英語のネイティブスピーカーのアメリカ人とのマンツーマン・ホームステイ・就職支援・安心・安全の海外留学をサポートしています

おかげさまで、フィリピン留学・セブ島留学でホームステイ留学実績 No.1

  • TEL 050-3568-4232
  • MAIL info@ethosjp.com
  • LINE @usa_cebu

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

フィリピン・セブ島留学 実績 No.1 のホームステイプランは人気プランです。お申し込みはお早めに!

mainvisual

代表からのメッセージ

未来とつながる環境をつくる

MESSAGE

自分を変えるには自ら動くこと


海外留学・フィリピン留学・セブ島留学・ワーホリ・2カ国留学 の海外留学を通して環境を変える

外国人と一緒

なぜ外国人に居酒屋は人気なの?『東京で飲みながら語る』

東京でも渋谷のスクランブル交差点、歌舞伎町のロボットレストラン、新宿の思い出横丁やゴールデン街、浅草ホッピーストリートなど外国人に人気の観光スポットがたくさんあります。でも、外国人観光客に人気の場所に行けば、外国人観光客で溢れかえってるわけです。それって嫌じゃないの?そう思ったので今日は直接外国人を連れてきて、適当な居酒屋に入って日本の居酒屋のどこをいいと思っているのか?また、外国人ばかりに溢れかえっている観光地化した居酒屋を実際どう思うのか聞いてみました。

海外留学・就職

「実体験」休学をした3つの目的【迷ってる人に向けて語ります】

正直、休学の目的なんてどうでもいいと思います。例えば単純に学校つまんないとか、なんか違うなぁって思ったら休んでもいいと思うんです!!この記事では、僕が休学をした3つの目的とアドバイスを解説していきます。

2カ国留学・ワーホリ

オーストラリア・ワーホリ中に取得できる資格TOP10【おすすめ】

海外留学でオーストラリアへ行くのでなにか資格を取りたいです。ワーホリ中に取得できる資格はありますか?帰国後の就職に有利になったり、役立つようなものってありますか?こんな疑問に答えるため、オーストラリアで取れるおすすめの資格を9個紹介します。中には日本より短期間で取得できる資格もあります!また、ワーホリ中に資格取得を目指すと、自ずと英語を勉強するからステップアップして英語で専門分野を勉強できます。

海外留学・就職

「有意義」休学の過ごし方5つ紹介するよ【僕の過ごし方も紹介】

僕の休学中のすご過ごし方はフィリピン留学+オーストラリアでワーキングホリデーです。また周りの知り合いが休学中の過ごし方で実際にやって、よかったと言ってることも紹介します。

海外留学・就職

【不変の法則】留学後の効果的なダイエット方法【誰でも効果でます】

留学後、体重計にも乗りたくない位、太ってしまう人は多い。僕も留学で太りました。でも、帰国後にダイエットをすれば、体重が元に戻るので安心してください。1つ言える事は、体重が戻りにくくなってる場合もあるので、短期のダイエットではなくて長期的に元に戻していくのが良いでしょう。この記事では留学後のダイエット方法を解説します。

2カ国留学・ワーホリ 体験談&インタビュー

「インタビュー:2カ国留学」マネージャーとの面接:シドニーでの過ごし方について

フィリピン留学4ヶ月後に、オーストラリアシドニーに行き、老舗100年以上のキャンベラ近くのホテルに仕事が決まった、ゆずさんに仕事がはじまるまでの約1ヶ月間をどう過ごしたか、マネージャーとの面接についてインタビューしました。

海外留学・就職

「挑戦」休学はリスクでは無い【学生枠でやりたい事をやるべき】

学はリスクなのか?という問いに対して、僕は休学はリスクではないと思います。この記事では何故リスクでは無いかという理由を解説していきます。

外国人と一緒

高い?浅草の『ホッピー通り』を外国人と飲み歩きしてきた

浅草のホッピー通りって観光地価格ですか?あんまり高すぎると外国人の友達にもオススメしにくいし・・日本人目線も気になるけど外国人目線でホッピー通りってどうなんですかね?こんな疑問に外国人と一緒にホッピー通りを飲み歩いた僕たちの意見は参考になると思います。結論から言うと、観光地価格なのは間違いないですが、全然アリです。ホッピー通りで飲み歩きしたら帰り際にライトアップされた夜の浅草寺を見に足を伸ばしたほど気分がよくなりました。

語学留学・英語学習

「対策も教える」語学留学の授業についていけない【最初は当たり前】

最初、語学留学の授業についていけないのは当たり前なので、そのまま授業を一生懸命受けて、自習もしっかりして頑張りましょう。周りの生徒の英語が上手なら逆にチャンスだと思います。この記事では、語学留学の授業についていけない理由と対策を解説していきます。

2カ国留学・ワーホリ 体験談&インタビュー

「インタビュー:2カ国留学」シドニーで仕事までの過ごし方

フィリピン留学4ヶ月後に、オーストラリアシドニーに行き、アイランドリゾートの5星ホテルに仕事が決まった、たつき君に仕事がはじまるまでの1ヶ月間をどう過ごしたかインタビューしました。

未来とつながる環境をつくる

2月には新年の抱負を忘れてる。それも毎年です。
人より面倒くさがりなわけでもないけど僕はこれからも新年の抱負は1月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学生のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは、当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記を書きはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。それが、自分を変えるきっかけでした。

大学に進学した理由は、高校卒業時に「これがやりたい!」という将来やりたいことがなかったからです。
大学に行けばなにか見つかるかな?というただの先延ばしでギリギリ受かった大学へ行きました。
結局卒業が近づいても、みんなが当たり前のように就活をするなか、自分にはこれがやりたいという夢、仕事もありませんでした。
それと19歳のときに1ヶ月滞在したインドネシアの生活が忘れられず、他の国に長く住んで生活してみたい、英語も話せたらカッコいいな?そんな想いで新卒での就活よりもオーストラリア行きを選びました。

振り返ればいつも現状を打開するきっかけは強い意志、やる気ではなく環境の変化で変わっていきます。
新しい環境に合わせようとするなか習慣が変わり、そこで出会った新しい人たちと話しているうちに気づくと今までになかった新しい考え方が自分のなかにあります。

僕のように高校、大学受験に力が入らなくて志望校に受からないような人でも頑張れる環境があれば頑張れる。そして変われる。
自分自身の経験も含めそう考えています。
結局のところ自分次第と言えばその通りですが、環境を変えずに自分のやる気だけに頼っていたら文字通り3三日坊主で終わって何も変わっていなかっただろうと思います。

ETHOS(エトス)はシンプルに自分が英語初心者だったら最高の環境だなと感じたフィリピンにある語学学校ETHOS(エトス)の名前をとり留学生を斡旋する日本オフィスとして事業をはじめました。
企業理念の「未来とつながる環境をつくる」とは至れり尽くせりのサービスを提供することとは違います。
自分を変えるには自ら動くことは大事です。
新しい環境に身をおけば生活スタイルを半ば強制的に変わり、付き合う人たちも変わり、結果的にあなたを変える大きな手助けになると思っています。

自分のやりたいことを通して、自分の理想とする未来に少しでも近づけることができたら、これほど楽しいことはありません。
高校卒業したら大学入学、大学卒業後は新卒で会社員、良い会社入社できるように偏差値の高い大学を目指す。
その当たり前のレールに乗る意味を見出せなかった人たちは置き去りのまま、今の日本にある「当たり前」が自分の意志よりも強引に僕たちの人生を決めていきます。

日本から場所が変わりアメリカには大学卒業して全員で一斉に新卒ブランドで入社という当たり前はありません。
時代を遡って90歳になる母方の祖父が10代のときは戦時中、工場作業の夜勤にわざわざ残り夜食の「素うどん」を食べていたと言います。
そうしないと食事がなかったそうです。

同じ時代でも場所が変われば違う常識があります。
また、同じ場所でも時代が変われば、そこにはやっぱり違う常識があるのです。
常識は場所、時代で変わり続けます。

”こうじゃなきゃいけない”

当たり前のように大多数がとる行動がつくりだす固定概念はいつの時代も強烈です。
それが自分たちの首を絞め続ける今の社会を少しでも寛容に、1人でも多くの人が当たり前に縛られない社会へ。

僕たちは自分たちだけでは見れない世界を叶えていけるように、これからも一歩づつ進んでいきます。

人気の留学に関する記事をチェック!

海外留学・フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーワーキングホリデー・2カ国留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学をまとめた「海外留学ブログの中で人気」のこちらの記事をまずはお読みください。

2カ国留学・ワーホリ

暖かい国にワーホリ!生活のしやすい気候で国選び【人気国を比較】

ワーホリで1年海外生活する予定です。どんな基準で国を選べばいいんでしょうか?寒いより暖かいところが好きです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、治安もよく暖かいオーストラリアがワーホリ協定国のなかで人気No. 1です。僕の個人的な経験で言うと暖かい、英語話したいという2つを基準にオーストラリアを選びました。

大学生の3週間短期留学

フィリピン留学体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】多くの実績があったからETHOSを選んだ

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/3週間の留学をした山西信二さんにアンケートに協力してもらいました。バロット(雛が孵化する寸前のゆで卵)を食べた感想はどうだったんでしょう?この記事にその答えはありません。

マニラ

3ヶ月マニラに住んでみた僕がマニラの治安を暴露します!

フィリピンの中でもマニラと聞くと危ない場所とイメージする人が多いですよね。 貧困、ストリートチルドレン、犯罪等を思い浮かべるのではないでしょうか? でもイメージだけで具体的にマニラの何が危ないのか知っている人は少ないと思います。この記事では僕が実際に3ヶ月間、マニラに滞在してみた感想を書いています。

外国人と一緒

【下北沢】人気のタピオカ5店舗をフィリピン人と飲み比べ【No. 1決定】

タピオカ流行ってるけど、どこが美味しいの?並ぶ価値あるの?どれも一緒でしょ?僕はそう思ってました。なのでタピオカが流行ってる国から来たフィリピン人から意見を聞こうと思います。日本人の意見は聞き飽きたところですし、フィリピン留学が流行ってるので丁度いいかなと思い、それでフィリピン人目線で下北沢の人気5店舗を食べ歩き、フィリピン人的No. 1を決定してもらうことにしました。今回フィリピン人と訪れたタピオカ店は、茶加匠、ジアレイ(The Alley)、CoCo都可、たぴヤ、パールレディの5つです。

tokyo tokyo

セブ島レストラン

フィリピン人向けの日本食レストラン「TOKYO TOKYO」(東京・東京)

前から気になってたSMシーサイドにあるTOKYO TOKYO(東京 東京)に行ってきました。完璧にフィリピン人向けの日本食料理屋です。

フィリピン留学

フィリピンで白Tシャツを30日着続けたら洗濯機が恋しくなった

フィリピンの洗濯事情は日本とはまるで違います。 まず洗濯機が普及率が低いので、手洗いかランドリーを使います。ランドリーは日本のコインランドリーとは違い、クリーニング屋さんに近いです。

フィリピン留学

セブ島移住したい人への基本情報【実体験を元に1ヶ月の費用も紹介】

セブ島移住は、月に15万円の生活費を払えばある程度の生活が出来ます。セブ島で仕事をする場合、就労ビザが必要になります。もし現地で仕事をする場合は、働く会社にビザの質問はしましょう。この記事ではセブ島移住の基本情報と実体験を元に1ヶ月の生活費も紹介します。

語学留学・英語学習

hit it offの意味って?恋愛に使えるフレーズ10選

hit it offの意味は恋愛にも使えるフレーズです。 それ以外もふくめて10つアメリカ人にまとめてもらいました。

外国人と一緒

これがセブ島の美容院だ!ローカルのフィリピン人と行く。

フィリピンに留学へ行く日本人留学生はたくさんいます。でも、みんなセブ島で美容院(または床屋)へ行きません。なぜって留学前に済ませて、留学後に予約しているからです。では、セブ島に住んでいる人たちはどこに髪を切りにいってるんだろう?ふと、そんな疑問が浮かんだのでフィリピン人のサムに連れていってもらいました。

this is a pen. をカッコよく

語学留学・英語学習

This is a pen.を副詞でカッコいい英文法へ

もしあなたは「英会話力が突然向上する方法があります。」と言われたら「そんな方法がある訳がない」そう思うでしょう!?実は、あるんですよ。簡単なシークレットがあります。それはズバリ「副詞」です。副詞を上手に活用すると This is a pen. でもイケてる英語に早変わりします。

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

@ethos_cebu

ホームステイ・セブ島留学・2カ国留学の体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学のETHOSの卒業生の生の声です。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】もっとステイしたいと思いました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/もっとステイしたいと思いました・・・2週間、フィリピン・セブ島のETHOS(エトス)に留学してくれた田中さん(20歳)の体験談です。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】毎週日曜日に先生たちと外食!

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/毎週日曜日に先生たちと外食!・・今回は2ヶ月間、フィリピン・セブ島のETHOS(エトス)に留学してくれた留学生のアンケートです。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【1ヶ月短期留学・ホームステイ留学体験談】今度はもう少し長く滞在したい

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の中学生留学生の体験談・インタビュー/小林もえさんは一週間の短期留学でETHOSにきました。ETHOS留学の決めては学長バリーの人柄の良さそうな写真だそうです。

ホームステイ

フィリピン留学体験談&インタビュー 中高生体験談&インタビュー

【高校生・ホームステイ留学体験談】安い価格で英語の海外留学、旅行などでは学べないようなことも学べる

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/18歳で高校生のオシタトモハルさんがETHOSに留学されたので、体験談を語って頂きました。セブ島の雰囲気、学校の様子、講師やスタッフたちの人柄、そして何を感じたのかについて話をしてもらいました。

フィリピン留学体験談&インタビュー 中高生体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【1ヶ月短期留学・ホームステイ留学体験談】留学をきっかけに外国を意識するようになった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の1ヶ月短期留学の体験談・インタビュー/今回は1週間から4週間(1ヶ月)と短い期間にETHOSに留学してくれた方たちのアンケートをご紹介します。リスニングが苦手で英語が聞き取れない、正しい発音で話したいなどの悩みがあったようですが、レッスンやアクティビティを通して英語の正しい勉強法などを理解してもらえたようです。

フィリピン留学体験談&インタビュー

【初めてのセブ島留学】体験談から徹底検証!

なんか最近周りにセブ島留学してる知り合いや友達が多くて楽しかったって聞いたので興味あります。はじめての海外で不安で・・・セブ島留学について詳しく知りたいです。 こんな悩みに答えます。

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】中一レベルもまともに分からなかった私が英語でコミュニケーション

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/中学一年生レベルの英語もあやしかった留学生が半年間(6ヶ月)フィリピン・セブ島に留学したら人生分からないことが起きたというアンケートです。

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語を話す抵抗感はまず消えました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/英語を話す抵抗感はまず消えました・・フィリピン・セブ島に1ヶ月留学する大学生ってどれくらいの効果を実感するの?という疑問は留学前に誰もが持つものです。今回アンケートに協力してくれた大学生も1ヶ月のフィリピン留学を体験してみて、英語を話すことの抵抗感がまずなくなったそうです。

フィリピン留学体験談&インタビュー

卒業生の声 峰島優奈さん

今回は、友だちと2人でフィリピン・セブ島にアメリカ留学を経験しに来てくれました。学長のバリーとのskypeで連絡をとっている時も話題に出てくるほどで、彼の持つ高校生のイメージをいい意味で覆してくれたみたいです。何をバリーが感じたのかについては、この記事を読んでもらえればわかると思います。

フィリピン留学体験談&インタビュー 中高生体験談&インタビュー

【高校生・ホームステイ留学体験談】今では店員さんと楽しく会話できるように

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/今では店員さんと楽しく会話できるように・・・フィリピン・セブ島留学の2週間って効果あるの?って疑問はたくさんあると思いますが学生は覚えるスピードが早いのか2週間でも効果を感じてくれています。今回は高校生の2週間短期留学の体験談をアンケートからお届けします。

兄弟でフィリピン・セブ島など、海外留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

フィリピン・セブ島・2カ国留学・ホームステイ・留学・ワーホリで悩んだら、私たちが直接取材、体験してきた現地情報の 私たちのフィリピン・セブ島留学ブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ


海外行くときの海外旅行保険に入らずクレジットカードしか使わないKazukiが海外旅行保険をクレジットカードで無料にする方法をわかりやすく伝えます。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

フィリピン・セブ島への留学、2カ国留学、ワーホリ、海外留学なら渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。