20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。(デイリーニュース)
 
※リンク先の記事が無くなっていたのでリンクは消してあります。
 
これまた、たまたまFacebookのタイムラインをみているときに、誰かが「いいね」したのか僕のタイムラインにも流れてきました。
 
度々話題を繰り広げる、英語はこどもに早く覚えさせた方がいい論争。
 
でも多くの留学を志す人たちはそんなこども時代をとっくに過ぎている。
 
そんなわけで、今回は20歳(20代)から英会話を勉強しても遅くない。と言うのを早期教育に疑問を投げかけるかたちで説明していきます。
 
疑問をなげかけるのは、国外で子育てしている人は状況が違うので、両親ともに日本人でかつ、日本での英語早期教育化に限定します。
 

子供をバイリンガルに育てたい親の気持ち

日本・韓国ではこどもの英語教育に熱心な親は多いです。小学校・中学校・高校と英語を勉強している時間は長いのにしゃべれないなど問題が分かりやすいからなのか話題になります。
 
ここでまず、バイリンガルとは?まずその定義を見て見ましょう。Googleさんにその答えを聞くと「二言語を自由に使いこなすこと。また、その人。」とでてきました。
 
バイリンガルで有名な方はユーチューバーのバイリンガールちかさん、僕がおすすめしているポッドキャストバイリンガルニュースのお二人などが一般的に日本人が頭で思い浮かべるバイリンガルかなと思います。
 
でも他にも日本語で話せるけど、日本語が書けないバイリンガル、英語がカタコトのバイリンガル、などなどバイリンガルにも実は幅があります。
 

ちなみに一言語しか話せない人をモノリンガルといいます。

日本人に抜け落ちている感覚

さきほどバイリンガルの一般例であげたバイリンガールちかさんは小学校1年から16年間、シアトルから2時間ほどの田舎町に住んでいたそうですが、こういうタイプのバイリンガルは、あわせてバイカルチュラルです。
 
バイカルチュラル?聞きなれないという方はこちら
 
2カ国の言語・習慣・道徳などを、その国の人と同レベルに身につけているさま。また理解できるさま。(コトバンク)
 
簡単に言うと英語が話せるだけでなく、文化的な話ができるよと言うことです。
 
ちかさんの場合は、学生時代はアメリカにいたので日本の学生時代の話で「あるある〜」とはならないし、流行りなども理解しにくいなど滞在していた時期で共有できる部分が人それぞれ異なります。
 
英語を覚えるときに頭のいい日本人は算数・国語・社会のように暗記して隅から隅まで覚えようとするけど、それは英語を単にコミュニケーションツールという側面でだけ捉えているからです。
 
言葉はコミュニケーションツールであると同時にその国の文化でもあります。(こう考えると言葉にはとんでもない情報量が詰まってますね。)
 
つまりバイリンガルと言うと、
 
・バイリンガルでバイカルチュラルな人
・バイリンガルでバイカルチュラルじゃない人
 
大きくこの2つに分かれます。(コトバンクによるとバイカルチュラルにはバイリンガルという意味が含まれていますが敢えてこの記事では分けます。)
 
ちなみにフィリピン人はバイリンガルだけど、アメリカには行ったこともないので文化的側面、つまり言語、習慣、道徳をその国の人と同レベルには身につけていません。
 
ですので、その点をフィリピン留学エージェントの常套句でよく使われる性格がフレンドリー、第二言語を学ぶ大変さを知っているというだけで補えるほどなの?っていうのが僕が感じる疑問です。
 
少し前置きが長くなりましたが、あなたの望んでいる英語上達ということがどうゆう状態を指すのか、改めて考えておきましょう。
 
この点を考慮せず無視してフィリピンで一年留学する。と言うのを僕はお勧めできません。なぜなら英語を学ぶと同時に学べるはずの文化が学べないわけです。もったいない。

10歳前後が適切という研究結果

紗栄子さんの場合、こどもへ1歳から英語教育をはじめています。
 
その目的はイギリスの学校に入れることだったので、一般的ではないですが、エキサイトニュースにケント大学の研究結果で以下のようなものがあります。
 
第二言語を10歳前から学んでいた子供たちと、10歳以降に学んでいた子供たちを比較した結果、言語習得や解析処理の分野を司る脳の白質構造はまったく変わりがなかったという。
研究では、10歳から第二言語として英語を学び始めたという、英国に13ヵ月以上住んでいた外国人30歳前後の人20人を対象に脳スキャンをとった。そして彼らの脳スキャンを英語しか話さない同年代の25人の脳スキャンと比べてみた。その結果、10歳から英語を学び始めた人の白質構造は、より良い状態にあることが分かった。(エキサイトニュース
 
 
つまり、10歳以下でなく、10歳すぎて第二言語を覚えてもなにも問題ない、むしろ良かったという研究結果です。(白質構造がより良いと何がいいのかまでは調べていません。)
 
じゃあ実際はという好例が、バイリンガルニュースで度々登場するゲストです。
 
ゲストとして様々な研究者がアカデミックな内容のトークを英語、日本語を交えて繰り広げてくれますが、その研究者たちの経歴は話を聞いている限り高校、大学時代など遅くから英語の勉強をスタートしています。
 
そんな彼らの話を聞いていると、小さいころに親がこどもの英語教育に傾向するのは親の勝手だけど、こどもにとっては英語より、第一言語(母語)での思考プロセスを身につける方が大切のようです。

早期英語教育ってコスパも悪い

ある日のある洋食屋さんで、こどもに英語教育をさせている親が知り合いと、自分のこどもに英語を習わせている、その英語力と発音について力説している光景を目にしました。
 
その後、そのお父さんはこどもの英語版「ラプンツェル」の発音を知り合いに聞かせて、英語教育の大切さを説いていました。
 
こどもの「ラプンツェル」を聞かされた人は、満面の笑みでこども賞賛をするとこどもは大喜び。(それを見て僕もほっこりした。)
 
その後、その子のお父さんは鼻の穴を膨ましてまんざらでもない顔をします。
 
じゃあ肝心のこどもの「ラプンツェル」の発音は?と言えば、完璧に日本語です。
 
このように、決して安くないであろう英語教育費用で得られたのは、単なる親の自己満足。冷めた言い方ですが得られたものを考えるとコスパは最悪です。
 

フィリピンでは英語の早期教育で弊害もでている

フィリピン留学関係の情報は、幼少期から培われたフィリピン人の持つ英語力を賞賛している傾向にありますが、フィリピンの早期英語教育には問題点があります。
 
フィリピンが英語の早期教育でこの結果を招いているから、日本もそうなると感がるのは安直ですが、広大教英ブログではフィリピンが早期英語教育に傾向したことで、「英語格差」と「国語の衰退」が問題になっています。(学生が書いたレポート。頭が下がります。)
 
その結果、アジア英語大国と一部で賞賛されているフィリピンでは、ここ2〜3年は「母語での学習を大事に」という教育計画が掲げられています。
 
国語の衰退ってことは日本人であれば、日本人なのに日本語しゃべれないってことになるので大問題ですね。 
 
これは国単位での話ですが、あなたに子どもが生まれたときにこどもに英語を覚えさせると言う事は、いまフィリピンが国単位で抱えている問題を家族という単位に持ち込むことになります。
 
親の浅知恵で、こどもがまだ母国語でしっかりと思考するプロセスができる前に第二言語を覚えさせると、国語の衰退がおきる可能性を含んでしまいます。(フィリピンの言語教育から見る日本英語教育の未来

じゃあ日本語だけでいいの?

では日本語だけ喋れればいいのかと言えば、そうも思いません。バイリンガルで英語のニュースが読めれば情報量は倍以上違います。
 
日本のテレビで、どうでもいい議員の不倫報道を各社が流している(絶対、誰も興味ないでしょ?)ときは、スマホで海外のニュースを見ていた方が有益です。
 
英語に触れさせるのはOKだけど、小さいときには英語よりもっと他に大事なことがあるのでは?という意見です。

まとめ

バイリンガルと言ってもいろいろあるし、早期英語教育には様々な問題や研究結果がでています。そう考えると20歳からバイリンガル(英語)になるのは決して遅くありません。
 
むしろ、ナイスタイミング。あなたは日本語でロジカルに物事を考える力がついているわけですから英語をコミュニケーションツールにして将来にも活かせます。
 
仕事柄ですが「大学生になってから英語が喋りたい」、「社会人だけど英語を喋りたい」と言う人たちにたくさん出会います。
 
1〜2年海外で生活する時間的余裕があれば、日本人ならフィリピンで英語の先生をしているフィリピン人よりも高い英語力を身につけることができると言っても大げさではありません。
 
そのことについて書いたのが、 日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられるです。
 
 

やりたいことがない?夢がない?それなら20代でもワーホリへ行ってほしい。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。33才。 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS