英語のネイティブスピーカーのアメリカ人とのマンツーマン・ホームステイ・就職支援・安心・安全の海外留学をサポートしています

おかげさまで、フィリピン留学・セブ島留学でホームステイ留学実績 No.1

  • TEL 050-3568-4232
  • MAIL info@ethosjp.com
  • LINE @usa_cebu

月 ~ 金 9:00 ~ 18:00 (定休日:日・祝日)

フィリピン・セブ島留学 実績 No.1 のホームステイプランは人気プランです。お申し込みはお早めに!

mainvisual

帰国後の支援・サポート

留学が終わってからもサポート

RYUGAKU AFTER

留学前から留学中・留学後まで


海外留学・フィリピン留学・セブ島留学・ワーホリ・2カ国留学 の留学後もサポート

語学留学・英語学習

【残念】留学後に(喪失感・無気力)になる人は多い【解決策あり】

留学後に(喪失感・無気力)になる人はかなり多く、やる気がなくなって数ヶ月ニートになる人もいます。僕の周りにも何人もいました。解決策は、留学後にやる事を大雑把にでも決めておく事。この記事では、留学後に(喪失感・無気力)理由と解決策を詳しく解説しています。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ前に歯医者に行こう!【海外の歯医者は値段が高い】

ワーホリ予定です。ワーホリの準備で出発前に歯医者に行った方がいいと言われますが、なにもなくても行った方がいいですか?こんな疑問に経験者が答えます。結論から言うと、海外の歯科治療は高いので、念のため事前に歯医者には行っておいた方がいいです。僕もワーホリ出発前に歯医者に行きました。

海外留学・就職

「ミニマムリスト」留学前は断捨離がおすすめ【生活が楽になる】

これから海外留学する予定です。留学前に荷物の準備をしているんですが、私物をまとめていたら、いらない物がたくさんありました。留学前に断捨離してみようと思っています・断捨離って留学前におすすめですか?こんな疑問に答えます。絶賛、断捨離中のKanです。結論から言うと、留学前に断捨離するのはかなりおすすめ。今は、メルカリで売れば小銭も稼げるし、断捨離をする事によって生産性も上がります。(実体験)

海外留学・就職

【悩んでる人必見】自分探しの留学は本当にダメなのか?に答えます。

特に夢や目標はないんですけど留学したいです。帰国後にとくにやりたい仕事もないですが、漠然と留学したいという気持ちだけで留学してもいいんでしょうか?留学がムダになるんじゃないか、将来に活かせないのではと不安です。こんな疑問に留学経験者の僕が答えます。結論から言うと、ハッキリと将来の夢を持っている人の方が少数です。

海外留学・就職

留学先(海外)ではピアスが開いてるには普通【現地で開ける事も可能】

留学先にもよりますが、海外だと赤ちゃんの頃から、耳にピアスをしていたりと、ピアスをしている事に対して何も抵抗はありません。また割と髪色も自由だと思います ですが、男性がピアスをしているとゲイに見られる可能性がありますが、女子だったら普通です。この記事では、留学するにあたりピアスを開けたい人は役に立つと情報です。

海外留学・就職

「経験者が語る」留学後のプレゼントはこれが嬉しい【帰国祝い】

留学後は友達に会えるだけで嬉しいと思います。それに、長期的に留学してた人は帰国してからお金が無いと思うので、簡単に食べられる日本食をプレゼントしたり、美味しい食事を食べさせてあげると、超喜ぶと思います。この記事では、実体験を元に、留学後に貰ったら嬉しいプレゼントを紹介します。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ・留学前は美容院に行くべき!【留学中のヘアケア事情も紹介】

4ヶ月以下の留学は、留学前に美容院に行っておけば、女性はそれほど困らないと思います。私はセブ島留学4ヶ月何もしていません。しかし、海外でも日本人経営の美容院に行けば安心です!この記事では、留学前は美容院に行くべき理由と、留学中のヘアケア事情も解説していきます。

海外留学・就職

「実体験」留学後は性格が変わる【思考が変わり人生変わります】

留学後は自分でも性格が変わったなと思います。留学先で会った外国人、生活の環境が変わると、性格は自然と変わってきます。性格が寛容になったなと思う人もいますが、逆に性格が悪くなったな〜って人もみて来ました。この記事では、実体験を元に、留学後は性格が変わるという内容について解説していきます。

外国人と一緒

新宿西口おすすめラーメンを外国人と食べる!一蘭に勝る?

他にも美味しいラーメン屋は山ほどあるのに、なぜか訪日外国人たちが一蘭だけに行列をつくるのを見ると、僕たちはこう思うわけです。結局、外国人は一蘭しか知らないだけでは?では外国人に知られていないラーメンを食べたらどうなるのか、気になりませんか?そこで今回は、新宿西口おすすめのラーメンVS有名店しか食べないフィリピン人で実食します。

2カ国留学・ワーホリ

ワーホリ前いつ仕事辞める?必要な費用はアルバイトでも稼げる!

社会人だけど海外に行って見たいです!旅行より長期間での海外生活でしかできない体験もしたいし、英語も話せるようになりたいです。でもワーホリで仕事をやめずに続けた方がいいのかなとも思います。こんな疑問に答えます。仕事をやめてまでワーホリへ行くべきかどうかですが、結論から言うと迷ってるくらいなら行くべきです。でも仕事を辞める前にお金の準備も必要なので、辞めるタイミングや帰国後の計画(一年後なので変わって当然)もある程度はあった方がいいと思います。

学歴、職歴に自身のない人たちでも海外就労経験を武器に国内での転職に活かす

僕は学歴に無頓着で学生時代を過ごしてきましたが、いざ就活となったときに学歴フィルターという就活の壁にぶつかったのを今でもよく覚えています。
留学は僕のように日本で行き詰まった人たちにとって、一度海外に出て日本を客観的に見る良い機会です。
そうは言っても留学は有限。
全ての人に帰国の日は訪れます。
それならば、帰国時の選択肢を増やせる英語力は持っていなければいけません。 そこで開発したのが1年で英語が使いこなせるワーホリ、2カ国留学です。
このプログラムでは海外就職できる、現地の大学入学レベルの英語力が身につきます。
その後のサービスは現段階では提供できるまでには至っていませんが、1年の留学をダイレクトに活かせるのは国内よりも海外での就労経験です。
なぜなら1年かけて築いた「英語を話す」という習慣も、日本に帰って留学前と同じ生活に戻ってしまうからです。
今はその「英語を話す」習慣を継続しつつ、留学生の市場価値を高めるキャリアパスは海外就職が最適だと考えています。
その海外就職のサポートを自社で提供するか業務提携をするかも含めて留学生にベストな形で提供していこうというのが僕たちの現時点での考えです。
一度、数年間、海外就職をして実務経験を積むことで高学歴の大学生たちが新卒ブランドで良い企業に就職できたように、学歴、職歴に自身のない人たちでも海外就労経験を武器に国内での転職に活かす。
こんな流れが出来上がれば、それは今ある”就活”以外の全く新しい就職までのキャリアパス。
やりたいことが見つからない、将来の夢がないと今の仕事や現状にイヤイヤしがみついている人ばかりの日本から毎日充実した日々をおくる、もっと自分のやりたいことができる人を増やしていくことにETHOS(エトス)は今後も取り組んでいきます。 また、同じように帰国して国内で就職活動をする留学生のために留学、ワーホリから帰国する人に特化したキャリア支援、就職活動のサポートをしているプロと提携しています。
留学中、帰国後いつでもご相談ください。

フィリピン留学で就活を成功させるコツ。

留学後の様子

学ぶ場ではなく実践の場

その海外、国内の就職だけではなく留学が終われば日本に帰国します。
すると多くの留学生が3日も待たずに英語力がガクッと下がるのを体験します。

国内には英会話スクール、オンライン英会話など英語を学ぶ場はあるので、帰国後の留学生は英語を学ぶ場がなくて困っているわけではないと思います。
日本に住んでいると海外留学中とは違い海外でできた友だちとSNSを通して連絡を取り合っていても、どうしても話す機会をつくることは難しいです。
帰国後の留学生は、その解決策として近所の英会話スクールや時間と場所に融通が聞くオンライン英会話を選びます。
でも、僕たちは英会話スクールのように英語を学ぶ場はたくさんあるけど、英語を使う実践の場がなくて困っているのではないか?と感じています。

なので今後はオンライン英会話、英会話スクールという学ぶことを前提にした英語を使う場ではなく、実践的に英語を使わないといけない場の提供ができれば使う場所がなくて困っている帰国後の留学生、英語に興味のある方のためになる。
具体的なサービスやプロダクトの開発までには至っていませんが、このようなことに思いを張り巡らせながら留学が終わってからのサービス拡充をしていきます。

人気の留学に関する記事をチェック!

海外留学・フィリピン・セブ島留学・オーストラリアへのワーワーキングホリデー・2カ国留学を具体的に考えはじめたら。
どこよりも詳しくリアルな現地情報、リアルな留学をまとめた「海外留学ブログの中で人気」のこちらの記事をまずはお読みください。

フィリピン留学

「フィリピン・セブ島留学」中学生留学について【方法+注意点】

15才未満がフィリピンに単独で入国する事はできないので、事前に手続きをする必要があります。そちらと語学学校によって年齢制限を設けている所もあります。この記事では、中学生がフィリピン・セブ島留学する方法と注意点について解説していきます。

海外留学・就職

てんかんは海外留学で保険は?入れる保険見つけました。

持病のてんかんを持っているけど海外留学、ワーホリはできるの?海外旅行保険に入れる?そんな疑問を解決します。 結論から言えば、てんかんを持っていても症状次第で留学はできます。ただ、どうゆうかたちで留学するか?は変わってきます。

海外留学・就職

ホームステイ先で積極的に会話をするように【話しかける勇気が大事】

ホームステイでは自分から積極的にホストファミリーに会話する努力が必要です。また、ホストファミリーといち早く仲良くなる事が成功の秘訣です。この記事ではホストファミリーと会話する時に大事な事とホームステイで使える英語表現を紹介します。

語学学校

フィリピン【ホームステイ留学実績No1】ETHOSのハウスルール

ホームステイ留学をしたいんだけど、ハウルルールってどうなってるんだろう?国も人種も違うから、ルールは厳しいのかな?そんな疑問に答えます。 結論から言うと、ハウスルールはホストファミリーによって多少異なりますが、どこもそこまで厳しくありません。この記事では、僕のホームステイ先のルールを解説します。

フィリピン留学

「 フィリピン・セブ島留学」年末年始の過ごし方【年を跨ぐ人必見】

フィリピン・セブ島留学で年末年始を跨いでしようと思っている。そもそも、年末年始に授業はあるのかな?もし、無かったらどうやって過ごすのだろうか?その悩み、解決します。 結論から言うと、語学学校ETHOS(エトス)で年末年始は2週間授業が無いので、生徒は各自過ごして頂いてます。この記事では年末年始の過ごし方を紹介します。

フィリピン留学

留学後の女性に「留学前の質問」を答えてもらいました。

留学前って誰もがそうですが、とにかく不安で不安でしょうがないと思います。その留学前の不安に、留学生に答えてもらいました。

フィリピン留学

【検証】フィリピン人はフレンドリー!?国民性テスト

フィリピン人はフレンドリー!確かにそう言われるけど、それって実際どれくらいフレンドリーなんだろう?ということで実際にセブ島ETHOSの近くにあるシェイク屋さんに通って仲良くなれるか検証してみました。

2カ国留学・ワーホリ

【ワーキングホリデー】2年目の延長を視野に入れるならオーストラリア

ワーキングホリデーに行く予定です。オーストラリアだと延長ができるみたいなのでオーストラリアに行こうかと思ってます。他の国もワーホリで期間の延長できますか?こんな疑問に答えます。結論から先に言うと、延長を頭の片隅に入れておくのであればオーストラリアが1番おすすめです。

フィリピン留学

行ったら違った!?フィリピン・セブ島留学の失敗は留学生の被害妄想

留学の失敗はさせない!今までの留学圏より近く、より安く、より手軽に留学できる場所としてフィリピン・セブ島が出てきたことで留学はお金がないと行けないものではなくなり、多くの人が留学を手軽に経験できるようになりました。留学へ行く前と行った後の違いに失敗した...。と嘆く留学生も多数います。

フィリピン留学

フィリピン・セブ島で両替ができる「場所・時間・量」を解説します

フィリピンではクレジットカードが使える場所もあるが、まだ現金社会です。 フィリピンに行く場合は現地通貨のフィリピンペソを用意する必要があります。 この記事では、フィリピンペソをいつ・どこで・どのくらい両替すれば良いか。更に細かく、現地で両替出来るおすすめの場所や時間を解説します。

ETHOS Instagram

フォローはこちらから @ethos_cebu

@ethos_cebu

ホームステイ・セブ島留学・2カ国留学の体験談

不安と期待感にドキドキしたフィリピン留学・セブ島留学のETHOSの卒業生の生の声です。

大学生の3週間短期留学

フィリピン留学体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】多くの実績があったからETHOSを選んだ

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/3週間の留学をした山西信二さんにアンケートに協力してもらいました。バロット(雛が孵化する寸前のゆで卵)を食べた感想はどうだったんでしょう?この記事にその答えはありません。

フィリピン留学体験談 中高生体験談

【中学生・ホームステイ留学体験談】夏休みに一人ではじめて留学する中学三年生

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の中学生留学生の体験談・インタビュー/中学3年生の山根さんが広島県尾道市から夏休みを利用してETHOSに短期留学してくれました。普段、エトスにくる留学生は大学生や社会人の留学生が比較的多いですが、夏休みは中学生、高校生の比率がグンっとあがります。学校の休みを利用して留学を考えている方は、ぜひ参考にしてください。また音声でも体験談を聞けます。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】英語の発音の奥深さを知りました

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/アメリカに10ヶ月留学経験のある安藤さんが2週間のフィリピン・セブ島留学ETHOSのアンケートに答えてもらいました。アメリカ留学の経験がある安藤さんから見てもETHOSの発音授業はためになったようです。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】授業は自分次第。毎日全てが勉強の時間になる。

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/フィリピン留学ではめずらしい4ヶ月(16週間)の中期留学をした社会人の体験談です。仕事を辞めるタイミングとか難しいですが、できるのは今しかない!という勢いで仕事を辞められるタイミングはそれこそ20代の今しかないと思います。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・ホームステイ留学体験談】バンタヤン島は非現実的な海

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/バンタヤン島に行って、今までに見たことのないような非現実的な海を見て、感動したことと、車のうしろにみんなで乗って、さわいだこと>◡<

3週間のフィリピン留学

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】3週間すべてが思い出です

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/今回は3週間の留学にきてくれた上原さんです。ETHOSではホームステイがメインの滞在方法ですが、どうしても1人部屋がいい場合は、学校から徒歩5分弱で着くペンションハウスをおすすめしています。

フィリピン留学体験談 大学生体験談

【大学生・シェアハウス留学体験談】1日、1日があっという間に終わる

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の大学生留学生の体験談・インタビュー/1日、1日があっという間に終わってしまいました。すべてが新鮮な経験でした。毎日の授業も、ランチも放課後も全部思い出です。フィリピン・セブ島3週間の体験談です。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】英語で何て伝えたら良いか悩んでいた

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/英語で何て伝えたら良いか悩んでいた社会人の1ヶ月短期留学の体験談です。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【社会人・ホームステイ留学体験談】アメリカ人家庭に入ると言うイメージに近い

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人留学生の体験談・インタビュー/ETHOSでは、レッスンの時間は他校と比べて短いです。その代わりに実践できる機会を多くとっています。机にかじりついて、マンツーマンのレッスンをひたすらやれば英語が覚えられると言う訳ではありません。と言うことで。「日本の塾みたいなのを期待している人には合わない」と言う伊川さんのアンケートのご紹介です。

フィリピン留学体験談 社会人体験談

【シェアハウス・ホームステイ留学体験談】アットホームな雰囲気と少人数で学べること

フィリピン・セブ島・オーストラリア2カ国留学でホームステイ実績No.1のETHOS(エトス)校の社会人・大学生留学生の体験談・インタビュー/1週間の超短期留学と16週間の期間でETHOSに留学した方のアンケートです。みんなが着ているTシャツは学長のバリーがプレゼントしていて、それぞれに生徒の名前がプリントされています。これから留学する人たちはぜひ参考にしてください。

兄弟でフィリピン・セブ島など、海外留学を体当たり体験

海外留学・ワーホリの体当たり体験・レポ

兄弟で!海外留学マスターが教える失敗しない留学のコツ

フィリピン・セブ島・2カ国留学・ホームステイ・留学・ワーホリで悩んだら、私たちが直接取材、体験してきた現地情報の 私たちのフィリピン・セブ島留学ブログ をまずお読みください!

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。

セブ島留学って危険?4年間で感じた現地の治安と安全性。


自分の行ったことがない、現地に知り合いがいない国に留学に行く時は治安が心配になります。フィリピン留学でも当の本人が大丈夫だとしても両親などに治安の問題で心配されるケースが多いです。自分はもちろん、両親も安心して子どもを留学させていい国かどうかは大事ですね。今日は本当にフィリピン・セブ島の治安について書こうと思います。

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ

フィリピン・セブ島留学でも、全授業ネイティブから英語を習いたい留学生のあなたへ


フィリピン・セブ島留学は、2016年に日本人留学生が3.5万人をこえています。でも講師のほとんどはフィリピン人です。でもやっぱり英語はネイティブの講師から、そしてアメリカに行くより低コストで習いたいと思いますよね。この記事では全ての授業をネイティブのアメリカ人から習うことができる学校を紹介します。

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】

フィリピン・セブ島留学では英語を使う機会を増やした人が【勝つ】


留学をしたのにも関わらず、授業以外に英語が話す機会が無いって日本で英会話教室に行って、授業が終わったら日本語に戻ってしまう生活と何も変わりません。 フィリピン留学では授業以外で英語を話す機会があるのか?と疑問に思っている方へ。 フィリピン留学の現実と授業以外に英語がどのようの時に使えるのか説明します。

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか

20歳から英語の会話力上達はもう手遅れか


先月、タレント・紗栄子(30)がこどもを1歳の終わりくらいから英語教育をしているとしたが、「今でしょ!?」で有名な話修氏から英語至上主義にノーをつきつけられる展開があったというニュースがあった。多くの留学を希望する人たちは20代だから、20歳からでも英語の会話力上達はできる事を早期英語教育に疑問を投げかけて説明します。

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う

「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違う


最近、日本でもフィリピン留学がすっかり定着してきました。フィリピン人の英語は英語公用語国世界第3位で文法の間違いもなく、キレイな発音のアメリカ英語を話すという広告表現がブログ、留学エージェントのホームページの至る所で使われています。 本当にフィリピン人のアメリカ英語は正しくて訛りのないキレイな英語なのでしょうか。

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ

【海外保険】1年間の25.3万円の保険料が無料?!留学にはクレジットカードがおすすめ


海外行くときの海外旅行保険に入らずクレジットカードしか使わないKazukiが海外旅行保険をクレジットカードで無料にする方法をわかりやすく伝えます。

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる


「フィリピン人の英語力はどれくらい?」その疑問に答えるブログを見ると最終的にフィリピン人の英語力を証明するかたちで記事が終わります。僕もそのフィリピン留学に関係する仕事をしているけど、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることもできるという夢のある話をお伝えします。

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!

【高卒必見】英語ができれば海外で仕事ができる!


この記事では高卒、短大卒とか僕みたいな名もなきFランの大卒でも英語が話せると海外就職っていう未来があるよという話をしたいと思います。 結論から言うと、高卒でも英語を学べば未来が開ける!今は英語がペラペラじゃなくても大丈夫!ということです。

フィリピン・セブ島への留学、2カ国留学、ワーホリ、海外留学なら渡航先に関係なく・どんな質問でもOK!
海外留学でわからないことがあれば、何でも気軽に「海外留学マスターへ」聞いてください
もしあなたが海外留学についての何かお悩みがある場合、まずお気軽にお問い合わせください。
留学の目的を決め、今やらなければならないことを明確にします。

Lineへのお問い合わせ
完全個別無料相談会へ応募する
ETHOSBG

未来とつながる環境をつくる

人より面倒臭がりなわけでもないけど、
僕はこれからも新年の抱負は一月中に忘れると断言できます。
なぜなら生まれてから今まで自分の意思、やる気、モチベーションというものが続いた試しがないからです。
小学校のころにやっていたサッカーが少し上手くなった理由は、
みんなが行くから仕方なく行った夏合宿でボールが見えなくなるまで練習をする環境があったから。
競泳をしていた中学、高校時代にタイムが伸びないスランプから脱出できたのは当日なにをやったのか忘れないように寝る前に日記をかきはじめたのがきっかけでした。
こうして振り返ればいつもそこに、強い意思、モチベーションとは関係のない環境と習慣の変化。
それが、自分を変えるきっかけでした。