英語のネイティブスピーカーのアメリカ人とのマンツーマン・ホームステイ・就職支援・安心・安全の海外留学をサポートしています

おかげさまで、フィリピン留学・セブ島留学でホームステイ留学実績 No.1

  • TEL 050-3568-4232
  • MAIL info@ethosjp.com
  • LINE @usa_cebu

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

フィリピン・セブ島留学 実績 No.1 のホームステイプランは人気プランです。お申し込みはお早めに!

mainvisual

ネイティブスピーカーによる英会話スクール

全てアメリカ人講師のスクール

HOW TO SCHOOL

ネイティブスピーカーのアメリカ人とのホームステイ


フィリピン・セブ島で、一生の宝物になる安心な海外留学を提供します。

語学留学・英語学習

【残念】留学後に(喪失感・無気力)になる人は多い【解決策あり】

留学後に(喪失感・無気力)になる人はかなり多く、やる気がなくなって数ヶ月ニートになる人もいます。僕の周りにも何人もいました。解決策は、留学後にやる事を大雑把にでも決めておく事。この記事では、留学後に(喪失感・無気力)理由と解決策を詳しく解説しています。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ前に歯医者に行こう!【海外の歯医者は値段が高い】

ワーホリ予定です。ワーホリの準備で出発前に歯医者に行った方がいいと言われますが、なにもなくても行った方がいいですか?こんな疑問に経験者が答えます。結論から言うと、海外の歯科治療は高いので、念のため事前に歯医者には行っておいた方がいいです。僕もワーホリ出発前に歯医者に行きました。

海外留学・就職

「ミニマムリスト」留学前は断捨離がおすすめ【生活が楽になる】

これから海外留学する予定です。留学前に荷物の準備をしているんですが、私物をまとめていたら、いらない物がたくさんありました。留学前に断捨離してみようと思っています・断捨離って留学前におすすめですか?こんな疑問に答えます。絶賛、断捨離中のKanです。結論から言うと、留学前に断捨離するのはかなりおすすめ。今は、メルカリで売れば小銭も稼げるし、断捨離をする事によって生産性も上がります。(実体験)

海外留学・就職

【悩んでる人必見】自分探しの留学は本当にダメなのか?に答えます。

特に夢や目標はないんですけど留学したいです。帰国後にとくにやりたい仕事もないですが、漠然と留学したいという気持ちだけで留学してもいいんでしょうか?留学がムダになるんじゃないか、将来に活かせないのではと不安です。こんな疑問に留学経験者の僕が答えます。結論から言うと、ハッキリと将来の夢を持っている人の方が少数です。

海外留学・就職

留学先(海外)ではピアスが開いてるには普通【現地で開ける事も可能】

留学先にもよりますが、海外だと赤ちゃんの頃から、耳にピアスをしていたりと、ピアスをしている事に対して何も抵抗はありません。また割と髪色も自由だと思います ですが、男性がピアスをしているとゲイに見られる可能性がありますが、女子だったら普通です。この記事では、留学するにあたりピアスを開けたい人は役に立つと情報です。

海外留学・就職

「経験者が語る」留学後のプレゼントはこれが嬉しい【帰国祝い】

留学後は友達に会えるだけで嬉しいと思います。それに、長期的に留学してた人は帰国してからお金が無いと思うので、簡単に食べられる日本食をプレゼントしたり、美味しい食事を食べさせてあげると、超喜ぶと思います。この記事では、実体験を元に、留学後に貰ったら嬉しいプレゼントを紹介します。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ・留学前は美容院に行くべき!【留学中のヘアケア事情も紹介】

4ヶ月以下の留学は、留学前に美容院に行っておけば、女性はそれほど困らないと思います。私はセブ島留学4ヶ月何もしていません。しかし、海外でも日本人経営の美容院に行けば安心です!この記事では、留学前は美容院に行くべき理由と、留学中のヘアケア事情も解説していきます。

海外留学・就職

「実体験」留学後は性格が変わる【思考が変わり人生変わります】

留学後は自分でも性格が変わったなと思います。留学先で会った外国人、生活の環境が変わると、性格は自然と変わってきます。性格が寛容になったなと思う人もいますが、逆に性格が悪くなったな〜って人もみて来ました。この記事では、実体験を元に、留学後は性格が変わるという内容について解説していきます。

外国人と一緒

新宿西口おすすめラーメンを外国人と食べる!一蘭に勝る?

他にも美味しいラーメン屋は山ほどあるのに、なぜか訪日外国人たちが一蘭だけに行列をつくるのを見ると、僕たちはこう思うわけです。結局、外国人は一蘭しか知らないだけでは?では外国人に知られていないラーメンを食べたらどうなるのか、気になりませんか?そこで今回は、新宿西口おすすめのラーメンVS有名店しか食べないフィリピン人で実食します。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ前いつ仕事辞める?必要な費用はアルバイトでも稼げる!

社会人だけど海外に行って見たいです!旅行より長期間での海外生活でしかできない体験もしたいし、英語も話せるようになりたいです。でもワーホリで仕事をやめずに続けた方がいいのかなとも思います。こんな疑問に答えます。仕事をやめてまでワーホリへ行くべきかどうかですが、結論から言うと迷ってるくらいなら行くべきです。でも仕事を辞める前にお金の準備も必要なので、辞めるタイミングや帰国後の計画(一年後なので変わって当然)もある程度はあった方がいいと思います。

全てアメリカ人講師のスクール

ETHOSは、ただマンツーマンの授業時間が多ければ英語が喋れるとは考えていません。
長時間のマンツーマンレッスンで永遠と話続けることを特徴にする学校は多いですが、ETHOSでは効果的でないと判断しています。
ここで、大学や高校の授業を想像してみてください。
そうすれば授業で受けた内容を授業中に完璧に覚えることが、どれほど難しいことか理解できます。
それと同じで、留学とは言っても英語の授業を受けただけで英語を身につけるのは不可能です。
英語を覚えて、しっかりと話せるようになるためには、授業を受けるだけではなく、授業の内容をしっかりと復習する環境と、その英語を実践できる環境が必要不可欠だと考えています。
留学に必要なのはマンツーマンの授業数ではなく、適切な授業時間数、学んだことを復習できる環境、英語を実践できる環境英語の3つが大切です。

英語が話せるすごい仕組み

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

語学留学で、ETHOSが選ばれる理由

英語を覚えるために必要な環境を用意しています。

1 すべてアメリカ人から授業を受けられます!
ETHOS(エトス)なら、アメリカまで行かなくてもフィリピン・セブ島でアメリカ留学ができます。クラスはすべてプロのアメリカ人が授業を担当。留学生のレベルの合わせた最適なカリキュラムを作成します。さらに、人数限定でホームステイの受け入れも行っています。ETHOS(エトス)の授業はすべて英語のネイティブスピーカーであるアメリカ人講師が担当します。
他校のように忙しい時期に臨時アルバイト教師を雇うことはありません。
収容人数30名の小規模な学校ですが、アメリカ人講師たちは手を抜かずに週一回のミーティングを開き留学生ひとりひとりの情報共有をし授業に反映します。
2 日常的に英語を使える環境を提供します!
フィリピンでは3食提供、ホテル並みの施設など至れり尽くせりの語学学校が一般的です。
ですが、ホームステイのホストであるアメリカ人講師と話したり、食事をオーダーしたり、ランドリー(洗濯物)を出しにいくときは英語を使う絶好のチャンスです。
ETHOS(エトス)はその機会を留学生に活かしてほしいと考えています。
また授業以外にもカップケーキパーティ、チャーチサービスなどのアクティビティを多数用意して留学生が英語を実践する環境があります。
3 間違えても間違えても受け止めてくれます!
ETHOS(エトス)の講師たちは英語のネイティブスピーカーであり英語を教えるプロです。
日本人が間違えやすいポイントを理論的に理解しています。
さらに、なんど英語を間違えてもいやな顔をせずに聞いてくれます。
なぜなら、間違えてもらってこそアメリカ人講師たちは自分たちが役に立つと考えています。
ですのではじめは英語を話すこと自体が少し恥ずかしいと感じるかも知れませんが、どんどん失敗を恐れずにいい意味でアメリカ人を使いこなしてください。


フィリピン・セブ島留学のETHOSでは、
マンツーマンレッスンはしません

フィリピンには8時間以上の長時間のマンツーマンレッスンを行い、フィリピン人講師から英語を学べる学校が200校以上(セブ島以外も含めて)あると言われていて、留学生の数も2016年には3万5千人を超える規模になりました。
ですが、長時間のレッスンを受けて満足する留学生が多くても、結局は英語を長時間学習したことだけに満足して、英語を喋れずにフィリピン留学を終えてしまう日本人がたくさんいます。
フィリピン留学の大きな特徴であるマンツーマンについては多くのメリットが語られる一方で、そこにはデメリットが語られません。
マンツーマン授業のみをしている留学生に1番多いデメリットは『人前で英語を話せないこと』です。
他にも、マンツーマンでは生徒が英語でなにを言っているのか理解できないと、授業中に講師の伝えたいことを理解することもできないですし、他の人に助けてもらうこともできません。

ETHOSについて

1 講師との馴れ合いが起きる

授業を体系的に組み立てて、英語の分からない生徒に根気よく教えるには、フィリピン人講師に相応の努力が必要です。
また、ただ一度担当の講師と関係ができると、終始おしゃべりだけで終わってしまう講師もいます。
その方が講師も授業をするより楽だからです。
ETHOSでは、講師と生徒の程よい距離感を大切にしています。

2 ボキャブラリーが増えない

授業中に2人だけで話していると、どうしても話す内容がいつも同じような内容になってしまいます。
話す内容が同じになると、使われる語彙も変わりません。
結果的に、使う英語が同じようなものに偏ってしまいボキャブラリーが増えません。
ETHOSでは、海外留学だからこそたくさんの英語に触れて欲しいと考えています。

3 カリキュラムがない

カリキュラムの作成をフィリピン人講師に一任している学校も少なくありません。
そうした場合、講師一人一人がしっかり行っているのかどうかの管理が難しく、講師によって学べる英語スキルが変わってしまったり、フリートークになってしまっている学校があります。
ETHOSでは、長年の経験から独自の教育プログラムがあり、講師も週一回のミーティングを開き留学生ひとりひとりの情報共有をし授業に反映します。

フィリピン留学のマンツーマンは効果なし!?

実は、マンツーマンレッスンを提供していた

過去の留学生を見てきた結果、英語が喋れない初心者の日本人にはマンツーマンよりも少人数のグループレッスンが効果的だと判断しました。
その理由は、マンツーマンよりも少人数制グループレッスンに効果を感じる留学生が多かったことが大きな理由の1つです。


実践力をつける、
少人数制グループレッスン

ETHOSでは、レベル分けした6人の少人数制グループレッスンを採用しています。
人の目が気になる方もいますが、カフェで勉強する方が家で1人で勉強をするより捗る理由は他人の目があるからです。
効果的な学習をするためには学ぶために最適な環境を利用することも重要です。そしてETHOSの少人数制グループレッスンには、英語学習を集中して継続できる環境があります。
ETHOSにくる留学生の約3割がフィリピン留学後にワーキングホリデーでオーストラリア、カナダへ行く留学生、転職、就職のために留学しています。
そのためなのか、今まで英語の勉強を真面目にしない生徒が留学したことは一度もありません。

英語が話せるすごい仕組み

1 わからないところを教えてくれる

授業で分からないところがあれば、講師が親切丁寧に教えてくれるのは当たり前です。
でもときには英語で説明されると、どうしても理解できないときがあります。
そんなときはほかにいる少しだけ先輩の留学生たちが教えてくれます。これは、グループレッスンだからこその形です。
一言、二言のサポートで授業が分からずに進行することを防ぎます。

1 ほかの人の英語の言い回しを聞ける

はじめて留学した人の多くは英語を喋れません。
でも少しだけ早く留学している先輩たちは、授業中でもあなたの知らない英語のフレーズで講師と会話したり、回答したりすることに気づくでしょう。
ETHOSのグループレッスンでは、すでに留学中の先輩の中に入り学んでくことで、講師以外にも先輩からも教えてもらえる関係が築かれます。
まずは、先輩たちの真似をして会話がスタートできます。

1 授業で話題が盛り上がる

留学中の悩みに、孤独があります。
同じ目的を持つ者同士6人で集まると、目的以外の話題で盛り上がり、他者の新しい一面を見つけたり、マンツーマンにはないほど話が盛り上がる時がグループレッスンにはあります。
その結果、孤独を感じることなく、モチベーションを保ちながら留学生活を続けられます。
ETHOSでは、はじめての海外留学でも安心して過ごすことができます。

1 馴れ合いが起きにくい

2人で行うマンツーマンだと、時間が経つにつれてどうしても馴れ合いが起きてしまい、時には恋愛相談になってしまうこともあります。
しかし、グループレッスンでは馴れ合いはまず起きません。
真面目に授業を受けているほかの留学生に刺激を受けながら、講師も授業に集中できます。

グループが効果的だという考え方

この考えはオックスフォード大学、ケンブリッジ大学などの大学でも少人数制の6人で授業をおこなうことからもアイデアを得ています。
ただし、グループレッスンにも1つだけデメリットがあります。それが「分からないところをすぐに聞けない。」ということです。
実際には、6人以下という少人数で行うので授業で分からないところがあったら講師にすぐ確認することができます。
それでも、なかには空気を読んで話を遮ってしまったら周りに迷惑がかかると、聞けない生徒がいることも理解しています。
そこで、学習効果が落ちてしまったら本末転倒です。
ETHOSのグループレッスンでは、そのあたりも配慮しながらスクールを構築しています。


質問はアメリカ人講師による、
マンツーマンによる対応で解決します。

そこで、あることを考案しました。
ETHOSでは授業で習ったことを復習する時間を2時間使います。
校内にあるライブラリーで、皆独自に復習をするところまでは、1人で復習するのと同じです。
ひとつ大きく違う点は、ライブラリー内でネイティブスピーカーのアメリカ人講師にマンツーマンで質問できる時間を設けていることです。
これによって、日本の個別学習指導をする学習塾のように、授業で分からなかったことや復習でつまづいたこと、新たな疑問について、しっかりとネイティブスピーカーのアメリカ人講師からマンツーマンで聞くことができます。
これで授業に1人だけ「分からないまま取り残される」ことはありません。

アメリカ人講師のご紹介

● 学習した英語を実践で使う、アクティビティがたくさんあります


ホームステイ先の子供たちや、ホストファミリーと話す

ETHOSスタッフ家族との交流など

アメリカ人講師宅でカップケーキパーティー

フィリピン・セブ島に行ったらアイランドホッピングや、ビーチに行ったり、ジンベエザメを見に行ったりするアクティビティには是非行って欲しいです。
それ以外にもETHOSには英語を使えるアクティビティがあります。
例えば、アメリカ人講師が出かけるときは声をかけてくれたり、カップケーキを作ってパーティを開いたり、週末にあるカトリックの教会の集まりに誘ってくれます。
アクティビティがないときでも、朝食を食べながら英語を話したり、ホームステイ先の子供たちや、ホストファミリーと話すこともあります。
洗濯をするときにはランドリーの店員さんと会話、買い物に行くときは定員と会話など、インプットした英語をアウトプットできる実践の場がたくさんあります。
まるで本当の家族のように接してくれるアクティビティと、実際に英語を実践できる場がたくさんあります。
ただ英語を授業で学ぶだけでなく、アメリカ人講師の家族とそのコミニティに入って、英語に一日中触れることができる環境は『ホームステイ留学実績No.1』ETHOSにしかありません。
主に木曜日にアメリカ人講師宅でカップケーキパーティー、日曜日には新入生とアメリカ人講師、既にいる留学生でディナーに出かけます。
その他、ETHOS生徒限定のアクティビティも用意しています。
授業でアメリカ英語を学ぶ以外にも、留学生活を充実させ一生の思い出となるように様々なアクティビティを用意しています。

【留学中の日常】授業外のアクティビティ、カップケーキパーティーの1日

留学生の一日の流れ

2ヶ月のフィリピン留学

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】エージェントを通さないから不安だった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/沖縄からフィリピン・セブ島に2ヶ月(8週間)の留学にきてくれた大学生のアンケートです。留学=エージェントを通すと考えていた花城さんの体験談を、同じ悩みを抱えているひとはぜひ参考にしてください。

海外留学・就職

留学中の洋服は適当でOK【外国人は基本お洒落じゃないです】

これから留学する予定があるんだけど、みんな留学中はどんな洋服を着ているのだろう?お洒落してるのかな?留学生がどんな格好をしてるのか知りたい。こんな疑問に答えます。結論から言うと、どこの国に留学しても基本的に留学中の洋服は適当でOKです。留学する国によっては、お洒落しすぎると「ゲイ」だと思われる事もあります。(男性の場合

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリで一人暮らし!?【最適な滞在方法】教えます

ワーキングホリデーでオースワーキングホリデーでオーストアリアかカナダに行こうと思います。ワーホリ中は日本で一人暮らしするみたいに生活するんですか?どんな滞在方法があるのか知って起きたいです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、ワーホリ中の一般的な滞在方法はプライベートがある程度守られる半分1人暮らしのルームシェアです。 トアリアかカナダに行こうと思います。ワーホリ中は日本で一人暮らしするみたいに生活するんですか?どんな滞在方法があるのか知って起きたいです。 こんな疑問に答えます。結論から言うと、ワーホリ中の一般的な滞在方法はプライベートがある程度守られる半分1人暮らしのルームシェアです。

フィリピン留学

「フィリピン・セブ島留学」ドライヤーは現地購入がおすすめ!

フィリピンと日本では電圧が違うので、日本のドライヤーは使えません。フィリピン・セブ島留学では現地での購入をおすすめします。この記事では、フィリピン留学でのドライヤー事情について解説していきます。

フィリピン留学体験談 中高生体験談

【高校生・ホームステイ留学体験談】発音の授業は特に効果があった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/発音の授業は特に効果があったという藤田さんの体験談です。高校生は1ヶ月でも成長率が高いです。

フィリピン留学

【セブ島留学】 女性に必要な服装をシーン別に女性が紹介!

セブ島留学中の女性は現地での服は何をきたらいいんだろう?実際にセブ島留学した人の声や情報を聞きたいな。こんな疑問に答えます。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ楽しい!と言わない人が持つ5つの考え方【深刻】

ネットで調べたり知り合いづたいに情報収集すると「ワーホリして良かった!」という意見もあるけど、「正直楽しくなかった…」という意見も聞きます。楽しくなかったと言う人はどうしてそう思うんでしょうか?ワーホリって楽しいんじゃないんですか?こんな疑問に答えます。結論をひとことにするとイメージと現実のギャップだと思います。

マニラ

「マニラ」コスパの良いフィリピン料理屋【Giligan's Restaurant】

A.Venue Mallにある、フィリピン料理屋「Giligan's Restaurant」に行ってきました。 フィリピン料理は他の国の料理と比べて安価ですが、このレストランは集団で行くともっとコスパ良くフィリピン料理を食べる事ができます。 では早速、レビューを書いていきます。

フィリピン留学

「フィリピン・セブ島留学」シニア世代に人気な4つの理由

フィリピン・セブ島留学はシニア世代にも大人気です。年々シニア世代の留学生も増えています。フィリピンは親日で日本から近く、物価が安いのも人気な理由の一つです。この記事では、シニア世代のフィリピン・セブ島留学について解説していきます。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ中に絶対使える!英語フレーズ111選【初心者向け】

ワーホリに行きます!英語を話せるようになりたいけど、いきなりは難しいから、場面ごとに使う英語フレーズだけ覚えておきたいなと思います。それ知ってるだけで安心ですし、英語ができないワーホリで使える英語がいいです。こんな悩みに経験者が答えます。結論から言うとフレーズは覚えるだけで使えて便利でアメリカ人もよく使うフレーズを紹介します。

スクール設備・周辺の様子を見てみよう

ETHOS校手前の道路
ETHOS校手前の道路
スクールをおこなう部屋
スクールをおこなう部屋
ゆっくりとくつろぐスペース
ゆっくりとくつろぐスペース
学校の向こう側に見えます
学校の向こう側に見えます
常に清潔に保たれています
常に清潔に保たれています
おなじみのお店も近くに
おなじみのお店も近くに

スクール内はホワイトを基調とし清潔感があります。
各教室には液晶大画面モニターを設置し、主にカンバセーションクラスで使用します。
ライブラリーには実際にアメリカで使われている、テキストを1,000冊以上用意してあります。
ラウンジでは無料コーヒーを用意してあり、何杯でも飲むことができます。
ETHOS周辺にはショッピングモールが2箇所あります。
ショッピングモール内にはフードコート、ベーカリー、食料品コーナー、ファーストフード店、レストラン、両替所、ATMがあります。
豊富な品揃えで石鹸から日本製のシャンプーまで基本的に何でも揃えることができます。
支払いはクレジットカードも使え安心して買い物を楽しめます。
またタクシーで5分の場所にSea Side Smモールというセブ島最大級のショッピングモールもあります。

【セブ島でアメリカ留学ETHOS】学校周辺環境

フィリピン政府に公式認定された語学学校

Technical Education and Skills Development authority(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)
TESDA認定校

SSP(Special Study Permit/特別就学許可証)
SSP認定校

ETHOSはTESDA・SSPと言った学校運営に必要な資格以外にも、2015年にAsia Pacific Excellence 2015、Golden Globe Awards in 2015をフィリピンの教育機関として受賞しています。
2016年にはPHILIPPINES’S TOP CHOICE AWARD 2016で受賞して雑誌への掲載、日本ではラジオ日本へ出演する機会をいただけるまでになりました。もちろん、正直に言えばまだまだ改善を重ねるべき課題はありますが、これからも真摯にその問題の解決に力を入れ留学生にとってよりよい環境を提供していきます。
これからETHOSに留学しようと考えている学生には、留学が一生の思い出になるのはもちろんのこと、将来にプラスになるよう留学生活を精一杯思いっきり楽しんでもらえるように全力でサポートしていきます。

● 37年の講師実績

学長バリーは1年6ヶ月の滞在予定でカトリックの宣教師としてセブ島に来比。
フィリピン人とセブ島が好きになり現在に至るまで、フィリピン人に英語で聖書を教えたり英語のレッスンを30年以上経験しています。

● 10,000回以上のSKYPEレッスン

アメリカ人講師たちは卒業生だけでなくスペインの弁護士、LGや現代(ヒュンダイ)など韓国企業など法人クライアントに対して10,000回以上の授業実績があります。

● SSP認定校

SSP(Special Study Permit/特別就学許可証)の略称で、フィリピンで留学をして勉強するためには「SSP」が必須です。
入国時には「観光ビザ」として入国し、その後学校にて「SSP」の発行の手続きを行います。
フィリピン国内で合法的に勉強するために必要なのがSSPになります。
ETHOSでは、SSPを正式に取得してあり、現地でのSSP代行手数料を取らず、無料でスタッフが責任を持ってSSPを発行いたします。

● TESDA認定校

TESDAとは、Technical Education and Skills Development authority(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)の略称です。
TESDAの認定を受けるには、語学学校の『カリキュラム』『講師の指導技術』『税金等の法的遵守』『設備』『経営』『財政』『安全面』などで一定の水準を満たしていなければ取得できません。

TESDAを取得していない語学学校もありますので、TESDAの有無は、語学学校の品質の指標になります。
ETHOSでは、全ての水準をクリアしており、TESDAを正式に取得しています。

Asia Pacific Excellence 2015
Asia Pacific Excellence 2015
Golden Globe Awards in 2015
Golden Globe Awards in 2015
Philippines Top Choice Award 2016
Philippines Top Choice Award 2016
多くの日本人学生が留学しています

京都大学、宇都宮大学、高知大学、東京国際大学、東北大学、上智大学、筑波大学、獨協大学、同志社大学、明治大学、日本大学、東海大学、亜細亜大学、横浜国立大学、沖縄国際大学、東京農工大学、東京農業大学、北海道科学大学、和光大学、成美大学、拓殖大学、桜美林大学、金城大学短期大学部、摂南大学、東京家政大学、関西外国語大学 など

人気の留学に関する記事をチェック!

海外留学・フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーワーキングホリデー・2カ国留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学をまとめた「海外留学ブログの中で人気」のこちらの記事をまずはお読みください。

セブ島レストラン

【セブ島】ハンバーガーはシャングリラのBuko Barが美味しくて侮れない

セブ島で6店舗以上はハンバーガー屋さん試してます、かずき兄です。 セブ島でハンバーガーと言えばジョリビーやマクドナルド、バーガーキングだけど、もう少しお金出していいから美味しいハンバーガーが食べたいと思ったらどこに行けばいいんだろう?という疑問にブコバーのスモークドバーガーをおすすめします。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリのカナダとオーストラリアの費用を比較してみた

ワーホリに行きたいけどオーストラリアとカナダってどっちがいいですか?費用面もちろんですが現地の過ごしやすさや気候、仕事の見つけやすさなども気になります。こんな疑問にワーホリ経験者の僕が答えます。結論から言うと費用面での差はほとんどないので、直感で選んで大丈夫だと思います。僕は暖かい国が良かったのと、シドニーオリンピックが開かれたのを知っていたという理由にならない理由でオーストラリアを選びました。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

留学前の悩みも3日もたたないうちに消えました

一足先にフィリピン・セブ島にあるETHOSで8月7日から9月3日まで過ごした先輩留学生2名の体験談を載せています。留学前の悩みや留学生活の声をアンケートから見てみましょう。

海外留学・就職

留学中にすること3選【極限まで留学を充実させる方法】

留学中は、予習・復習を含めて学校の勉強をしっかりすること。積極的に外に出かけて外国人の友達を作る。留学先でしか出来ない事をやってみる(ローカルフードを食べる・観光する等)をしましょう。それと日本でやれる事は留学前に済ませてきましょう。この記事では、留学中にすること3選を解説していきます。

フィリピン留学体験談

【親子・短期・ホームステイ留学体験談】フィリピン・セブ島へ夏休みに1週間の短期留学

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の親子留学生の体験談・インタビュー/親子でフィリピン・セブ島に短期留学してくれました。もともとの予定は、親子で旅行へ行く予定だったのですが、ホームステイをしたいと言うことでアメリカ人講師宅にホームステイができるETHOSへ留学してくれることになりました。

セブ島レストラン

【セブ島】シャングリラマクタンのコウリーコーブは料理も雰囲気もおすすめ

シャングリラマクタンにあるシーフードレストランのCowrie Cove(コウリーコーブ)のシーフードの値段っていくらくらいだろう?美味しいの?お肉もあるのかな?ということで。 結論から言うと雰囲気だけじゃなくて料理も美味しいです。 また、今回は大人4人と幼児1人で行ったときのお会計を公開するので予算感も掴めます。

語学留学・英語学習

hit it offの意味って?恋愛に使えるフレーズ10選

hit it offの意味は恋愛にも使えるフレーズです。 それ以外もふくめて10つアメリカ人にまとめてもらいました。

マニラ

マニラ行き航空券が安い時期とおすすめの航空会社【2万円で行く】

海外に行くのに出来るだけ航空券を抑えたいと思いませんか?LCCのプロモ時期にタイミング良く買えば、成田からマニラへの往復も2万円以下で買えます。この記事では、成田空港、羽田空港、名古屋、大阪からマニラまで出来るだけ安く行くためにどの航空会社を使うか、航空券を購入するベストなタイミングも教えます。

マニラ

【マニラ】中心地の近未来都市「BGC」ボニファシオ・グローバルシティを紹介

マニラの中心地・ビジネス街である「BGC(ボニファシオグローバルシティー」ってどんな所だろう?って方へ。 BGCの街並みを写真を使って35枚使って紹介します。実際に、BGCに行ってたくさんの写真を撮ってきました。フィリピンとは思えない先進国を思わせるような街並みを写真と共に、ご覧ください。

ホームステイで使える英語フレーズ

語学留学・英語学習

【卒業生に聞いた】ホームステイで確実に使える実践的な英語フレーズ

海外留学が決まったあなた。留学の準備はできたら、留学するまでの限られた期間でできるだけ英語を勉強してください。「英語がしゃべれるようになるために留学するのに?」と思うかもしれませんが、覚えている単語、フレーズの数が多ければ多いにこしたことはありません。

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

@ethos_cebu

ホームステイ・セブ島留学・2カ国留学の体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学のETHOSの卒業生の生の声です。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】一緒に勉強した日本人の人たちとも仲良くなれた

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/19歳の1ヶ月フィリピン・セブ島留学体験談です。留学前はまわりの友だちと仲良くなれるか?という誰もが不安になる心配事ってありますよね。今回アンケートに答えてくれた富田さんも同じように不安を抱えていました。なかには友だちと2人で留学にくる留学生もいますが、ほとんどは1人でETHOSに留学にくる留学生です。

フィリピン留学体験談ブログ

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】ホームステイでなかったらここまで英語が上達してなかった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/5月20日に卒業した柴田さんは福岡県からETHOSに3ヶ月間(12週間)の留学へ来てくれました。アンケートには治安について心配していたと書かれていますが、実際に留学してみてどう感じたのかをポッドキャストで話してくれています。これから留学を検討している方はこの記事と合わせてPodcastもぜひ参考にしてください。

ホームステイ

フィリピン留学体験談 中高生体験談

【高校生・ホームステイ留学体験談】安い価格で英語の海外留学、旅行などでは学べないようなことも学べる

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/18歳で高校生のオシタトモハルさんがETHOSに留学されたので、体験談を語って頂きました。セブ島の雰囲気、学校の様子、講師やスタッフたちの人柄、そして何を感じたのかについて話をしてもらいました。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】毎日の授業とても充実した時間を過ごせた

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/学生時代と社会人はライフスタイルが全然違います。学生のときは学習意欲を感じなかった人でも社会人になってからだと、毎日授業がある生活がとても充実すると実感できるようです。今回は、フィリピン・セブ島にあるETHOS(エトス)に4週間の留学をしてくれた瀬戸川さんです。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】子供も留学させたいです

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/子供も留学させたいです・・・今回は社会人の1週間フィリピン・セブ島留学です。アンケートに子供も留学させたいと書いてくれました。 アイランドホッピングがよかったと言ってくれたので、アイランドホッピングの記事を書きました。こどもと行っても安心、しかも格安ツアーなのにボート貸切です。

フィリピン留学体験談 中高生体験談

【中学生・ホームステイ留学体験談】夏休みに一人ではじめて留学する中学三年生

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の中学生留学生の体験談・インタビュー/中学3年生の山根さんが広島県尾道市から夏休みを利用してETHOSに短期留学してくれました。普段、エトスにくる留学生は大学生や社会人の留学生が比較的多いですが、夏休みは中学生、高校生の比率がグンっとあがります。学校の休みを利用して留学を考えている方は、ぜひ参考にしてください。また音声でも体験談を聞けます。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】発音の練習が特に良かった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/DMMのオフィスで行われたフィリピン観光省が主催したフィリピン留学エキスポにETHOSも参加していたのがきっかけで留学をした留学生の体験談です。

アイランドホッピング

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】他国の文化を身近に感じることができておもしろかった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/社会人32歳の3週間の短期、フィリピン留学の体験談です。アメリカ人の発音は聞き取りやすかった。先生は明るくてみんな良い人でした。学校と家が近いのは良いが、治安のこともあり行動範囲は狭かった。ホームステイは他の文化を身近に感じることができておもしろかった。

フィリピン留学ホームステイ

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】本当に学校があるのか不安だった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/海外のことを知りたいと思い始めてから、留学のことを考えた山崎さんはアメリカ人講師のジョンの家にホームステイをしました。ジョンの家でホームステイをするメリットは授業時間の6時間以外にも家でジョンが授業をしてくれることや、子供たちと遊ぶときに英語を使わないといけない環境にあったといいます。

22歳のフィリピン留学体験談、アンケート、口コミ

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】フィリピンで本格的にAmerican Englishを学べる

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/今日のアンケートはポッドキャストでも話してくれた、かまたじゅんさんです。1週間の短期留学でしたが、6ヶ月のアメリカ留学経験のある方からも授業のクオリティの高さを感じてもらえたようです。

兄弟でフィリピン・セブ島など、海外留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

フィリピン・セブ島・2カ国留学・ホームステイ・留学・ワーホリで悩んだら、私たちが直接取材、体験してきた現地情報の 私たちのフィリピン・セブ島留学ブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ


海外行くときの海外旅行保険に入らずクレジットカードしか使わないKazukiが海外旅行保険をクレジットカードで無料にする方法をわかりやすく伝えます。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

フィリピン・セブ島への留学、2カ国留学、ワーホリ、海外留学なら渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。