「実践的」留学中の節約方法【経験者が具体的に教えます】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

お金をそんなに持ってないし、留学中は節約して生活したい。みんなどうやって節約しているんだろう?と考えている方へ。

この記事の内容
  • 留学中の節約方法
  • ワーホリ経験者の節約方法

 

結論から言うと、留学中に節約している人は多く、節約を意識して生活すると支出を1/3くらい抑える事ができるので、おすすめです。

この記事を書いている僕は、海外留学経験が2回あり、合計5ヶ月留学していました。そして現在はフィリピン・セブ島の語学学校ETHOS(エトス)に関わっているので、たくさんの留学生に会っています。

こういった背景の僕が、留学中の節約方法を僕の実体験と生徒の声を元に解説していきます。

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

留学中の節約方法

留学中の節約方法は4つあります。

  1. 水は学校かステイ先のを飲む
  2. 自炊をする
  3. 無駄なものは買わない
  4. 家計簿をつける

 

僕の留学先はフィリピン・セブ島ですが、どこの留学先でも実践可能かと思います。

一つずつ詳しく解説していきます。

水は学校かステイ先のを飲む

水は水筒やペットボトルに入れて持ち歩けば、お金がかかりませんが、持ち歩くのが面倒で外出先で水を買った経験はありませんか?

僕が留学していた、セブ島の水の料金は30円前後と安いですが、アメリカなどで水を買うと3ドル前後しますよね。

一回だけ買うならいいですが、外出先で毎回買っていたら結構な支出額になるので気をつけましょう。

僕が通っていた学校では、ステイ先と学校にウォーターサーバーがあったので毎日水をペットボトルに補充していました。

こうすれば水を買うためにお金はかかりません。

自炊をする

当たり前ですが、外食するより自炊した方が節約できます。

留学先のセブ島は外食しても屋台だと100円くらいで食事する事ができます。

でも、自炊すると1食30円前後で食べられます。

パスタやお米をまとめ買いして、作り置きしておくと便利です。

無駄なものは買わない

無駄なものは買わないって当たり前じゃんと言われそうですが、結構できてない人が多いです。(僕も含めて)

節約したいのに出来てない人は、必要なものを買いに行く時に、買わなくてもいいお菓子やアイスを買ってる人が多い。

ちょこちょこお金を使ってる人は、あまりお金を使ってる自覚はないので「何に使ってるか分からないけど、お金がない」って事になります。

あなたは、無駄なものは買っていませんか?買い物に行くと、必要ないものまで買い物カゴに入れてしまう人は、買い物の回数を減らすといいです。

家計簿をつける

何に使ってるか分からないけど、お金がない!って人は家計簿をつけるをおすすめします。

レシートを取っておいて、1日の終わりに、いくら使ったか計算します。そうすると、使わなくてもいいお金が見えてきます。

もし、お金を使いすぎてしまった日があるなら、次の日は少しお金を使うのを控えて生活しようっていう意識にもなるので、家計簿をつける習慣をつけましょう。

オーストラリア・ワーホリ経験者に節約方法を聞いてみた

僕は、極限まで節約をすると、ストレスが溜まって悪影響が出てしまうので、節約はほどほどに楽しんでいました。

フィリピン・セブ島の物価が安いので助かったという部分もあります。

でも、日本より物価が高いオーストラリアやカナダでワーホリや留学している人はどうやって節約しているんだろう?気になったので、オーストラリアでワーホリ経験のある、兄かずきに聞いてみました。

かずき

主食を安いグミにしてグミ食べたり、
日本食レストランのまかない食べたり
料理作って食べさせてくれる友だち作ったり
人の買ったビールを飲んだりしてた。

乞食みたい。一週間レント、携帯代抜いて20〜30ドルで生きてた。

 

物価が高いところで留学してた人の話を聞くと本当に大変そうだなと感じます。

ワーホリ生活では、職場で賄いが出るところが良さそうです。

万が一のために、海外保険は絶対に加入しておこう

順調に節約していたのに、体調を崩して病院で高額な医療費を支払わなければいけなくなったとなったら最悪です。

実際に、留学中の生徒が節約生活をしている最中に体調を崩してしまい、病院に行かなければいけなくなってしまった。

その生徒は海外保険に加入していなかったので、高額な医療費を支払わなければいけない羽目になっていました。

クレジットカード付帯の海外保険は保証内容もしっかりしていて、留学中に風邪をひいて病院に行った時の診察代や怪我をしてしまった時。また、スマホやPCを盗まれてしまった時にも保証がききます。

しかも、病院などはキャッシュレスなので、最初に支払う必要もないので必ず加入しましょう。

既に、留学中で海外保険に加入していない人は、現地でも保険に入れるので安くて保証が良い海外保険に入れるか留学先の学校で確認してみましょう。

万が一のための保険は大事。

おすすめの海外保険付帯のクレジットカードは下記の記事で紹介しています。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

まとめ

留学中の節約は、見直せるところがたくさんあると思うので家計簿をしっかりとつけて、無理をしない程度に節約生活を楽しみましょう!

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界14カ国27都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら