フィリピン・セブ島の『ホームステイ留学実績No.1』の語学学校への海外留学と、国内留学(U-GAKU)・ワーホリ・2カ国留学を提供

語学(英会話)留学なら、英語のネイティブスピーカーとのマンツーマン・ホームステイ!

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

海外留学マスターが語学留学の不安・相談に対応しています。お気軽にご連絡ください!

mainvisual

お申し込み 〜 出発まで

国内留学(U-GAKU)までの流れについて

ETHOS KOKUNAI FLOW

国内留学(北海道・ニセコ)到着までサポート


国内留学(U-GAKU)プラン へのお申し込みから、出発・到着までをご紹介

留学後におすすめのオンライン英会話4選【全て無料体験あり】

留学後も英語の勉強を継続したいと思っていませんか?この記事では、留学後におすすめのオンライン英会話を4つ紹介します。全て最初は無料レッスンを受けられらるので試してみてください。

北海道・ニセコ到着までサポート


国内英語留学(U-GAKU)の流れをこちらで説明いたします。
国内英語留学(U-GAKU)は日本の中にある小さな海外ニセコで、生きた英語を学ぶプログラム です。海外留学前に集中して英語学習をする場を求めている方におすすめです。 『1ヶ月でTOEIC100点UP / 英語にするスピードが上がる / 英語の文章量が増える / リスニング力UP』など、留学準備段階で必要な英語力が身につきます。

1 国内留学(U-GAKU) まずは、お問い合わせください

お問い合わせ・お申込みフォームより必要事項をご記入の上、お気軽にお問い合わせください。
また「そもそも国内英語留学(U-GAKU)とは?」という部分から現地での生活スタイルまでプ ロのカウンセラーが説明いたします。
無理な勧誘等は一切行いませんので、留学するかどうかの情報収集として活用してください。

気軽にLINE@でのお問い合わせ・お申し込みも可能です。
LINE ID:@usa cebu(@からはじまります)

吹き出し

2日以上経っても連絡がこない場合は(メールアドレスの入力ミスがたまにあります)お手数ですが「info@ethosjp.com」までもう一度ご連絡ください。

2 国内留学(U-GAKU) 留学費用のお支払い・お申し込み

ご希望の日程に入校可能となりましたら予約金5万円をお振込お願いいたします。

※ 予約金5万円の振込期限は1週間とします。
※ 留学出発が残り30日前を切ってのお申し込みの場合は全額一括でのお振込みをお願いいたします。
※ 領収書は金融機関発行の振込証明書となります。

吹き出し

振込証明書以外で領収書をご希望の方はご相談ください。

3 国内留学(U-GAKU) PCR検査とプレイスメントテスト

国内英語留学(U-GAKU)へ出発10日前にプレイスメントテストという英語力チェックテストをご自宅で行っていただきます。
そのテスト結果をもとにグループ分けを行います。
またPCR検査を出発前、出発後に受けていただき陰性と分かった状態で出発していただきます。

吹き出し

『陰性』と分かった状態で出発していただきます。

国内留学(北海道・ニセコ)

4 国内留学(U-GAKU) 小さな海外ニセコへ出発

宿泊施設までの渡航費、交通費は料金に含まれておりません。事前にご予約をお願いいたします。
到着日は別途メールでお送りします。オプションの空港送迎をご利用の方は事前にフライトスケジュールの情報をお知らせください。
厳密な到着時間は定めておりませんが各交通機関が動いている9時〜22時の間に到着していただけるようお願いいたします。

吹き出し

事前にフライトスケジュールの情報をお知らせください。

5 国内留学(U-GAKU) オリエンテーション

レッスン初日は午前中2〜3時間でオリエンテーションを行います。
講師、運営スタッフと1ヶ月で達成する目標を決めていきましょう。

吹き出し

初日のオリエンテーション時間は、授業時間に含まれます。

6 国内留学(U-GAKU) 国内英語留学の卒業・帰国

帰国する数日前にPCR検査をうけ結果が分かる状況で帰れます。
その後フィリピン留学、オーストラリア留学をご希望の方はそのままご相談ください。

吹き出し

その後の海外留学もご相談ください。

国内留学の様子
ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

人気の留学に関する記事をチェック!

フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーキングホリデー・2カ国留学・国内留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学情報・留学生活「海外留学ブログの中で人気」の記事をまずはお読みください。

海外留学・ワーホリに人気・おすすめ『クレジットカード』完全解説

これから留学します。海外に行く留学生やワーホリに人気のクレジットカードってありますか?おすすめのクレジットカードも活用方法、注意点もあれば知りたいです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、クレジットカードの中には海外旅行保険がついているものがあり、3ヶ月までの短期留学であれば海外旅行保険を節約できるので海外留学にクレジットカードはマストです。また3ヶ月以上の海外留学、ワーホリでもクレジットカードはマストな理由、人気、おすすめのクレジットカードは記事で紹介していきます。

フィリピン・セブ島留学での交通手段を徹底解説【これを読めば安全】

フィリピン・セブ島留学に行く予定があるんだけど、現地での移動手段ってどうすればいいんだろうか?セブ島で安全に移動したい。と考えている方へ。そんな悩みを解決します。この記事では、セブ島で安全に移動する為の方法を解説します。

【セブ島留学】休日の過ごし方を彼女が写真と振り返る(映える)

フィリピン留学の休日や授業以外の時間はどうやって過ごしてるの? 授業やカリキュラムは資料請求すればパンフレットに書いてあるから分かるけど、休日や授業後は見えにくいですよね。 そこで、実際にセブ島に3ヶ月(12週間)留学した留学生のさやかさんに、実際に授業以外の生活をもとにセブ島での過ごし方を紹介します。映えます。

1300ペソでデイユース!パシフィックセブリゾート(Pacific Cebu Reort)ホテルがおすすめ!

2000ペソ(約5000円)するフィリピン・セブ島のホテルのデイユースで圧倒的コスパ(900ペソ)でランチビュッフェがついてくるパシフィックセブリゾートを紹介します。

留学中の飲み会は臆病にならず行くべき【でも、不要な飲み会もある】

留学中、飲み会に参加すると確実に英語力は伸びます。でも、留学当初の頃は、周りが英語で会話してるのに、自分だけ会話に入れないのが相当辛いですが、それは耐えましょう。誰もが通る道です。また、日本人だけの過度な飲み会は不要です。この記事では、留学中、飲み会に参加すべき理由について解説します。

【セブ島】2月のセブ島にいる僕が服装・気候・イベントを紹介します

2月にセブ島留学へ行きたいです!2月のセブ島の気候や留学生の多さなど、2月のセブ島の様子が知りたいです。あと、どんな服装で行けばいいですか?という質問に2月のセブ島ライフを満喫しているセブ島に関わって5年の僕が答えます。

【フィリピン・セブ島】留学中に気をつけること

フィリピン留学に行くことが決まったので、その留学生活を台無しにしないためにセブ島で「気をつけること」を知っておきたいです。そんな質問に答えます。郷に入れば郷に従えですが、健康、お金、安全のためにフィリピン留学中の生活で気をつけることを伝えます。

フィリピン・セブ島の石鹸が美容におすすめ!【留学中に使おう】

フィリピン・セブ島ではどんな石鹸が売っているのだろう?留学生活中に色々な石鹸を試してみたいな。と思ってる方へ。 結論から言うと、セブ島には美容に良い石鹸が豊富にあり、日本で高値で売られている商品も安価です。この記事では、フィリピンで買える石鹸を解説します。

セブ島のKUYA J(クヤジェイ)でおすすめメニューはこれで決まり!

フィリピン料理をリーズナブルな価格で楽しみたいならKUYA Jです。クヤジェイならほとんどのフィリピン料理を楽しむことができます。メニューも豊富でレストランも綺麗でおすすめです。

ワーホリで一人暮らし!?【最適な滞在方法】教えます

ワーキングホリデーでオースワーキングホリデーでオーストアリアかカナダに行こうと思います。ワーホリ中は日本で一人暮らしするみたいに生活するんですか?どんな滞在方法があるのか知って起きたいです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、ワーホリ中の一般的な滞在方法はプライベートがある程度守られる半分1人暮らしのルームシェアです。 トアリアかカナダに行こうと思います。ワーホリ中は日本で一人暮らしするみたいに生活するんですか?どんな滞在方法があるのか知って起きたいです。 こんな疑問に答えます。結論から言うと、ワーホリ中の一般的な滞在方法はプライベートがある程度守られる半分1人暮らしのルームシェアです。

留学生の声・リアルな体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学・2カ国留学・国内留学のリアルな留学生の声・体験談です。

フィリピン・セブ島留学で友人と留学する人も多い【体験談を紹介】

フィリピン・セブ島留学を友人と一緒にしようと検討している。他の留学生で友人と一緒に留学した人はいるのかな?というか友人と一緒に留学できるのか?そんな疑問に答えます。 結論から言うと、1人で留学する人が圧倒的に多いですが、友人と留学する方もいます。この記事では友人と留学した卒業生の体験談を紹介します。

【大学生・ホームステイ留学体験談】初海外、初留学がETHOS(エトス)で良かったです

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/大学生活も就職活動が終わって、単位も撮り終わっていると大分時間がとれるようになります。毎年1月から3月は卒業旅行のシーズンですが、ミキさんもちょっと早いですが大学の残り少ない時間を使っての短期留学をしてくれました。

【社会人・ホームステイ留学体験談】短い期間でしたが良い経験

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/短い期間でしたが良い経験になりました。思い切って来て良かったです。

セブ島でアメリカ留学ETHOS留学生インタビュー

【社会人・ホームステイ留学体験談】アメリカ人講師のレッスンがリーズナブルな価格

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/今回は中野で初心者専門マンツーマン英会話スクールPassion、代表の福島純さんにいろいろとお話しを伺ってきました。彼は元々世界中はバックパッカーとして回った経験もあり、英語も旅行では困らない、日常会話も話せるレベルでETHOSへ留学です。

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語の発音の奥深さを知りました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/アメリカに10ヶ月留学経験のある安藤さんが2週間のフィリピン・セブ島留学ETHOSのアンケートに答えてもらいました。アメリカ留学の経験がある安藤さんから見てもETHOSの発音授業はためになったようです。

【社会人・ホームステイ留学体験談】ランチやディナーで他のメンバーと深く交流できた

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/今回のアンケートは1週間の短期留学をした林さんです。20代の留学生が中心のなか、40代で短期留学をした社会人の体験談をアンケートでもらいました。

【大学生・ホームステイ留学体験談】スパルタ校ではなくのびのびと学べた

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/フィリピンによくあるようなスパルタ校ではなかったので、のびのびと学ぶことができました。

海外インターンの注意点5つ【俺はできる!の気持ち大切】

休学して海外留学と海外インターンを経験しようか悩み中です。海外インターンをするときに、なにに気をつけるべきですか?注意点があれば知りたいです。あと休学中のインターンってどんなことができますか?僕は特にこれといって何も出来ないし、大学でコレを成し遂げた!ということもないです。こんな疑問に答えるため、海外インターンの注意点を5つにまとめました。その注意点は、有給と無給のインターンシップがある、ある程度の英語力が必要、コミニケーション能力が必要、業務内容は事前に確認すべし、やる気次第で関われる仕事が変わるの5つです。また、大学を休学してインターンをした先輩の体験談も紹介します。

「実体験を元に解説」留学後の変化6つ【スペック爆上がり】

留学すると良くも悪くも自分に変化がおきます。僕は自分で分かるだけでも、6つの変化が起きました!多分良い変化だと思います(笑)この記事では、実体験を元に留学後の変化を解説していきます。

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語を通して文化や考えを学んでいきたい

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/今回は妹尾さよさんに留学後、アンケートへご協力頂きました。19歳で、女性1人での留学です。同じように留学を考えている10代の留学生の方は参考にしてください。英語意外にも、日本以外の文化に触れていろいろな経験ができたみたいです。

兄弟でフィリピン・セブ島・オーストラリアなど、海外留学・ワーホリ・国内留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学で悩んだら、直接取材・体験してきた現地情報の リアルな情報をお届けするブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

海外留学・ワーホリに人気・おすすめ『クレジットカード』完全解説


おすすめのクレジットカードも活用方法、注意点もあれば知りたいです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、クレジットカードの中には海外旅行保険がついているものがあり、3ヶ月までの短期留学であれば海外旅行保険を節約できるので海外留学にクレジットカードはマストです。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学なら、渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学・語学留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。