う英単語を和訳したプリントをくれるので、自分でも頭に入ってきました。
 
あとは、授業後の15分間マンツーマンクラスです。
 
授業初日から、最後の日まで毎日この授業を受けていました。
授業といっても、フリートークなので、自分はここでスピーキング力をのばせたと思います。
 

すごく良かったです。

私自身セブ島留学は2度目ですが、アメリカの先生とフィリピンの先生とフィリピンの先生は発音も違うのでエトスに来て生のアメリカ人の発音を学べたのが良かったです。

参考:【社会人・ホームステイ留学体験談】2回目のフィリピン留学で8週間留学したYukiさん

また、ホームステイ先のキャリーも楽しい先生なので快適な生活がおくれました。

休日はどのように過ごしているのかは下記の記事にまとめました。

参考:【セブ島留学】休日の過ごし方を彼女が写真付きで振り返る(映える)

セブ島留学のデメリット

続いてセブ島留学のデメリットです。

フィリピンは途上国

フィリピン・セブ島留学の費用がリーズナブルな理由のひとつに人件費の安さがあります。人件費が安いということは、東南アジアの発展は目覚ましいですが、発展途上国です。

食事や、道路などのインフラ、建物の設備など日本と比べると様々な部分で不便を感じます。それを海外経験として楽しめるか、または不便と感じて不満を溜め込んでしまうかによってデメリットと感じる方もいます。

参考:【最悪】フィリピン・セブ島留学のホンネを留学生に聞いた
参考:セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

フィリピン人の英語は大丈夫?

フィリピン・セブ島の公用語は英語ですが、第一言語はセブアノ語という現地語です。なのでフィリピン人の話す英語はセブアノ語訛りの英語です。

英語を第一言語とするネイティブ・スピーカーであるアメリカ人、イギリス人、カナダ、オーストラリアと比べるとやはり違いがあります。

フィリピン人の英語に不安がある方、どれくらい鈍っているのかは下記記事に書きました。

参考:「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

セブ島留学中の滞在方法

セブ島留学ではほぼ全ての学校が寮(ドミトリー)での滞在です。通学ができる語学学校もあるので各学校に問い合わせる必要があります。

留学と言えばやっぱホームステイでしょ!と考える人にはアメリカ人とホームステイができるETHOS(エトス)が合うかもしれません。

無料で資料請求できるので気軽に問い合わせしてください。しつこい電話での勧誘は行っていません。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

費用はどれくらい?

セブ島留学の費用は、留学期間によって変わります。詳細は「留学プラン」を参考にしてください。

参考:短期フィリピン留学はどう?本音を経験者に聞く!(セブ島編)

手続きについて

セブ島留学はパスポートに往復航空券があればOKです。あとは自分にあう学校を見つけてセブ島留学を楽しんでください。

参考:【日本人歓喜】フィリピン・セブ島留学でアメリカ人が発音矯正します

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS