フィリピン・セブ島の『ホームステイ留学実績No.1』の語学学校への海外留学と、国内留学(U-GAKU)・ワーホリ・2カ国留学を提供

語学(英会話)留学なら、英語のネイティブスピーカーとのマンツーマン・ホームステイ!

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

海外留学マスターが語学留学の不安・相談に対応しています。お気軽にご連絡ください!

mainvisual

帰国後の支援・サポート

留学が終わってから

RYUGAKU AFTER

留学前から留学中・留学後まで


再就職・転職・就活 と、留学後もサポート

留学後におすすめのオンライン英会話4選【全て無料体験あり】

留学後も英語の勉強を継続したいと思っていませんか?この記事では、留学後におすすめのオンライン英会話を4つ紹介します。全て最初は無料レッスンを受けられらるので試してみてください。

留学前に必ず覚える単語を紹介【知らないと留学失敗が確定】

留学前に必ず覚える単語を知りたいと思っていませんか?この記事では、留学前に必ず覚えた方が良い単語を紹介します。これらの単語は留学前に覚えないと留学失敗しやすいです。

【激選】留学前の海外映画おすすめ20選!
【初心者向け】

留学前に英語学習ができる、おすすめな海外映画を探していませんか?この記事では、留学前に映画で英語学習をするメリットとおすすめの映画20選を紹介します。

学歴、職歴に自身のない人たちでも海外就労経験を武器に国内での転職に活かす

僕は学歴に無頓着で学生時代を過ごしてきましたが、いざ就活となったときに学歴フィルターという就活の壁にぶつかったのを今でもよく覚えています。
留学は僕のように日本で行き詰まった人たちにとって、一度海外に出て日本を客観的に見る良い機会です。
そうは言っても留学は有限。
全ての人に帰国の日は訪れます。
それならば、帰国時の選択肢を増やせる英語力は持っていなければいけません。 そこで開発したのが1年で英語が使いこなせるワーホリ、2カ国留学です。
このプログラムでは海外就職できる、現地の大学入学レベルの英語力が身につきます。
その後のサービスは現段階では提供できるまでには至っていませんが、1年の留学をダイレクトに活かせるのは国内よりも海外での就労経験です。
なぜなら1年かけて築いた「英語を話す」という習慣も、日本に帰って留学前と同じ生活に戻ってしまうからです。
今はその「英語を話す」習慣を継続しつつ、留学生の市場価値を高めるキャリアパスは海外就職が最適だと考えています。
その海外就職のサポートを自社で提供するか業務提携をするかも含めて留学生にベストな形で提供していこうというのが僕たちの現時点での考えです。
一度、数年間、海外就職をして実務経験を積むことで高学歴の大学生たちが新卒ブランドで良い企業に就職できたように、学歴、職歴に自身のない人たちでも海外就労経験を武器に国内での転職に活かす。
こんな流れが出来上がれば、それは今ある”就活”以外の全く新しい就職までのキャリアパス。
やりたいことが見つからない、将来の夢がないと今の仕事や現状にイヤイヤしがみついている人ばかりの日本から毎日充実した日々をおくる、もっと自分のやりたいことができる人を増やしていくことにETHOS(エトス)は今後も取り組んでいきます。 また、同じように帰国して国内で就職活動をする留学生のために留学、ワーホリから帰国する人に特化したキャリア支援、就職活動のサポートをしているプロと提携しています。
留学中、帰国後いつでもご相談ください。

フィリピン留学で就活を成功させるコツ。

留学後の様子

学ぶ場ではなく実践の場

その海外、国内の就職だけではなく留学が終われば日本に帰国します。
すると多くの留学生が3日も待たずに英語力がガクッと下がるのを体験します。

国内には英会話スクール、オンライン英会話など英語を学ぶ場はあるので、帰国後の留学生は英語を学ぶ場がなくて困っているわけではないと思います。
日本に住んでいると海外留学中とは違い海外でできた友だちとSNSを通して連絡を取り合っていても、どうしても話す機会をつくることは難しいです。
帰国後の留学生は、その解決策として近所の英会話スクールや時間と場所に融通が聞くオンライン英会話を選びます。
でも、僕たちは英会話スクールのように英語を学ぶ場はたくさんあるけど、英語を使う実践の場がなくて困っているのではないか?と感じています。

なので今後はオンライン英会話、英会話スクールという学ぶことを前提にした英語を使う場ではなく、実践的に英語を使わないといけない場の提供ができれば使う場所がなくて困っている帰国後の留学生、​英語に興味のある方のためになるのではという思いでサービスの開発を行う予定です。まずは、日本の小さい海外ニセコでの就労経験のサービス化を目指しています。
ここでなら宿泊先に訪れるお客様の99%は外国人、外国人マネージャーと共にレセプションからサポートまでを一貫して学べるように設計を試みています。

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

人気の留学に関する記事をチェック!

フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーキングホリデー・2カ国留学・国内留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学情報・留学生活「海外留学ブログの中で人気」の記事をまずはお読みください。

【大学生・ホームステイ留学体験談】初海外、初留学がETHOS(エトス)で良かったです

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/大学生活も就職活動が終わって、単位も撮り終わっていると大分時間がとれるようになります。毎年1月から3月は卒業旅行のシーズンですが、ミキさんもちょっと早いですが大学の残り少ない時間を使っての短期留学をしてくれました。

英語話せる人はかっこいい?4つの理由【留学しよう】

なんで英語を話せる人はかっこいいんですか?わたしだけですか?こんな疑問に答えます。英語を話せる日本人男性に魅力を感じますか?というアンケートで、魅力を感じる:88.6%,魅力を感じない:11.4%という結果が出ています。どうやら英語を話せる人はかっこいいようです。

【セブ島】6月のセブ島にいる私が服装・気候・留学生の口コミを紹介

6月にセブ島行きたいけど天候や航空チケット代はどうなんだろう?せっかくだからアクティビティもしたい!!そんな質問に答えます!!結論から言うと、、6月はちょうど乾季から雨季に変わる月なので天候が崩れる日があります。が、日本の梅雨と違って一日中降ることもないのでアクティビティも可能な日がほとんどです。

フィリピン・セブ島留学生の年齢平均は?【幅広い年齢の方がいます】

フィリピン・セブ島留学をしたいんだけど留学生の年齢層はどうだろう?と疑問に思っている人へ。結論から言うと、フィリピン留学では10代〜60代まで幅広い留学生がいるので、年齢についてはあまり気にしなくて大丈夫です。この記事では、語学学校によって年齢層が違う事と、年齢別の体験談を紹介しています。

5月のセブ島は乾季!ベストシーズンの気候・祝日【留学生にもおすすめ】

5月にセブ行こうと思ってるけど、日本のゴールデンウィークみたいな休みや、季節や時期の食べ物はあるの?そんな質問に答えていこうと思います!!!

「マニラの病院」日本人会診療所【場所・行き方・日本語対応可】

マニラ滞在中に病気になったらどうすればいいんだろうか・・・? 実際に、僕がマニラ滞在中に体調を崩し、クレジットカードの保険を利用して「マニラ日本人会診療所」を利用したので、その手順を説明します。 日本人医師・スタッフもいて日本語が通じるので、診察から薬を貰うまでとても簡単でした。 では、3分くらいで解説します。

フィリピンで腹痛の原因と対処法【80%以上の方が経験します】

フィリピンで腹痛の原因と対処法を知りたいですか?本記事では、フィリピンでの腹痛の原因、予防策、対処方を解説していきます。フィリピンで腹痛に悩んでいる方は必見です。結論から言うと、ほとんどの方が一度は腹痛に悩まされるので大丈夫です。

なぜフィリピンに教育格差?【どの国でも貧しい家庭で育ったら低所得】

それでも貧困はなくならず、物乞いやストリートチルドレンがいるフィリピンの貧困は目に見える分、日本よりも問題意識を持ちやすい。それでも日本には裕福な家庭と貧しい家庭が存在します。

ワーホリ前ビザ取得後のオーストラリア旅行について【注意】

ワーキングホリデーでオーストラリアにいく予定です。その前に、オーストラリア旅行へ行こうと思っていますが旅行へいけますか?ワーホリビザは取得した後です。こんな疑問に答えます。結論から言うと、オーストラリア旅行へはいけます。でもオーストラリアに旅行で入国した時点でワーホリビザがスタートするので注意は必要です。ワーホリビザを使わずにオーストラリアに観光旅行したい場合は、ワーホリビザ申請前が旅行のタイミングになります。

【検証】セブ島の屋台でフィリピン料理を1万円分食べれるまで帰れません!をやってみた。

一万円あったら何ができるだろう?日本でも1万円あれば美味しいランチを2人で食べにいけるし、1人5000円のちょっと美味しい居酒屋にもいける。ならばセブ島でだったら一万円でできることの幅は跳ね上がるはず…。

留学生の声・リアルな体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学・2カ国留学・国内留学のリアルな留学生の声・体験談です。

【高校生・ホームステイ留学体験談】常に英語が耳に入ってくる環境

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/常に英語が耳に入ってくる環境・・今回のフィリピン・セブ島にあるETHOS(エトス)のアンケートに協力してくれたのは3週間の短期を終えた高校生の藤井渚さんです。 石原花純さん、尚美さんのご紹介で留学してくれました。

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語の発音の奥深さを知りました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/アメリカに10ヶ月留学経験のある安藤さんが2週間のフィリピン・セブ島留学ETHOSのアンケートに答えてもらいました。アメリカ留学の経験がある安藤さんから見てもETHOSの発音授業はためになったようです。

【フィリピン・セブ島留学体験談】3週間めっちゃ短い!!

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の高校生留学生の体験談・インタビュー/18歳で高校生のオシタトモハルさんがETHOSに留学されたので、体験談を語って頂きました。セブ島の雰囲気、学校の様子、講師やスタッフたちの人柄、そして何を感じたのかについて話をしてもらいました。

【中学生・ホームステイ留学体験談】夏休みに一人ではじめて留学する中学三年生

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の中学生留学生の体験談・インタビュー/中学3年生の山根さんが広島県尾道市から夏休みを利用してETHOSに短期留学してくれました。普段、エトスにくる留学生は大学生や社会人の留学生が比較的多いですが、夏休みは中学生、高校生の比率がグンっとあがります。学校の休みを利用して留学を考えている方は、ぜひ参考にしてください。また音声でも体験談を聞けます。

【大学生・ホームステイ留学体験談】スパルタ校ではなくのびのびと学べた

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/フィリピンによくあるようなスパルタ校ではなかったので、のびのびと学ぶことができました。

【社会人・ホームステイ留学体験談】短い期間でしたが良い経験

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/短い期間でしたが良い経験になりました。思い切って来て良かったです。

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語は伸びを感じ精神的に変われた気がする

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/英語は伸びを感じ精神的に変われた気がするという大学生の2ヶ月フィリピン・セブ島留学の体験談です。

【大学生・シェアハウス留学体験談】沢山ほめてくれるので嬉しかった。

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/バイブルは良いリーディング練習になりましたし、何よりサラが親切に教えてくれるし、沢山ほめてくれるので嬉しかったです。

フィリピン・セブ島留学はおすすめか?通訳士に聞いてみた。

フィリピン・セブ島留学をする予定です。留学で英語を喋れるようになって、将来は通訳などの英語を使った仕事をしたいです!実際にフィリピン留学後に通訳の仕事をしている人はいるのかな?色々、通訳の事について知りたいです!そんな疑問に答えます。 結論から言うと、通訳に限らず、フィリピン留学後英語を使った仕事をする方は多いです。

【大学生・シェアハウス留学体験談】1日、1日があっという間に終わる

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/1日、1日があっという間に終わってしまいました。すべてが新鮮な経験でした。毎日の授業も、ランチも放課後も全部思い出です。フィリピン・セブ島3週間の体験談です。

兄弟でフィリピン・セブ島・オーストラリアなど、海外留学・ワーホリ・国内留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学で悩んだら、直接取材・体験してきた現地情報の リアルな情報をお届けするブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

海外留学・ワーホリに人気・おすすめ『クレジットカード』完全解説


おすすめのクレジットカードも活用方法、注意点もあれば知りたいです。こんな疑問に答えます。結論から言うと、クレジットカードの中には海外旅行保険がついているものがあり、3ヶ月までの短期留学であれば海外旅行保険を節約できるので海外留学にクレジットカードはマストです。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

海外留学(フィリピン・セブ島)・国内留学・ワーホリ・2カ国留学なら、渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学・語学留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。