フィリピン・セブ島の『ホームステイ留学実績No.1』の語学学校への海外留学と、国内留学(U-GAKU)・ワーホリ・2カ国留学を提供

語学(英会話)留学なら、英語のネイティブスピーカーとのマンツーマン・ホームステイ!

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

海外留学マスターが語学留学の不安・相談に対応しています。お気軽にご連絡ください!

mainvisual

お申し込み 〜 出発まで

国内留学(U-GAKU)までの流れについて

ETHOS KOKUNAI FLOW

国内留学(北海道・ニセコ)到着までサポート


国内留学(U-GAKU)プラン へのお申し込みから、出発・到着までをご紹介

留学後におすすめのオンライン英会話4選【全て無料体験あり】

留学後も英語の勉強を継続したいと思っていませんか?この記事では、留学後におすすめのオンライン英会話を4つ紹介します。全て最初は無料レッスンを受けられらるので試してみてください。

北海道・ニセコ到着までサポート


国内英語留学(U-GAKU)の流れをこちらで説明いたします。
国内英語留学(U-GAKU)は日本の中にある小さな海外ニセコで、生きた英語を学ぶプログラム です。海外留学前に集中して英語学習をする場を求めている方におすすめです。 『1ヶ月でTOEIC100点UP / 英語にするスピードが上がる / 英語の文章量が増える / リスニング力UP』など、留学準備段階で必要な英語力が身につきます。

1 国内留学(U-GAKU) まずは、お問い合わせください

お問い合わせ・お申込みフォームより必要事項をご記入の上、お気軽にお問い合わせください。
また「そもそも国内英語留学(U-GAKU)とは?」という部分から現地での生活スタイルまでプ ロのカウンセラーが説明いたします。
無理な勧誘等は一切行いませんので、留学するかどうかの情報収集として活用してください。

気軽にLINE@でのお問い合わせ・お申し込みも可能です。
LINE ID:@usa cebu(@からはじまります)

吹き出し

2日以上経っても連絡がこない場合は(メールアドレスの入力ミスがたまにあります)お手数ですが「info@ethosjp.com」までもう一度ご連絡ください。

2 国内留学(U-GAKU) 留学費用のお支払い・お申し込み

ご希望の日程に入校可能となりましたら予約金5万円をお振込お願いいたします。

※ 予約金5万円の振込期限は1週間とします。
※ 留学出発が残り30日前を切ってのお申し込みの場合は全額一括でのお振込みをお願いいたします。
※ 領収書は金融機関発行の振込証明書となります。

吹き出し

振込証明書以外で領収書をご希望の方はご相談ください。

3 国内留学(U-GAKU) PCR検査とプレイスメントテスト

国内英語留学(U-GAKU)へ出発10日前にプレイスメントテストという英語力チェックテストをご自宅で行っていただきます。
そのテスト結果をもとにグループ分けを行います。
またPCR検査を出発前、出発後に受けていただき陰性と分かった状態で出発していただきます。

吹き出し

『陰性』と分かった状態で出発していただきます。

国内留学(北海道・ニセコ)

4 国内留学(U-GAKU) 小さな海外ニセコへ出発

宿泊施設までの渡航費、交通費は料金に含まれておりません。事前にご予約をお願いいたします。
到着日は別途メールでお送りします。オプションの空港送迎をご利用の方は事前にフライトスケジュールの情報をお知らせください。
厳密な到着時間は定めておりませんが各交通機関が動いている9時〜22時の間に到着していただけるようお願いいたします。

吹き出し

事前にフライトスケジュールの情報をお知らせください。

5 国内留学(U-GAKU) オリエンテーション

レッスン初日は午前中2〜3時間でオリエンテーションを行います。
講師、運営スタッフと1ヶ月で達成する目標を決めていきましょう。

吹き出し

初日のオリエンテーション時間は、授業時間に含まれます。

6 国内留学(U-GAKU) 国内英語留学の卒業・帰国

帰国する数日前にPCR検査をうけ結果が分かる状況で帰れます。
その後フィリピン留学、オーストラリア留学をご希望の方はそのままご相談ください。

吹き出し

その後の海外留学もご相談ください。

国内留学の様子
ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

人気の留学に関する記事をチェック!

フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーキングホリデー・2カ国留学・国内留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学情報・留学生活「海外留学ブログの中で人気」の記事をまずはお読みください。

ノースシドニーのおすすめビーチ7選!【穴場もあり】

今回のテーマは「ビーチ」言わずもがなシドニーは美しいビーチを多く有していることで有名です。中にはローカルの住民しか知らないような穴場のビーチも。今回こちらの土地に来て数々の素晴らしいビーチを見つけましたのでご紹介したいと思います。

【フィリピン・マニラ】1ヶ月の生活費は?詳しく大公開!「住みやすい」

フィリピンで1ヶ月ノマドをしたら生活費はいくらかかるんだろう?そんな疑問に答えます。 正直、フィリピンのどこでノマドをするかによって生活費は変わってきますが、この記事ではフィリピンの首都マニラで1ヶ月生活した生活費を解説します。結論から言うと、1ヶ月の生活費は13万円でした。段々と物価が上がってきてるフィリピンですが、まだ安く感じます。

中国人留学生トニー

【中国人・ホームステイ留学体験談】中国オフィスとなって活動をスタート

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の中国人留学生の体験談・インタビュー/ETHOSに初めて中国から中国人の留学生が留学してくれました。英語環境でしっかりと英語を学んで帰国しました。

ワーホリ中の携帯はSIMフリー端末を使えば全員解決【オーストラリア】

ワーホリ中・携帯を使うなら、SIMフリー端末を日本で用意してくるのがおすすめです!SIMフリーなら何処の国でも対応できるし、契約の手続きもめちゃくちゃ簡単なので安心してください。この記事では、ワーホリ中の携帯事情について詳しく解説していきます。

友だちと一緒にフィリピン留学

【大学生・滞在中の留学体験談】中学レベルの英語力しかない

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/友だちと2人で3週間のフィリピン・セブ島留学をした岡さん、細越さんの2人はETHOSの宿泊施設ではなく、別のところに滞在して通いで留学をしました。詳しい内容はポッドキャストでも聞けますのでぜひ聞いてみてください。

早期英語教育しか道はなし?20歳(成人)から英語の会話力上達はもう手遅れなのか

ほんとうに英語を学ぶには、早期英語教育しか道はないのでしょうか?多くの留学を希望する多くの人は20代(学生・社会人)と成人した人ばかりだから、20歳(成人)からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

【簡単】ホームステイ4つの探し方「失敗しない方法も教えます」

一番最初は語学学校かエージェントにホームステイ先を探すのを手伝ってもらうのが無難です。英語が分からない状態で自力で探すと失敗する可能性が高いです。この記事ではホームステイの4つの探し方について詳しく解説していきます。

飛行機で退屈しのぎ10選!これで長時間のフライトも大丈夫。

海外旅行には必ず使う飛行機。飛行機好きには機内も苦ではないかもしれませんが、それでも長時間座ったままの状態はキツい。それに海外に行くのは好きだけど飛行機が苦手と言う人もいますよね。 僕は海外は好きで人より多く飛行機を使いますが、高所恐怖症で飛行機が大っ嫌いです(笑) なのでフライト中の過ごし方は割と工夫してる方

【フィリピン語・タガログ語】現地人50名以上に聞いた実践的フレーズ

フィリピンに行くからフィリピン語(タガログ語)を勉強したい。もう既に現地にいるけど、フィリピン人と現地の言葉で会話したいって方へ。フィリピン歴1年7ヶ月を超える僕が、ローカルの友達50人以上に聞いた実践で超使えるタガログ語フレーズを紹介します。この記事で紹介するフレーズさえ覚えておけば、基礎からスラングまで知れます。

留学中、卒論にチャレンジ【海外ネタを卒論にも出来る】

留学中、卒論を書ける時間があるかどうかは語学学校にもよります。授業時間が多い学校を選ぶと卒論を書いている暇はないです。でも、割と自由な時間がある学校を選べば、自分の時間が結構あるので卒論書く時間は十分にありますよ。この記事では、留学中、卒論を書く手順と、おすすめの卒論テーマを紹介します。

留学生の声・リアルな体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学・2カ国留学・国内留学のリアルな留学生の声・体験談です。

【高校生・ホームステイ留学体験談】悩みは外国人に話しかけられないこと

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/留学前の悩みは、外国人に話しかけられないことだったそうです。同じように外国人を前にすると緊張して声が小さくなったり、失敗するのを怖がってしまう場合もあります。今回はそんな悩みをもった高校生のフィリピン、セブ島へ2週間留学の体験談です。

【社会人・ホームステイ留学体験談】Shariの生徒への対応はとても優しく、心強い

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/Shariの生徒への対応はとても優しく、心強いものがありました。今後の社会人生活の中で参考にしていきたい。数人制のクラスのため質問もしやすく、みんなのペースに合わせてくれるためとてもやりやすかった。ONE on ONEもありとても手厚く感じた。

【社会人・ホームステイ留学体験談】勉強方法や英語に触れる環境で何が自分に足りないのか発見したい

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/日本で英会話スクールに通っている留学生もETHOSで英語を学びにきます。今回のI.Sさんもその1人。社会人で留学期間が限られていますが、有意義な体験ができたようです。

【ホームステイ留学体験談】フィリピン・セブ島へ1週間の超短期留学

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の1週間の超短期留学の体験談・インタビュー/今回は、1週間の超短期留学をした方3名のアンケートを卒業生の声として原文そのままで掲載します。ETHOS留学を実際に体験した方の意見ですので、これから留学を考えている方は参考にして下さい。

「フィリピン・セブ島留学」勉強方法は超大事【留学生の声も紹介】

フィリピン・セブ島留学をする予定があります。留学中の勉強方法はどうなっているんだろう?出来るだけ詳しく知りたいです。そんな疑問に答えます。 結論から言うと、留学中の勉強方法は学校によって異なりますが、しっかりとしたカリキュラムが組まれている授業と復習の時間、そして英語を実践的に使える環境が大事です。

【高校生・ホームステイ留学体験談】今回は、1人で1ヶ月の留学です

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/今回で2回目の留学となる石原さんのフィリピン留学ETHOSの口コミ体験談です。前回の留学ではお母さんと一緒に留学をしてもらいましたが、今回は1人で1ヶ月の留学です。どういった経緯で、今回の留学をすることになったのかは音声で話してくれています。ぜひこれから留学する予定がある方は音声とアンケートを参考にしてください。

【ママ・ホームステイ留学体験談】ママ留学・親子留学が可能かすぐに問い合わせをしました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の親子・ママ・留学生の体験談・インタビュー/今回は、東京から子どもを2人連れて親子留学にきてくれた前林さんの体験談です。すでにフィリピンには2回きていて今回で3回目のフィリピンです。 まだ子供達は年齢的にも授業を他の留学生たちと受けるのは難しいので、お母さんだけ授業を受けてもらい、子供達は別でフィリピン人の先生に授業半分、遊び半分で受けてもらっていました。

「フィリピン・セブ島留学」僕は親に反対されましたが、強行突破した

フィリピン・セブ島留学をしたいけど、両親に反対されていて留学できるか分からない。親がフィリピンの治安を心配していてどうしても留学の許可がおりない。と悩んでいる方へ。 結論から言うと、ほとんどの親がフィリピンの治安について心配しています。この記事では、留学を反対する親の説得方法を、実体験を元に解説していきます。

【社会人・ホームステイ留学体験談】アメリカ人家庭に入ると言うイメージに近い

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/ETHOSでは、レッスンの時間は他校と比べて短いです。その代わりに実践できる機会を多くとっています。机にかじりついて、マンツーマンのレッスンをひたすらやれば英語が覚えられると言う訳ではありません。と言うことで。「日本の塾みたいなのを期待している人には合わない」と言う伊川さんのアンケートのご紹介です。

【社会人・ワーホリ・2カ国留学体験談】セブでアメリカ人から学べるのは大きい

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/セブ島でアメリカ人から学べるのは大きい…フィリピン留学を終えてからオーストラリアのワーホリへいき現地のローカルホテルで働く2カ国留学プランでセブ島留学を終えた岩永さんのセブ島留学体験談です。

兄弟でフィリピン・セブ島・オーストラリアなど、海外留学・ワーホリ・国内留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学で悩んだら、直接取材・体験してきた現地情報の リアルな情報をお届けするブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

海外留学・ワーホリに人気・おすすめ『クレジットカード』完全解説


おすすめのクレジットカードも活用方法、注意点もあれば知りたいです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、クレジットカードの中には海外旅行保険がついているものがあり、3ヶ月までの短期留学であれば海外旅行保険を節約できるので海外留学にクレジットカードはマストです。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学なら、渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学・語学留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。