【1年】留学中どれだけ英語力向上できたのか?(経験談)

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学生
留学中にできるだけ英語力を向上させたいと考えています。

留学中だからこそできる英語力アップの方法を知りたいです。

例えば1年ならどれくらい英語力アップしますか?実体験をあればぜひ!

 

こんな疑問に答えます。

結論、僕の場合はHow are you?ってなに?というレベルから一年でpre-Advanceレベルの英語力になりました。

この記事の内容
  • 1年でどれだけ英語力が向上したのか?
  • 留学中の勉強法
  • もしゼロから留学するなら

この記事を書いている僕は大学卒業後に1年間オーストラリアにワーホリしていました。

留学前の英語力は、大学入学のセンター試験の模試で英語の偏差値が35です。

留学後は、Upper-IntermediatePre-Advanceレベルの英語力になりました。なので英語が話せるかと言えば話せます。

今はフィリピン・セブ島にあるETHOS(エトス)でアメリカ人と一緒に仕事をしています。

その背景の僕が、たった1年、されど1年の留学(ワーホリ)でどれだけ英語力が向上したのかお伝えします。

どうして留学したのか?

1年もよく留学したねと友達に言われることもありますが、体感的には1年で英語ペラペラになるのは難しいです。短くて1年半か2年は必要だと思います。

どうして留学したのかというと答えはシンプルで「英語を話せるようになりたかった」からです。

英語話せたらモテそうだし、バイリンガルって響きカッコいい。

さらに洋楽の意味を理解できたら、この先の人生も音楽聴くの今より楽しそう。という感じです。

それなら日本で勉強するよりも手っ取り早く留学だなと思って大学3年生のときからお金をコツコツためてました。

留学前の英語力

僕の留学前の英語力は、大学センター試験の模試で叩き出した偏差値35です。日本語の動詞、形容詞という意味も理解できませんでした。

英語も文法はまったく分からず留学直後に「How are you?」と言われて、隣にいた日本人に「How are you?ってなに?」と真顔で聞いて困らせてたレベルです。

留学後は日常会話以下なら大丈夫

そして留学後は、一応Upper-Intermediateの英語力になりました。

Upper-Intermediateは日常会話では困らない英語力が身についているとされていますが、普通に今でも困ります。

ついこの間もイギリスの銀行で働いているイギリス人の友達にかずきの英語力はPre-Advanceだねと言われたので英語力はそこまで伸びていないようです。(残念)

そのイギリス人の友達は、昔、英会話の教師になろうとしてシドニーで英会話教師の資格取得してた過去があるので、信憑性があります。

共通のフランス人の友達の英語力がAdvanceレベルの英語力なので、僕が彼に追いつくにはあと1年は必要だそうです。

1年で英語は使いこなせる

動画の彼の英語を聞いてみてください。

これは彼が留学して4ヶ月目くらいの英語力で、その後オーストラリアに1年のワーホリへ行きました。この動画よりも英語力は上達しています。

このように、正しい環境でちゃんと勉強を継続すれば英語力は向上します。

そうすれば1年の留学(ワーホリ)で英語は話せるようになります。

留学中の勉強法

勉強というとまず頭に浮かぶのは机に向かって参考書をひらくことだと思います。でも僕はそれが苦手です。(だから偏差値35なんです)

間違いなくそういった勉強も必要です。僕も1年間で同じ参考書を何回も使いましたし、英語の本も読みました。

でもなるべく色々な形で英語に触れ続けるのが留学中の勉強法だと思います。生きた英語に触れるために留学したわけですから。

僕がしていた勉強法を箇条書きにするとこうです。

  • 携帯の言語設定を英語にする
  • 移動中はiPodで英語を聞く
  • 同じ海外ドラマを繰り返し見る
  • ランゲージエクスチェンジできる相手を見つける
  • フリースクールに通う
  • オンライン英会話もする
  • 真面目な友だちを1人つくる

 

つまり、なるべく留学中は英語に触れ続けるようにしたということです。

詳しくはこの記事にまとめてあります。
【関連記事】【20代】英語を一から学ぶため留学中にやった7つの事(Fラン卒向け)

また、動画に協力してくれた留学生に引き続き協力してもらって、彼のその後を追跡中です。

彼はTOEIC120点スタート、机に座って勉強するのが苦手マンですが、着実に英語力を伸ばしています。

そんな彼の勉強法はこの記事にまとめてもらっています。
【関連記事】英語力はTOEIC120点!そんな社会人(21歳)やりなおし勉強法

この記事から4ヶ月のフィリピン留学後のワーホリライフをチェックできます。
【関連記事】「インタビュー:2カ国留学」ワーホリ2週間でローカルジョブ

まとめ:もしゼロから留学するなら

留学はお金も時間もかかる高い買い物です。僕が今までした買い物の中で一番高いんじゃないかな?レベルの買い物です。

それでも目的である「英語が話せるようになる」が果たせれば、留学にかけたお金と時間は投資になります。

もし思うような結果がでなければ浪費です。

留学してから失敗した!と思っても遅すぎるので留学準備は大切です。

もし、僕がもう一度、英語力ゼロの状態で留学するならフィリピン・オーストラリアの順番で2カ国留学をします。

そうすれば、現地の大学に入れる英語力、海外就職できる英語力を身に付けることが出来るからです。

留学前に日本でも出来る限りの英語学習は必須ですが、日本で英語が話せるようになるのは現実的に厳しいなと感じてる方にはオススメの方法です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら