keyvisual imagekeyvisual image mb
keyvisual front layerkeyvisual front layer mb

3ヶ月で英語が話せる理由

3ヶ月で英語が話せる理由

3ヶ月で英語が話せる理由

フィリピン・セブ島留学を考えている方にとって気になるのが、現地での生活環境と、英語が話せるようになるのかどうかです。

英語を真剣に学びたい留学生であればあるだけ、ここが一番重要です。

 

  • 英語が話せるようになりたい
  • ワーホリに行く前の基礎英語力をつけたい
  • 英語を使って仕事をしたい
  • アメリカ人から英語を習いたい

 

ETHOSが留学生に選ばれているのは、3ヶ月で英語が話せるようになるからです。

 

そこで、このページでは「なぜETHOSだと3ヶ月で英語が話せるようになるのか?」また「どんな環境で生活ができるのか?」をご紹介します。

まずは留学生の英語力を聞いてみてください

彼らは、はじめ英語を話せませんでした。いまこのページを読んでいるあなたと変わりません。

その状態から卒業後はここまで話せるようになっています。

 

純季くんはオーストラリアでローカルのホテルの仕事を取り、もうひとりはTOEIC対策をせずに700点をとり、マレーシア1社、シンガポール2社の企業インターンに採用されました。

 

「わたしにはできないんじゃないかな・・・」

 

もしかしたら、そう不安になるかもしれません。でも、安心してください。

 

基本的に日本人は中・高と学生時代に英語を6年以上勉強しているので、話す以外の基本的な英語に関しては知識が備わっています。

さすがに、ABCとアルファベットが言えないと3ヶ月で英語を覚えるのは難しいですが、そうでもなければ、あとは話す練習をどれだけできるかが肝心です。

 

ではなぜ、他校では結果がでないのにETHOSに留学にくる留学生が3ヶ月で英語が話せるようになるのでしょうか。

なぜ英語が話せるようになるのか?

なぜ英語が話せるようになるのか?

ETHOSのアメリカ人講師は、全てアメリカ人、英語のネイティブ・スピーカーです

さらにほかの学校のように繁忙期に低賃金で臨時の講師を雇ったりもしません。

 

小規模な学校でも手を抜かず、週一回のミーティングをアメリカ人講師間で開き、留学生の情報共有などを随時行い、効果的な学習を提供できるように日々勤めています。

 

授業の質が高いことも、ETHOSの留学で英語が話せるようになる理由のひとつですが、ETHOSでは机にかじりつくだけで英語が話せるようになるとは考えていません。

もし、そうならば中学、高校と6年間は少なくとも英語を勉強していた日本人のほとんどは英語が話せるはずです。

でも残念ながらそうではありません。

 

英語を話せるようになるためには勉強の時間だけでなく、話すときも、読むときも、聞くときもスマホでヒマをつぶしてるときでさえ常に英語に触れることが大切です。

 

そこでETHOSでは日々の生活の中でも留学生が自発的に英語を使える機会を提供しています。

つまり、ETHOSで英語が3ヶ月で話せる理由は、授業だけでなく、家にいるときも常に英語を使う機会がたくさんある環境だからです。

 

さらにアメリカ人から英語を習うことで、フィリピン留学をしてフィリピン人から英語を習ったのに、

 

「アメリカ人に英語が通じなかった・・」

「アメリカ人が何を言ってるか理解できない。」

 

このような二度手間も省くことができます。

※学習方法やレッスンについての詳細はスクールについてをご覧ください。

ETHOSでの留学生の日常

ETHOSでの留学生の日常
  • お店でオーダーをする
  • ステイ先でホストのアメリカ人講師と話す
  • 洗濯物をランドリーにだす
  • アメリカ人とケーキを作る

 

留学では勉強はもちろんですが、普段の生活の中で英語を使い、なんども反復することが英語力の向上に最も重要だと考えています。

 

ほかにも、

  • 英語で日記を毎日書いてホストに添削してもらう
  • 日曜日にアメリカ人とフィリピン人と一緒に教会へ行く
  • 現地でフィリピン人の友達を作って遊びに行く
  • フィリピン人、アメリカ人とご飯を食べに行く

 

英語を話せるようになるために必要なのは毎日コツコツと英語を話す練習ができる環境です。

このように授業以外にも英語に触れ合える時間がETHOSにはあります。

 

英語を話せない方からすると、いきなり英語を話すのはハードルが高く感じるかもしれません。

でも大丈夫。

 

はじめは自分の知っている単語を短くてもいいので文にして話すことからはじめてください。

喋るなかで、自分の知っている英語を「単語」で話さず、短くてもいいので「文」にして話すことを繰り返しなんども続けていきます。

自分の知っている英語を「単語」で話さず、短くてもいいので「文」にして話す

はじめはこれだけでもOKです。

 

短い「文」と「文」でも繋げることで立派な「文章」になります。

だんだんと繰り返して、自分の気持ちを文章にしていきます。

繰り返して、自分の気持ちを文章

実際に英語を使うことを3ヶ月間継続することで、英語は喋れるようになります。

 

英語が話せるようになるとオーストラリアにワーホリで行っても英語環境の仕事で働けたりとメリットが大きいので、ETHOSには2カ国留学を考えている留学生がたくさんいます。

 

過去にも、オーストラリアのワーホリでローカルホテルで働いた留学生、青年海外協力隊に行った留学生、外資系企業に転職した留学生など直接目に見える結果を出す留学生もたくさんいるのも、正しい環境で授業以外の普段の生活からも英語を学んでいるからです

ETHOSで英語に触れる平均時間

それでは、ETHOSでどれくらい英語に触れる時間があるのでしょうか。

1日の学習時間

1日の自習時間

ステイ先での生活

924

3ヶ月で英語と
ふれあえる時間

土日を除いても英語環境にいられる時間が3ヶ月で924時間あります。

土日の時間を合わせると、1200時間を超えます。

 

初心者がTOEICで200点のスコアアップに必要な時間は450時間ですので、ETHOSでの学習効果はその3倍近くです。

 

これがETHOSに留学すると3ヶ月で英語が話せる理由です。

続いて、留学生に提供する生活環境についてです。

英語を話せるようになりたい留学生のための環境

慣れない海外生活はストレスがかかりますし、日本では考えられない問題も起こります。

 

そのストレスを軽減させようと、語学学校がホテルや朝・昼・晩の食事つきで留学生に至れり尽せりの環境を提供すると留学に「快適さ」は生まれます。

ですがそれと引き換えに「英語を使う機会」が奪われてしまいます。

 

留学生に必要なのは至れり尽くせりのサービスではなく、英語を話さなければいけない環境です

この考えに基づき、ETHOSでは滞在方法をあえてホテルではなくホームステイにしています。

そうすることでホストであるアメリカ人と話す機会が生まれます。

 

同じように、留学生には洗濯や食事など日々の生活で英語を使わなければいけない機会を奪わずに最大化するよう設計しています。

 

ほかにもETHOSでは、

  1. 真面目に英語を学びたい留学生が集まる
  2. 一日に英語に触れられる時間は14時間

 

このように留学生が英語を話せるための環境作りを徹底しています。

お酒・タバコをしないアメリカ人講師

お酒・タバコをしないアメリカ人講師

フィリピン・セブ島留学は安くて気軽にいけるため、年間3.5万人以上の日本人が留学します。

 

ですが、その気軽さゆえに多くの人たちは遊び半分で留学をします。

そのため、しっかりと英語を勉強したい留学生にとっては学校選びが本当に重要になります。

なぜなら、同じ学校にいる留学生が遊び半分だと、どうしても楽な方に流されてしまうからです。

 

おかげさまでETHOSにくる留学生は真面目な方たちばかりです。

真面目な留学生が多い理由のひとつとして、アメリカ人講師は誰1人お酒を飲みませんし、タバコを吸わないことがあげられます

真面目で真剣に英語を学習できるというほかの語学学校でも、すべての講師がお酒、タバコを一切しない学校を今まで聞いたことがありません。

なぜならフィリピン人はお酒が大好きだからです。

 

でもETHOSの場合、すべてのアメリカ人講師がお酒、タバコをしないので、例えお酒好きの留学生がETHOSにきても、ステイ先でお酒を飲むわけにもいかないので自粛します。

つまり、ETHOSでは留学生がクラブに行って遊んだり、お酒を夜までステイ先で飲み明かすような生活を仮にしたかったとしても、ステイ先で飲み明かしたり、門限を破ってクラブで遊び明かしたりができない環境です。

 

これはどんなに、真面目な留学生が集まりますというよりも説得力があることだと思います。

一日に英語に触れられる時間は14時間

一日に英語に触れられる時間は14時間

ETHOSでは、アメリカ人講師が住んでいる家に宿泊できるホームステイを提供しています。

すべての家は学校から徒歩圏内で、半数以上が学校から1分以内の場所に位置しています。

 

また実際にアメリカ人講師が家族と暮らしているため安全性も高く、安心して過ごせるのはもちろん、アメリカ人の普段の何気ない会話を学べます。

 

ステイ先の家族構成も様々で1人〜5人家族の家庭があります。

ステイ先の部屋と清掃について

2人部屋、4人部屋があり各自のベットがあります

2人部屋、4人部屋があり各自のベットがあります。

スペースは広くありません。

部屋は寝るだけに使われています。

2人部屋の場合も4人部屋と同じで、広くはありませんが、十分なスペースがあります。

部屋の掃除はフィリピン人スタッフが担当

部屋の掃除はフィリピン人スタッフが担当しています。

週に1~2回、部屋の清掃から、共有部分であるバスルーム、トイレ、ベッドのシーツ、タオルなど清潔に保ってくれています。

学校のトイレも毎日、掃除をしていてキレイです。

洗濯について

部屋の掃除はフィリピン人スタッフが担当

(真ん中の女性がランドリーの店員さん)

 

ETHOSでは学校から歩いて10秒くらいの場所にランドリーが2つあります。

そこで各自、留学生に洗濯物を出してもらいます。

 

留学生に英語の学習に集中できる環境を用意するのは学校として当然ですが、学校がすべてを代行して留学生の英語を使う機会を奪うことは、ETHOSではやりません。

 

少し不自由に感じる方もいるのは理解できますが、生活に必要なことだからこそ英語を使う機会が生まれます。

日々の生活で使う英語は、授業ではなく、日々の生活の中で覚えるのが1番効果的です。

食事について

食事について

ETHOSではランチはケータリング、または外食も可能です。

 

フィリピン留学では朝・昼・晩と食事付きで料金プランに含まれている語学学校が主流です。

ですが実際に留学生に話を聞くと3食学校の食事は食べずに外食をする人がたくさんいることに気づきました。

 

そうすると、食事代を料金に含めるとお金がもったいないですし、ランチ、ディナーも外食をすれば英語を使う機会をつくりだすことができます。

 

オーダーをすることひとつとっても英語で行えば立派な英語の学習です。

留学生活のなかでお気に入りのレストランを見つければ、

すぐに常連になり、そこに会話が生まれます。

 

そうは言ってもフィリピンの外食は日本人には油っぽいものが多いのでランチはケータリングにして野菜を食べたり、留学生の自主性にお任せしています。

 

※一週間の食費、洗濯代などの生活費目安は1万円弱です。

ETHOSファミリー

大関純季くん(21歳)

部屋の掃除はフィリピン人スタッフが担当

ETHOSに留学後、オーストラリアのゴールドコーストへワーホリへ行き、日本人従業員がいないローカルのホテルで働く。

その後、マレーシアで通訳のオファーを受ける。

 

細間翔くん(23歳)

部屋の掃除はフィリピン人スタッフが担当

ETHOSに留学後、20人中3人しか合格できない狭き門を突破しJICA(国際協力機構)の青年海外協力隊としてグアテマラに行き得意な野球を教える。

 

岡田純宣さん(23歳)大学3年生

部屋の掃除はフィリピン人スタッフが担当

ETHOSに留学後、オーストラリアなどを旅行。

マレーシア1社、シンガポール2社の外資系企業インターンに合格。

お問い合わせはLINE@でお気軽にどうぞ

LINE ID:@usa_cebu(@からはじまります)

友だち追加
forTop