日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えられる

フィリピン・セブ島と、オーストラリア・ワーホリの2カ国留学<エリート留学>

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

留学したい人
「フィリピン人の英語力はどれくらい?」という疑問に答えるブログの結論って、フィリピン人の英語力を証明するカタチで毎回終わりませんか?

フィリピン人の英語力最高!!レベル超高いですって言う内容ばかりで正直、ステマ感半端ないです。笑

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、日本人であれば1年でフィリピン人の英語力を超えられます。

すごい夢がありますね。

この記事の内容
  • 日本人なら1年でフィリピン人の英語力を超えられる

 

どーも、かずき(@Kazki413)です。

この記事を書いている僕はフィリピン・セブ島にある語学学校ETHOS(エトス)で5年以上働いています。

そんな僕があえて、この記事では敢えて日本人なら1年あればフィリピン人の英語力を超えることができるという夢のある話をお伝えします。

 
英語の先生をしているフィリピン人に、英語が全然しゃべれない日本人がたった1年で追いつけるなんて夢のある話ですよね? 信じられない?でも本当に追い越せますよ。
 
ETHOS(エトス)

フィリピン・セブ島でホームステイ実績No. 1の語学学校。「1年で英語を使いこなせる」ワーホリ・2カ国留学のサポートをしています。ホームページはこちら

すぐ届くPDFパンフレットの請求はこちら

ワーホリ・2カ国留学の無料相談会はこちら

映画を字幕なしで観るフィリピン人の英語力

フィリピン人の英語力の高さを示すために、
 
・幼いころから英語で勉強している
・YouTubeで「まずは論より証拠」と動画を見せる
・英語を字幕なしで観る英語力を説明する
 
などなどがあります。
 
 
特に、映画を字幕なしで観る英語力と聞くと、
 
留学したい人
すごいなぁ〜
 
そう、思いますよね。
Kazuki
僕もそう思います。でも、フィリピン人が全員理解してるわけじゃないよ!
 
こう説明するとフィリピン留学の関係者は、
 
留学関係者
学校のフィリピン人先生たちは理解できますよ。
 
そう説明すると思います。立場もありますからね。
 
僕は、フィリピン人の先生でも字幕なしで映画を観る(全体の内容を理解する)英語力はもっているけど、全てを理解していません。そう100%言い切れます。
 
フィリピン人の英語がなまってますか?ってよく質問をもらいますがその度に「フィリピン人の英語は、中国人の話す日本語です。」そう説明してます。
 
僕は、そもそも訛りとは?日本でも大阪と東京で発音に違いがありますよね?みたいな日本語の通じない答えをだすの記事が好きではない(アホなのかなと思ってます)ので、これについては「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違うで書いてあります。
 
正直に、フィリピン人の英語は、中国人や韓国人が話す日本語と同じでなまってますと言えばいいのにね。ってことです。

そもそも映画の英語が間違っている

そもそもフィリピンで字幕なしで観ているフィリピンの映画自体の英語の使われ方が間違っていると言うことも付け加えておきます。「そんなことあるの?」って思うかもしれませんが、あります。もちろん、フィリピン人は気づきません。
 
なぜって?彼らは彼らなりにその英語を解釈しているからです。
 
それは英語の先生をしているフィリピン人でも同じです。アメリカをはじめとする英語圏のネイティブが話す英語とフィリピン人の話す英語が違うことを、1番目に見えるかたちで伝えるのがイディオムです。
 
イディオム例
 
In the same boat
Drive you up the wall
End of the line
To get the show on the road
To hit the road
Road hog
Shape up or ship out
 
イディオムは単語を並べると元の意味とは違う意味になります。
 
これをフィリピン人の先生に見せたら、もしかしたら意味を教えてくれるかもしれないですが、イディオムを使った文章でフィリピン人に話してみると「あれ通じない?」というのを理解できます。(意地悪なので実際にはやらないでください。英語はコミュニケーションツールです。)
 
僕だけの勘違いだったら嫌だな、こんな記事書いてるのに恥ずかしいなと思って、念のためアメリカ人にも聞いてみました。
 
Barry
Shari and I both think that most will be able to understand maybe half of them. A few will get most of them. Only those who have spent time in the USA will get them all of them.
 
 
よかったです。2人とも同意見。
 
もう一回、言っておきます。フィリピン人にイディオムは通じません。
 

イディオムってなに?

 
もしイディオムの意味があいまいな場合は日本語で考えると「あ〜なるほど!」と納得できます。
 
例えば、日本人ならくしゃみをした人を見ると、誰かが噂している。(噂はしてないけど)と言うことがありますよね。
 
でも実際の言葉の意味だけを見ると「くしゃみをする」「噂されている」はイコールにはなりません。
 
Kazuki
あの人にはマジで頭があがらない!
 
 
こう僕が言えば、その相手の人の立場は僕より強いんだなと理解できますが、言葉通りに意味を理解すると、頭があがらない。となり意味が通じなくなる。これがイディオムです。
 
息を呑む、息を殺す、お高くとまる、絵に書いた餅、二の足を踏む、油を売る、寝耳に水、灯台下暗し、根回し、ごますりなど日本語にもイディオムはたくあります。そして英語にも同じようにたくさんあります。むしろイディオムを使わないと会話が成立しないくらいたくさんあります。
 
例えば、最後のごますりを英語で言うと「kiss up」です。
 
「ごま」と「擦る」の2語で「ごますり」というネガティブな意味になるように、「kiss」と「up」で「kiss up」という意味になるこれがイディオムです。

なぜフィリピン人はイディオムを理解できないのか?

答えはとてもシンプルです。英語は喋れるけど英語圏で生活したことがないからです。だから習慣的な言い回しであるイディオムを使ったこともないし、最悪の場合は意味さえ理解していません。
 
「なまってる?」フィリピン人の英語は発音が違うで詳しく伝えていますが、フィリピン人の英語の先生はそのほとんどが20代です。
 
多くは大卒のため海外経験がありません。30代、40代で年齢が上でも海外経験がなければ同じことです。彼らはフィリピンで使われている英語しか使えません。
 
さっきのイディオムの表現を理解できないと言うことは海外の映画を観て映画全体の流れを理解する英語力があっても、100%理解しているわけではありません。
 
20歳から英語の会話力上達はもう手遅れかで書きましたが、フィリピン人は確かに幼少期から英語を第二言語として話していたけど、肝心の文化を学んだ経験が一ミリもありません。

フィリピン人の使う英語

フィリピン人はバイリンガル(トリリンガル)と呼べるが、バイカルチュラルではないので言葉に付随するべき文化、習慣、道徳が抜け落ちています。
 
言葉はコミュニケーションツールの側面と、文化の側面も持っています。日本語の「いただきます。」を英語に直訳できないのは文化が違うからです。
 
Googleで検索すると「いただきます。」を「Let’s eat.」と訳してくれます。
 
その「Let’s eat.」には、「日本のいただきます。」の意味に込められている作ってくれた人への感謝(いのち)をいただきますと言う祈りの意味合いが抜け落ちています。
 
さらに、「いただきます。」は立場を考えずに使えますが、立場を考えずに「Let’s eat.」と言えば違和感がでてきます。お前が言うなよってことです。(作ってくれたひとにLet’s eat.は使わないようにしましょう。)
 
 
ここまでの説明で冒頭の映画を字幕なしで理解できる英語力に、僕が違和感を感じる理由がわかってくれたと思います。簡単にいうと「フィリピン人の英語は中国人の話す日本語だよ」ってことです。※別に中国人をディスっているわけではありません。

TOEICスコアで理解力は測れない

フィリピン人の英語力を図るときに、第二言語として英語を使う人のためのテストであるTOEICを採用する学校が多いですが、いくらTOEICで900点台が出せても、発音が矯正されていても、一回も現地に足を運んだことのないフィリピン人から学べるイディオムが抜け落ちた英語から文化まで学ぶことができません。
 
そうは言ってもフィリピン人の英語力を全面的に否定するつもりはありません。韓国から年間12万人、日本から3.5万人がフィリピン人に英語を学びにきている現状は変わりません。(ものすごい人数)
 
それにワーホリや留学へ行く前に3〜6ヶ月のフィリピン留学へ行くことに僕は賛成派です。

一年海外へいけばフィリピン人の英語力を上回る?

もし、ここまで読んでいる人の中で留学(ワーホリ)で2年間はいようと思っているのなら朗報です。
 
僕がフィリピン人と話して感じる彼らの英語力は、1〜2年海外にいるいい意味でローカルに染まっている日本人と比べると、フィリピン人より日本人の英語力の方が優れています。
 
つまり、20代からでもたった1〜2年海外で頑張って勉強&実践を繰り返すだけで、日本人はフィリピンで英語を教えているフィリピン人よりも英語がうまくなると言うことです。
 
 
たかが1~2年いただけで現地の文化なんかわからない。そう言われればその通りです。
 
でも、一回も現地に行ったことがない人と比べるまでもないです。
 
 
TOEICはそもそも英語を第二言語として話す人たちにとっての指標です。スコアで指標をつくること自体はとても大事なことですが、それだけでは測れない部分にもっと大切なものがあると言うのが僕の考えで、一年あれば日本人はフィリピン人の英語力を超えられるという理由もここにあります。(ETHOSの英語レベルテストでもTOEICスコアを測定できます。
 
日本語にも日本語検定試験(JLPT)と言うのがあります。知ってましたか?
 
僕は23歳で存在をしりましたが、僕の家族、父、母、祖父、祖母、おじちゃん、僕より年配の人は誰1人知りませんでした。
 

>

日本語勉強中の外国人
ハジメマシテ。
Kazuki
お前のJLPT何点?
日本語を喋れる外国人と話すときにJLPTスコアで、彼らの日本語力を計る日本人がいないように、ネイティブの人たちは僕たちの英語力をTOEICスコアで計りません。TOEICの利点は履歴書に箔をつけることができるだけで、実生活には関係のないことです。
 
この記事ではじめて日本語検定試験(JLPT)の存在を知ったあなたと同じように、アメリカ、オーストラリアの人たちはTOEICの存在自体知りません。

まとめ

日本人は学生でもお金を貯めれば、フィリピンで語学学校の先生をしているフィリピン人の英語力を超えることができる恵まれた環境にいます。
 
もし1〜2年の中長期留学が可能であれば、ワーホリなどを併用してサクッとフィリピン人より優れた英語力を将来のために身につけるのも悪くない選択肢だと思います。具体的な方法が知りたい場合は僕にFB、ツイッター、Instagramなど、どこからでも連絡をください。
 

ホームステイ実績No1!フィリピン・セブ島留学のETHOS

↓↓↓ はじめての方はこちらへ ↓↓↓
フィリピン・セブ島留学、ホームステイ実績NO.1のETHOS

ABOUTこの記事をかいた人

kazuki

ETHOS LLC. 代表。 セブ島、オーストラリア、インドネシア留学経験者。趣味は筋トレ、特技は柔術、水泳。34才。 詳しいプロフィールはこちら