REINY先生の英会話#92 「どっちのベッドと机を使いたい?」

どっちのベッドを使いますか?

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

今日はレイニー先生の留学英語から留学中に必要な英会話①から、「どっちのベッドと机を使いたい?」という英語のフレーズからはじまる英会話について書き起こしています。

基本的にはベッドは決まってる場合が多いですが、そこからはじまる会話ということで基本を抑えておきましょう。

これから留学する方、留学を検討しているかたは是非参考にしてください。

レイニー先生
16歳で単身渡米。高校はボストンにあるWalnut Hill Schoolでミュージカルを、大学はロスにあるCalArtsでストレートプレイを学ぶ。アメリカでは数々の舞台やミュージカル、そしてショートフィルムの出演を経験。
 
英会話の講師として5年間勤務。同時にバイリンガルMCとして、番組MCやイベントMCのキャリアをスタートさせる。
 
レイニー先生の留学英語(チャンネル登録数3.5万人)をyoutubeにて配信中。(参照:オフィシャルサイト
 
What’s up everyone.
Welcome and thanks for coming by.
My name is REINY and i am your host.
 
Hey guys. レイニー先生です。
 
レイニー先生の英会話では留学前に必要な英会話、
そして、旅行前に必要な英会話をレイニー先生の
経験にも元ずいて皆様にシェアしていく番組です。
 
それでは
早速今日もはじめていきましょう。
 
Are you guys ready???
I’m ready! Lets begin!

レイニー先生の英会話

さあこれまでに皆さんは一人で飛行機にも乗れ、ホテルのチェックイン・チェックアウトもすることができ、ホテルで起こった問題も対処しホストファミリーと楽しい日々を過ごしそれらを経て学校にやっと辿り着きました。
 
そして、今日は待ちにまったルームメイトとの対面です。
 
ルームメイトが同じ国籍同士という事はほとんど無いので必ずメインの言語というのは英語になってきます。
 
勿論ここでも、初対面なので自己紹介からやっていく訳ですが今日もレイニー先生が経験しそしてこういう感じがあり得るなと考えられるカンバセーションをやっていきたいと思います。
 
じゃあまず、ドアを開けてルームメイトがいた事にしましょう。
 
そしたらむこうからでもこちらからでも構いませんが
 
Hi, I’m ◯◯. Nice to meet you.(too)
(こんにちは!私は◯◯です。初めまして。)
 
こんにちは!私は◯◯です。初めまして。英語
 
と言われたら、こちらも
 
Hi, I’m Reina. Nice to meet you too.
いつもの流れですよね。 
 
Where are you from?
(出身はどこですか?)
 
出身はどこですか?英語
 
I’m from どこどことお互いに言い合って
さあ今日はファーストステップですので、部屋に入った瞬間に目に入るのが、
元々備え付けのベットと机だと思うんですよ。
 
っで大抵の場合は先に部屋に着いた人が好きなポジションの
ベットと机を取ってはいるんですが、
まあ今回はルームメイトが優しい設定にしまして
 
Which bed and desk do you want to use??
(どちらのベットと机を使いたいですか?)
 
どちらのベットと机を使いたいですか?英語
 
と向こうが聞いてきたとしましょう。
そうしたら、皆さんがどう答えるかです。
 
その時の答え方は、もう指を指して
 
This one.
(これで。)
 
これで。英語
 
って言っちゃっても構いませんし
 
WIndow side.
(窓側で)
 
窓側で英語
 
とかでも構いません。
しかし、別に気にしないという方も
いらっしゃると思うのでそういう場合は
 
I don’t care.
(何でも良いですよ。)
 
何でも良いですよ。 英語
 
I don’t careって凄く使います。
別に何でもいいよ
 
You can decide.
(あなたが決めて下さい。)
 
あなたが決めて下さい。英語
 
はい。今日のポイントフレーズはここになりますのでリピートしてみましょう。
 
I don’t care. You can decide.
(何でも良いですよ。決めてください。)
 
あなたが決めていいですよ。英語
 
先ほどに話は戻りますが、勿論「This one.」で指を刺す事もOKですが
その時に使える動詞としては「Take」を使います。
 
I’ll take this one.
(私はこちらにします。)/Take:(選んで)用いる。
 
これも一応覚えておきましょう。
 
はい、という事で本当に最初の一歩ではありますがルームメイトと出会い、そして最初のカンバセーションはこういう事になると思いますのでそこを想像してレイニー先生とカンバセーションしてみましょう。

レイニー先生とカンバセーション

Here we go.
あなた
Hi, I’m ◯◯. Nice to meet you.(初めまして。◯◯です。)
Hi. Nice to meet you, too. My name is Reina.
(初めまして。レイナです。)
あなた
Where are you from? (出身はどこですか?)
I’m from NY. You?
(私はニューヨーク出身です。あなたは?)
 
あなた
I’m from ◯◯, Japan.(◯◯都道府県を入れてね!)(私は日本の◯◯出身です。)
Cool. Which bed and desk do you want to use??
(どちらのベットと机を使いたいですか?)
 
あなた
I don’t care. You can decide.(何でも良いですよ!決めてください!)
Ok, thank you. So I’ll take this one.
(わかりました。そうしたら私はこっちで!)
 

まとめ

さあいかがでしたか。
 
今日は皆さんはルームメイトと出会いそして、ここから新しい学校生活がスタートするという、かなりエキサイティングなシチュエーションになってきますが、これからもレイニー先生の英会話では留学中に必要な英会話として皆さんにレイニー先生の経験をどんどんシェアしていきたいと思います。
 
So that’s it for today!!
 
Once again. Thank you very much for coming by.
Thank you very much for watching.
 
My name is REINY. I will see you tomorrow and 
please subscribe.
 
So また明日!番組登録ぜひしてくださいね!
それでは皆さん、Bye!!
 
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

どっちのベッドを使いますか?

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>