英語のネイティブスピーカーのアメリカ人とのマンツーマン・ホームステイ・就職支援・安心・安全の海外留学をサポートしています

おかげさまで、フィリピン留学・セブ島留学でホームステイ留学実績 No.1

  • TEL 050-3568-4232
  • MAIL info@ethosjp.com
  • LINE @usa_cebu

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

フィリピン・セブ島留学 実績 No.1 のホームステイプランは人気プランです。お申し込みはお早めに!

mainvisual

すべての留学生のために。

少人数で家族のように温かい。
海外の家族、海外の暮らし、英語で過ごす最高の環境を。

セブ島留学・ホームステイ・オーストラリアへの2カ国留学

長く選ばれ続ける理由があります


海外留学・フィリピン留学・セブ島留学・ワーホリ・2カ国留学 を具体的に考えはじめたら

お手軽、無料インターネット英語実力テスト
フィリピン・セブ島留学1日の流れ*英語が3ヶ月で話せる
ワーホリ・オーストラリア2カ国留学1日の流れ*英語が1年で使いこなせる

2カ国留学・ワーホリ 体験談&インタビュー

「インタビュー:2カ国留学」「インタビュー:2カ国留学」ドリアンとビールを一緒に飲むと死ぬらしいです

将来は海外で住んだり働いたり生活してみたいと考えています。そのためにはまずは英語力が必要だと思うのと、本当に自分でやっていけるか、海外が自分に合うか知るためにワーホリを考えています。こんな疑問に答えます。結論から言うと英語力はすぐには上がらないので、じっくりと長い期間で考えると挫折せずに続けられそうです。

海外留学・就職

「事実」留学生は内向的な人は割と多い【語学学校関係者の僕が語る】

留学生をみると割と内向的でシャイな性格な人が多い気がします。そんな内向的な留学生も周りと馴染めて、楽しく留学生活を送れているので大丈夫です。でも、ちょっとしたアドバイスもあります。この記事では、内向的な人でも留学できるという事実と、フィリピン留学がおすすめな理由を解説していきます。

セブ島レストラン

【セブ島】とんこつラーメンの補給にはBARIKATA(バリカタ)|ITパーク

いまフィリピン留学でセブ島に来てます。学校の日本人でふとラーメンの話になってから、もう日本食てかラーメンが食べたくてしょうがないっす!外さず日本の味が食べられるラーメン屋、ITパークorその周辺にありますか?こんな人にはBARIKATA(バリカタ)がおすすめです。BARIKATA(バリカタ)なら安定した日本の味がセブ島のITパークで食べられます。とんこつ、家系が好きならGOです。

セブ島レストラン

【フィリピン】ケンタッキー(KFC)の味がセブ島でも【メニューが違う】

フィリピンにもケンタッキーフライドチキンありますか?フィリピンでもケンタッキーのあの味が楽しめるんでしょうか?フィリピンにしかないメニューもありますか?こんな疑問にマクドナルドよりケンタが好きな僕が答えます。結構ケンタが好きで日本ではよく食べていて、マックよりもケンタ派です。その背景の僕がフィリピンのケンタッキーを紹介します。

海外留学・就職

30歳から語学留学!その後、現地就職【新しいキャリアがつくれる】

留学を通して海外に住みたい、日本以外で就職したいと思いました。特にスキルや就職経験があるわけではないのですが現地就職できますか?やはり高い英語力が求められますか?こんな疑問に答えます。結論から言うと海外で働くには、現地の滞在経験と英語力の2つが必要です。今回は、実際に30歳で留学後に現地就職したひろきさんにインタビューしました。

2カ国留学・ワーホリ 体験談&インタビュー

「インタビュー:ワーホリ・2カ国留学」ローカルで働いて1ヶ月【超楽しいです】

今回、インタビューしたのは石川県金沢出身の柚子さん(21歳)、オーストラリアのタスラにあるローカルレストランで働いて1ヶ月を過ぎました。初めて海外で働いてみて1ヶ月たったので、色々と聞いてみました。

マニラ

【マニラ】ディナーにおすすめなレストランまとめ【厳選しました】

フィリピン・マニラでディナーを食べる時におすすめのレストランを独断と偏見でまとめました。この記事で紹介しているレストランは全て自分で行ったことのあるレストランで、自信を持って紹介する事が出来ます。

ダリオのピザ

マニラ

【マニラ】ピザ・パスタ料理が食べられるレストランまとめ

この記事では、マニラで食べられるピザ・パスタ料理が食べられるレストランをまとめました。是非、参考にしてください。驚きの巨大ピザも紹介しています!

マニラ

「健康は食事から」マニラで野菜料理が食べられるレストランまとめ

マニラで実際に行った事のある、野菜料理を食べられるレストランをまとめました。気軽に野菜補給できる所が多いので、ぜひ参考にしてください!

2カ国留学・ワーホリ 体験談&インタビュー

「インタビュー:2カ国留学」4ヶ月で英語の面接に合格。インプットは本当に大事です

ETHOSの2ヶ国留学では、フィリピン留学後、オーストラリアのローカルホテルで有給インターンをします。ローカルホテルでは、多国籍な外国人に囲まれ、オーストラリア人と同じ給料を稼ぐ事ができます今回は2ヶ国留学挑戦中の19歳から海上自衛隊として3年間船に乗っていた、奄美大島出身のたいせい君にインタビューしました。

暖かく英語を使いこなせる最高の教育環境の提供
ETHOSロゴ

温かく、英語を使いこなせる、
最高の教育環境の提供


アメリカまで行かなくてもセブ島でアメリカ留学ができます。
クラスは全てプロのネイティブスピーカーのアメリカ人が授業を担当。
週に一度、アメリカ人講師たちはミーティングをして留学生の現状を全員で共有。
一人一人に最適なカリキュラムを作成します。
さらに、人数限定でホームステイの受け入れも行っています。
他校のように忙しい時期に臨時アルバイト教師を雇うことはありません。

スクールについて

ETHOSロゴ

現地の人との交流を通して、
その土地の文化と交わり、日本を知る


暮らし慣れた日本から離れて、現地では異なった宗教、文化、習慣を感じられる日々の留学生活は刺激的です。
同時に現地の人たちにとってはあなたを通して日本を知るいい機会でもあります。
アメリカ人講師、現地の人たちとの交流から「日本のこと」を聞かれる機会を通して、今まで考えることの少なかった日本のことを考える機会が生まれます。

ETHOSについて

現地の人との交流を通して、その土地の文化と交わり日本を知る
少人数制・ホームステイプランなど、最高の環境を選べるのはエトスだけ
ETHOSロゴ

少人数制・ホームステイプランなど、
最高の環境を選べるのはエトスだけ


ETHOS(エトス)はアメリカ人家族が中心になって経営する、全校生徒が30人以下の小規模でアットホームな学校です。
就職・2カ国留学でワーキングホリデーへ行く予定の留学生など、遊び目的のフィリピン留学ではなく英語を真面目に勉強したい留学生が集まります。
また治安が心配な中学生 もアメリカ人の家族と暮らせることからETHOSに留学します。
本当の家族のように接してくれるホストファミリーと安心して過ごしながらアメリカとフィリピン両方の文化を体験できます。

各プランのご紹介はこちら

ETHOSロゴ

30年以上の講師経験から生まれた
オリジナルの発音プログラム


日本人がどうして発音が苦手なのか本質的に学べます。
発音の授業では細かく違いを指摘してもらえ効率的に生徒の弱点を矯正します。
ほかの語学学校から転校してきた生徒はネイティブが教えるだけあって英語のレベルも発音も比べてみて全然違うと評価をいただきました。
ETHOSオリジナルの発音教材と共に提供する発音プログラムは留学生に人気の授業です。

英語が話せるすごい仕組み

30年以上の講師経験から生まれた オリジナルの発音プログラム
全ての留学生のために。 失敗しない留学情報を兄弟!で発信
ETHOSロゴ

全ての留学生のために。
失敗しない留学情報を兄弟!で発信


せっかく留学するなら、失敗だけはしたくない。
留学する人なら誰もが同じように考えると思います。時間とお金がかかる留学だからこそ、「全然聞いてたのと違う!」とならないように事前の情報収集が大切です。
1年のうち3~4ヶ月を現地で留学生と同じように過ごしながら、役立つ留学情報、現地の“今”の情報、留学生の“生の声”を、兄弟をはじめライターとともに発信します。
多くの学校を束ねる留学エージェントが行う毎年、一回の視察で得る情報量よりも濃く深い情報をもとに、自分に合うかどうか参考にしてください。

フィリピン・セブ島留学ブログ

ETHOSロゴ

就職支援・留学した後のサポートもしてます


「留学中から就職活動をするべきか?」
「どの企業が自分に会うかわからない...」
など、留学から帰国後の就購活動に悩む留学生のために、留学中からメール、また留学、ワーホリ帰国後の留学生をプロのキャリアカウンセラーがサポートします(関東限定) 。
またフィリピン留学が終わったあとに、オーストラリアへワーキングホリデーをする方のために2カ国留学のサポートを行っています。
これも、ETHOSが選ばれる理由のひとつです。

留学後のサポートについて

人気の留学に関する記事をチェック!

海外留学・フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーワーキングホリデー・2カ国留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学をまとめた「海外留学ブログの中で人気」のこちらの記事をまずはお読みください。

フィリピン留学

セブ島のWiFi環境を徹底解説【旅行者・留学生全員に役立つ情報】

セブ島のWiFi(ワイファイ)環境は年々改善されていますが、まだまだ遅いです。でも。場所によってフリーWi-Fiもあり、空港でSIMカードも買えるので安心してください。情報さえ知っていれば、割と快適なWiFiを使う事が出来ます。この記事では、セブ島のWiFi事情を徹底解説します。

オーストラリアに行っても仕事がない?

2カ国留学・ワーホリ

【オーストラリア】ワーホリで仕事がない?僕もそうでした。

ワーキングホリデーでオーストラリアに行く人のほとんどは、現地でのアルバイトも計画のなかに入っているはず。そうする事で、はじめに用意する資金も少なくて済み経済的です。そこで「オーストラリアに行って仕事がない!」なんて状態にならないように、英語に自身がなくても仕事はあるのか、時給の相場、仕事の探し方をお伝えしていきます。

語学留学・英語学習

REINY先生の英会話#98 「ちょっと顔出すね」

今日はレイニー先生の留学英語から留学中に必要な英会話①から、「ちょっと顔出すね」という英語のフレーズからはじまる英会話について書き起こしています。 「ちょっと顔出すね」にも使える「say hi to ~」は他のニュアンスでも使えるのでこれから留学する方、留学を検討しているかたは是非参考にしてください。

2カ国留学・ワーホリ ワーホリのファーム情報

月80万円!オーストラリアのファームで稼ぐトップピッカー | フィリピン留学ブログ

オーストラリアでは、セカンドワーキングホリデービザを取得すれば、2年目もワーホリでオーストラリアに滞在できます。 そうは言っても、実際どうやってファームの情報を手にいれるのか日本にいると想像しにくいですよね。そこで今回は、ETHOSに2ヶ月留学後、オーストラリアへワーホリへ行った純季くんインタビューをしてきました。

YESとNOの英語表現

語学留学・英語学習

YESとNOで差をつける英語表現

会話の中で、同意することや逆に「そーじゃない」と言うことは、多々ありますよね英語でいうYesとNoです。でもあなたは何種類のYesとNoを知っていますか?日本語で「はい、そうです。」「いいえ、違います。と常に対応している人はあまりいないですよね。そこで今回は時と状況にあわせて使える様々なYESとNOを伝授しちゃいます。

フィリピン留学

【激アツ】セブ島のおすすめクラブ総まとめ「留学生も楽しめる!」

セブ島のクラブシーンはアツいです。富裕層が行くクラブと中間層以下が行くクラブなどあり、クラブによって雰囲気も違うので面白いですよ。この記事ではセブ島のおすすめクラブを紹介します。

マニラ

マニラで一度は絶対に行きたい高級ホテル6選

この記事ではマニラの高級5ツ星ホテルを探している人やホテルのラウンジを打ち合わせに使いたい人に最適です。 ネットでマニラのホテル情報を探してみると旅行会社のしかなく、個人発信の情報がほぼなかったので僕が実際に訪れた事(主に打ち合わせ)のあるホテルしか紹介していませんが、ぜひマニラでの宿泊先選びの参考にしてください。

海外留学・就職

【1年】留学中どれだけ英語力向上できたのか?(経験談)

留学中 英語力向上 【1年】留学中どれだけ英語力向上できたのか?(経験談) 留学中にできるだけ英語力を向上させたいと考えています。 留学中だからこそできる英語力アップの方法を知りたいです。 例えば1年ならどれくらい英語力アップしますか?実体験をあればぜひ! こんな疑問に答えます。 結論、僕の場合は一年でPre-Advanceまで上がりました。

海外留学・就職

【必見】留学中、日本にいる彼女と円満な関係を持続させる手順と方法

現在、留学中です。日本にいる彼女とは、関係を継続させたいです。。。連絡の頻度はどうしたらいいか。実際に遠距離をする人は上手にいってるのか気になります。経験者教えてください!こんな疑問に答えます。結論から言うと、留学と遠距離の両立は可能です。でも、自分の好きな事をしているので、彼女に合わせるのは超重要です。

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

ホームステイ・セブ島留学・2カ国留学の体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学のETHOSの卒業生の生の声です。

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【社会人・ホームステイ留学体験談】毎日の授業とても充実した時間を過ごせた

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/学生時代と社会人はライフスタイルが全然違います。学生のときは学習意欲を感じなかった人でも社会人になってからだと、毎日授業がある生活がとても充実すると実感できるようです。今回は、フィリピン・セブ島にあるETHOS(エトス)に4週間の留学をしてくれた瀬戸川さんです。

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【社会人・ホームステイ留学体験談】子供も留学させたいです

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/子供も留学させたいです・・・今回は社会人の1週間フィリピン・セブ島留学です。アンケートに子供も留学させたいと書いてくれました。 アイランドホッピングがよかったと言ってくれたので、アイランドホッピングの記事を書きました。こどもと行っても安心、しかも格安ツアーなのにボート貸切です。

大学生の1ヶ月フィリピン留学

フィリピン留学体験談&インタビュー 大学生体験談&インタビュー

【大学生・ホームステイ留学体験談】毎日が思い出でした。強いていえば最高のfamilyができたこと

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/六本木にあるDMM.comのオフィスで開催された留学エキスポで申し込みをしてくれた藤本拓さんです。毎日が思い出になったフィリピン留学の体験談をどうぞ。

フィリピン留学体験談&インタビュー

フィリピン・セブ島留学で友人と留学する人も多い【体験談を紹介】

フィリピン・セブ島留学を友人と一緒にしようと検討している。他の留学生で友人と一緒に留学した人はいるのかな?というか友人と一緒に留学できるのか?そんな疑問に答えます。 結論から言うと、1人で留学する人が圧倒的に多いですが、友人と留学する方もいます。この記事では友人と留学した卒業生の体験談を紹介します。

青年海外協力隊でグアテマラへ

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

青年海外協力隊に英語で落ちた人にインタビュー

大学4年生のときにJICAの青年海外協力隊に落ちた→フィリピン留学→青年海外協力隊に合格→グアテマラへ

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【社会人・ホームステイ留学体験談】アメリカ人家庭に入ると言うイメージに近い

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/ETHOSでは、レッスンの時間は他校と比べて短いです。その代わりに実践できる機会を多くとっています。机にかじりついて、マンツーマンのレッスンをひたすらやれば英語が覚えられると言う訳ではありません。と言うことで。「日本の塾みたいなのを期待している人には合わない」と言う伊川さんのアンケートのご紹介です。

フィリピン留学体験談&インタビュー 中高生体験談&インタビュー

【高校生・ホームステイ留学体験談】今では店員さんと楽しく会話できるように

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/今では店員さんと楽しく会話できるように・・・フィリピン・セブ島留学の2週間って効果あるの?って疑問はたくさんあると思いますが学生は覚えるスピードが早いのか2週間でも効果を感じてくれています。今回は高校生の2週間短期留学の体験談をアンケートからお届けします。

27歳女性8週間のフィリピン留学体験談

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

【社会人・シェアハウス留学体験談】フィリピンは危ない国だなと思いました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/卒業後はカナダのワーキングホリデーを予定している近藤さんが、ETHOSに8週間の留学を終えてアンケートに協力していただきました。留学前は英語力に不安があり授業についていけるか心配だったそうです。これから留学を考えているかたもぜひ参考にしてください。

フィリピン留学体験談&インタビュー 社会人体験談&インタビュー

日本で生きづらいと思って行った海外で気づいた自分のウソ

留学って色々悩みますよね。私は日本は生きづらい国だなと小学生くらいから思っていた私の留学へ行くきっかけをこの記事で話します。

フィリピン留学体験談&インタビュー 中高生体験談&インタビュー

【高校生・ホームステイ留学体験談】発音の授業は特に効果があった

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/発音の授業は特に効果があったという藤田さんの体験談です。高校生は1ヶ月でも成長率が高いです。

兄弟でフィリピン・セブ島など、海外留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

フィリピン・セブ島・2カ国留学・ホームステイ・留学・ワーホリで悩んだら、私たちが直接取材、体験してきた現地情報の 私たちのフィリピン・セブ島留学ブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ


海外行くときの海外旅行保険に入らずクレジットカードしか使わないKazukiが海外旅行保険をクレジットカードで無料にする方法をわかりやすく伝えます。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

フィリピン・セブ島への留学、2カ国留学、ワーホリ、海外留学なら渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。