フィリピン・セブ島留学でTOEIC900点?!【ネイティブの本音】

アメリカ人はTOEICをどう考えている?

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン留学する人
フィリピン留学します。

英語力の証明にはTOEICかなと思ってるので、フィリピン留学でも日常会話じゃなくてTOEICに特化してよりハイレベルな英語学習をしたいなと思います。

それが英語学習の近道だと思うけどどう思いますか?

 

そんな疑問に答えます。

 

結論から言うと、英語のネイティブ・スピーカーから見るとTOEIC対策コースは、英語力が上がるというよりも、試験対策に近いのでTOEICのスコアは上がると思う。

だけど、TOEICのスコアUP=英語力UPにならないと理解が必要だと言っています。

 

この記事の内容
  • アメリカ人のTOEICに対する正直な意見
  • 点数はあがっても英語力が伸びない

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はフィリピン留学、ワーホリの経験者です。現在はセブ島にある語学学校ETHOS(エトス)で働いています。

英語業界、留学業界に関わって5年以上たちました。

フィリピン・セブ島留学の目的としてTOEICスコアUP重視の学生さんや、TOEICの点数があがれば英語力がアップすると勘違いする学生を多く見てきたので、

 

  1. 英語力をあげるためには?
  2. TOEICとの関わり方

 

主にこの2つを英語のネイティブ・スピーカーがはTOEIC(TOEFL、IELTSも同じ)についてどう思っているのか?その考えを聞いてきました。

Barry
フィリピン・セブ島の語学学校オーナーの私が考えるTOEIC対策について書いてみました。

趣味は筋トレと釣りだよ!

ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

アジアにあるアメリカ英語を教える語学学校のオーナーとして、私は、自分の英語力を伸ばしたいと願ってくれる本当に素敵な人たちにたくさん出会える特権を持っています。
 
留学生の最もシンプルな願望は英会話スキルを向上させることですが、キャリアや将来的に海外の高校、大学への進学、移住目的のために、改善が本当に必要な人もいます。
 
これらの留学生は、ほとんどの場合、TOEFL、TOEIC、IELTSなど、何らかの熟練度テストを伴う評価プロセスを通過する必要があります。
 
彼らは、素早く奇跡的な結果を約束する書籍、授業、特別な試験対策テクニックに多くの時間とお金を費やし、しばしば結果が貧しくて不満に終わってしまいます。
 
これは、主に英語(またはその他の外国語を習得する)には時間がかかり、かなりの労力と多くの忍耐が必要であるという事実を認識し、受け入れなかったことが原因です。
 
流暢に話せるには、人が言語を自分のものにしているときだけです!言語を自分自身のものにするには、言葉や文法の規則を覚える以上のことが必要です。
 
言語は内面化され、あなたの一部になっていなければなりません。
 
ポイント
  • 〇〇するだけで!
  • 逆転の〜
  • たった〇〇語だけで

簡単でサクッと出来そうな教材は山のようにあるけど、英語をはじめ言語習得には時間がかかる。

英語力をあげるには時間が必要

これは学習、適用、さらに間違いから学び、その言語を習得しているネイティブスピーカーと交流していくという長期的なプロセスの結果としてのみ起こります。
 
私は、50年以上にわたりこのプロセスを経てきたので英語を話せます。
 
私は小学校と高校で12年間、集中的に英語を学び、無数の本を読んだり、何千人もの英語が話せる仲間と話しました。
 
途中で、私は多くの(文法、発音、読み方などの)間違いをして、異なる教師から多くのことを学びました。この経験は、現在のレベルにまで専門知識の習得するのに役立ちました。
 
英語を自分自身のものにするためのプロセスは急ぐことはできません。
 
もし英語があなたの第二言語で、上手くなる必要があるのならば、目標を達成するために多くの時間と労力を費やさなければならないことを理解する必要があります。
 
ポイント

セブ島で語学学校のオーナーをするアメリカ人のバリーは、フィリピン語を2年かけて習得しました。彼は第二言語を学ぶプロセスを自身の経験からも知っています。

TOEICの点数=英語力じゃない?

もしも、あなたのTOEICスコアが500点で、800点に引き上げる必要がある場合は、単にTOEICトレーニングコースに登録するだけでは達成できません。
 
TOEICのスコアを上げる方法を教えることを約束するコースに登録することでTOEIC対策はできます。
 
でも本当に英語のレベルがTOEIC500点から800レベルに上昇しない限り、あなたが話せる英語と一致しない高いTOEICスコアをとって終わりです。TOEICの点数が上がっても英語力は上がりません。
 
もし、TOEICテストのスコアを向上させたい場合は、英語力を上げる必要があります。これを行うには、文法や発音を勉強する必要があります。
 
あなたを助けてくれるネイティブスピーカーを見つける必要があります!自分の英語力に合うできるだけ多くの英語の本を読む必要があります。
 
ポイント
スコアは上がるけど英語力は上がらない。

英語の本を読むことで学べるもの

なぜ多くの英語の本を読む必要があるのか?本を読むことはネイティブスピーカーとの会話をするようなものですが、さらに良いことです。
 
ネイティブスピーカーとの会話では、なにかわからないことがあっても彼らが言ったことを繰り返し聞き返し続けることができません。(会話のなかでは適切な行動ではありません)そのため会話のなかに理解できない部分が多くある場合もでてきます。
 
本を読む場合、この問題を抱えることはありません。あなたは本の文章を理解できなければ、何回も何回もいくらでも理解できるまで読むことができます。
 
さらに、読書は文法の非常に多くの部分、特に難しいものの正しい使い方の例を提供してくれます。例えば、冠詞と前置詞の使い方です。
 
読めば読むほど、脳は正しいパターンを見ることができるので、英語を学ぶのに役立ちます。
 
また、新しい言葉やイディオムを実際に文章で使われているかたちで学ぶことができます。これは、単語集の単語のリストを暗記するよりはるかに優れています。
 
 
最後に、あなたはできる限り頻繁に英語を話す必要があります。ネイティブスピーカーと話してください。
 
あなたが知っている英語を使い。間違いを恐れないでください!
 
間違いをすると言うことは、ネイティブのアメリカ人にその間違いをなおしてもらえるチャンスです。
 
ポイント

本から正しい英語が学べる。

留学で英語を話す・間違える・訂正してもらう

私は、あなたが第二言語の習得について真剣なら、あなたが望むものを得るのを助けない本や奇跡のプログラムにお金を使うのをやめることをお勧めします。
 
代わりに、あなたのお金を節約し、会話、発音に焦点を当てたプログラムを持っているアメリカの英語学校(ETHOSは良い学校で、フィリピン・セブシティにあります。)で1日6時間以上の勉強を3ヶ月間以上継続してください。
 
 
↓↓↓3ヶ月で英語が話せるスゴい仕組みが分かります↓↓↓
PDFパンフレットの無料請求はこちら
 
 
これなら、毎日たくさんのネイティブスピーカーがあなたの英語を聞きくことができます。そして間違いをただし、英語の上達のために何が必要か教えてくれます。
 
学校にアメリカ人の家族と一緒に暮らすことができるプログラムの選択肢がある場合(ETHOSにはあります)、英語環境での生活はさらにあなたの英語力の上達を助けるため、そのオプションを選択してください。
 
教師を信頼し彼らがあなたに伝えるものを正確に実行してください!彼らはあなたを助けるためにそこにいます!彼らがあなたの宿題のために何かをするように言うなら、それをやりなさい!
 
これがあなたの英語を上達させる方法であり、あなたの英語力を向上させることは、あなたのTOEIC、TOEFL、またはIELTSのスコアを向上させる唯一の方法です。
 
ポイント

「話す、間違える、訂正してもらう」を繰り返すのが英語力UPには必須。

英語力があがればTOEICなどの試験で高得点がとれる。

まとめ

ETHOSの学長バリーの話は以上です。要約するとTOEICのスコアを上げたいなら英語力を上げましょうと言うことです。
 
バイリンガールちかさんの動画で、TOEICを教える早川先生がTOEICに必要な力が3つあると言っていました。
 
それが英語力、情報処理能力、対策力の3つです。TOEICはテストなので対策のコツを掴めば点数アップは狙えます。日本人は対策にばかり気がいってしまっているようです。
 
ですが、せっかく多くの外国人と触れ合う機会がある留学のときくらいは英語力にフォーカスするべきだと、僕も個人的にそう思います。
 
でも自分の英語力を留学前にはかるのは大事です。ETHOSの英語レベルテストなら無料でTOEICスコアの目安を測定してくれます。ぜひ活用してください。
 

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

 

TOEIC120点からスタートしても英語力UPを第一に頑張れば、オーストラリアのレストランでシェフまで出来るようになります。

【英語も伸びる!】ワーホリ8ヶ月目で150万円貯金あるよ【環境大事】

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

アメリカ人はTOEICをどう考えている?

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS