フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

フィリピン・セブ島留学をしている人の中には、
 
 
  • 授業以外に英語が話す機会がない。
  • 学校がスパルタだから復習する時間も無い。
  • 想像以上に英語が伸ない

 

と悩みを抱えている生徒もいます。

確かにフィリピン留学では環境によって、授業以外に英語を話す機会が無い場合もあります。

留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。

フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。
フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

 

英語を喋れる機会を作るのは、全て自分次第です。

 

  • フィリピン留学をすれば英語が話せるようになるはず!
  • 学校側のカリキュラムが良さそうだからここに任せれば大丈夫だ。

 

留学をすれば英語を話せるようになりますし、語学学校選びも非常に大事です。

でもまず、最初に頭に入れて置いて欲しいのは留学中に自分から積極的に行動して「英語を喋る機会」を作る事を心がけること。

英語を喋る機会を作る事は自分の行動次第です。

効果的に英語が喋れるようになるには、授業以外の時間が本当に大切。授業の勉強だけでは、英語が喋れるようになるのは難しいです。

でも、フィリピン留学では授業後に英語を使うは英語初心者には難しい。それはなぜか説明します。

その前にフィリピン留学のデメリットについても知っておいてください。

フィリピン留学7つのデメリット。これ知らなきゃ現地で後悔します

フィリピン留学では授業以外は日本語になってしまう。

フィリピン留学は英語初心者の日本人留学生が多く、ほとんどの日本人留学生は日本人経営の語学学校に行きます。なので日本人経営の学校の国際比率は日本人が多くなります。

フィリピン人の講師から授業を受けていても、授業後は言語が100%通じる日本語を使ってしまうのが現実です。

じゃあ、多国籍な学校に行くとどうなるのか?

フィリピン留学では日本人経営以外の語学学校だと韓国人経営の語学学校を選ぶ事になります。

韓国人経営の語学学校は韓国人中心になります。そして韓国人も英語初心者の生徒が多い。(レベル的には日本人の英語初心者と変わりません)

一つの例ですが想像してみてください・・・

日本語初心者の、中国人留学生とアメリカ人留学生が日本語で会話しようとしても会話が成立しない事を。

この例と同じでもし、あなたが英語初心者の場合、韓国人経営の語学学校に行っても、最初は韓国人と英語でコミニケーションを取るのは難しい。なので、韓国人経営の語学学校にいる日本人留学生と固まってしまう。

周りの韓国人留学生が韓国語を使って韓国語の環境になってしまい、食事も韓国中心になり逆にストレスを抱えてしまうかもしれません。

留学中でも海外旅行に行っても、英語が喋れないと友達も作りにくいです。これはワーホリでも一緒で英語が喋れないと働ける仕事も限られます。

ETHOSのKazukiもオーストラリアのワーホリに英語力0の状態で行って、ずっと日本食レストランで日本語環境の中で働くハメになっています。英語が喋れないと、英語環境の職場では100%働けません。

【オーストラリア】ワーホリで仕事がない?僕もそうでした。

英語を話すには授業・予習・復習が大事

学生の頃、先生に一度はこの言葉をかけられたはず。

「勉強は予習・復習が一番大事です」

僕も英語を勉強していて、そう思います。英語に関して一つ付け加えると英語は、

「予習・復習・実践」が授業以外に一番大事です。

1日10時間前後勉強するスパルタ校ってどうなの?

1日10時間授の授業終了後に、復習と予習をする体力も残って無いと思いますし、10時間前後のスパルタ学校は勉強で一番大事な「予習・復習」出来る環境がありません。

実際に韓国資本の語学学校からETHOSに転校してきた生徒はこのように言っています。

宿題に追われ続けて自分の時間がない留学・・・

宿題に追われるだけで自分の復習するべきところとか、自分の時間がもともとなくて、頭パンパン常にって感じ。

スパルタ校と通常校(ETHOS)の違いは、インタビュー記事で紹介しています。

スパルタ校からETHOSに転校して来た生徒のインタビュー記事はこちら

フィリピン留学で効果的に英語力を伸ばすにはどうしたら良いか?

ではこの環境を使って、どうやって英語を伸ばせば良いか?解説していきます。

自分の時間がしっかり取れる学校を選ぶ

1日10時間集中して授業を受けた後に、予習・復習をしっかり出来る!という強者はスパルタ校が良いでしょう。自分の時間を十分に確保出来る1日の授業時間は4時間-7時間です。

この授業時間なら復習と予習後に外で英語を使う事も出来て効率良く英語の取得ができます。

フィリピン人の友達を作る

フィリピン人ってめちゃくちゃフレンドリーなので友達になるにが凄く簡単。一度話せば友達って感覚の人も多いです。

経済的に豊かだとしっかりと教育を受けているので英語も上手な人が多い。出来れば経済的に豊かなフィリピン人と友達になれるのが理想です。

友達の作り方は趣味を通して現地の人と出会うと友達ができやすい。僕の場合だと、海外何処でもジムを通して知り合いが出来たりします。留学生の中ではズンバやヨガをして友達が出来たりしてます。

現地に友達が出来ると英語での会話が必須になるので英語力が伸びます。

そんなフレンドリーのフィリピン人の性格はこちら

【単純です】フィリピン人の性格の特徴を知って上手に付き合おう

自分より英語が上手な人と一緒に行動する

学校の国際比率を気にしすぎて英語初心者の外国人が多くいる学校に行くより、自分より英語が上手な日本人と一緒にいれる環境の方が良いです。

英語が喋れるので、英語が喋れる外国人の友達も多いし、日本語で色々とアドバイスを聞けるのも良い事。僕も外国では、気が合う場合、自分より英語が上手な方にお世話になっています。

レストランやスーパーで英語を使ってみる

ランチやディナーに行く時も定員と会話が生まれます。その時に自分で用意した英語フレーズを使いましょう。

カリキュラムにもよりますが、授業中にレストランでの注文方法やタクシーで使う英語は習わないと思います。

やはり、実践が大事です。授業後には外出して英語を使える環境を探してください。レストランやタクシー、ホームステイ先で使える英語フレーズはこちらでまとめています。

【卒業生に聞いた】ホームステイで確実に使える実践的な英語フレーズ

フィリピン留学ではとにかく行動すること

「とにかく行動して英語を喋る事」これにつきます。

フィリピン留学は

  • 欧米圏に比べて留学費用も安い
  • ビザの手続きも簡単
  • 日本から近い

 

英語初心者の第一ステップとしてはとても良い環境です。

フィリピン留学を有効に使って、仕事や2ヶ国目の留学先(ワーホリ)などでいかしましょう。

まとめ

海外でも日本でも自分から動く人がやっぱり強いです。与えられるものを待つより、自分から動ける人や、しゃべれなくても会話をする機会を自ら作り出す人が英語も早く話せるようになります。

留学に来てまで、

I have no opportunities to speak English.(英語話す機会がな〜い。)

なんて、そんなことは絶対ありません。アメリカ人の先生も英語を話すし、お店の店員も英語を話すので、そこらじゅうに英語を使う機会は転がってます。チャンスを掴んでください。

最後まで、読んでくれてありがとうございます。こちらの記事も合わせてご覧ください。

英語が話せない人ほどホームステイした方が良い理由

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kan

セブ島留学経験者。旅好き。東南アジアから南米まで世界中を旅した経験有り。まだまだ色んな国に行く予定。世界13カ国26都市を周りました! 自慢できること:全日本柔術選手権3位 詳しいプロフィールはこちら

3ヶ月で英語が話せるフィリピン留学

3ヶ月で英語が話せるようになるETHOSは、安心、安全のアメリカ人とホームステイができる、フィリピン・セブ島への海外留学を提供している学校です。

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS