オーストラリアのワーホリビザ申請費用

オーストラリアのワーホリビザ申請費用

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

オーストラリアにワーホリ(ワーキングホリデー)ビザの条件や費用などをまとめました。この記事はオーストラリア大使館の内容を参考にしています。

ワーホリビザの申請料金

ビザ申請料:450ドル
まずは気になる費用ですが2018年7月よりAUS450ドルです。

準備するもの

留学エージェントの代行サービスを使うこともできますがインターネットが繋がっていれば、自分で取得可能です。

パスポート

パスポートの有効期限が滞在期間を満たしていない場合は更新が必要です。

クレジットカード

ビザの申請料金支払いはクレジットカードでのみ支払い可能です。自分のクレジットカードを持っていなくても、カード名義人の使用許可があれば自分名義のクレジットカードである必要はありません。

メールアドレス

キャリアメール(docomo,softbank,au,icloud)などのメールアドレスだと届かないなどのトラブルの原因になります。パソコンのメールアドレスを使用しましょう。

注意事項
ビザが発給されてから12ヶ月以内にオーストラリアへ入国しないと失効します。

ビザの発給条件

ここでビザの発給条件のおさらいをしておきましょう。

ワーキングホリデービザ申請対象国の、有効なパスポートを保持していること
ビザ申請時に18歳以上30歳以下であること
人物審査及び健康診断の条件を満たしていること
オーストラリア滞在中、十分に生活の出来る資金を所持していること(およそ豪5,000ドル)
オーストラリア滞在中、扶養家族である子供が同行しないこと、そして
オーストラリアの価値観を尊重し、オーストラリアの法律を順守すること

オーストラリア大使館)

ここに書いてある条件はほとんどの方が当てはまるはずです。

以上。オーストラリアのワーホリビザ申請費用についてでした。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

オーストラリアのワーホリビザ申請費用

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。33才。 詳しいプロフィールはこちら

英語を使いこなす、2カ国留学

1年で英語を使いこなして、将来に繋がる英語力を身に付けたい方に2カ国留学をおすすめしています。毎月人数限定で説明会を東京・大阪で開催してます。

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>