“be going to”と”will”の違い?【例文で分かりやすく説明します】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

英語勉強中
be going to」と「will」の違いって何ですか?

学校の授業では「be going to」と「will」を書き換える問題なんかも出ましたが、アメリカ人の友達は実際はニュアンスが少し違うとも言っていました。

かずき
結論から言うと、

 

  • be going to」は「既に決まっていた事」
  • will」は「その時に決めた事」

 

この2つが大きな違いです。

また細かなニュアンスの違いは記事で分かりやすく説明します。

この記事の内容
  • be going to」と「will」の違い

未来形は「be going to」と「will」の2種類と思っている方!ここで、未来形を再学習しましょう。 実は、「現在進行形」も未来を表しますし「現在形」ですら、特定の状況では未来を表します。 つまり、未来を表す時制は4種類はあります。みなさんは、これらをきちんと使い分けていますか?

この記事では「be going to」と「will」の違いをふくめて説明します。

効率よく英語を覚えたくありませんか?

多くの方が、実践で使わない意味のない「単語」や「英文」を覚えるのに人生の貴重な時間を費やしています。

効率よく最速に英語力を上げる方法は、ネイティブが実際に使う「単語」を覚える事が大事です。 実はアメリカには「1000単語を理解すれば英文の85%を理解できる」と言われているFry word list(フライリスト)があります。

その1000単語リストをプレゼントします。

“be going to”と”will”の違い?【例文で分かりやすく説明します】

個人的に自由の女神行ってくるわ

自分の未来の情報を述べるときや相手の未来の情報を聞くときなどは現在進行形がもっともしっくりくる時制です。

「be going to」現在進行形は個人的な予定を表現する

この「現在進行形」によって未来のことを表す用法は特例でも、例外でもなく、非常によく使われます。 「be going to」や「will」と同じぐらい、もしくは、それより頻繁に使われるといっても過言がないぐらいです。 つまり、「現在進行形」はれっきとした、未来を表す表現の1種として頭にインプットしておいてください。

では、どういうときに使うかといいますととりわけ「個人的な予定」などを話すときに特に頻繁に活用されます。 ただし、この「個人的な予定」は日常会話では1番多い会話パターンのひとつだと思います。

個人的な未来の予定を話すというパターン

  • I’m working tomorrow.
  • What are you doing this weekend?
  • I’m coming!
  • I’m studying English tonight.

などなど自分の未来の情報を述べるときや相手の未来の情報を聞くときなどは現在進行形がもっともしっくりくる時制です。

現在形をより深く理解するとこうなる

昨日も、今日も、明日も好き

昨日も、今日も、明日も好き。

こちらは、どちらかというとマイナーなケースとなりますが「現在形」をより深く理解することにも役立ちますのでこちらも見てみましょう。

そもそも、現在形は「現在のことを述べる」というより「現在、過去、未来のことを述べる」と理解して欲しいです。

どういうことかと言いますと、「不変の一致」という奴です。 それを述べたタイミングでは、その文章は今日も、昨日も、明日も正しい(つまり「不変の一致」)というような状況です。

 

  • I like apples. (わたしはリンゴが好きだ。)
  • I like dogs.(わたしは犬が好きだ。)
  • I like checkin.(わたしは鶏肉が好きだ。)
  • I like checkins.(わたしは鶏が好きだ。)

 

これは、その瞬間にそのような状態であると言っているのではなく、おそらくその人にしてみれば、今日も、昨日も、明日も変わらないでしょう。

したがって、ここでは「現在形」を使います。

では、そんな現在形が未来の意味で使われるのはどのようなときでしょう。 よく使われる例が、時刻表などにある乗り物の到着時刻です。

 

  • The plane leaves at 3:35 and arrives at 7:45.

 

これは、あらかじめ決められた予定であり、また定期的に実行する習慣的な出来事を示唆します。

したがって、現在形を使っても自然に聞こえるのです。

時制を正しく理解していくと時制によって感じられるニュアンスが 聞こえてくるようになります。実践の会話でも是非、時制を大切に話してくださいね。

Be going toとwillの違い

上から見るとやっぱ違うね

言葉のニュアンス、イメージを持つことって大切です。

最後に、「be going to」と「will」の2つの違い比べてみましょう。

ここですべての違いを説明するのは難しいですがこの2つの違いとして以下のイメージをもっておいてください。

”Be going to”は既に決まった未来を指す

  • 今まさに起ころうとしていることが見えるような場合
  • これから起こることがすでに始まっている場合
  • 以前から、そのことを行おうと予定していたことを話す場合

 

このように「be going to」は既にきまった未来をさします。

つまり「be going to」は会話時点ではすでに決まっていることを説明します。

Do you have any plans for the holiday?(休日はなにするの?)

I’m going to study English in Cebu.(セブ島留学へ行きます。)

この場合、セブ島留学に行く予定はこの会話の中で急に決めたことではなく予めセブ島へ行く予定があったニュアンスが含まれます。

これが「be going to」の基本的なニュアンスです。

他にも、棚からものが落ちそうで転がり始めたようなときは「be going to」を使い、

  • It’s going to fall from the shelf!

 

今夜、仕事終わりに友達と飲みに行くのが決まっていたら、

  • I’m going to have a drink with Kazuki after work.

 

などなど会話をしている段階で既に決まっている事柄については「be going to」を使います。

”Will”はその場で決まったことを話す

  • その場で突然決まったことを話す場合
  • IfやWhenと一緒に使われ、条件が満たしたら行うようなこと

 

be going to」と違い「will」はその場で決めたことを話す場合に使われます。

I’m planing to go to Tokyo next year.(来年東京行こうかなっと思ってるんだ。)

Then I’ll show you around Tokyo.(そしたら東京を案内してあげるよ。)

他にも、いつも9時には家にいるから電話してと言いたいとき、

  • Call me tonight. I’ll be home after 9PM.(9時には家だから電話して。)

 

友達何人かで、部屋の中で話していると誰かがドアをノックします。

  • I’ll get it.

※この場合、「Be going to」を使うと、誰かが来るのを知っていたかのように聞こえてしまいます。

 

あんまり行きたくないけど仲良い友達が一緒に行くなら行くというような条件付きの場合なら。

  • I’ll go if you go.

なんとなく、イメージが付いてきましたか?そうすぐには、使い分けられないかも知れませんが上に書いた内容をまずは覚えてしまって「will」と「be going to」を意識してみてください。 徐々にイメージが深まっていくと思います。

(まとめ)be going toとwillの違い

時制は言語において、非常に興味深い要素です。

より深く正確に学ぶことによって英語がさらに近い存在になると思いますよ。

とりわけ今回は「未来形」に着目しましたがここで紹介した4種類の未来形をマスターすれば未来形はバッチリっすね!

ぢゃ。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

ippei

自分の厄介な好奇心と日々葛藤しています。アメリカ在住10年。外資系企業3社。福生でC2GIという英会話/日本語スクールを運営しています。街で見かけたら、声かけてね(笑)

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>